ストレッチで股関節を柔らかく!痛みがある人硬い人必見・ダイエットにもよい?

股関節が痛い方、硬い方必見!股関節をストレッチで柔らかくする方法とその効果、股関節の痛みの原因、硬い人の理由を詳しくまとめてみました。股関節まわりの部位の筋肉のストレッチで、下半身痩せやダイエットの効果があるのかも調査しました。

ストレッチで股関節を柔らかく!痛みがある人硬い人必見・ダイエットにもよい?

目次

  1. 股関節とはどこのことか?
  2. 股関節はストレッチで簡単に柔らかくなる?!
  3. 股関節が硬い人の原因は?
  4. 股関節が柔らかいと何のメリットがあるの?
  5. 股関節を柔らかくするためのストレッチをご紹介
  6. 股関節が痛い!その原因とは?
  7. 股関節ストレッチの効果は?
  8. 股関節を柔らかくすることはダイエットにもつながる?!
  9. 股関節の歪みは意外なところにも影響する?!
  10. 股関節の歪みをセルフチェック
  11. 寝ながら股関節ストレッチで柔らかくする
  12. あぐら股関節ストレッチで柔らかくする
  13. 開脚股関節ストレッチで柔らかくする
  14. 股関節まわりの筋肉を鍛えるストレッチ
  15. ストレッチで股関節を柔らかく保ち、下半身から健康になろう

股関節とはどこのことか?

股関節とは体のどの部分を指すか、ご存じでしょうか?大腿骨(だいたいこつ)の上にある骨頭(こっとう)と、骨盤の寛骨臼(かんこつきゅう)がすっぽりとハマる形になっている、この部分が股関節と呼ばれる部分となります。正常な股関節は、寛骨臼(かんこつきゅう)が骨頭(こっとう)の5分の4を包み込み、股関節を安定させています。

股関節はストレッチで簡単に柔らかくなる?!

股関節は毎日のストレッチを続けることで、少しずつ柔らかくなります。大事なのは、一時だけでなく、持続すること!毎日、朝夕など、自分で決めた時間に数分のストレッチを行うだけで、驚くほどに体は柔らかくなるものです。入浴後のストレッチはその効果も大きくなるようです。

股関節が硬い人の原因は?

股関節が硬い原因その①<凝り固まった筋肉によるもの>

股関節が硬い原因の1つとして、筋肉が挙げられます。股関節にはいくつかの筋肉が大きく関係しているので、そのどれか1つでも硬くなっていれば、股関節も硬くなってくるのです。筋肉が凝り固まっていることが原因の場合が多いです。長時間のデスクワークや立ち仕事、長い間、同じ姿勢の場合、股関節の筋緊張が起こりやすくなるのが原因です、。

股関節が硬い原因その②<加齢によるもの>

人間は誰でも年をとります。それは免れようがないことです。その加齢の為に、血管や筋肉が硬くなって、股関節の軟骨もすり減っていってしまうのです。その為、股関節も硬くなるという訳です。

股関節が硬い原因その③<ずれた骨によるもの>

骨が股関節の硬さに影響を及ぼす場合もあります。脱臼まではいかない程度ですが、骨がずれる「股関節亜脱臼」という状態が続くと、股関節の硬さのみならず、腰痛も併発します。また、骨盤の歪みから骨格のバランスが悪くなって、股関節が硬くなることも考えられます。

股関節が硬い原因その④<病気によるもの>

脳卒中などの病気が原因で、筋肉に麻痺や弛緩が生じると、股関節が硬くなる場合があります。あるいは、病気による神経障害が原因で股関節が動かしにくくなっている場合も考えられます。

股関節が柔らかいと何のメリットがあるの?

股関節が柔らかいとダイエットにいい?!

股関節が柔らかいと新陳代謝が上がります。そうすると、脂肪が燃焼されるので、ダイエットには効果的と言えます。股関節をストレッチすると、腰やヒップ、大腿部などの大きな血管がある箇所を動かす為、脂肪燃焼効果が高まると言われています。

股関節の血行がよくなると、腸も活発に活動するので、便秘の解消にもよいと言われています。このことが、”股関節を柔らかくする=ダイエット”にいいと、いわれる由縁です。

股関節が柔らかいとむくみ解消にいい?!

股関節はリンパや集中しているので、いいかえると老廃物が溜まりやすいところともいえます。股関節が硬いとリンパもすぐに詰まってしまい、むくみや冷えにつながります。股関節を柔らかくすることで、リンパを刺激して、老廃物をスムーズに流す効果が期待されますので、むくみも解消されるというわけです。

股関節が柔らかいと老化防止にいい?!

股関節が柔らかくなり、血行が促進されたり、新陳代謝があがることによって、老化の防止にもつながります。疲労の蓄積も軽減されます。日々の股関節ストレッチが疲れにくい体、衰え知らずの体を作るといっても過言ではありませんね。

股関節が柔らかいとけが防止になる?!

股関節が柔らかい=体が柔軟。体が柔らかいということは、いざという時、思わぬけがから身を守ることができます。筋肉が関節を傷つけるリスクも少なく、筋肉の伸縮によって、けがになりにくい体を保つことができるというわけです。

股関節が柔らかいとストレス軽減にいい?!

股関節の痛みや違和感は、体の動き全体に影響を及ぼします。その為、股関節の不調は、意識はしなくても、体には大きなストレスを与えているのです。体にストレスを与えることは、心にもストレスを与えているということになります。無意識という部分で意外に見逃しがちですので、注意が必要です。

股関節を柔らかくするためのストレッチをご紹介

バレエストレッチ

簡単にできる股関節を柔らかくするためのストレッチ、覚えておきたいですよね。毎日続けることで、その効果が期待できるバレエストレッチをご紹介します。

股関節が柔らかくなるバレエストレッチpart1を習得できたら、次は、part2に行ってみましょう!

股関節が痛い!その原因とは?

変形性股関節症による痛み

股関節が痛くなる方の原因も様々です。「変形性股関節症」は、股関節内にある骨と骨との間隔が狭くなることによって、軟骨がすり減り、股関節が変形して炎症が起こる疾患のことです。最初は、立ちあがった時や歩き始めなどに足の付け根や太ももに痛みが生じます。進行すると、寝ている状態でも痛みが出てきて、ポキポキと音が出る場合もあります。

妊娠による痛み

女性は妊娠初期段階で、足の付け根に痛みを感じることがあります。引っ張られるような、突っ張るような痛みです。妊娠を経験した方なら思い当たることがあるはずですよね。子宮が大きくなることや、骨盤が開いてくることが原因で起こります。妊娠中期、後期でも痛みを感じる方もいますので、妊娠初期だけとは限りません。

臼蓋(きゅうがい)形成不全による痛み

股関節と呼ばれる部分の中には、臼蓋(きゅうがい)と呼ばれる受け皿のような部分があります。この形状が不完全なために、軟骨が摩耗して股関節に炎症が起きて痛みが生じる場合があります。この場合も、最初は足の付け根に痛みを感じるのですが、この痛みを感じない方も中にはいらっしゃいますので、レントゲン検査などでしっかりと検査をすることが大切となってきます。

坐骨(ざこつ)神経痛による痛み

ヘルニアなどが原因で、坐骨神経に沿った坐骨や太もも、ふくらはぎなどに痛みが出る症状のことを「坐骨神経痛」といいます。この痛みは足を動かした時の痛みではなく、”座っていて痛い””立っていて痛い”など、静止している場合に痛みを感じる方が多いようです。

腰痛からくる痛み

腰痛持ちの方は、股関節に歪みを生じている可能性があります。腰痛は、腰椎などがズレて生じることが多いので、腰痛と股関節の歪みには密接な関係があります。

過度な運動からくる痛み

スポーツ、特にサッカーなどのスポーツをしている最中に足の付け根が痛くなる場合があります。これは恥骨に過度な負担がかかる場合に起こる「グロインペイン症候群」というものです。走ったり、ボールを蹴るなど、股関節を動かしたりする際に痛みを生じます。

体の歪みからくる痛み

体が歪んでいる場合、重心が左右どちらかに偏っている場合は、股関節も歪んでいます。姿勢の悪さや日頃の癖などが原因で、体が歪み、その為、痛みが生じてしまうのです。正しい姿勢を身につけたり、ついついやってしまいがちな悪い癖を直す努力が必要です。

股関節ストレッチの効果は?

股関節ストレッチは、女性にとって大切な骨盤の歪み矯正や、美脚づくりにも効果的です。股関節が硬いと、デメリットも多いので、股関節ストレッチを日課にしいて、柔らかい股関節を目指すことが美脚や下半身痩せにもつながります。

股関節を柔らかくすることはダイエットにもつながる?!

股関節が硬いと血行が悪くなり、老廃物も溜まりがちになります。日々のストレッチで股関節を柔らかく保つことが、血行を良くし、新陳代謝を上げることにつながりますので、ひいてはダイエットにもつながる?!と、いう訳ですね。

股関節の歪みは意外なところにも影響する?!

顔の歪み

股関節の歪みは意外なところにも影響します。股関節とは程遠い「顔」の歪みまで影響するとも言われています。股関節の歪みは、背骨から首へと広がり、果ては、顔や頭蓋骨にまで影響を及ぼすのです。その症状はざまざまで、顔が左右非対称になったり、目が小さいくなったりします。

また、まぶたがむくみ、頬骨が落ち込むといった老け顔になったりもします。一見、股関節とは無関係のように思えるこういった症状も、股関節の歪みが原因の場合がありますので、要注意です。

O脚・X脚・XO脚

太ももや両膝、ふくらはぎが開いているO脚や、膝はくっついているのに、太ももとふくらはぎが開いてしまうX脚、はたまた、太ももと膝はくっつくのに、ふくらはぎが開くXO脚など、女性が気になる脚の歪みにも大きく関係してきます。美脚を目指すなら、まずは股関節の歪みを治しましょう。

股関節の歪みをセルフチェック

では、自分で股関節の歪みはわかるのか?簡単なセルフチェックの項目をあげました。どれか1つでも自分にあてはある方は、要注意ですよ。①椅子やソファに座るとついつい足を組んでしまう。②スカートがよくまわる。ファスナーの位置が知らず知らずのうちにずれている。

③よく横座りをする。④靴の外側がすり減る。⑤ヒールを履くと膝が曲がってしまう。⑥便秘ぎみである。⑦長い時間立ちっぱなしだと腰が痛くなる。⑧姿勢が悪いと言われることがある。

寝ながら股関節ストレッチで柔らかくする

リビングや寝る前などに簡単にできるストレッチです。まずは、寝転がり、右足と床が平行になるように曲げます.そこから右足を円を描くように大きく回します。外回りと内回り、3回ずつくらい行うのがベストです。同様に左足も同じストレッチを繰り返します。

左足が終わったら、今度は膝を90°に曲げ、揃えた状態で左右に倒します。右・左10回ずつがベストです。寝転がることができれば、簡単にできるストレッチですので、ぜひ試してみて下さい。

あぐら股関節ストレッチで柔らかくする

テレビを見ながら・・・。本を読みながら・・・。何かをしながらできるあぐら股関節ストレッチ」。両足の足裏を合わせて、背筋を伸ばした状態を保てるところならいつでもどこでもできます。足裏を合わせた両足に手を添えて、かかとの部分を自分の方に引き寄せます。

そのまま、膝を上下に20回動かします。次は、膝に手を乗せた状態で、膝を床につけるイメージでゆっくりと力を加えていきます。この動作を毎日、少しずつ続けることで、股関節が徐々に柔らかくなっていきますので、お試しください。

開脚股関節ストレッチで柔らかくする

腰をしっかりと立てた状態をキープして開脚をします。膝が曲がらないように、また、膝が内側に入り込まないように、できるだけ開脚してみましょう。右足のつま先につくように倒れます。左足も同じように行います。この時、倒れ込んだ足の反対側の足が曲がらないように注意することがコツです。左右行ったら、今度は前に骨盤からしっかりと倒れ込みます。右足、左足、前を10セット行います。

開脚して前屈したり、両足を閉じて前屈したりと、股関節周りの筋肉をほぐすストレッチをします。お尻で前後に15歩程度歩いたりするのもいいです。骨盤の歪みを修正、正しい位置に戻ることで、股関節も柔らかくなります。

股関節まわりの筋肉を鍛えるストレッチ

ヒップアップストレッチ

お尻の両サイドにある中殿筋(ちゅうでんきん)という筋肉は、立ったり飛んだりという動作を司る筋肉です。この筋肉を鍛えることで、ヒップアップにもつながりますし、美脚にもつながる大切な筋肉です。この筋肉をストレッチすることで、美しいヒップラインと美脚を手に入れましょう。

まず、右半身を下に横になり右足を90°曲げます。左足を伸ばして上に向かって浮かします。その時、左手は腰でキープすることが大切ですよ。お尻の外側の筋肉を意識しながら、20回行います。終わったら、今度は左半身を下に横になり、同様のストレッチを繰り返します。

大殿筋ストレッチ

お尻のほとんどを占めている大殿筋(だいてんきん)。この大殿筋(だいでんきん)を鍛えることで、お尻全体が引き上げられ、ヒップアップの効果が期待されます。さらには下半身痩せにもつながってきます。

まずは、体育座りから、仰向けに寝転がります。右足のかかとはつけたままの状態で、つま先だけ浮かしておきます。左足を90°に曲げた状態で浮かします。左足のつま先を上に向けてお尻を持ち上げた状態を5秒キープします。この時、腰を反らせないように注意します。これを20回、左足が終わったら、今度は右足で同様のストレッチを行います。左右2~3セットずつがベストです。

太ももストレッチ

太ももは痩せにくい箇所でもあります。ここをストレッチすることで、効果的な太もも痩せの効果があります。まずは、立った状態でお尻を引き締めます。次に右足の膝を外側に曲げて、太ももと水平になるくらいまで引き上げます。

そして左斜め後ろにアキレス腱を伸ばすイメージで振り下ろします。右足が終わったら、続いて左足も同様にストレッチしてみましょう。自分で足の歪みを感じる方の足を重点的にストレッチしてくださいね。

Thumb内転筋のトレーニング・筋トレ・鍛え方まとめ!スクワット、ランニングが有効?

ストレッチで股関節を柔らかく保ち、下半身から健康になろう

股関節が硬いとデメリットばかりがあるようですね。股関節を柔らかく保つことはメリットもたくさんあります。①血行がよくなること。②新陳代謝があがること。③むくみが改善される。④冷え症も改善される。⑤疲労防止。⑥老化防止。⑦けが防止。・・・etc。女性に多い便秘や生理不順の改善にもつながります。股関節、おそるべしですね。

現代人はとかく、長時間のデスクワークや運動不足がささやかれています。忙しさや日々の生活習慣によって股関節が硬くなりがち。股関節を柔らかくすることで、日頃感じているストレスもフリーに、心も軽くなります!

股関節を柔らかくするストレッチも、朝起きた時や、寝る前、テレビを見ている時に簡単にできるものばかりです。日頃の日課として上手く取り入れて、下半身痩せ、美脚を目指して、その先にある体全体の健康づくりを目指しましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-18 時点

新着一覧