フランスの伝統お菓子ランキング!定番エクレアなどのレシピもご紹介

フランスと言えば素敵なお菓子がいっぱいあります。でも、フランスの伝統的なお菓子はどれかと言われると、エクレア以外あまり思い浮かばないのでは?今回エクレアだけでない伝統的なお菓子の人気ランキングやレシピなどの歴史をご紹介!

フランスの伝統お菓子ランキング!定番エクレアなどのレシピもご紹介

目次

  1. フランスのお菓子は美味しさだけでなく見た目もおしゃれ
  2. フランスの伝統的なお菓子の基本は、様々な国から伝わった
  3. フランスのお菓子屋さんは「種類」で名前が分かれている
  4. フランスの伝統的なシュー生地の人気お菓子ランキング
  5. フランスの伝統的な人気焼き菓子ランキング
  6. フランスの伝統的なタルト・パイ生地の人気お菓子ランキング
  7. フランスの伝統的なデザート系の人気お菓子ランキング
  8. フランスの伝統的な人気コンフィズリーランキング
  9. 家でも作れちゃう?!フランスの定番お菓子レシピ
  10. 背景も知って知的に美味しくフランスの伝統的なお菓子を堪能しよう♪

フランスのお菓子は美味しさだけでなく見た目もおしゃれ

フランスのお菓子と聞くと、まずお洒落なイメージがありますよね。それもそのハズ、フランスのお菓子は洋菓子の中でも見た目から味、食感まで計算しつくされて作られたお菓子だからです。

1つのケーキの中に、ふわっとしたクリームにサクサクのパイ生地や、フルーツの酸味を際立たせるための甘いクリームなど、異なる食感を合わせることで、より他方を引き立たせるといった技法が用いられて作られているものが沢山あります。

食について強いこだわりを持ったフランスだからこそ、味だけでなく見た目やこうした食感にまで丁寧に考えているからこそ、多くの人を惹きつけてやまないお菓子なのかもしれません。

フランスの伝統的なお菓子の基本は、様々な国から伝わった

そんなフランスのお菓子ですが、一から自国の力だけでこうしたお菓子が作られた訳ではありません。

ヨーロッパでは国と国が争わないように国を統一する王の娘や息子などの計略結婚が推し進められた時代もありました。お菓子は昔からこうした高貴な人たちが食する貴重な食べ物でもあったことから、各国の王室からもたらされたお菓子が少しずつフランスにも入るようになり、こうしたお菓子が今のフランスのお菓子の基礎になったと言われています。

フランスのお菓子屋さんは「種類」で名前が分かれている

お菓子と言っても沢山の種類があって、売られているお店も異なります。日本語に「ケーキ屋さん」があるように、フランスにも売っているお菓子の種類によってお店の名称が異なっています。

ケーキなどが買えるお店には、日本でも良く名前を聞く「Patisserie(パティスリー)」とついています。また日本と違って、パン屋さんでもケーキを扱うことも多いので、その場合はパン屋を表す「Boulangerie(ブーランジェリー)」の名前と一緒にパティスリーがついています。

チョコレートを扱うお店は「Chocolatier(ショコラティエ)」と呼ばれ、チョコレート菓子やチョコレート専門店についているなど、こちらも日本でだいぶ馴染んできた名称でしょう。このように、名称がことなるので、もしフランスに行った際には、お店の名前にも気を付けてみるとよいかもしれません。

そこで今回はお菓子の種類別にフランスの人気お菓子をランキング形式でご紹介したいと思います。

フランスの伝統的なシュー生地の人気お菓子ランキング

第3位:サン・ト・ノレ(saint-honoré)

パイ生地の上にカラメルなどを塗った小さなシュークリームとクレーム・シブーストを合わせて作った「サン・ト・ノレ」。フランスのパリにあるサントノーレ通りに面する菓子店から生まれたことから、通りの名前を取って作られたと言われる、1840年ごろに作られた伝統的なお菓子です。まさにサクサクとふわふわ食感がたまらないお菓子の一つです。

第2位:パリ・ブレスト(Paris-Brest)

1891年にフランスで行われた自転車レース「パリ・ブレスト・パリ」の開催に伴って考案された、車輪をイメージして作られたと言われるお菓子が「パリ・ブレスト」です。スライスしたアーモンドや粉砂糖をまぶしてあるものもあり、いろんなアレンジがされて販売されています。

第1位:エクレア(éclair)

フランスを代表するお菓子とも言えるのが「エクレア」でしょう。19世紀初頭に作られたこのお菓子は、中のクリームやアイシングの素材が違ったりと様々なレシピがあり、多くのフレーバーで皆を楽しませます。ちなみに、チョコレートがかかったエクレアは「エクレール・オ・ショコラ(éclair au chocolat)」が正式名称だそうです。

フランスの伝統的な人気焼き菓子ランキング

第5位:カリソン(Calisson)

南フランスの伝統的な焼き菓子「カリソン」は、あまり耳慣れない方も多いと思いますが、近年「幸せのお菓子」としてジワジワ人気が高待っています。15世紀頃、王様が王妃に結婚式の際に微笑んでいて欲しいということで宮廷菓子職人に作らせたというストーリーは、まるでおとぎ話のよう。フルーツの砂糖漬けにアーモンドやオレンジフラワーエキスで作られたお菓子はまさに夢のような甘いお菓子です。

第4位:ダックワーズ(Dacquoise)

コンビニお菓子として販売されている程、日本でも定着しているフランスの伝統的な焼き菓子「ダックワーズ」は、フランスの温泉保養地ダクス(Dax)が由来と言われています。19世紀末に広まっていた「アンリ4世」というお菓子のスポンジ生地の部分を、泡立てた卵白にアーモンドやヘーゼルナッツを合わせて焼き上げた形に変えたともいわれています。

第3位:フィナンシェ(financier)

17世紀のフランス北部のナンシーにある教会の修道女によって作られた「フィナンシェ」は、台形のような四角い形のお菓子が有名ですよね。この台形の形にあるように、フィナンシェはフランス語で「金融家、金持ち」の意味があり、焼きあがった姿が黄金色なので見た目が金塊に似ていることからつけられた名称ともいわれています。

第2位:マドレーヌ(madeleine)

日本でも小さい頃から親しまれれている「マドレーヌ」は、フランスの17世紀~18世紀ぐらいに作られたお菓子で、エクレアに次ぐ庶民的なお菓子でしょう。フィナンシェが卵白を使うのと異なり、マドレーヌは全卵を使うので、近しいけどレシピは異なるところも面白いですね。

第1位:マカロン(macaron)

卵白、砂糖、アーモンドを使ったフランスの代表的なお菓子「マカロン」は、8世紀のフランス、コーメリ修道院で初めて考案されたという説もありますが、イタリア説があるなど諸説あります。また、今販売されているジャムを挟んだ形は「パリ風マカロン」と言われ、有名な洋菓子店「ラデュレ(Ladurée)」から1930年に販売されたのが初めと言われています。

Thumbダロワイヨのマカロンが美味!すぐ行きたくなる情報まとめ!

フランスの伝統的なタルト・パイ生地の人気お菓子ランキング

第5位:タルト・オ・シトロン(tarte au citron)

18世紀の初めのフランスで、富と善良を象徴とする王妃の為に作られたのが、この「タルト・オ・シトロン」です。レモンクリームで作られたタルトは、甘いものが苦手なさっぱりとした味わいが特徴で、今ではフランスのスーパーなどでも気軽に買えるお菓子でもあります。

第4位:ガレット・デ・ロワ(galette des rois)

キリスト教の公現祭(キリストの顕現を記念する祝日)に食べるお菓子として有名なのが「ガレット・デ・ロワ」です。紙の王冠がのった折りパイに、アーモンドクリームを挟んだフランスの伝統的なパイ菓子です。

第3位:ミルフィーユ(mille-feuille)

歴史の深いフランスのお菓子としても有名なのが「ミルフィーユ」でしょう。歴史が深い為、形状もレシピも様々あるのですが、現在はパイ生地を3段に重ねて、その間にクリームを挟むものが基本とされています。日本でも既にお馴染みですよね。

第2位:タルト・タタン(Tarte Tatin)

19世紀後半にフランスのラモット=ボーヴロンにあるホテル「タタン」にて作られたと言われるタルトが「タルト・タタン」です。レシピも面白く、砂糖とバターで炒めたリンゴを敷き詰め、その上にタルト生地を被せて焼き、ひっくり返してお皿にのせるという、なんとも庶民的な作り方が親しみを感じるお菓子です。

第1位:モンブラン(Mont Blanc)

エクレアに等しく、日本でもなじみ深いお菓子が「モンブラン」でしょう。フランスのモンブラン山をイメージして作られたお菓子は「モン・ブラン・オ・マロン(Mont Blanc aux marrons)」が正しい名称のようです。また、日本では生地がスポンジのものが多いようですが、フランスではタルトで作られることも多いようです。

フランスの伝統的なデザート系の人気お菓子ランキング

第3位:クレーム・ブリュレ(Crème brûlée)

カスタードの上にザラメのような砂糖をまぶし、バーナーで焦がすことで甘い香りを放つのが特徴の「クリーム・ブリュレ」は、1691年のレシピ本に初めて名称が載っていたといわれるほど、歴史深いお菓子の一つです。

第2位:プロフィットロール(profiteroles)

シューの中にアイスクリームが入っていて、そこに熱々のチョコレートソースがかけられているのが「プロフィットロール」というお菓子です。フランス語で「小さな球形」という意味があり、2㎝ぐらいのサイズのシューで作られていて、可愛くて美味しいデザートです。

第1位:フォンダン・ショコラ(fondant au chocolat)

チョコレート生地を割ると中からもチョコレートソースが溢れ出す、チョコレート好きにはたまらないお菓子が「フォンダンショコラ」でしょう。フランスの一般家庭でも良く作られる程、歴史も馴染みも深いお菓子です。

フランスの伝統的な人気コンフィズリーランキング

コンフィズリーとは、フランス語で「砂糖菓子、または菓子店、砂糖菓子製造・販売」とあるように、キャンディーなどの砂糖をメインに使ったレシピのお菓子を言います。

第3位:ヌガー(nougat)

紀元前のアラブの菓子「ハルヴァ」に由来する「ヌガー」は、砂糖と水あめを低温で煮詰めて、ドライフルーツやナッツ類を入れた甘いお菓子です。歯にくっつきやすいのも難点かも。

第2位:パート・ド・フリュイ(Pâte de Fruit)

10世紀頃のフランスのオーベルニュ地方にて、土地の産物でもあったフルーツのピューレに大量の砂糖とペクチンを加えて煮詰めた作られたゼリー状のお菓子は、普通のグミやゼリーと違ったちょっと高級感溢れる味わいに仕上がっています。

第1位:ギモーヴ(Guimauve)

マシュマロと勘違いされがちな「ギモーヴ」ですが、マシュマロがメレンゲにシロップを加えてゼラチンで固めたレシピに対し、フルーツピューレにゼラチンを加えて作られています。その為、食感もフワっというより、ムニュっとした感じで、形状も正方形で作られているものが多いのも特徴です。

家でも作れちゃう?!フランスの定番お菓子レシピ

沢山ご紹介してきましたが、ここで家でも簡単に作られるフランスのお菓子のレシピをご紹介します。

カヌレ(Canelé)

フランスのボルドー女子修道院でカヌレ型を使って作られた焼き菓子の「カヌレ」は、比較的簡単にできるお菓子でもあります。材料は「牛乳250ml、バニラエッセンス5滴、バター10g、砂糖60g、卵1個、薄力粉50g、ラム酒大匙1、型用バター適量」で約6個分作れます。

砂糖、薄力粉、卵を混ぜ合わせた中に、牛乳とバターを小鍋でフツフツとなる手前まで熱したものを入れて更に混ぜ合わせます。それを濾して12時間冷蔵庫に寝かし、最後にバニラエッセンスとラム酒を加えれば生地が完成します。カヌレ型若しくはプリン型にバターを塗り、210℃に予熱したオーブンで60分焼けば完成です。

ブラン・マンジェ(blanc-manger)

中東に起源を持つ料理が7世紀頃のフランスに渡り、徐々に料理からお菓子へと変貌を遂げたのがブランマンジェです。こちらも家庭で簡単に作れます。材料は「牛乳200g、生クリーム100g、グラニュー糖40g、バニラビーンズ6cm、ゼラチン3g、水15g」です。

まず、ゼラチンを水でふやかして、レンジか湯煎で完全に溶かしておきます。次に牛乳、生クリーム、グラニュー糖、バニラビーンズを小鍋で温め、鍋の周りが沸騰してきたら火を止めて先ほどのゼラチンを入れて混ぜ合わせ、濾します。濾す際には、ボウルを冷水に当てて冷やしながら濾し、とろみをつけさせるのがポイントです。濾した液体を容器に入れて冷やして固めれば、美味しいブランマンジェが完成します。

背景も知って知的に美味しくフランスの伝統的なお菓子を堪能しよう♪

如何でしたでしょうか。歴史のある国のお菓子は、その背景も知ることでより面白くなることもあります。美味しいお菓子の背景も知りながら、フランスのイメージのように、知的で優雅な感じでお菓子を堪能すれば、もっと楽しくティータイムが過ごせそうです。

「お菓子」についてもっと知りたいアナタへ

Thumb焼き菓子のレシピ♪種類や人気レシピ・プロレシピまで手作り しよう!
Thumb海外のお菓子人気ランキング!おすすめの美味しい海外お菓子はどれ♪
Thumbインドのお土産ランキング・ベスト20!お菓子や雑貨などおすすめ品厳選!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-09-23 時点

新着一覧