一人暮らしの怖い話・体験談まとめ!恐ろしい思いをしないための対策は?

新生活が始まるとともに、一人暮らしを始める人も多いのではないでしょうか。初めて親元を離れる時は、不安もつきまといます。一人暮らしは楽しそうな反面、怖い話も聞きますよね。今回はそんな一人暮らしの怖い話や対策などをまとめてみました。

一人暮らしの怖い話・体験談まとめ!恐ろしい思いをしないための対策は?

目次

  1. 一人暮らしは楽しい?怖い!?
  2. みんな怖い!ゴキブリが一人暮らしでも容赦なく襲来
  3. 一人暮らしの強い味方、怖いゴキブリの襲来対策
  4. 精神的に寂しくて怖い一人暮らし
  5. 一人暮らし中のケガや病気が怖い
  6. 空き巣に注意
  7. 災害時、一人暮らしの怖い話
  8. 人生最大のピンチ!?一人暮らしで怖い金欠
  9. 知らない土地の一人暮らし怖い、ご近所トラブル
  10. 一人暮らしで怖いと感じる訪問者
  11. ストーカー
  12. 霊感のある人の一人暮らしは怖いかも
  13. 対処出来ないとただただ怖い、一人暮らしの水漏れ
  14. 一人暮らしは怖いだけではない
  15. 一人暮らしの怖い話のまとめ

一人暮らしは楽しい?怖い!?

あなたは一人暮らしをしてみた事がありますか?地方から都会に出てくるタイミングなどで一人暮らしを始める人もいると思います。今までは実家にある自分の好きなようにデザインなど出来るといえば、自分の部屋だったかもしれませんが、一人暮らしを始めると、玄関から全て自分の好みの雑貨で飾る事が出来ます。

新しい職場、新しい出会い、新しい部屋、まさに新生活の始まりですよね。おもいっきりスタイリッシュな部屋にしたいと思っている人もいるかもしれません。休日には誰にも迷惑をかけず、好きな時間に起きる事が出来るなんて思っている人もいるかもしれません。

今回はそんな一人暮らし初心者のあなたに是非知っておいてもらいたい情報をまとめてみました。その中には怖い話や恐ろしい体験をしたという話もあります。対策なども交えてご紹介していきたいと思います。

みんな怖い!ゴキブリが一人暮らしでも容赦なく襲来

一人暮らしで、まず厄介なのがゴキブリやクモ、古いアパートなどではネズミの被害がある場合もあるようです。どんなに自分の部屋を綺麗にしていたとしても、隣の部屋が汚かったりすると、どうしてもゴキブリなどが侵入しやすい状況になってしまいます。4月に新生活をスタートさせて暖かくなってくる時期なので、比較的早い段階で遭遇する事もあるようです。

実家に居た時は、誰かを呼んで退治してもらっていた人も多いと思いますが、一人暮らしでは自分でなんとかしなければなりません。建物の建築年数などにもよるかもしれませんが、ゴキブリたちは一人暮らしでも容赦なく襲来します。狭い部屋にゴキブリと1対1なんて恐ろしい思いをしないために事前に対策をしておきましょう。

一人暮らしの強い味方、怖いゴキブリの襲来対策

個人的に助かったアイテムがブラックキャップやコンバットなどの置くだけでゴキブリ居なくなる物です。中にゴキブリが好む餌のような物が入っていていて、それを食べたゴキブリは巣で死んでしまうという物です。最近では強力な物もあり、メスが持っている卵にまで効いたり、巣にいる仲間も一緒に駆除出来るようです。

しかし、それだけ強力だと、少し安全性も気になりますよね。今回は一人暮らしという前提の話ですが、小さな子供がいたり、ペットを飼っている家では直接手が届くような場所に置かないようにしましょう。また遭遇した時に使う、スプレータイプもありますがなるべくなら遭遇したくないので、事前に対策をしておくことをおすすめします。

もし、遭遇してしまった場合に備えて、ハエたたきが1本あると非常に強い味方です。直接触る事なく、ある程度距離が保てるのでクモなどを撃退する時にも役に立ちます。

精神的に寂しくて怖い一人暮らし

これは心の持ちようにはなりますが、一人暮らしを初めて最初から怖いと思う人や、数日してから怖いと思い始める人もいるようです。特に、何かあったわけでもないのに、急に実家が恋しくなったり、一人でいるのが怖いと感じてしまう、ホームシックのような状態になる場合もあります。

一人暮らしが怖い、寂しいと感じたら、何か家で出来る趣味を見つけてみましょう。せっかく家での一人時間を満喫出来るのですから、何か没頭出来る物があると良いですよね。観葉植物だったり、料理だったり、勉強に時間を使ったり。家に居る時はリラックスタイムという位置づけでも良いと思いますが、折角なら自分を磨く時間に出来たら良いですよね。

話し相手が居ないと夜が長く感じてしまうかもしれませんね。そんな時は早寝早起きに生活をシフトするチャンスでもあります。朝活という言葉もあるくらいですから、早寝早起きをして、ゆっくりコーヒータイムを楽しんだり、朝の出勤時間の前を有効につかってみてはいかがでしょうか。

一人暮らし中のケガや病気が怖い

一人暮らしをしていて怖い事といえば、ケガや病気です。仲の良い友人が近くに住んでいたら、まだ少し安心出来ますが、もし新生活でまだ仲の良い人がそんなに居ない時だったらと考えると恐ろしい話ですよね。若くして孤独死なんて嫌だ・・・と考えて、余計に怖い気持ちになってしまいそうです。

一人暮らしをしている時に骨折でもしてしまったら、仕事どころか毎日の生活でさえも不便な思いをする事でしょう。また無い話ではないので、考えておいた方が良いのが、入院した場合の治療費や仕事を休んだ分の穴埋めが出来る程度の貯金は早めに準備しておくと良いでしょう。

一人暮らしの怖いところは、風邪で動けない時ですよね。軽い風邪なら良いですが、万が一の時のために、緊急連絡先などを携帯に登録しておくなどの対策をしておくと、少し精神的に余裕が持てるのではないでしょうか。また生理痛などがひどい人は痛み止めを常備しておくと安心です。

空き巣に注意

空き巣に入られた事がない人は無関係と思っている人も多いかもしれませんが、意外と女性の一人暮らしを狙っている空き巣犯は多いのです。特に2階だからと安心して窓を開けっぱなしや、鍵をかけていないと狙われやすくなります。空き巣は留守の間に玄関から入ってくるだけとは限りません。恐ろしい思いをする前に、しっかり対策をしておきましょう。

空き巣はいろんな手口を持っています。ちょっとゴミを出しに行くだけでも、必ず窓、玄関の鍵を掛けてから出るようにしましょう。また、車も盗難される危険があるので、鍵を挿したままで車を離れるのは防犯対策を怠っている事になります。もちろん、犯人が悪いのですが、自分で出来る防犯対策はしておくべきですよね。

空き巣に入られてしまった話のようです。警察が状況を確認しにきたりしますが、特に高価な物がなく盗まれた物が無かったとしても、恐ろしい思いをした事には間違いありません。一歩間違えば、犯人と出くわす可能性もあったのです。そんな恐ろしい思いをしないためにも、しっかりと防犯対策をしておきましょう。

災害時、一人暮らしの怖い話

あまり考えたくはありませんが、しっかりと考えておかなければならない事が災害時の事です。今の時代、いつ大震災がどこであるかわかりません。一人暮らしの時に頼れる人が近くに居ないというのはとても不安な事です。

住んでいる地域の避難先であったり、事前に調べておくといざという時に少しでも早く怖い思いから解放される可能性はあります。アパートやマンションで安心出来そうな人であれば、隣近所の人たちと普段から挨拶をしておくなど交流があるといざという時心強いです。

最低限必要なリストです。この他にも自分に必要な物があれば普段から避難袋に入れて準備しておくことが大切ですね。

人生最大のピンチ!?一人暮らしで怖い金欠

就職先が決まっていて引越しをしてきたのであれば、よっぽど荒い金遣いをしなければ大丈夫かと思いますが、フリーターや夢を追いかけて上京した場合などに考えられるのが、金欠です。家賃の滞納は信用問題ですし、水やガス、電気のライフラインが止められるような事があると、一人暮らしを楽しむという話ではなくなってきます。

一人暮らしをするという事は自分自身で責任を持たなければなりません。学生さんなら、実家からの仕送りがあるかもしれませんが、生活のために上手にやりくりする必要があります。実家を出て、一人暮らしを始めるというのであれば、自分でお金の管理くらい出来るようになりましょう。

知らない土地の一人暮らし怖い、ご近所トラブル

知っている場所に一人暮らしをするというのは珍しいですよね。ほとんどが土地感の無いところで一人暮らしをスタートさせるのだと思います。そんな一人暮らしだからこそ、近所にどんな人が住んでいるのか気になりますよね。アパートやマンションに住む場合が多いと思うので、両隣や上下の人が特に気になりますよね。

通常、出勤時間や帰宅時間が重ならない限り顔を合わす事もなかなか無いかもしれません。しかし、最初が肝心。定番の洗剤などでも良いので、両隣を始め、同じフロア、上下の人には自分が引っ越してきた事を挨拶しておくというのもマナーかもしれません。

中には関わると面倒な事になってしまう人も居るかもしれません。しかし、ゴミの出し方など、その地域のルールなどを教えてくれる強い味方になってくれる可能性もあります。初めての土地で不安も多いですが、その土地の先輩と仲良くなっておくことで避けられるご近所トラブルもあります。

一人暮らしで怖いと感じる訪問者

一人暮らしをしていると、自分の部屋に居ても安心しきれない事もあります。せっかく仕事などから帰ってきてゆっくりしているところに、アポの無い訪問者が来たら、あなたならどうやって対応するでしょうか。もちろん、用事がある人や通常の営業さんの可能性も十分ありますが、安易にドアを開けてしまうと、恐ろしい思いをしてしまう可能性があります。

私も合宿免許で数日間アパートで一人暮らしをした事がありますが、その時に20時を過ぎてから訪問してくる水道屋さんを名乗る人が来ました。なかなかドアを開けなかったのですが、管理人の許可を取ってあるなど言われて、結局ドアを開けました。そうすると、いろんな配管の写真を見せられて、「汚れているので交換が必要です。部屋の中の流しも見せてください」というような事を言うのです。

さすがに怖くなって、その時はなんとか帰ってもらいましたが、部屋に上がってきていたらと思うと本当に怖いです。昼間は居ないので、どうしても夜になるのはわかるのですが、夜間のアポの無い訪問者はくれぐれも注意するようにしてください。

ストーカー

一人暮らしをしていて怖いと感じるのがストーカーですよね。女性なら、常に警戒して防犯対策しながら行動するのは基本ですが、職場などから後をつけられて、一人暮らしをしている部屋がバレてしまう可能性があります。恐ろしい思いをせずに済むように日頃から気をつける必要があります。

一人暮らしという事がバレてしまうとストーカーにとっては良い事なので、出来るだけ一人暮らしと察せられないようにする事が大切です。男性物のシャツを干しておいたりするだけでも、男性が出入りしているような印象を与える事が出来ます。

また、自分とは関係の無いストーカーが訪ねてくる場合もあるそうです。レアケースだとは思いますが、以前その部屋に住んでいた女性の元彼がいきなり来て部屋のドアを叩いて「開けろ!」と叫ばれるなど、通常では考えられない事態に巻き込まれる可能性があります。そんな時には迷わずに警察に相談するようにしましょう。

霊感のある人の一人暮らしは怖いかも

あなたは一人暮らしをする部屋を探す時に何を基準にして選びましたか?職場や学校が近い、もしくは家賃が安いからといった理由ではありませんか?家賃は安い方が生活への負担も少なくなるので嬉しいと思いますが、相場より安い物件というのは、もしかしたら少し注意した方が良いかもしれません。霊感のある人は恐ろしい思いをする可能性もあります。

いわゆる事故物件という物になりますが、以前住んでいた人が事件に巻き込まれたり、自殺をしたりといろんな理由で借り手がつきにくくなっている物件が存在します。わりと近くに住んでいる人だと昔の事でも知っている可能性があるので、上京してくる人に安い家賃で貸す場合もあります。自分が住もうと考えている地域の事故物件を調べる方法があるので、確認してみてくださいね。

Thumb訳あり物件、事故物件の怖い話・体験談!大島てるが語る見分け方

事故物件を調べてみると、実は全国に多く有り、自分の住んでいる場所の近くに事故物件があるなんてことも多いようです。恐ろしい思いをしないためにも事前に確認しておきましょう。

対処出来ないとただただ怖い、一人暮らしの水漏れ

女性の一人暮らしにとって、難しい問題のひとつに水漏れ問題があります。突然起こる水漏れ、配管の劣化などやゴミのつまりなどが原因で起こります。また、お風呂の水を入れようと思って、水を出したまま外出してしまったりすると大変な事態になる場合があります。

いつもどおり使っているのに、突然シンクの下に水たまりが出来ていたなんて事もあるそう。シンクの下は水漏れしやすい場所でもあり、湿気などでカビも発生しやすいので、注意が必要です。

上の階の人が水を出しっ放しにしてしまった事で起こる被害です。もっとひどいと下の階の人もしばらく住む事が出来ないほど大変な事態になります。一人暮らしをする前に、保険の内容などもきちんと確認しておき、万が一に備えておきましょう。

なかなか自分一人で水漏れに対応する事は難しいですよね。いつなるかわからない急な水のトラブルに対応出来るように、連絡先などを調べておくと良いでしょう。

一人暮らしは怖いだけではない

一人暮らしをする事について、恐ろしい思いをする事もあるとお伝えしてきましたが、もちろん一人暮らしは怖いだけの物ではありません。新しい経験も積めますし、自分の努力次第で素敵ライフを送る事が可能です。

一人暮らしというのは、うるさく言う人が居ないからと、怠けてしまう事も可能です。しかし、それでは楽しい一人暮らしとはいえませんよね。素敵な一人暮らしを送るために、自分ルールなどを作って生活をする事も必要です。

一人暮らしの怖い話のまとめ

今回は一人暮らしをする時に付きまとう不安などについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。一人暮らしをしている、考えている人には役に立ちそうな情報もあったのではないでしょうか。一人暮らしをするという事は、自分自身の身を守らないといけないという事です。恐ろしい思いをしないために対策を怠らないようにしましょう。

もっと一人暮らしについて知りたいアナタへ!

Thumb一人暮らしの準備まとめ!必要な期間や費用・手続きなどをご紹介
Thumb女性の一人暮らしに安心なお部屋は?防犯対策や注意点など徹底調査

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-08-25 時点

新着一覧