フェイスブックの「知り合いかも」とは?その仕組と非表示にする方法を解説

フェイスブック「知り合いかも」の仕組みが分かれば、「知り合いかも」の方法で非表示にしたりすることが出来ます。フェイスブックの機能と仕組みを知り、方法を掴んでしまえば非表示の方法の仕組みの機能で安心して楽しむことが出来ます。

フェイスブックの「知り合いかも」とは?その仕組と非表示にする方法を解説

目次

  1. フェイスブック「知り合いかも」の仕組み
  2. フェイスブックの「知り合いかも」を表示させる機能の仕組み
  3. フェイスブックの「知り合いかも」に出てくる人はどんな人
  4. フェイスブック検索すると「知り合いかも」に表示される?
  5. フェイスブックの「知り合いかも」の仕組みと非表示
  6. フェイスブックの足跡機能(閲覧履歴の検索)
  7. フェイスブック「知り合いかも」に表示させないには(非表示)
  8. 「知り合いかも」を消す方法
  9. ブロックリストを管理して、表示/非表示を設定しよう
  10. ブロックの効果
  11. ブロックの種類
  12. 検索エンジンでユーザー名を検索しても分からない方法と仕組み
  13. フェイスブックの機能と仕組みを知ってよりよく楽しもう
  14. フェイスブックを楽しもう

フェイスブック「知り合いかも」の仕組み

フェイスブックで「知り合いかも」という画面が出てきます。全く知らない人が出てくることもあるようで、ユーザーはびっくりします。何処からこんな情報が出てくるのか気持ちが悪いと思うユーザーもいるようです。

フェイスブックの「知り合いかも」を表示させる機能の仕組み

「知り合いかも」とは、既知の可能性があるフェースブックユーザーが、「友達を検索」ページ(ウェブ版)や友達の「リクエスト」ページ(アプリ版)で表示される機能です。ニュースフィードやタイムライン、広告スペースなどでも、表示されます。

フェイスブック「知り合いかも」が増える

また、フェイスブックを使っていると「知り合いかも」に表示される人たちが増えていることがあります。古い知り合いが表示されていたりして、驚くことも多々あります。フェイスブックの機能の向上、精度の向上と言えば言えなくもないですが、気持ち悪いと感じているユーザーも多いようです。

フェイスブックの「知り合いかも」に出てくる人はどんな人

フェイスブックの「知り合いかも」に出てくる人たちはどんな人たちなのでしょう。その仕組みを説明していきます。

機能1共通の知り合い

「知り合いかも」で、表示される確立として一番可能性は、お互いの共通の友達です。フェイスブックユーザーの友達が「友達登録」している人たちが「知り合いかも」に表示されます。

「友達申請」してきた人が、経歴が、某大学の由緒正しいプロフィールであるのを確認して、うっかり「友達承認」してしまったなどの場合、その友達が実は怪しい副業を持っていたりすると、その友達の友達が大量に「知り合いかも」に表示されてしまうことがあります。

機能2学歴、職歴が共通

フェイスブックのプロフィールに学歴、職歴を登録している場合、同時期にまたは後輩・先輩は、同じ学歴や会社に所属していた人が友達のファーストチョイスとして表示される可能性があります。また、後にフェイスブックに登録してきた同じ学歴や会社の人などが「知り合いかも」に表示され、増えることもあります。それが、古い友人が「知り合いかも」に表示されるのはこのような場合です。

機能3同じ、グループやイベントに参加している

同じグループやイベントに参加している場合も、そのグループやイベントに参加している人たちが「知り合いかも」に表示される可能性があります。蛇足ですが、同じ写真にタグ付けされている場合でも「知り合いかも」が、表示される場合があります。

今までの「知り合いかも」の仕組みは分かりやすいですが、フェイスブックには「知り合いかも」に意外な機能があります。

機能1インポートした連絡先のデータがある

フェイスブックには、Skype、Hotmail、Yahoo、iCloudなどの連絡先のデータ、あるいはスマートフォン等の連絡先のデータをインポートして、そのデータがフェイスブックユーザーにマッチしている人を友達として表示する機能があります。

フェイスブックの登録時にステップで、うながされて、「データのインポートなどしたかな?」と思っていても、知らず知らずのうちにインポートした可能性があります。逆も、また然りで「友達承認」した相手が、データのインポートをした場合、こちら側に相手がインポートした「知り合いかも」が「知り合いかも」表示されることがあります。

フェイスブック検索すると「知り合いかも」に表示される?

「自分のタイムラインをのぞいているから、その相手が「知り合いかも」に表示されるのでは」「自分が相手のタイムラインをのぞいていたら、その相手に自分が「知り合いかも」に表示されるのでは」と心配する人もいると思います。しかし、その可能性はかなり低いです。では、その仕組みを説明します。

フェイスブックで検索しても「知り合いかも」には表示されない

著名人はいろいろな人から検索されるにも関わらず「知り合いかも」に表示されませんし、名前を間違えて検索することなどがある場合は表示されないからです。

フェイスブックのアカウントを持っていない場合でも、メールでのフェイスブックの招待やお知らせに「知り合いかも」が表示される

あなたの友達がフェイスブックの利用を始めると、その友達も友達を招待できるようになりますので、「知り合いかも」が表示されるのです。

フェイスブックの「知り合いかも」の仕組みと非表示

フェイスブック公式サイトの「知り合いかも」の仕組み

日本語版の公式ヘルプページでは、何に基いて他ユーザーを「知り合いかも」と推測するのかが部分的にだけ、明らかにされています。後は、英語版と推測の域です。

登録に必須となる氏名や生年月日などの情報など最低限の情報で、新規アカウントを作成し、元々あったアカウントに「知り合いかも」と表示されるユーザーを検索する簡単な実験をした結果、新規アカウントが検索したユーザーは「知り合いかも」に表示されますが、ユーザー側には、新規アカウントは「知り合いかも」に表示されません。

こちらが出した情報が少なければ少ないほど、「知り合いかも」のユーザーの表示が少なくなります。検索した相手は、自分のページで「知り合いかも」に表示されますが、検索された相手側の「知り合いかも」には、自分のユーザー名が表示されなかったという現象を鑑みてそう言えます。

フェイスブックの足跡機能(閲覧履歴の検索)

フェイスブックに足跡機能(仕組み)が存在するのか?

足跡機能とは、mixi(ミクシィ)に実装されている機能で、閲覧履歴が確認できる機能です。この機能は、いつ誰が自分のページを訪問したかをリアルタイムに把握できます。フェイスブックの「知り合いかも」の機能として、足跡機能から、「知り合いかも」と表示されるかもと考えている人がいるかもしれません。フェースブック「知り合いかも」の仕組みには足跡機能はありません。

フェイスブックに足跡機能(仕組み)は存在しない

フェイスブックのメニューのどこを探しても、足跡機能に相当する機能は存在しません。いつ、誰が自分のページを閲覧したのかと言う情報を知ることはできませんし、仮に有ったとしても、それが「知り合いかも」につながることは考えにくいです。フェイスブックの公式サイトに於いても、回答しています。

逆に、他人のタイムラインを閲覧した場合、それがその人にわかるかどうかについても、公式サイトでは回答しています。

昨今、個人情報保護が叫ばれている今、フェイスブックに、足跡機能が実装されることは、低いと考えられます。

フェイスブック「知り合いかも」に表示させないには(非表示)

フェイスブックの「知り合いかも」を全く表示させないことは出来ません。しかし、やり方によっては、表示される可能性を下げたり、フェイスブックの「知り合いかも」を表示されにくくするためにすることができます。

非表示にする方法1友達は最小限にする

まず、友達を最小限にします。フェイスブックの「知り合いかも」は「友達の友達」を表示することが多いので、友達を最小限にしておくと、「知り合いかも」が減ります。

非表示にする方法2友達の友達まで制限する

「友達になる」リンクが表示されない場合「知り合いかも」表示は提供されないので、こちら側に友達リクエストを送信できないユーザーには、相手に「知り合いかも」の表示されません。何故なら、「知り合いかも」が表示される場合、「友達になる」リンクが同時に表示されるからです。

非表示にする方法3友達の友達まで制限する方法

友達リクエスト権限があるユーザーの範囲の設定は、「設定」「プライバシー」「私に連絡を取ることができる人」「私に友達リクエストを送信できる人」で、設定で行えます。この設定で「知り合いかも」の範囲が全員であったのが、「友達の友達」にまで制限できます。

非表示にする方法4自分を検索できるユーザーを制限する

メールアドレスと電話番号が分かっている人のみを「友達」もしくは「友達の友達」にまで制限するには、フェイスブックの「設定」「プライバシー」「私を検索できる人」「メールアドレスを使って私を検索できる人/電話番号を使って私を検索できる人」に設定します。

非表示にする方法5学歴、職歴は記載しない

次に学歴、職歴は記載しないことです。すると同じ学歴、同じ職歴の人が「知り合いかも」に表示される可能性は低くなります。しかし、消息の絶えていた連絡先の分からない同じ学校の同窓生を見つけたいこともありますので、これは個人がフェイスブックをどう利用するかにかかってきます。

非表示にする方法6Googleなどの外部検索エンジンに表示させない

Googleなどの検索エンジンのことを、外部検索エンジンと言います。フェイスブックでは標準にインストールすると、外部検索エンジンにFacebookタイムラインのページが保存され、検索結果が表示できる仕組みになっています。「設定」「プライバシー→私を検索できる人」「外部検索エンジンから私のタイムラインへのリンク」を「いいえ」にすれは、タイムラインを検索経由で表示できないシステムになっています。

非表示にする方法7インポートデータは削除する

で、「インポートした連絡先をすべて削除」で、「削除する」をクリックするとインポートしたデータをすべて削除することが出来ます。

非表示にする方法8友達にできる人を制限する

プライバシー設定の「私を検索できる人」の「メールアドレスを使って私を検索できる人」「電話番号を使って私を検索できる人」だけを友達にしておくことで回避できます。

非表示にする方法9タイムラインの過去の投稿の共有範囲を変更

「過去の投稿の共有範囲」を制限するものを「友達」のみの公開に変更し、「友達の友達」か「すべてのユーザー」に向けて公開した投稿を制限できます。

今までの「友達」のタイムラインを制限する場合には、「私のコンテンツを見ることができる人」「タイムラインの過去の投稿の共有範囲を変更」をクリックし、「共有範囲を変更」を選択し、「続行しますか?」が表示されたら「確認」をクリックするとできます。

しかし、いったん「友達承認」した相手には、一括ではなく、一投稿ごと行わなければなりませんので、手間が掛かります。

「知り合いかも」を消す方法

全く知らないユーザーや友達になりたくないユーザーを「知り合いかも」から削除したい場合、そのユーザーの名前の横に表示される×をクリックすれば、削除できます。この機能はウェブ版のみで利用可能で、スマホからは利用できません。

スマホアプリから「知り合いかも」を消す仕組みと方法

どうしても見たくない、2度と見たくない相手の場合には、アプリから、相手ユーザーをブロックしてしまえば「知り合いかも」から削除することができる手段があります。過剰と思われる方もいらっしゃいますが、最初は友好的に見えても、実は、出会い系だったり、ネットビジネスだったり、最悪、結婚詐欺まがいなどがあるからです。

ブロックリストを管理して、表示/非表示を設定しよう

「友達」をブロックする、特定の友達からのイベントの招待をブロックするには、面倒ですが、ユーザー、アプリ、イベント毎に、ブロックしたい友達の名前を入力します。「友達の友達」が副業とかでねずみ講のように多い人物はブロックしてしまいましょう。また、ブロックではありませんが、制限リストに友達を入れることで、あなたの公開している情報や投稿以外を表示させなくするのです。これは、「投稿」画面では「友達」「この投稿のプライバシー設定」で、「友達」の閲覧を制限することが出来ます。

ブロックする方法について

フェイスブックは原則として実名で利用します。なので、フェイスブックで友達となる人は、現実世界で友達である場合が多いと思います。『既にリアルで友達ならば、フェイスブックでも友達となる』という条件式が成り立ちます。ですので、友達と絶交したり、今後2度と付き合いたくないと言う場合以外は、ブロックは最終手段だと考えます。

ブロックの設定の機能

ブロックの設定は簡単です。一番、簡単なのは相手のタイムラインからメッセージの隣の:を選択し、ブロックする方法です。次に、フェースブックのホームで、右上の▼を押すと「設定」から「ブロック」を選択すると設定することが出来ます。ブロックするボックスに名前やメールアドレスを入力するとブロックできます。

ブロックの効果

ブロックする設定でも変わりますが、相手をブロックした場合、お互いに相手が「フェイスブック上に存在しないユーザー」と認識されます。閲覧できないので、コメント、いいね!のアクションが出来なくなります。また、ユーザー名の検索結果にもブロックは反映しますし、友達リストからも削除されます。

ブロックの種類

ブロックには、ユーザーをブロック、メッセージのブロック、アプリへの招待のブロック、イベントの招待のブロック、アプリのブロック、ページのブロックがあります。

ユーザーをブロックする機能と仕組み

フェイスブックユーザーをブロックすると、そのブロックされたユーザーは、あなたのタイムラインの投稿の閲覧や、あなたのタグ付け、イベントまたはグループへの招待、スレッドの開始、友達として追加ができなくなります。

メッセージをブロックする機能と仕組み

メッセージをブロックすると、フェイスブックのメッセージやビデオ通話やMessengerアプリでも会話できなくなります。しかし、その人はあなたのタイムラインの投稿を見たり、タグ付けしたり、コメントしたりすることはできます。

アプリへの招待のブロックする機能と仕組み

アプリへの招待をブロックする方法は、Facebookアカウントに登録されていないメールアドレスを追加すれば、今後Facebookの招待が届くことは無くなり、その人への招待は自動的に承認されなくなります。特定の友達からの招待をブロックするには、受け取った招待の下にある[この友達からの招待を承認しない]をクリックします。

ページのブロックする機能と仕組み

ブロックしたページはあなたの投稿と交流したり、コメントに「いいね!」や返信をすることができなくなる代わりに、あなたもそのページのタイムラインに投稿したり、メッセージを送信することができなくなります。さらに、現在そのページについてのみですが、ブロックすることで「いいね!」とフォローが取り消されます。

検索エンジンでユーザー名を検索しても分からない方法と仕組み

フェイスブックで「非表示」にして、フェイスブック内で検索しても引っかからない場合でも、Googleなどの検索エンジンでユーザーを検索可能な場合があり、それによって、相手は自分がフェースブックに存在していることが分かります。その場合は、設定の項目「プライバシー」で「外部検索エンジンから私のタイムラインへのリンク」を「いいえ」に設定しておけばいいのです。

フェイスブックの機能と仕組みを知ってよりよく楽しもう

フェイスブックは実名登録が基本です。実名登録することによって、昔の友人や消息の途切れた友人が見つかり、「友達」なり交流を深められます。フェイスブックで見つけた友人とオフ会などできます。しかし、個人情報が漏れると言う危険性もはらんでいますので、悪意に利用されたりという危険性もあります。嫌がらせとしか言えないような不愉快なメッセージを送ってくる人もいます。つまり両刃の剣なのです。

フェイスブックを始める前に確認しておこう

まず、フェイスブックの情報は殆ど公開設定に設定されていますので、自分の基本データを設定する前に、「知り合いかも」になる原因を極力排除し、慣れてきたら自分の基本データを少しずつ公開していくと良いでしょう。

フェイスブックを楽しもう

これまで、フェイスブックの「知り合いかも」の仕組みと機能、「知り合いかも」の非表示の方法、ブロックの方法を説明してきました。また、フェイスブックの自分の情報公開をいかに行えば良いかも説明してきました。フェイスブックは便利なSNSです。うまく活用していきましょう。

もっとフェイスブックを知りたいあなたへ

ThumbFacebookのアカウントを複数所有すると削除の可能生も?対策方法は
ThumbFacebookのアカウントが停止!利用解除の方法や停止の理由は何?
ThumbFacebookのアカウントを作成するには?登録やログイン方法も紹介

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-06-15 時点

新着一覧