彼氏との倦怠期の乗り越え方は?男の本音や別れたくない時の対処法

最近彼氏と一緒にいてもあまり楽しくない、彼氏がそっけないなどという場合、倦怠期かもしれません。倦怠期というのはどんなにラブラブなカップルにも必ず訪れるものなのです。そこで今回は、彼氏との倦怠期の乗り越え方、男の本音と倦怠期で別れないための対処法をご紹介します。

彼氏との倦怠期の乗り越え方は?男の本音や別れたくない時の対処法

目次

  1. カップルは倦怠期に別れやすい!?
  2. 彼氏との倦怠期が来る時期とは?
  3. 倦怠期の乗り越え方①一人の時間も大切にする
  4. 倦怠期の乗り越え方②自分磨きを怠らない
  5. 倦怠期の乗り越え方③デートは新鮮さと刺激が大切
  6. 倦怠期の乗り越え方④結婚を意識しすぎない
  7. 倦怠期の乗り越え方⑤相手の良い部分を褒める
  8. 倦怠期の乗り越え方⑥恋と愛の違いを考える
  9. 倦怠期を迎えた彼氏の本音とは?
  10. 別れたくない時の対処法①倦怠期であることを自覚する
  11. 別れたくない時の対処法②2人の思い出の場所へ足を運ぶ
  12. 別れたくない時の対処法③真剣に話し合いをする
  13. 別れたくない時の対処法④別れた時のことを考える
  14. 別れたくない時の対処法⑤一旦距離を置く
  15. 倦怠期は2人の絆が深まっている証拠でもある!

カップルは倦怠期に別れやすい!?

彼氏と別れる原因は倦怠期かも

カップルが別れる時の原因は様々ありますが、一番別れやすい時期というのは倦怠期と言われています。倦怠期というのは、相手に対して好きな気持ちはあってもなんとなく飽きてくるという時期なのです。

ケンカが多くて別れたり、他に好きな人ができて別れたり、相手の嫌な部分ばかり見えて別れたり、ほとんどが倦怠期を理由に別れているという可能性が高いのです。

今、ラブラブな状態であっても倦怠期は誰にでも来るものだということをご存じですか?付き合い始めは全てが新鮮で相手の好きな気持ちも大きく別れる事なんて全く意識しないですよね。でも、人間というのはどんなものに対しても必ず飽きがくるのです。それは、恋人に対しても同じで、飽きが来た時に倦怠期は訪れるようです。

乗り越え方、対処法、男の本音

できることなら倦怠期が来ないで欲しいと思う方もいると思いますが、もし倦怠期が来てしまった時にどうすれば別れずに済むのでしょうか?今回は、倦怠期の乗り越え方や、男の本音、倦怠期が来てしまったけれど別れたくない時の対処法などご紹介します。

彼氏との倦怠期が来る時期とは?

彼氏とラブラブでも倦怠期は来る

倦怠期が来る時期というのは、一般的に3の倍数と言われています。3ヶ月、6ヶ月、9ヶ月、12ヶ月の中でも一番多いのが3ヶ月なんだそうです。付き合って3ヶ月なんて一番ラブラブな時期なんじゃないの?と思う人も多いと思いますが、3ヶ月というのはお互いに燃え上がった恋心が一旦落ち着く時期でもあるのです。

その一旦落ち着いた時が最も危険だと言われています。あんなにすごく好きだったのに、なんか一気に恋が冷めたような気がする…と思う時が一瞬でもあると「本当に好きなのかな?」「この人で良いのかな?」と考えてしまうこともあります。それと、付き合って3ヶ月だと別れるにもまだ未練も残らないまま別れられるので、飽きが来た時に早々に別れてしまうというカップルも多いのです。

彼氏と長い付き合いになるとズルズル関係が続く

倦怠期はもちろん、一年以上付き合っているカップルにも訪れますが、付き合いが長くなってくるとなかなか別れられずにズルズルと付き合ってしまうこともありますよね。倦怠期を乗り越えなければ、なんとなく付き合っているという感じから抜け出すことはできません。

そして、倦怠期を乗り越えたカップルは、お互いの絆が深まり、結婚の道へと進んで行くのです。恋愛はドキドキしたり、ときめいたりするだけでは成立しません。一緒にいる時間が長ければ長いほどトキメキは減りますが、その分愛情を増やしていく努力も必要なのです。倦怠期の乗り越え方にはどのような方法があるのか見てみましょう。

倦怠期の乗り越え方①一人の時間も大切にする

一人の時間にも愛を育む

倦怠期が来たとしても、彼氏との時間ばかり作って自分一人の時間がないと相手に対して飽きがくるのも早いのです。倦怠期の乗り越え方には、一人の時間も大切にするというのも重要になってきます。

付き合い始めは、彼氏に会いたくて無理に時間を作ることもあると思いますが、全く一人でゆっくりする時間がないと、なんとなく飽きが来た時に一気に冷めてしまう可能性もあります。自分に余裕がなければ、人を愛し続けるのは難しいものなのです。

彼氏とうまく付き合っている人と言うのは、彼氏だけとずっと一緒に過ごすのではなく、友達や家族との交流も大切にし、尚且つ一人で考える時間やゆっくりと過ごす日を上手に作っているのです。彼氏と会っている時に愛を育むのは当然のことですが、会えない時間にも少しずつ愛を育むこともあるのです。

倦怠期の乗り越え方②自分磨きを怠らない

いつまでも綺麗な女性でいよう

彼氏との倦怠期の乗り越え方は、自分磨きを怠らないということも大切です。付き合い当初はメイクや髪型、ファッションなど彼氏と会うたびに気合いが入っていたと思います。

でも、会う回数も増えるとだんだん慣れてきて適当になってしまっているという女性も多いのではないでしょうか。頻繁に彼氏と会う場合、会うたびに違う服を着たりメイクを変えたりするのは面倒だし難しいことでもありますが、何か一つでも変化を加えると、相手に新鮮さと刺激を与えることができます。

「今日の髪型可愛いね!」「新しいピアス買ったんだね!」など小さな変化でも、彼氏にとっては新鮮になるのです。彼氏に会えない時でも、日頃から自分磨きに力をいれて努力をしましょう!いつも輝いている女性は恋愛だけでなく、仕事や人間関係など様々なことで充実した日々を過ごすことができます。

新しい服を買ったら、その服を着て彼氏とデートしたいと思いますよね。ネイルサロンに行って、可愛い爪に仕上げてもらったら彼氏に見せたい!と思うことで倦怠期も乗り越えていけるでしょう。生活が充実したものになると、自分に余裕も生まれて彼氏と倦怠期が来たとしても上手に乗り越えられるはず。

倦怠期の乗り越え方③デートは新鮮さと刺激が大切

新しいデートスポットへ

先ほどもご紹介したように、倦怠期を乗り越えるためには新鮮さと刺激が大切です。お互いの見た目だけでなく、デートをする時も場所を考えなければいけません。いつも同じようなデートコースになっていたり、予定を決めずにダラダラと過ごしてばかりいてはお互いに飽きてしまうのも早くなってしまいます。

付き合う前や付き合い始めは彼氏とあの場所へ行きたい!といろいろ考えていたはず。その行きたかった場所へ彼氏を連れ出しましょう!一緒に行くのが面倒だったり、予定を計画するのすら億劫になっていては、すでに倦怠期が来ている可能性があります。倦怠期を打破するためにも、彼氏と行きたくて行けてなかった場所へと足を運んでみてください。

行ってみたら新鮮なデートが楽しめるし、お互いに刺激し合って「やっぱり一緒にいて楽しい!」と改めて思えるはず。有名なデートスポットには行き尽くしたというカップルであれば、旅行の計画を立てるのも良いでしょう。旅行に行くのはもちろんのこと、旅行の計画を立てる時間ってワクワクしますよね。そのワクワクを彼氏と共有することによって、楽しい気持ちになりますよ。

倦怠期の乗り越え方④結婚を意識しすぎない

結婚を迫ってはいけない

付き合っていれば、結婚を意識するのは当たり前のことでもありますし、今付き合っている男性と結婚するのかな?と考えたことがあるという人がほとんどですよね。でも、付き合っていてあまりにも結婚を意識しすぎていると、彼氏にプレッシャーを与えてしまう可能性もあります。

男性の方はまだ結婚する時期ではないと思っているのに、彼女が結婚したいという態度をとったりアピールしているとお互いなんとなくすれ違いの生活になってしまう可能性もあります。あまり彼氏に結婚したい気持ちを出し過ぎると相手が引いてしまうこともあるのでほどほどにしておいた方が良いでしょう。

結婚はタイミングというように、自分だけ結婚したい気持ちが強くてもすぐに結婚ができるわけではありません。まずは、お互いを思いやり、一緒にいて楽しい空間をたくさん作ることが大切なのです。

倦怠期の乗り越え方⑤相手の良い部分を褒める

彼氏をたくさん褒めてあげよう

倦怠期が訪れると、相手の嫌な部分が多く見られることもありますよね。そんな時だからこそ相手の良い部分を見つけて彼氏を褒めてあげましょう。なかなか褒めるということは難しいことですが、褒めることで相手が喜ぶし自分も気分が良くなって前向きな気持ちになれますよ。たくさん彼氏を褒めてあげてください。

男性はいつも彼女の前では頼りがいがあってクールな男に見られたいと思っている人が多いですが、実は女性から褒められたいと思って頑張っている部分もあるのです。彼氏の頑張りを踏みにじってはいけません。彼女が褒めることによってお互いに良い関係を築きあげていくこともできるのです。

最近彼氏に褒められてないな…と感じている女性は、まずは自分から彼氏を褒めてみましょう。褒めることによってそれが感染して、彼女に対してもちょっとしたことでも褒めてくれるようになることもありますよ。

倦怠期の乗り越え方⑥恋と愛の違いを考える

彼氏に向けているのは恋?愛?

男性とお付き合いする時は、まず恋と愛の違いを考え勉強する必要もあります。付き合い始めはしばらく恋心を抱いて付き合っていますが、付き合いが長くなってくると慣れてきてそれが愛情へと変化していきます。ドキドキしなくなったり、トキメキが減ったのは冷めたからではなく、愛情が増えているからだと認識しましょう。

いつまでも恋心を抱いたままでいることはできません。トキメキが減ったとしても、お互い好きな気持ちがなくなったわけではないのです。「この人と一緒にいたい」という安心感が来たらそれはもう愛だという証になるでしょう。ドキドキはしないけれど、一緒にいると落ち着くし心地良い関係でいられることが2人にとっても大切なものなのです。

倦怠期を迎えた彼氏の本音とは?

倦怠期を迎えた時、男性はどのようなことを考えているのでしょうか?男性の本音を探ってみましょう。

本音1.連絡頻度の低下

男性は、付き合う前や付き合い始めは積極的にメールやLINEなど送ります。それは、自分をよく見せようとしていたり、振り向いてもらうために頑張っているのです。でも、付き合ってしばらく経つと連絡頻度が一気に低下する男性もいますよね。

それは彼女のことが嫌いになったからではありません。自分の彼女になったことの安心感から連絡も減るのです。あまり連絡が来ないからという理由でケンカになるカップルもいますが、男性の本音としては連絡が減っても愛情は減ってないということを伝えたいのです。

本音2.付き合っているという安心感

上記でもご紹介したように、男性は付き合い始めると安心感を抱いて一気に落ち着きます。彼女はまだドキドキしたりときめいているのに対し、男性は落ち着くのも早いのでお互いの温度差からケンカや別れに発展してしまうことも多いようです。

でも、一切冷めているわけではなく、自分のものになったという安心感が生まれているという男性の本音でもあるのです。

本音3.素が出てそっけない態度になる

女性が倦怠期かも…と思う理由としては彼氏がそっけない態度をとっていたり冷たくなったからということも挙げられますよね。でも、実は彼氏は倦怠期だとは思っていなくて、素である自分を出しているだけということもあるのです。

常に彼女のことばかりを考えているわけではありません。そういった部分の素を見た時に「何か最近冷たいな…」と思ってしまうこともあるでしょう。彼氏が冷たいからと言っても嫌いになっているわけではないというのも男性の本音のようです。

別れたくない時の対処法①倦怠期であることを自覚する

彼氏だけ、自分だけの問題ではない

彼氏と別れたくないと強く願っているのであれば、倦怠期であるということをまずは自覚をしましょう。倦怠期は相手だけ、自分だけの問題ではありません。お互いになんとなくすれ違いが多くなったり、好きな気持ちがよくわからなくなってしまうことで起こるのです。

倦怠期はどのカップルにも起こりうることなので、倦怠期が来たからと落ち込むことはありません。ずっとラブラブなカップルを羨ましく思うこともあると思いますが、そのカップルにも他の誰にも知らない辛い経験も乗り越えてきているのです。カップル同士何事もなく、ラブラブでいる人達なんていません。困難を乗り越えてこそラブラブが続いていくのです。

ですので、倦怠期だからと言って別れを考えたり、マイナス思考にならないように、まずは倦怠期であることを自覚してどう乗り越えていくかを考えていく必要があるのです。

別れたくない時の対処法②2人の思い出の場所へ足を運ぶ

彼氏と一緒に思い出の場所へ

別れたくないという気持ちがあるなら、2人の思い出の場所へと彼氏と一緒に行ってみましょう。初めてデートした場所や、楽しかった場所が良いですね。当時のことを思い出してトキメキやドキドキが蘇ってくることもあるでしょう。

お互いに思い出に浸ることによって、別れたくないという思いが一層強くなるはず。楽しい時間を彼氏とすごすことができれば、またラブラブな2人に戻ることもできるでしょう。

別れたくない時の対処法③真剣に話し合いをする

彼氏と話し合う

倦怠期で別れたくない時は、彼氏と真剣に話し合う時間を作りましょう。話し合いをすることによって別れ話になるんじゃないか、ケンカしてしまうんじゃないかと恐れている女性も多いと思いますが、お互いに思っていることを伝えなければこの先倦怠期を乗り越えることができません。

思っていることを真剣に伝えれば相手にも伝わります。話さなければわからないこともたくさんあるので、別れたくないのであれば、一度彼氏と話し合いすることをオススメします。

別れたくない時の対処法④別れた時のことを考える

彼氏ともし別れたら…

倦怠期が訪れると、彼氏のことが本気で好きななのかどうかわからなくなることもあります。この先ずっとこの人と付き合っていって良いのか、もっと他に良い人がいるんじゃないかと思った時、彼氏と別れた時のことを考えてみてください。

マイナス思考になっている時は、彼氏の嫌な部分ばかり見えてしまいますが、それとは別にもし別れてしまったら…ということを考えると楽しかったことや彼氏の良い部分も見えてくるはず。そして別れたくないという気持ちが強くなるでしょう。

別れたくない時の対処法⑤一旦距離を置く

彼氏も同じように悩んでいる

倦怠期で悩んでいる時は、彼氏もあなたと同じように悩んでいることも多いでしょう。冷静になって考えるためにもお互いに一旦距離を置くという方法もあります。距離を置く=別れるわけではありません。

そのことを相手にしっかりと伝えなければ別れたいと思っているのだと勘違いされてしまう可能性もあります。しっかりと距離を置いて考えたいという気持ちを伝えて、一人の時間を作ってみるのも解決策になります。

倦怠期は2人の絆が深まっている証拠でもある!

彼氏と一緒に倦怠期を乗り越えよう

倦怠期が訪れるということは、お互いに恋から愛へと変化している最中でもあります。ドキドキがなくなった、トキメキがなくなったから好きじゃないわけではなく、一緒にいて安心感のある相手へと変わっている証拠。お互いの絆が深まった証拠でもあるのです。

その倦怠期を上手に乗り越えることによって、お互いに信頼し合える良いパートナーへとなるのです。恋を常にしていたいのであれば、恋人を次から次へと変えるしかありません。でも、ずっと今の彼氏と一緒にいたい気持ちがあるのであれば、倦怠期を乗り越えていかなければいけません。乗り越えた先に待っているのは2人の愛なのです。

倦怠期についての記事はこちらも!

Thumbカップルの倦怠期の乗り越え方!彼氏・彼女がするべき正しい解消法
Thumb彼氏に会いたくない時の対処法。自分と向き合って理由を探してみよう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-07-20 時点

新着一覧