クッキーの美味しいレシピ!簡単な作り方のコツ・配合などご紹介

皆さんクッキーはお好きですか?いろんな形でトッピングも味も種類が豊富なスイーツのクッキーは美味しいですし、レシピもたくさんあるので手作りするという人も多いのではないでしょうか。今回は簡単で美味しいクッキーのレシピをご紹介します!

クッキーの美味しいレシピ!簡単な作り方のコツ・配合などご紹介

目次

  1. 作ってみよう!サクサク美味しいクッキーレシピまとめ♡
  2. 美味しいレシピが満載!クッキーって?
  3. 美味しいクッキーの種類はいろいろ
  4. 美味しいクッキーの製法の違いは?
  5. 美味しいクッキーレシピに必要な材料たち
  6. 美味しいクッキーレシピで大活躍してくれる道具たち
  7. おいしいクッキーを作るための注意点
  8. 美味しい型抜きクッキーを作るための配合レシピ
  9. 美味しいドロップクッキーを作るための配合レシピ
  10. 美味しい絞り出しクッキーを作るための配合レシピ
  11. 美味しいアイスボックスクッキーを作るための配合レシピ
  12. 大人から子供まで人気の美味しいチョコクッキーレシピ
  13. 爽やかな香り漂う美味しい抹茶クッキーレシピ
  14. コロコロ可愛い美味しいスノーボールクッキーレシピ
  15. 美味しいクッキーは食べるだけで幸せをくれる♡魔法のスイーツ!

作ってみよう!サクサク美味しいクッキーレシピまとめ♡

丸い形や四角い形、マーブルや可愛い型抜きされているものなどその種類はバラエティーに富んでいます。今回は、美味しいクッキーレシピをご紹介していくのですが、ただの簡単に出来るクッキーレシピではなく、材料の配合にこだわった美味しいクッキーの作り方をお届けします。

美味しいレシピが満載!クッキーって?

クッキーは、皆さんが知っていて大人も子供も大好きなスイーツの1つです。しかし、意外にクッキーに関して知らない事も多いのではないでしょうか?まずは、そんなクッキーに関しての基礎知識からご紹介します。

クッキーとは…【バリーエーション豊富な焼きスイーツ】

クッキーは、小麦粉や卵、砂糖、バターなどの材料を使った小型の焼きスイーツです。多くのクッキーは、手で持っても崩れない固さのものが主流ですが、今ではそのレシピや配合の仕方により、バリエーションはさまざまです。

クッキーはビスケットとは違う?

クッキーとビスケットは見た目が似ていますが、伝わってきた場所が違います。クッキーは、アメリカから伝わってきており、ビスケットはイギリスから伝わってきました。さらに、糖分と脂肪分が全体の40%以上を含んでいればクッキー、その比率が40%未満だとビスケットになります。

美味しいクッキーの種類はいろいろ

次は、クッキーの種類についてお届けします。焼きスイーツである美味しいクッキーには、色々な種類があります。ほとんどの種類は、皆さん見た事あるものもあると思います。国ごとにその種類はさまざまなので、そんな身近なスイーツであるクッキーにはどんな種類があるかを一緒に見ていきましょう。

その①【アメリカ出身のクッキー】

アメリカ出身のクッキーは、丸くて口当たりの柔らかい種類が多くあります。クッキーというイメージは、このアメリカのピーナッツバタークッキーやチョコチップクッキーなどがスイーツであるクッキーの姿として認識イしてる方も多いのではないでしょうか。

その②【イギリス出身のクッキー】

イギリス出身のクッキーは、ビスケットと呼ばれるものが主流で四角い形のクッキーが目立ちます。主に、バターをふんだんに使ったショートブレッドやシリアルバーのようなクッキーなどがあります。

その③【フランス出身のクッキー】

フランス出身のクッキーを始めとする焼き菓子スイーツは、大量にあります。まるでビスケットのような食感のサブレやガレット、薄くてソフトなのにサクサクとした食感のラングドシャなどがあります。

美味しいクッキーの製法の違いは?

焼き菓子スイーツと一言で括られてしまうクッキーですが、クッキーには、種類や形状によって作り方があります。それぞれの製法の特徴を見ながら違いを比較していきましょう。

製法①【型抜きクッキー】

型抜きクッキーは、家族で楽しみながら作れるクッキーレシピの1つです。薄く伸ばした生地を好みの型で抜いていくだけの簡単な作り方なので、お子様も簡単にクッキー作りをする事が出来ます。

製法②【ドロップクッキー】

ドロップクッキーのドロップとは、英語で「落とす」という意味があります。その名の通り、柔らかめに作った生地をスプーンなどを使って天板に落とす作り方で生まれます。形は、少しいびつで、中には大きなブロックのままのチョコが入っているクッキーもあります。

製法③【絞り出しクッキー】

絞り出しのクッキーは、柔らかめの生地を生クリームを絞るような絞りの道具を使って、天板の上に直接絞り出すクッキーです。簡単というより少し技術の必要な作り方ですが、最近では、トライする方が増えてきています。

製法④【アイスボックスクッキー】

アイスボックスクッキーとは、棒状に成形した生地を冷凍庫に入れてから時間を置いて取り出し、端からカットしていく作り方です。生地を棒状にしてそのまま冷凍庫に入れるだけなので、とても簡単に作れて、無駄の無い製法です。アイスボックスのアイスは、冷凍する所から来ていると言われています。

美味しいクッキーレシピに必要な材料たち

次にお届けするのは、美味しいクッキーを作るために欠かせない材料たちにスポットを当てていきます。クッキーのみならずスイーツに使われている材料たちには、それぞれ意味があります。その意味を知って、今後のスイーツ作りに役立ててみましょう。今回は、クッキーについてお話しします。

材料①【薄力粉】

クッキーを始め、スイーツには欠かすことの出来ない主原料である「薄力粉」。薄力粉には、グルテンというタンパク質が含まれており、捏ねる事によって出るグルテンの量が生地の弾力性を左右します。さらに、クッキーを作る時にも薄力粉を振るう行程がありますが、これは他の材料を混ざりやすくするためと口当たりを良くするために行います。

材料②【無塩バター】

クッキーは、バターやマーガリンなどの油脂成分が大切です。固形油脂の配合量が多い程、グルテンを結合してサクサクとした食感を生み出したり、空気を含ませながらバターを泡立てる事で膨らむ働きを促進させてくれます。さらに、柔軟性を持たせてくれるのでクッキーで伸ばしたり、成形したりする時にも力を発揮してくれます。

材料③【卵】

クッキーなどのスイーツには、薄力粉と一緒に欠かせないのが卵です。卵はクッキーの風味を出すためと生地のつなぎの役割も果たしてくれます。卵には、バターと粉を繋ぐ乳化作用やサクサクとした食感を出してくれる役割もあります。

材料④【砂糖】

スイーツの甘さの素と言える砂糖は、クッキーの甘さを出すだけでなく、カリッと感を出してくれる役割があります。しかし、多く入れ過ぎると身体を冷やしたり、ダイエットをしている方には悩みどころかと思います。バランスを見ながら調節する必要があります。ちなみに、スイーツ作りには、糖分が高く水分を引きつける力が強いとされている上白糖がおすすめです。

美味しいクッキーレシピで大活躍してくれる道具たち

美味しいクッキーレシピに欠かせない材料たちをご紹介しましたが、次にご紹介するのは、クッキーレシピに欠かせない道具たちです。クッキーを作る時によく登場するアイテムをいくつかお届けします。

道具①【ボウル】

ボウルは、生地などを混ぜたりする時に必要な道具です。プラスチックやステンレスで作られているものが多くあります。大きさもさまざまで、クッキー作りだけではなく、料理やスイーツ作りには必須のアイテムとなっています。

道具②【泡立て器】

無塩バターをもったりと泡立てたり、生地を混ぜ込んだりする時に使用します。今は、電動タイプのハンドミキサーもあります。ステンレス製でワイヤーがしっかりしているものがおすすめです。

道具③【計量カップ】

おいしいクッキーの作り方レシピの中で、測りがあると便利ですが、ご家庭に測りがない場合は、お米も測れる計量カップがおすすめです。液体から粉まで測れるものがあるので1つ持っておくとクッキーの作り方の時だけでなく、色々な用途で活躍してくれます。

道具④【麺棒】

冷蔵庫で寝かせた生地を薄く伸ばす時に使用します。木で作られており、長さはさまざまあります。クッキーのレシピ内では、必要な道具です。

おいしいクッキーを作るための注意点

次は、美味しいクッキーを作るための注意点をお届けします。このポイントを抑えておくだけで、失敗の少ない美味しいクッキーを作れます。是非、チェックしてみましょう。

注意点①【薄力粉をしっかり振るう】

薄力粉を振るう事は先ほどもお伝えしたように、とても大切です。薄力粉を振るう事で、クッキーの食感が良くなるのと他の材料と混ざりやすくなります。さらに、ダマになりやすい薄力粉を振るっておく事でダマになりにくくなります。

注意点②【無塩バター、砂糖、卵をしっかり混ぜ合わせる】

無塩バター、砂糖、卵の3つをしっかり混ぜ合わせる事が美味しいクッキーを作るコツの1つです。この3つをしっかり混ぜた所に薄力粉を入れる事で、繋がりが良くなってサクサクのクッキーを作る事が出来ます。簡単な要で見落としがちな部分なので注意しましょう。

注意点③【オーブンは予熱しておく】

オーブンを予熱しておく事で、クッキーの焼き始めからオーブンの温度を一定に保つ事が出来ます。スイーツには、それぞれいい状態に焼き上げるための一定の温度があると言われています。そのため、オーブンを予熱する時は、通常より20度高く予熱して、焼く時に温度を下げるようにしましょう。オーブンの扉を開け閉めする事での温度の低下を防ぐためです。

美味しい型抜きクッキーを作るための配合レシピ

先ほど美味しいクッキーレシピの製法についてご紹介していきましたが、実はそれぞれのクッキーを作る時に黄金比率の配合があるってご存知でしたか?そんな配合率と共に美味しいクッキーの作り方レシピをご紹介します。まずは美味しい型抜きクッキーの作り方レシピと配合からスタートです。

型抜きクッキーの配合比率&材料

型抜きクッキーの作り方での黄金比率は、薄力粉とバターと砂糖が2:1:1がおすすめです。しかし、レシピによっては、その配合比率が変化する時もあります。サクサクプレーンクッキーの材料は、薄力粉120g、砂糖40g、バター50g、卵1個、バニラエッセンス数滴を準備したら、バターは常温に戻しておき、薄力粉は振るっておきましょう。

作り方①

常温にしたバターをボウルに入れてクリーム状になるまで泡立て器で混ぜます。砂糖を入れてさらに白くなるまで混ぜましょう。ここで、溶き卵を3回くらいに分けて入れながらよく混ぜ合わせたら、振るった薄力粉を入れるのですが、練らないようにヘラでさっくり混ぜ合わせましょう。

作り方②

手でまとめて四角く成形したらラップに包み、冷蔵庫で30分〜1時間くらい寝かせましょう。冷蔵庫から生地を取り出して5mmくらいの薄さに伸ばしたら、型抜きをしましょう。クッキングシートを敷いた鉄板に並べて、180度に予熱したオーブンで13分程焼いたら完成です。

美味しいドロップクッキーを作るための配合レシピ

次は、美味しいドロップクッキーを作るための配合比率とレシピです。ドロップクッキーの生地は、型抜きクッキーの生地よりも柔らかめに作る必要があります。そのため、おすすめの配合比率も変わってくるのです。

ドロップクッキーの配合比率&材料

ドロップクッキーの生地の特徴は、型抜きクッキーなどの生地よりもバターと砂糖が多く含まれているということです。これは、レシピごとにその比率は微妙に変化があります。確実にコレという数字はありませんが、バターや砂糖を多くする事で、柔らかい生地が生まれます。材料は、バター100g、砂糖70g、卵1個、薄力粉120g、ベーキングパウダー小さじ1/2を準備しましょう。

作り方①

バターを室温に戻しておき、薄力粉とベーキングパウダーをふるいにかけておいたら、オーブンを180度で予熱します。ボウルにバターを入れて白っぽくなるまで泡立てます。そこへ砂糖を入れ、さらに混ぜたら卵を溶きほぐして2回くらいに分けて入れ混ぜましょう。シートを敷いた天板の上に、先ほどの生地をスプーン2本を使って間隔をあけて乗せていきます。180度に温めたオーブンで約15分ほど焼いたら完成です。

美味しい絞り出しクッキーを作るための配合レシピ

次は、絞り出しクッキーを作るための配合とレシピです。絞り出しクッキーは、口の中でスーッと溶ける優しい味わいがポイントです。

絞り出しクッキーの配合比率&材料

絞り出しクッキーの生地は、天板の上に絞り出すため柔らかいことが特徴です。その配合比率は、砂糖、バターと卵黄を合わせた油脂、そして粉類の比率が1:2:2の配合比率がベストです。美味しい絞り出しクッキーの基本レシピは、薄力粉60g、バター40g、砂糖25g、卵黄1/2個です。

作り方①

室温に戻したバターと砂糖を合わせてクリーム状になるまでしっかり混ぜます。卵黄と振るった薄力粉を加えて、粉っぽさがなくなるまでさらに混ぜ合わせましょう。出来た生地を絞り器に入れて天板の上に絞り出し、180度に予熱したオーブンで16分程焼けば完成です。

美味しいアイスボックスクッキーを作るための配合レシピ

製法別の美味しいクッキーの配合レシピの最後は、アイスボックスクッキーの配合比率と簡単美味しいクッキーレシピをお送りします。

アイスボックスクッキーの配合比率&材料

アイスボックスクッキーは棒状の生地を冷やし固めて、カットしてから作るクッキーです。その配合比率は、薄力粉とバターと砂糖が100:60:40がおすすめです。薄力粉150g、きび砂糖70g、無塩バター100g、卵黄1個を準備しましょう。

作り方①

無塩バターを室温に戻して柔らかくなってから泡立て器でクリーム状に泡立てます。砂糖は2〜3回に分けて加えながら混ぜ、卵黄を加えてさらに混ぜ込みます。薄力粉を振るって加えたら、細かく切るように混ぜるとホロホロの生地が出来上がります。ラップの上に生地を広げましょう。

作り方②

ラップの上で捏ねながら棒状に成形していきます。棒状になったらラップの上下を捻るようにして止め、冷凍庫で1〜2時間寝かせてあげます。時間が経ったら、5mm幅でカットしてクッキングシートを引いた天板に並べたら、170度に予熱したオーブンで15〜20分焼いて完成です。

大人から子供まで人気の美味しいチョコクッキーレシピ

今までは、基本的な美味しいクッキーレシピをご紹介してきましたが、続いては、クッキーのレシピにアレンジを加えた美味しい、簡単な作り方をお届けします。クッキーは、色んな味を楽しむ事が出来る万能で美味しいスイーツです。

レシピ①簡単ココアバタークッキー

材料は、30〜35枚分くらいです。薄力粉125g、ココアパウダー25g、バター100g、砂糖50g、卵黄1個、チョコチップ20〜30gを準備しましょう。バターは耐熱ボウルに入れて30秒ほどレンジにかけ、一部だけ溶けた状態にします。溶かし過ぎに注意しましょう。

作り方①

バターを泡立て器でクリーム状になるまで混ぜたら砂糖を加えてさらに混ぜます。白っぽくなってきたら卵黄を入れてさらに混ぜ、振るった薄力粉をココアパウダーを加えてサックリ混ぜます。チョコチップを加えて、ラップに広げたら棒状に成形していきましょう。冷蔵庫で30〜1時間くらい寝かせたら、取り出して1cmくらいの厚さに切って天板に並べ、170度に予熱したオーブンで18〜20分くらい焼いたら完成です。

レシピ②アイシング入りボタン型ココアクッキー

甘いアイシング入りのココアクッキーです。バター60g、粉糖30g、塩ひとつまみ、卵20g、薄力粉90g、ココア15gを生地の材料として準備し、アイシングの材料は、粉糖80g、牛乳10mlを用意します。

作り方①

ボウルにバターを入れて室温に戻し、クリーム状になるまで混ぜます。そこへ粉砂糖と塩を入れてさらによく混ぜたら、溶きほぐした卵を加えます。薄力粉とココアパウダーをふるい入れて切るように混ぜたら、生地がまとまってきたら生地をまとめるようにしていきます。手でしっかり練りながらひとまとめにしたら、冷蔵庫で30分程寝かせてます。

作り方②

ラップの上に生地を3mmほどに伸ばしてから、これにラップかけて、さらに1時間冷蔵庫で寝かせます。時間が経ったら、台の上に乗せて、3.5cmくらいの丸形で型抜きし、爪楊枝で4つの穴の模様を開けたら、それを天板に並べます。170度に予熱したオーブンで、15分焼きましょう。アイシングは、粉砂糖に牛乳を加えて練り混ぜて作ります。焼き上がったクッキーの平らな方にアイシングを塗ってサンドしたら完成です。

爽やかな香り漂う美味しい抹茶クッキーレシピ

次は、抹茶の苦味と風味が漂う美味しいクッキーレシピです。抹茶は、色んなスイーツに混ぜ込んで使用出来る万能で風情のある材料です。

レシピ①シンプル簡単な抹茶クッキー

シンプルかつ簡単に作れる抹茶クッキーレシピです。薄力粉140g、抹茶パウダー10g、バター100g、砂糖75g、卵黄1つを準備しましょう。薄力粉と抹茶パウダーは振るいかけておきます。

作り方①

砂糖60gと卵黄と無塩バターをモッタリするまで混ぜます。先ほど振るった粉類とさっくり混ぜ合わせたら、まとめて30分〜1時間くらい冷蔵庫で寝かせます。冷蔵庫から取り出した生地をお好みの形に成形したら、お好みでクッキーの周りに残りの15gの砂糖をまぶしましょう。160度のオーブントースターで5〜7分焼いたら完成です。

レシピ②ソフトな抹茶クッキー

ホットケーキミックスで簡単に作れる抹茶クッキーです。ホットケーキミックス100g、砂糖15g、卵25g、サラダ油25g、抹茶パウダー3g〜、刻んだ板チョコ1/3枚分、牛乳大さじ1を準備します。牛乳は生地が固い時に調節のために加える用です。

作り方①

ホットケーキミックスに抹茶を混ぜて、砂糖、卵、サラダ油を混ぜたらさっくり混ぜてからまとめていきます。もしパサつきが気になるようなら牛乳で調節しましょう。ピンボールくらいの丸い玉を作り、中にチョコを入れて丸めてから手の平に油を付けて潰します。170度に予熱しておいたオーブンで10分焼いたら、焼き上がりすぐにスプーンで真ん中を潰してから冷ましましょう。

コロコロ可愛い美味しいスノーボールクッキーレシピ

スノーボールクッキーは、コロコロした丸い形が特徴の一口サイズのクッキーです。周りに纏った粉砂糖がまるで雪の玉のように見えます。

レシピ①ボウルいらずのスノーボールクッキー

用意する道具はポリ袋だけ、ボウルを使わない簡単かつエコなスノーボールクッキーレシピです。材料は、薄力粉100g、バター60g、砂糖10g、粉糖適量を用意します。

作り方①

用意したポリ袋に粉糖以外の材料を全て入れて粉っぽさがなくなるまで揉みます。一口大に丸めて間隔をあけて、クッキングシートを敷いた天板の上に並べたら、180度に予熱したオーブンで30分ほど焼き色がつくまで焼きましょう。新しく用意したポリ袋に粉糖を適量入れて、冷ましたクッキーにまんべんなくまぶしていきましょう。

レシピ②粉糖&ココアパウダーのスノーボールクッキー

2つめのスノーボールクッキーは、最後に付ける粉糖とココアパウダーの2種類を用意して作られている美味しいクッキーレシピです。材料は、薄力粉70g、砂糖20g、アーモンドプードル20g、バター40g、ココアパウダー(最後にまぶす用)適量、粉糖(最後にまぶす用)適量、細かくしたアーモド適量を用意しましょう。もし、ココア風味にした場合は、薄力粉60g、ココアパウダー10gにしましょう。

作り方①

オーブンを170度に予熱しておいたら、バターは湯煎にかけながら溶かし、そこへ砂糖とアーモンドプードルを加えて混ぜます。そこへ薄力粉を振るいながら入れて、さっくり混ぜましょう。生地を手で粉ながらアーモンドを細かくしたものを入れていきます。手で丸めて天板に並べ、170度のオーブンで10〜15分焼きます。最後に、粉糖とココアパウダーをそれぞれまぶしたら完成です。

美味しいクッキーは食べるだけで幸せをくれる♡魔法のスイーツ!

いかがでしたか?一気に作って、ストックしておけば食べたい時にいつでも食べれる美味しい簡単なスイーツになります。一口口に入れれば、甘さやコクが口の中で広がり、不思議とホッとする気持ちになります。作り方によっても、その食感や風味はさまざまですが、色んなレシピを試して自分なりの美味しいクッキーの配合比率を見つけてみるのもいいですね♡

もっと美味しいクッキーレシピについて知りたいアナタへ!コチラもチェック!

Thumb可愛いクッキーを手作り!簡単レシピやプレゼント用のコツなどまとめ
Thumbアーモンドプードルのクッキー人気レシピまとめ♪ほろほろ食感の作り方は?
Thumbオーブントースターだけで作れるクッキーの簡単レシピまとめ!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-09-22 時点

新着一覧