作り置きおかずの冷凍方法まとめ!お弁当向けのレシピや保存のコツなど!

お弁当にも使うことができる作り置きおかず料理のレシピや冷凍保存方法についてまとめました。作り置きを冷凍するときは、ポイントをおさえることが大切。美味しい作り置きおかず料理のレシピを活用しながら、冷凍ストックしていきませんか?

作り置きおかずの冷凍方法まとめ!お弁当向けのレシピや保存のコツなど!

目次

  1. 作り置きおかずは冷凍しておくと便利!
  2. 作り置きおかずを便利に活用させるためのコツ
  3. 作り置きおかずを冷凍するときの下準備
  4. 作り置きおかずの調理のポイント
  5. 作り置きおかずを冷凍庫へ入れるときに気をつけたいこと
  6. 冷凍可能!お弁当のメインになるミートボールの作り置きおかず
  7. エビシュウマイもお弁当にぴったりな作り置きおかず
  8. 卵焼きも冷凍保存して作り置きしておこう
  9. いろいろ使えて便利な肉そぼろも作り置きにおすすめのおかず料理
  10. 作り置きおかず料理の冷凍方法をチェックして、お弁当に役立てよう!

作り置きおかずは冷凍しておくと便利!

お弁当にも使える冷凍の作り置きおかず

「お弁当を作りたいけれども朝からおかず料理を作るのは面倒……」と思ったときに便利なのが冷凍の作り置き。あらかじめ料理を作って冷凍をしておけば、あとは取り出してお弁当箱に詰めれば良いだけなのでとても便利です。バラエティ豊かなおかず料理をお弁当箱に詰めて、彩り豊かに仕上げてみませんか?

作り置きをしっかりしておけば、お弁当だけでなくほかのシーンにも活用できるのでとても便利。仕事や勉強で忙しいときの食事として活用したりと、常に冷凍で作り置きおかずをストックしておくと役立ちます。しっかりと自炊をすることで食費をおさえられるのも嬉しいポイント。経済的で家計のサポートになります。

人気のおかずレシピや冷凍保存方法をチェックしよう!

「お弁当にぴったりな作り置きおかずってどんなもの?」「正しい冷凍保存方法がイマイチよくわからない……」というときに役立つ作り置きおかずの冷凍保存方法や作るときのコツについてまとめました。便利な作りおこ数レシピもご紹介。お好みの作り置きおかずを冷凍保存して、いろいろな方法で役立ててくださいね。

作り置きおかずを便利に活用させるためのコツ

電子レンジOKな容器を用意する

冷凍保存をするときに気をつけておきたいのが容器の種類。冷凍保存をした作り置きおかずは電子レンジで加熱することが多いので、電子レンジ使用可能な容器を選ぶのがおすすめです。耐熱ガラス容器はニオイや汚れがつきにくく、電子レンジでも使えるので冷凍の作り置きおかずにぴったり。

小分け用のカップを使う

お弁当用の作り置きおかずを作る場合は小分け用のカップに入れてから冷凍するのがおすすめ。こうしておくことでお弁当箱にすぐに入れることができて便利です。冷凍してある作り置きおかずは保冷剤代わりになるのも嬉しいポイント。ぜひカップに詰めてから保存容器に入れ、冷凍保存してくださいね。

作り置きおかずを冷凍するときの下準備

手や調理道具を清潔にしておく

作り置きおかずを作るときは、必ず清潔な状態を作るようにすることが大切です。手はしっかりと洗い、調理道具も清潔な状態にしておきましょう。清潔でない調理道具を使うと細菌が繁殖する原因となってしまいます。基本的なことですが、作り置きおかずを傷ませないためにも気をつけてくださいね。

保存容器は煮沸消毒

保存容器はあらかじめ煮沸消毒しておきます。たっぷりのお湯を鍋で沸かしてから保存容器を入れ、煮沸消毒してください。清潔な布巾の上に並べ、水気をしっかりと切ったら完了です。水分が残っていると作り置きおかずが傷む原因になるので気をつけましょう。

作り置きおかずの調理のポイント

しっかりと加熱をする

作り置きおかずは必ずしっかりと加熱しましょう。特に肉や魚などの生鮮食品は生の状態が残っていると、傷みの原因になってしまいます。中までちゃんと火が通っているかどうか確認してくださいね。また、煮物など汁気の多いおかずの場合は水分を飛ばすことが大切。水分が残っていると細菌が繁殖する温床になってしまうので注意しましょう。

粗熱をとる

調理が終わったら保存容器に入れて粗熱を冷まします。粗熱が冷めていない状態で蓋をすると中に蒸気がたまり、細菌が繁殖しやすい状態になってしまうので気をつけてください。

作り置きおかずを冷凍庫へ入れるときに気をつけたいこと

冷凍保存する日付を記入する

冷凍をするときは、日付を記入することが大切。作り置きおかずの冷凍期間は1〜2週間程度なので、記入した日付を参考にしながら期間内に食べきるようにしましょう。

アルミトレイを活用して急速冷凍

作り置きおかずを冷凍するときは、なるべく急速冷凍にすると風味が落ちるのを防げます。おすすめなのがアルミトレイを使った方法。アルミトレイは熱伝導率が高いので、急速冷凍することができます。アルミトレイがない場合はアルミホイルで代用可能。

冷凍可能!お弁当のメインになるミートボールの作り置きおかず

ミートボールに必要な材料

作り置きおかずでまずおすすめしたいのがミートボール。ボリューム満点で食べ応えがあるので、ミートボールが入るだけで豪華なお弁当に仕上げることができます。もちろん、冷凍保存も可能。小分けにしてストックしておけば、使いたいときにすぐに出せるのでとても便利です。ミートボールの作り置きを活用してみてはいかがですか。

ミートボールに必要な材料は、玉ねぎ1/2個、パン粉3/4カップ、ひき肉500g、ニンニク2かけら、トマト缶1個、白ワインはトマト缶の1/2、塩胡椒、牛乳、オリーブオイルになります。風味を出したいときはナツメグをプラスするのがおすすめ。

ミートボールの簡単なレシピ

パン粉がひたひたに浸るくらいの牛乳を入れ、ふやかしておきましょう。玉ねぎとニンニクはみじん切りにしておきます。ひき肉・玉ねぎ・ふやかしたパン粉・塩胡椒をボウルに入れて、ねばりが出るまでしっかりとこねてください。直径4cmくらいにまるめたら鉄板の上に並べ、200℃に予熱したオーブンで15分ほど焼きます。

フライパンにオリーブオイルを熱し、みじん切りにしたニンニクを炒めます。ニンニクの香りが出てきたら、白ワインとトマト缶を加え、トマトを潰しながら煮込みましょう。塩胡椒で味を整えたら煮詰めていきます。焼いたミートボールを加え、水気がしっかりとなくなるまで煮詰めたら完成。

エビシュウマイもお弁当にぴったりな作り置きおかず

エビシュウマイに必要な材料

エビシュウマイも冷凍保存で作り置きしておきたいおすすめのおかず。取り出してそのままお弁当に入れたり、夕飯や昼食でもう1品欲しいときなどに役立ちます。電子レンジで作れる簡単なレシピなので、料理初心者の方でも簡単にチャレンジ可能。美味しいエビシュウマイをストックして、食生活に役立てませんか?

エビシュウマイに必要な材料は、鶏胸肉のひき肉300g、むきエビ250g、シュウマイの皮25枚、玉ねぎ1/4個、塩小さじ1/2、砂糖大さじ1/2、鶏がらスープの素小さじ1、生姜ひとかけら、ごま油大さじ1/2になります。彩りを加えたいときは、グリーンピースをトッピングするのもおすすめ。

エビシュウマイのレシピ

エビに背わたがある場合は取り除いて粗いみじん切りにしておきます。玉ねぎもみじん切りにしておきましょう。砂糖・塩・鶏がらスープの素・生姜のすりおろし、ごま油、鶏胸肉、玉ねぎをボウルにいれ、粘りが出るまでしっかりとこねてください。

シュウマイのタネをスプーンにとって皮で包み、耐熱容器に並べます。少量の水をふりかけたら500Wの電子レンジで3分ほど加熱。しっかりと熱が入っているのを確認したら完成です。

卵焼きも冷凍保存して作り置きしておこう

卵焼きの必要な材料

意外なようですが、卵焼きも冷凍保存することができます。お弁当に欠かせない卵焼きは作り置きして冷凍ストックしておけると便利ですよね。片栗粉と水をプラスすることで、冷凍してもふんわりと美味しい食感を楽しめるようにしているのがポイント。カットしてから冷凍すると切り口が乾く場合があるので、切らない状態で冷凍するのがおすすめです。

卵焼きに必要な材料は、砂糖とマヨネーズ各大さじ2、片栗粉と水各大さじ1、卵5個、塩になります。マヨネーズを入れることでふわふわ食感がアップ。甘くない卵焼きが好みの場合は砂糖の分量を減らして調節してくださいね。

気軽にできる卵焼きのレシピ

卵をときほぐしたら、砂糖・マヨネーズ・水・片栗粉・塩を入れて混ぜ合わせましょう。卵焼き器に油をなじませたら卵液の1/4を注いで巻いていきます。続いて1/3の卵液を入れ、再び巻いてください。卵液を1/2ずつ入れて卵焼きを巻いたら完成。粗熱を取ってから保存容器に密閉して保存します。

いろいろ使えて便利な肉そぼろも作り置きにおすすめのおかず料理

肉そぼろに必要な材料

いろいろな料理で活用することができる肉そぼろは作り置きしておくと便利。お弁当のご飯の上にふりかけるだけでボリュームがアップします。ご飯にまぜ入れておにぎりにするのもおすすめ。自宅で食べるときは麺と和えたり、チャーハンの具材にしたりと、いろいろなシーンで活用できます。

肉そぼろに必要な材料は、玉ねぎ1個、豚ひき肉400g、赤味噌大さじ3、豆板醤とウェイパー各小さじ1、水50ml、オイスターソース小さじ2、塩。辛いものがお好みの場合は、鷹の爪を入れても美味しく仕上げることができます。好みに合わせて調節してください。

簡単なレシピ

玉ねぎはみじん切りにしておきましょう。油をしいたフライパンで玉ねぎを炒め、透き通ってきたらひき肉をプラス。ひき肉の色が変わったら混ぜ合わせた赤味噌・豆板醤・ウェイパー・オイスターソース・水を加え、水気がなくなるまで煮詰めていきます。塩で味を整えたら完成。

作り置きおかず料理の冷凍方法をチェックして、お弁当に役立てよう!

作り置きおかずを冷凍するときは、しっかりとポイントやコツをおさえておく必要があります。なるべく傷まないように気をつけておけば、美味しい状態を簡単にキープ可能。お気に入りのレシピを使って、美味しい作り置きおかずを楽しんでくださいね。

合わせて読みたい!作り置きに関連した記事

Thumb一人暮らしにおすすめの作り置きレシピ!簡単で冷凍もできるおかず
Thumb運動会のお弁当を前日作り置き&準備できる簡単レシピまとめ♪
Thumb「金スマ」で紹介された作り置きおかずダイエット!伊藤かずえも痩せた?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-01-17 時点

新着一覧