おむつメーカー比較人気ランキング!サイズや吸収力・通気性を解説

赤ちゃんの紙おむつを買うときは何を重視していますか。メーカー?吸収力?通気性?値段?様々な着眼点がありますが、何よりも自分の赤ちゃんに合うものが1番ですよね。そこで、おむつメーカーを比較して人気のあるおむつをランキング化しましたので是非参考にしてみてください。

おむつメーカー比較人気ランキング!サイズや吸収力・通気性を解説

目次

  1. どのメーカーのおむつを使ってる?
  2. おむつ選びで重要なのは何?
  3. 代表的なおむつメーカーの総合人気ランキング
  4. 第6位!圧倒的な柔らかさでお肌に優しいGenki!
  5. 第5位!コストパフォーマンス抜群!デザインもおしゃれなMamyPoko
  6. 第4位!柔らかいギャザーと低価格が嬉しいGOO.N
  7. 第3位!大きめサイズで吸収力に優れたmoony
  8. 第2位!通気性抜群で夏に最適のMerries
  9. 第1位!産婦人科でも多く使われているPampers
  10. メーカーによるおむつサイズの違い
  11. 通気性がいいおむつは?
  12. 吸収力がいいおむつは?
  13. 赤ちゃんの年齢によっておむつメーカーを変える方も
  14. 他にもある赤ちゃんのおむつメーカー
  15. 赤ちゃんによって合うおむつは変わる!メーカーの試供品を上手く使って

どのメーカーのおむつを使ってる?

すでに赤ちゃんが生まれておむつを使っている方や、これから生まれる赤ちゃんのためにおむつを用意している方、どのメーカーのおむつを買っていますか?日本にはたくさんのおむつメーカーがあり、それぞれに違った特徴があるのでおむつ選びに苦戦する方も多いんです。

新生児期のおむつ選びは帯参りの神社やベビー用品店で試供品がたくさん配られているので比較しやすいですが、少し大きいサイズになると試供品がないので買ってもあまり使わなかったなんてこともありますよね。そこで人気のおむつランキングとサイズや吸収力、通気性について紹介していきます。

おむつ選びで重要なのは何?

おむつを買うときに1番重要なのは何ですか?おしりかぶれが気になる時や夏場には通気性を重視したり、夜中や少しお腹が緩いときには吸収力を重視したりと、その時期の赤ちゃんの健康状態によって買い換えたりする方もいれば、赤ちゃんの肌が強くて肌荒れなどの心配が全くなく、コスパだけを重視する方もいますよね。

でも、どんな方でも1度はおむつメーカーを変えたことかあるはずです。いくら肌が強い赤ちゃんでも、その赤ちゃんに合うサイズや質感の商品は必ずあるんです。何を重要視するかによっておむつメーカーは変わってきますが、やはり使い勝手が良くコスパもいい商品が1番ですよね。

代表的なおむつメーカーの総合人気ランキング

そこで、日本で販売している代表的なおむつを比較して人気順にランキングにしてみました。サイズや吸収力、通気性をすべて合わせた上での総合的なランキングなので好みや賛否両論あるとは思いますが、おむつメーカー選びの参考にしてみてくださいね。

第6位!圧倒的な柔らかさでお肌に優しいGenki!

Genki!は大手製紙メーカーであるnepiaから発売されているおむつです。鼻セレブなどのティッシュペーパーを製造している製紙メーカーだけあって、触り心地は他のどのおむつメーカーよりも圧倒的に柔らかいのが特徴なんです。

さらにウエスト部分のギャザーがしっかりとした伸びになっており、見た目は同じサイズの他のおむつよりもスマートでぴったりとフィットするんです。だからこそうんち漏れなどの心配がなくたくさん動いても大丈夫なんですよ。

子供が惹かれるアンパンマンのおむつ

Genki!の人気はその柔らかさやフィット感だけではありません。おむつのデザインがアンパンマンだということで小さい子供から絶大な人気を誇っているんです。1歳を過ぎると赤ちゃんにも好き嫌いの自我が出てくるので、アンパンマン好きの赤ちゃんは喜びますよね。

ちなみにアンパンマンはどのサイズにも同じようにプリントされています。表はアンパンマンで裏のデザインが他のキャラクターに変わるんです。大体1パックの中にはキャラクターは2種類になっていますが、着せるたびに次はどっちのキャラクターのおむつなのかと楽しくなりますよね。

デメリットもたくさんあるのが難点

そんな柔らかくてデザインも申し分ないGenki!ですが、実はデメリットも結構あるんです。テープタイプがないのでパンツタイプのMサイズからしか販売していないことや、吸収力があまりないので夜中や長時間使うと湿ってきてしまうこと。

さらに少し大きめの赤ちゃんなら大丈夫ですが、ウエスト部分はぴったりフィットするのに他のおむつと比較すると少し大きめなので小柄な赤ちゃんだと漏れてきてしまうというデメリットがあります。メリットとデメリットを考えた上で赤ちゃんに合うかどうか考えてから購入してみてくださいね。

第5位!コストパフォーマンス抜群!デザインもおしゃれなMamyPoko

ユニ・チャームから発売されているMamyPokoのおむつ。ベビー用品店やドラッグストアでも安売りされていることが多く、唯一1000円未満で買えるコスパが魅力なんです。もちろん安いだけではなく吸収力や足回りのギャザーもしっかりしているのでリピーターも多いおむつなんですよ。

季節によってディズニーデザインが変わる

MamyPokoの魅力はその可愛いデザインにもあります。ディズニーのミッキーとミニーが定番ですが、季節やイベントによってデザインが変わるのがおしゃれだと評判なんです。

こちらは2017年春に出た桜デザインです。1パックの中にピンク色のおむつが入っているかも?というお楽しみ感もあるのが試しに買ってみようかなと思わせる商品ですよね。過去には夏デザインのものやハロウィンデザインのものなど、季節によって楽しめるのでおすすめですよ。

低価格だけどデメリットも

コスパも良くデザインが可愛いMamyPokoですが、デメリットもあります。テープタイプとパンツタイプと種類があるのですが、Mからしかサイズがないので新生児などの6㎏までの赤ちゃんには使うことが出来ません。やはりユニ・チャームの他の製品に比べると素材や肌触りは劣ってしまうんです。

さらにパンツタイプには他のメーカーにはあるおしっこラインが付いていないんです。1歳や2歳頃になるとオムツが濡れているかどうかはすぐ分かるようになりますが、テープからパンツタイプに替えるまだ1歳未満の時期にはおしっこラインがないとちょっと不便ですよね。赤ちゃんがある程度大きくなってから愛用している方が多い商品なんです。

第4位!柔らかいギャザーと低価格が嬉しいGOO.N

大王製紙のメーカーであるエリエールが生んだおむつであるGOO.N。Genki!と同じく製紙メーカーが発売しているため、かなり素材が柔らかく赤ちゃんの肌に優しいので人気のある商品です。CMでも「まっさらさら」という言葉を強調しているだけあって、吸収力や通気性にも優れています。

GOO.Nのテープタイプおむつは特に、他のメーカーと比較すると少し大きめサイズになっています。それでも柔らかいギャザーやぴったりとしたフィット感がうんち漏れやおしっこ漏れを防いでくれるので新生児期からずっとGOO.nを愛用している方もいるんですよ。

製紙メーカーならではのマシュマロ仕立てがおすすめ

GOO.Nのおむつにはマシュマロ仕立てという種類があります。そもそもGOO.N自体は肌触りもよくおむつかぶれもほとんどないと評判なんですが、それでも肌の弱い赤ちゃんにはこのマシュマロ仕立てがおすすめです。新生児期の赤ちゃんには特にマシュマロのような柔らかい素材がとても優しいのでネット販売限定の商品ですがおすすめですよ。

男の子用女の子用や消臭タイプなど種類が豊富

上記で紹介したマシュマロ仕立て以外にもGOO.Nには様々な種類のおむつがあります。新生児から使えるテープタイプにはレギュラーのものとマシュマロタイプのもの、パンツタイプはSサイズからですがハイハイが出来る時期になると消臭タイプや、Lサイズからになると男の子用や女の子用などの種類も増えてきます。

比較的安値で販売していることが多く、赤ちゃんの肌に優しい素材のおむつがいくつかの種類から選べるのでかなりおすすめですよ。

第3位!大きめサイズで吸収力に優れたmoony

MamyPokoと同じくユニ・チャームから発売されているmoony。柔らかいギャザーとよく動く赤ちゃんにもフィットするストレッチ性が特徴のおむつです。GOO.Nまでとはいかないですが少し大きめサイズなので赤ちゃんのおしりをまあるく包み込んでくれて、うんち漏れなどの心配もないと人気の商品なんですよ。

同じメーカーでもMamyPokoとは性能が違う

同じユニ・チャームが発売しているといえ、MamyPokoとは少し性能が違います。比較してみると形はほぼ同じですが、通気性やフィット感、素材の柔らかさなどはmoonyのほうが数段上です。比較的安価なMamyPokoに比べると少し高いですが、それでもmoonyにはナチュラルコットンを使用した赤ちゃんに優しいおむつもあるので素材にはかなり定評があるんですよ。

さらに3000g以下の新生児から使える小さいサイズのおむつも発売しており、Mサイズからしか使えないMamyPokoとは違いますよね。それでも小さい頃はmoonyを使用して大きくなってきたらMamyPokoに替えたという声もよく聞くのでユニ・チャームのおむつは人気があるんですよ。

ぴったりギャザーで漏れない

「ふんわりぴたりで漏れ安心」とCMでも謳っている通り、moonyの最大の特徴は漏れないことです。締め付けすぎず柔らかいギャザーが赤ちゃんのお腹周りや足回りにちょうどよくフィットしてくれるので本当に漏れしらずなんです。

おむつメーカには珍しくパンツタイプにもSサイズがあるので、足をバタバタし始める時期でも動きやすいのに漏れることなく使えると評判なんですよ。

第2位!通気性抜群で夏に最適のMerries

洗剤などの日用品で有名な花王が発売しているMerriesのおむつ。日用品にも共通して肌に優しいものを製作しているメーカーとして定評がありますよね。実はおむつも肌への優しさを特に考えて作られているんです。製作には皮膚科や小児科なども監修しているので、他のメーカーのおむつでおしりかぶれをした赤ちゃんでもMerriesに替えれば治ったという声が多いんですよ。

おむつかぶれが無くなったと評判

先ほど記述しましたがMerriesはおしりかぶれがなくなったとかなりの評判がある商品なんです。肌荒れをしないように抜群の通気性と吸収力を兼ね備えているのでいつでもサラサラで、特に夏場では汗でベトベトになったりしないのでお値段は他のメーカーと比較すると少しお高いめですが、夏だけMerriesにする方もいるんですよ。

何故かアジア圏の方に大人気のメーカー

Merriesはここ最近のインバウンドの爆買いでも大きな影響があった商品です。店頭ではなぜかMerriesのおむつだけが大量になくなって愛用していた方は困りましたよね。中国でも日本と同じくP&Gやユニ・チャーム、花王が上位を占めているようで特に通気性や吸収力がよく肌に優しいMerriesが人気があったそうです。

第1位!産婦人科でも多く使われているPampers

ランキング第1位はやはり大人気のPampersです。洗剤や日用品で有名なP&Gから発売されているおむつで、本社はアメリカですが古くから人気のある商品なんです。Pampersの素材の良さは産婦人科でも進んで使われているほどのお墨付きです。他のメーカーのおむつと比較すると少し小さめなので新生児にも合わせやすいのが特徴です。

さらにメッシュ加工で通気性はかなり良く、いつでもさらさらなのでおむつかぶれにも強いんです。製作には700名以上の専門家や科学者が携わっており、世界各国の赤ちゃんへの安全基準や規制基準をすべて満たしているので海外でもかなりの人気を誇っているんですよ。

長年愛されているメーカー

日本で紙おむつが急速に普及し始めたのは1980年代後半頃だと言われていますが、Pampersの紙おむつは1950年頃からアメリカではすでに生産されていました。かなり歴史のあるメーカーですよね。ランキングにはいいている他のメーカーがまだあまり普及していない頃からPampersは大活躍しているので、2世代でPampersを愛用している方も多いんですよ。

低刺激で新生児に優しい

PampersにはGOO.Nやmoonyと同じく新生児用や肌の弱い赤ちゃん用に柔らかい素材を使った特別な種類のおむつが発売されています。シルクのような柔らかさと独自のローションを配合しているので、おしりかぶれはもちろんおむつが擦れてカサカサすることもないので夏でも冬でも快適に使えると評判なんです。

メーカーによるおむつサイズの違い

おむつの総合的な人気ランキングを紹介しましたが、実はおむつによって同じサイズでも大きさが違うんです。テープタイプとパンツタイプでも違いはありますが、特に新生児から使うテープタイプでは赤ちゃんの大きさに違いも出るためにおむつのサイズがかなり重要になってくるんです。

こちらはSサイズのテープタイプのおむつです。パッと見て比較しただけでも長さや横幅が違うのが分かりますよね。レギュラータイプのおむつで一番小さいのはPampersだと言われていて、ウエストも細めなので新生児にも使いやすいですし細めの赤ちゃんには向いています。

逆に新生児から使えるおむつの中ではGOO.Nが大きめなので試供品などを上手く使って試してみるのがおすすめですよ。パンツタイプでもメーカーによるサイズの大きさはほぼ同じです。Pampersが小さめでGOO.Nは大きめです。それでもパンツタイプになると足回りのフィット感などによっても赤ちゃんに合うサイズが変わってくるので注意してくださいね。

通気性がいいおむつは?

数あるおむつメーカーの中で通気性が良いと人気なのはMerriesとmoonyです。両方ともおしりかぶれにはかなり強く、夏場でも快適に使えると評判なんですよ。Pampersもメッシュ加工で通気性は良いのですが、夏場になるとメッシュ部分がおしりにくっつくというデメリットもあるので総合ランキングで2位と3位だったMerriesとmoonyが通気性ではおすすめです。

吸収力がいいおむつは?

吸収力で定評があるのはPampersとMerriesです。こちらはやはり総合ランキング1位と2位のメーカーですね。やはり吸収力が良いとおむつを頻繁に変える手間もなくなりますし、うんちやおしっこ漏れもなくなるので忙しい育児にはかなり助かりますよね。

赤ちゃんの年齢によっておむつメーカーを変える方も

生まれたときからずっと同じおむつメーカーのものを使い続けている方もいますが、赤ちゃんが大きくなるにつれておむつメーカーを変える方もたくさんいます。やはり同じサイズでもメーカーによって大きさは変わってきますし、ワンサイズアップするときの繋ぎとして他のメーカーを使ったりする方もいるんです。

さらに大きくなってくると、おむつの消費量は減りますが同じ値段なのに1パックに入っているおむつの量も減ってきますよね。そこでコスパを重要視して少し安いおむつに替えたり、赤ちゃんの肌が強くなってきたことによってメーカーを変えたりする方もいるんですよ。

他にもある赤ちゃんのおむつメーカー

ランキングで紹介したおむつの他にももちろんおむつは発売しています。そこで、ランキング外でしたが人気のあるおむつを紹介します。

有名ベビー用品メーカートイザらスのウルトラプラス

こちらはベビー用品やおもちゃで有名なトイザらスが発売しているULTRA plusというおむつです。トイザらスやベビーザらスでしか販売していないので手に入りにくいですが、Genki!と同じnepiaが製作しているだけあって肌触りはとてもいいです。お値段もMamyPokoと同じくらい安価で販売しているのでおすすめですよ。

大きくなったら夜中だけおむつのオヤスミマン

MamyPokoやmoonyと同じくユニ・チャームから発売されているオヤスミマンも人気です。昼間のおむつが外れた頃に夜用として使えるおむつなので、その吸収力はかなりのものでお布団を濡らさないのでおすすめですよ。Lサイズを使っている2歳や3歳の赤ちゃんなら、なかなかおむつが変えられない状況の時にも役に立ちますよ。

アメリカメーカーのおむつHUGGIES

HUGGLESは店頭では販売しておらずネット販売のみのおむつになりますが、1度買われるとかなりいいと愛用する方が多い商品です。少し大きめサイズですが新生児から使えて背中がぴったりとフィットするので漏れ知らず!お値段も高いめですがおすすめですよ。

赤ちゃんによって合うおむつは変わる!メーカーの試供品を上手く使って

いかがでしたでしょうか?すでにおむつを買っている方、これからおむつを選ぼうと思っている方、気になるメーカーのおむつはありましたでしょうか?メーカーによって素材も力を入れている部分も違うので、吸収力に優れていたり通気性がよかったりとかなりの違いがありますよね。

同じサイズでもメーカーによって大きさが異なるので赤ちゃんに合ったおむつを見つけてみてくださいね。新生児用なら試供品がたくさんありますし、大きめのサイズでも各メーカーのHPでは抽選で試供品の配布をしているので是非他のメーカーのものと比較してみてくださいね。

もっとおむつについて知りたい方はこちらへ

Thumb新生児のオムツランキング!サイズ別おすすめ人気商品をまとめ!
Thumbトイレトレーニングパンツでおすすめは?洗い方や必要な枚数を調査
Thumb赤ちゃんのプールはいつから?専用おむつや注意点についてまとめ
Thumb誰でも簡単おむつポーチの作り方!100均&ハンドメイドで可愛く!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-03-20 時点

新着一覧