レモン料理のレシピ集!簡単にできるおかずから、人気のお菓子まで!

酸っぱい味とスッキリとした香りが特徴のレモンは、私たちの身近な果物として親しまれています。そのレモンを使った料理レシピは、たくさんあって料理の始めから終わりまでを演出出来るくらいの万能な食材です。今回は、レモンをふんだんに使ったレシピを一気にご紹介します。

レモン料理のレシピ集!簡単にできるおかずから、人気のお菓子まで!

目次

  1. レモンの料理レシピは無限大!食卓を爽やか&鮮やかに彩る
  2. 万能な料理レシピが豊富なレモンって何?
  3. 料理レシピに活用したい!レモンの栄養って?
  4. 料理のお供!便利食材レモンの効果とは?
  5. 料理に安心して使いたい!レモンの選び方
  6. 食事を爽やかにスタート!レモンのサラダ料理レシピ
  7. 作ってみたい!レモンを使った肉料理のおかずレシピ
  8. 魚にもよく合う!レモン×魚料理のおかずレシピ
  9. レモンは麺類とも相性抜群!パスタ料理レシピ
  10. 料理後にぴったり!簡単なレモンゼリー&ムースのお菓子レシピ
  11. 3時のおやつに食べたい!簡単人気なレモンケーキレシピ
  12. 思わずつまみたくなるお菓子!レモンクッキーレシピ
  13. 料理と一緒にさっぱり飲める!レモンのドリンクレシピ
  14. 身体を温めてくれる!レモンのホットドリンクレシピ
  15. 料理が楽しくなるレシピ満載!レモンをもっと活用しよう!

レモンの料理レシピは無限大!食卓を爽やか&鮮やかに彩る

鮮やかな黄色が印象に残るレモンは、味や香りが芳醇で、おかずやお菓子に使われるとても人気の食材です。皆さんもご存知の通り、その料理レシピの数は、豊富で迷ってしまうほどに揃っています。今回は、そんなレモンの料理レシピの中でも人気かつ簡単に出来るものをピックアップしました。

万能な料理レシピが豊富なレモンって何?

最初にご紹介していくのは、レモン自体の基礎知識です。身近な食材なだけに知っているようで、知らない事がある時もあります。おさらいの意味も含めて、レモンの正体からお届けしましょう。

レモンは…【ミカン科ミカン属の果物】

レモンは、ヒマラヤ地方が原産のミカン科ミカン属の果実です。紫色のつぼみから白色やピンク色の可愛らしい花を咲かせて、果実が実ります。果実は、最初は緑色をしていますが、熟すと黄色になる性質を持っています。その種類も多く、味や色が微妙に違います。

料理レシピに活用したい!レモンの栄養って?

ここでは、レモンに含まれる栄養素を3つご紹介します。レモンでよく知られている栄養素と言えば、ビタミンC。しかし、それ以外にも私たちの身体作りに嬉しい栄養素が豊富に含まれていました。

レモンの栄養①【クエン酸】

レモンの酸っぱいを感じる酸味成分となっているクエン酸もビタミンC同様、レモンを代表する栄養素の1つです。クエン酸は、その強さから食品添加物の酸味料としても使われます。クエン酸には、ミネラル類を身体に吸収しやすくしてくれる働きをします。

レモンの栄養②【エリオシトリン】

エリオシトリンは、ポリフェノールの1種で強い抗酸化作用を持っています。レモンに多く含まれていて「レモンポリフェノール」と呼ばれる事もあるそうです。ビタミンに似た働きをしてくれるポリフェノールでレモンに含まれているビタミンB群やビタミンCなどのビタミン類が正しく働いてくれるように助けてくれます。

レモンの栄養③【リモネン】

レモンを鼻の近くに持ってきたりするとふわっと爽やかでフレッシュな香りが印象に残り、心もリフレッシュしたような気持ちにさせてくれます。その成分の名前は、「リモネン」。主に皮に多く含まれていて、香料などに活用されています。

料理のお供!便利食材レモンの効果とは?

ここまで3つの栄養素をご紹介してきましたが、続いては、栄養の豊富なレモンの効果をお届けします。レモンは、健康や美容など幅広い部分で効果を現してくれます。

レモンの効果①【血行促進効果】

新陳代謝を上げてくれる栄養素になるのは「クエン酸」です。脂質や糖を代謝するのに必要な成分で代謝のサイクルを促して、ダイエット効果や冷え性などで悩む方にも積極的に取りたい成分と言えます。さらに、レモンポリフェノールである「エリオシトリン」が血管を広げて血液の流れも整えてくれます。

レモンの効果②【美肌効果】

レモンといえば、真っ先に思いつくのはビタミンCです。レモンには、果肉にも皮にもたっぷり含まれていると言われています。ビタミンCには、美白効果や抗酸化作用などのお肌を健やかに保つための働きが詰まっています。さらに、肌の弾力の元となるコラーゲンの生成を助けてくれることもビタミンCの大切な役割です。

レモンの効果③【リラックス効果】

レモンの持つ爽やかで心をスーッと楽にしてくれるスッキリとした香り成分は、先ほども登場したリモネンです。このリモネンが脳に働きかけて、ストレスを緩和してリラックス効果をもたらしてくれます。毎日の仕事でストレスや疲れを感じている時に、レモンを取り入れて心をリセットさせましょう。

料理に安心して使いたい!レモンの選び方

次にご紹介するのは、簡単で人気のレモンを使ったおかずやお菓子のレシピを楽しむために料理で使うレモンの選び方をお話しします。

選び方①【皮にツヤがあるもの】

レモンを選ぶ時は、皮のツヤに注目しましょう。皮にもツヤがあるということは、中だけではなく、皮まで新鮮という証拠です。

選び方②【持った時に重みがあるもの】

2つめの選び方は、レモンを持った時重みがあるものを選ぶようにしましょう。持ってみて重さがあるレモンは、たっぷり果肉が詰まっている印です。中を切り開いてみる訳にはいかないので、何個かを持って比べながら良いものを選んでみましょう。

選び方③【皮まで使う場合は国産を選ぶ】

海外から輸入されたレモンには、農薬がついてる可能性があります。レモンを皮まで使う料理のレシピの場合は、国産のレモンを使用するようにしましょう。

食事を爽やかにスタート!レモンのサラダ料理レシピ

いよいよレモンを使った料理レシピを食事の始めから締めに至るまで順を追ってご紹介します。簡単かつ人気のレモン料理レシピ、まず始めは、サラダから始めていきましょう。

簡単レシピ①彩り豊かなビタミンサラダ

彩り豊かなビタミンたっぷりのサラダレシピです。キャベツ160g、じゃがいも80g、赤パプリカ40g、ホールコーン缶40g、枝豆(茹でたむき身)40g、オリーブ油大さじ2、レモン汁大さじ1、はちみつ大さじ1、粒マスタード小さじ1、塩小さじ2/5を準備します。事前にホールコーンの水気を切っておきます。

作り方

パプリカとキャベツは千切りにしたら、耐熱皿に並べてラップをし、電子レンジで1〜2分加熱します。じゃがいもも皮を剥いて、さいの目切りにしてから耐熱皿に並べてラップをかけて、レンジで1分加熱します。

先ほどのパプリカとキャベツの水気を切ったら、それらをボウルに入れてその他のじゃがいも、コーン、枝豆、オリーブ油、レモン汁、はちみつ、粒マスタード、塩を入れてよく混ぜ合わせます。

簡単レシピ②冷やしても美味しい!簡単マリネサラダ

冷やすと美味しい中華風の簡単サラダです。ミニトマト10個、なす1本、エリンギ1本、鶏ガラスープ(顆粒)小さじ1/2、ごま油大さじ2、いりごま白小さじ1、青ネギ適量、レモン汁1/4個分、砂糖小さじ1、醤油小さじ2、おろししょうが1片分を準備しましょう。

作り方

ボウルに鶏ガラスープを入れて同量の熱湯を入れて溶いて、レモン汁、砂糖、醤油、おろししょうがを入れて混ぜます。ミニトマトはヘタを取って、半分を切ってから調味液のボウルに入れて和えます。なすは半月切りにして水にさらし、エリンギは拍子木切りにします。

フライパンにごま油を敷いて、なすを炒め、また油が出てくるくらいになったら水気を切り、先ほどのボウルに入れます。使ったフライパンで、エリンギを炒めてボウルに加えてからいりごまを入れて混ぜてから冷蔵庫で冷やしましょう。

作ってみたい!レモンを使った肉料理のおかずレシピ

続いては、レモンを使ったお肉料理のレシピをご紹介します。メインのおかずとなるボリュームたっぷりのレシピです。

簡単おかずレシピ①ねぎとレモンの豚こま炒め

レモンの酸味とねぎの香りが活きたさっぱりなのにボリュームのあるおかずレシピです。ねぎ1/3、レモン半分、豚のこま切れ200g、ハーブソルト・こしょう適量、サラダ油適量を準備しましょう。

作り方

ねぎを薄切りにして、レモンを輪切りにしたら3枚くらい8等分にします。豚肉にはハーブソルトをかけて、フライパンにサラダ油を引いて、豚肉を炒めたらねぎを入れて火が通るまでいため 、最後にレモンを入れてこしょうを振って完成です。

簡単おかずレシピ②レモンわさび醤油チキン

鶏の胸肉200g、玉ねぎ1/2個、レモン1/2個、わさび(チューブ)2cm、しょうゆ小さじ2、みりん小さじ1、酒小さじ1、砂糖小さじ1、ごま油少々、しょうが(チューブ)5mmを準備します。

作り方

レモンに半分を薄切りにして、数枚を4等分に切ったら、玉ねぎを薄切りにしてレモンを絞り、レモン、玉ねぎ、わさび、しょうゆ、みりん、酒、砂糖、ごま油、しょうがを合わせておきます。鶏肉の皮を取って薄切りにして、合わせたタレと鶏肉を合わせて揉み込み、フライパンに少しの油とタレごと肉を入れて、フチが白くなるくらい焼いたら1〜2分くらい蒸し焼きにして完成です。

魚にもよく合う!レモン×魚料理のおかずレシピ

お肉の次は、あっさりと食べたい時におすすめしたい魚のおかず料理をご紹介します。

簡単おかずレシピ①白身魚としめじのホイル焼き

ホイルを使った簡単おいしい魚を使ったおかずです。白身魚2〜3切れ、しめじ1袋、チーズ適量、塩こしょう少々、酒大さじ2、レモン汁大さじ1、オリーブオイル大さじ1を準備します。

作り方

適当な大きさに切ったアルミホイルを用意し、塩こしょうをかけたらチーズをかけてそこへ白身魚を置きます。酒、レモン汁、オリーブオイル、塩こしょうをかけてホイルで包み、トースターで30分焼いたら完成です。

簡単おかずレシピ②鱈(たら)ムニエルのレモンソーズがけ

ホクホクな鱈とさっぱりとしたレモンのソースが効いた魚のおかず料理です。鱈(たら)2切れ、レモン1個、塩こしょう少々、小麦粉適量、バター大さじ2.5、砂糖小さじ1、しょうゆ大さじ半、パセリ少々、オリーブオイル大さじ1.5を準備します。

作り方

レモンの皮と白いワタと一緒に剥き、1cm角に切ります。鱈を半分に切って塩こしょうを振ってから5分置きます。鱈の水気をキッチンペーパーで拭き取ったら小麦粉をまぶします。フライパンにオリーブオイルを敷いたら鱈を皮目から入れて焼き、ふっくらしてきたらお皿に盛りつけます。

鱈を焼いたフライパンで、油や汚れを拭き取り、火にかけたらバターを溶かします。バターが完全に溶けてからレモンを入れて一煮立ちさせ、砂糖としょうゆを加えて一煮立ちさせてからお皿の鱈にかけて完成です。

レモンは麺類とも相性抜群!パスタ料理レシピ

4つめのレモン料理のレシピは、パスタです。パスタも大人気の洋風料理になります。レモンを使った冷製パスタやさっぱり系まで色々あります。

簡単レシピ①豚肉とキャベツのレモンバターパスタ

バターのコクとレモンの酸味がアクセントになったパスタレシピです。パスタ160g、豚こま肉100g、キャベツ200g、菜の花適量、ラディッシュ適量、ニンニク2片、バター30g、しょうゆ大さじ1、レモン汁大さじ2、ブラックペッパー少々を準備しましょう。

作り方

にんにくは、薄くスライス切りにして豚肉を一口大、キャベツ、菜の花、ラディッシュも食べやすい大きさに切ります。パスタは、たっぷりのお湯で1分短く茹でます。フライパンにバタを熱したらにんにくの香りを移します。豚肉を入れて火が通ったら、キャベツと菜の花入れて炒めます。

野菜がしんなりしたら、茹でておいたバスタを入れて醤油とレモン汁を加えて混ぜ合わせたら、お皿に盛りつけたら最後にブラックペッパーをかけたら完成です。

簡単レシピ②鶏のささみとトマトの冷製パスタ

ササミとトマトのあっさり系の冷製パスタです。トマト1個、玉ねぎ半分、ササミ適量、オリーブオイル大さじ2、酢大さじ2、塩適量、こしょう適量、パセリ適量、レモン汁適量を準備します。

作り方

玉ねぎはみじん切り、トマトは粗みじん切りにしてボウルに入れます。そのボウルへオリーブオイル、酢、塩、こしょう、パセリ、レモン汁を入れてソース完成です。表記時間通りで茹でたパスタを水でしめてボウルに入れて和えたら完成です。

料理後にぴったり!簡単なレモンゼリー&ムースのお菓子レシピ

ここまで、レモンの料理レシピをご紹介していきましたが、ここからは、お菓子レシピです。まずご紹介するのは、料理の後のさっぱりお菓子であるレモンゼリーやムースなどのレシピです。

簡単お菓子レシピ①簡単美味しいレモンゼリー

料理の始めに作っておいて冷蔵庫へ入れておけば、食後のさっぱりお菓子になります。レモン汁50ml、水200ml、砂糖50g、粉ゼラチン1袋(5g)を準備しましょう。

作り方

砂糖と水に火にかけて、砂糖が溶けたら粉ゼラチンを加えてよく混ぜます。鍋を氷水で冷やしながら、レモン汁を混ぜて、グラスに注いだら冷蔵庫で冷やし固めます。

簡単お菓子レシピ②簡単レモンムース

混ぜるだけで簡単なレモンムースです。レモン汁60ml、生クリーム200g、砂糖75g、はちみつ大さじ1、水大さじ4、ゼラチン8gを準備します。

作り方

生クリームをボウルに入れて8分立てにしておきます。別のボウルでレモン汁と砂糖を混ぜてスプーンでかき混ぜ、はちみつは600wで20秒温めましょう。水大さじ4を耐熱容器に入れてゼラチンを加えてから600wのレンジで20秒くらい温めます。先ほど立てた生クリームにレモン汁、はちみつ、ゼラチンを入れて混ぜたら容器に移し、冷蔵庫で冷やして完成です。

3時のおやつに食べたい!簡単人気なレモンケーキレシピ

次にご紹介するお菓子は、レモンケーキです。3時のおやつに紅茶などと一緒に食べたくなる上品な味が印象的です。

簡単お菓子レシピ①シンプルな味わいのレモンケーキ

さわやかなのに印象に残るレモンケーキです。材料は、パウンドケーキ型20cmの大きさの分量です。無塩バター100g、上白糖100g、薄力粉60g、アーモンドプードル20g、強力粉20g、卵2個、レモンの皮のすりおろし半個分、レモン汁大さじ1と仕上げにかける用にレモン汁20cc、粉糖60gを準備します。

作り方

無塩バターはサイコロ状に切って常温に戻し、そこへ上白糖を入れて白くなるまで混ぜます。卵を割解したら、先ほどのボウルに5〜6回に分けていれていきます。そこへ、薄力粉、アーモンドプードル、強力粉をふるい入れて切るように混ぜ込んでいきます。粉っぽさがなくなったら、皮のすりおろしとレモン汁を加えて再び混ぜます。

オーブンは、170度に予熱し、パウンド型材料を入れて空気を抜き、170度オーブンで40〜45分ほど焼きます。その間にレモンシュガーを作っていきましょう。レモン汁と粉糖を混ぜておきます。焼き上がったら型を抜き、冷ましておきます。冷めたら先ほどのレモンシュガーを全体に回しがけて冷蔵庫で保管しましょう。

簡単お菓子レシピ②レモンチーズケーキ

クリームチーズのコクとレモンの酸味が相性抜群のお菓子であるチーズケーキです。カップ6個分の材料です。プレーンヨーグルト200g、クリームチーズ200g、ラカントS50g、卵1個、卵黄1個分、アーモンドプードル20g、レモン汁とレモンの皮適量を準備します。

作り方

水切りヨーグルトを作ります。下に容器を置き、その上にザルとキッチンペーパーを置いてからヨーグルトを置いて2時間程置きます。クリームチーズをレンジで40秒程温めて柔らかくしたら、ラカントを入れて再び混ぜます。

卵と卵黄を入れてよく混ぜてから、アーモンドプードルをふるい入れて混ぜたところへ、ヨーグルトを入れて混ぜ、レモン汁とレモンの皮のすりおろしも入れて混ぜ込みます。カップかクッキングシートを敷いた丸形に入れて、170度のオーブンで40分程焼いたら完成です。

思わずつまみたくなるお菓子!レモンクッキーレシピ

お菓子レシピの最後を飾るのは、レモンを使ったクッキーです。このお菓子も手軽に食べれますし、何より大人も子供も人気の常備しておくと便利なお菓子です。

簡単お菓子レシピ①さくっとレモンクッキー

生地を作るのに用意するものは、ポリ袋だけです。これ1つで簡単に作れるクッキーです。小麦粉150g、バターorマーガリン70g、砂糖50g、レモン(またはレモン汁)1/2個(大さじ1)を準備します。

作り方

用意したポリ袋の中に材料を全て入れて、生地がまとまるまで揉み込みます。ひとまとめにして棒状に伸ばしたらそのまま冷蔵庫へ入れましょう。固まったら1cm弱の厚さに包丁で切り、キッチンペーパーを敷いた鉄板に並べたら180度に予熱したオーブンで20分焼きましょう。

簡単お菓子レシピ②レモンのヨーグルトクッキー

ヨーグルトのまろやかさが活きるレモンクッキーです。バター・砂糖・ヨーグルト各30gずつ、レモン汁5g、好みでバニラオイル少々、薄力粉100〜120gを準備します。

作り方

柔らかくしたバターに砂糖とヨーグルト、レモン汁を入れて混ぜます。バニラオイルもここで入れましょう。薄力粉を加えて切るように混ぜ、まとめたらジップロック等に入れて薄く伸ばし、そのまま10分程冷蔵庫に入れておきます。オーブンを160度で予熱しておき、袋を切って適当にカットして140〜160度で20分〜30分焼いて完成です。

料理と一緒にさっぱり飲める!レモンのドリンクレシピ

続いては、料理やお菓子と一緒に飲みたいさっぱりとしたレモンのドリンクをご紹介します。暑い日やスッキリしたい時に飲みたくなる人気のドリンクです。

簡単ドリンクレシピ①はちみつレモンドリンク

コップに入れて混ぜるだけの簡単ドリンクです。はちみつ大さじ2、レモン汁大さじ1、水150ccを準備します。はちみつとレモン汁をグラスに入れて混ぜたら、水を加え、再度混ぜます。最後に氷を入れてひんやり飲むのもおすすめです。

簡単ドリンクレシピ②レモン&ジンジャードリンク

人気のココナッツウォーターを使ったレモンドリンクです。ココナッツウォーター1/2カップ、バナナ1本、レモン1/2個、生姜2〜3片、塩ひとつまみを準備しましょう。まず、レモンは外側の皮だけ取り除き、細かく切り、生姜は細かく刻んだら全ての材料をミキサーに入れましょう。

身体を温めてくれる!レモンのホットドリンクレシピ

最後のレモンレシピは、人気のホットドリンクレシピです。簡単かつ身体を温めてくれる人気のレシピをご紹介します。

簡単ドリンクレシピ①すりおろしりんごのホットドリンク

耐熱グラスに材料を入れるだけの簡単レシピです。りんご1/4〜1/6個分、レモン汁小さじ1、はちみつ大さじ1〜1.5、お湯200ccを準備しましょう。りんごを皮ごとすりおろし、耐熱グラスにりんご、レモン汁、はちみつ、お湯を注ぎ込んでよくかき混ぜたら完成です。

簡単ドリンクレシピ②簡単まろやか豆乳ドリンク

豆乳でまろやかなホットドリンクの完成です。豆乳70cc、お湯80cc、はちみつ小さじ2、レモン汁小さじ1を全てカップの中に入れてからよくかき混ぜてレンジで温めたら完成です。

料理が楽しくなるレシピ満載!レモンをもっと活用しよう!

いかがでしたか?レモン料理には、さまざまなレシピがたっぷりあります。その1つ1つが印象的で心を爽やかにしてくれるものがほとんどです。食卓の中に、レモン料理を取り入れて雰囲気を一変させていきましょう。

もっとレモンレシピを知りたいアナタへ!コチラもチェック!

Thumbレモンケーキはおやつや朝食にもおすすめ!人気の商品や作り方を徹底調査!
Thumb塩レモン人気・簡単なレシピ大紹介!鶏肉やパスタにも使える?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-15 時点

新着一覧