卵の賞味期限切れは食べられる?いつまでだったら安全に食べられるの?

卵が賞味期限切れになったときに安全に食べる方法をまとめました。卵はいつまでに賞味期限切れになるかなどをチェックしておけば、安全に食べることが可能に。賞味期限切れ近い卵を消費できる料理レシピもチェックして、安全に消費しましょう!

卵の賞味期限切れは食べられる?いつまでだったら安全に食べられるの?

目次

  1. 卵は賞味期限切れになっても食べることができる?
  2. 生卵が賞味期限切れになったときは?
  3. 生卵を長持ちさせる方法とは
  4. ゆで卵にした卵が賞味期限切れになるのはいつまで?
  5. 賞味期限切れになっていなくても気をつけておきたい卵の状態は?
  6. 賞味期限切れになる前に卵を食べきれるスパニッシュオムレツのレシピ
  7. ふわふわとした食感が美味しいトマトと卵の炒め物レシピ
  8. お店で食べる本格的な味を楽しめる親子丼のレシピ
  9. いろいろ使えて便利な煮卵も賞味期限切れになる前に最適な消費レシピ
  10. 卵の賞味期限切れについてチェックして、安全に食べるようにしよう!

卵は賞味期限切れになっても食べることができる?

いつの間にか賞味期限切れになりがちな卵

特売などでせっかく卵を安く手に入れても気づいたときには賞味期限切れになっていた、ということはありませんか?「たくさんの卵があっても賞味期限切れになっていては食べられない……」と思いがちですが、実はしっかりと調理方法といつまで食べられるかをチェックしておけば賞味期限切れになったときでも美味しく卵を食べることができます。

卵を安全に食べるようにしよう!

卵が賞味期限切れになってしまったときも、捨てるのをいったんやめて安全な食べ方をしっかりチェックしていきましょう。賞味期限切れになってもいつまで卵を食べられるかを知っておけば無駄にすることなく安全に美味しくいただくことができます。賞味期限切れになったとしても、卵を活用していきましょう!

生卵が賞味期限切れになったときは?

加熱すれば食べることができる

卵が賞味期限切れになったらもう食べられない!と思ってしまいがちですが、実は賞味期限切れになってもしばらくは加熱をすることで食べることができます。卵のパックに表示されている賞味期限は生卵の状態で食べるときに関するもの。なので、賞味期限が切れたとしても加熱をすることで食べられるのです。

70℃以上の熱で1分以上加熱した卵であれば、賞味期限が切れた後も安全に食べることができます。他の食材と調理するときは75℃以上で1分以上加熱しましょう。しっかりと加熱をすることで卵の中にいる菌を殺菌できるので、賞味期限切れでも安全に食べられます。

賞味期限切れからいつまで食べることができる?

それでは賞味期限切れになった卵はいつまでなら加熱して食べられるのでしょうか?冷蔵庫で卵を保存している場合は、賞味期限が切れてから1週間以内であれば食べることができるとされています。ただし、なるべく早く加熱調理することが大切。賞味期限が切れてから1週間以内だとしても異臭がするなどの異変を感じたら食べずに捨ててくださいね。

生卵を長持ちさせる方法とは

冷蔵庫で保存する

卵は常温でも保存できるとされていますが、10℃以下の環境で保存することで長持ちさせることができます。卵を購入したら早めに冷蔵庫に入れて保存するようにしましょう。

水気にあてない

卵を水気に当てないことも大切。卵の殻の表面には無数の気孔があり、そこから水分が中に侵入して傷みの原因になってしまいます。卵の殻を洗いたいからといって保存中に水につけるのはやめておきましょう。卵のとがっている方を下に向け、水気から遠ざけて保存するとしっかり日持ちします。

ゆで卵にした卵が賞味期限切れになるのはいつまで?

ゆで卵は腐りやすくなる

実は、卵はゆで卵にした方が賞味期限切れになりやすくなります。卵の白身には殺菌をする酵素が含まれていますが、加熱することでこの酵素が壊れてしまうので要注意。ゆで卵の方が日持ちしそうなイメージがありますが、実は生卵よりも早めに食べることが必要になります。

冷蔵庫で保存し、1〜2日以内に食べる

ゆで卵にしたら1〜2日ほどで食べ切りましょう。時間が経ったゆで卵は腹痛の原因になることもあるので気をつけてくださいね。

賞味期限切れになっていなくても気をつけておきたい卵の状態は?

殻にヒビが割れている

賞味期限切れになっていなくても、もし卵の殻にヒビが入っているようなら要注意。ヒビから細菌が入り込み、傷みやすい状態になっています。ヒビが入っている卵は生のまま食べず、十分に加熱してから食べるようにしましょう。賞味期限が切れたヒビ入りの卵は食べないようにするのがおすすめ。卵の状態をみて、安全に食べてくださいね。

賞味期限切れになる前に卵を食べきれるスパニッシュオムレツのレシピ

スパニッシュオムレツに必要な材料

ボリューム満点なスパニッシュオムレツは賞味期限切れになる前に卵を大量消費したいときにぴったり。卵をたくさん使ったボリューム満点の料理なので、食べ応えのあるメイン料理を作りたい場合にも役立ちます。朝ごはんのおかずにしたり、ホームパーティーの前菜にしたりといろいろなシーンで大活躍。

スパニッシュオムレツに必要な材料は、卵5個、玉ねぎ1/2個、ジャガイモ2個、オリーブオイル大さじ5、塩胡椒になります。入れる具材は好みに合わせて変えてもOK。ピーマンやパプリカを入れるとカラフルなスパニッシュオムレツに仕上がります。いろいろなアレンジを楽しんでみてくださいね。

スパニッシュオムレツの料理レシピ

玉ねぎはみじん切りに、ジャガイモは皮をむいて賽の目切りにします。フライパンにオリーブオイルを入れて弱火にかけ、玉ねぎのみじん切りをじっくりと炒めてください。玉ねぎが飴色になったらジャガイモをプラスし、弱火でじっくり炒めていきます。卵はボウルに割り入れてときほぐしておきましょう。

ジャガイモに火が通ったら塩胡椒で味付けをし、油を切ります。卵が入ったボウルの中に具材をいれ、軽く混ぜ合わせましょう。フライパンに卵液を流し入れたら蓋をして5分ほど弱火でじっくりと加熱します。フライパンの上にお皿をのせてひっくり返し、焼いていない面を下にしてフライパンに戻してください。片面も弱火で3〜5分ほど焼いたら完成です。

ふわふわとした食感が美味しいトマトと卵の炒め物レシピ

トマトと卵の炒め物に必要な材料

卵のふわふわとした食感が美味しいトマトと卵の炒め物も賞味期限切れが近くなったときにおすすめしたいレシピ。卵をたくさん使うことでふわふわ食感がアップします。トマトは加熱することで甘みが増し、栄養価もアップするのが嬉しいポイント。ご飯との相性もばっちりです。

トマトと卵の炒め物に必要な材料は、卵3個、トマト2個、オイスターソース大さじ1、鶏がらスープの素小さじ2、ごま油、塩胡椒。お好みで玉ねぎなどの野菜をプラスしても美味しくいただけます。

簡単な料理レシピ

トマトは食べやすい大きさのくし切りにしておきます。少量のお湯で鶏がらスープの素を溶かし、溶いた卵と混ぜ合わせましょう。フライパンに油をしき、卵液を流し入れます。半熟よりもゆるめの状態になったらお皿にうつしてください。くし切りにしたトマトをフライパンで炒め、塩胡椒で味付けをします。

トマトの皮が裂け始めたら卵を加え、オイスターソースをまわし入れます。すぐに火を止め、全体を混ぜ合わせましょう。ごま油をかけて風味をつけたら完成です。

お店で食べる本格的な味を楽しめる親子丼のレシピ

親子丼に必要な材料

お店で食べるような本格的な親子丼もちょっとしたコツをつかめば気軽に美味しく作ることができるようになります。ふわふわとろとろの親子丼はやみつきになる美味しさ。ボリュームもあるので、たくさん食べたいときに最適です。賞味期限切れが近くなったときの消費レシピとして活用してみてくださいね。

親子丼に必要な材料は、玉ねぎ1/4個、卵2個、鳥もも肉1/2枚、みりんと醤油各大さじ1、酒と砂糖各小さじ1/2、和風だしの素小さじ1/3、水80mlになります。お好みで三つ葉をそえると彩りがきれいな親子丼に仕上がるのでおすすめ。

親子丼のレシピ

鍋に酒・砂糖・みりん・醤油・和風だしの素・水・薄切りにした玉ねぎを入れて加熱します。中火で2分ほど煮たら一口大にカットした鳥もも肉をプラス。3分ほど煮て鳥もも肉に火が通ったのを確認しましょう。卵を溶いたら2/3を鍋にまわし入れ、蓋をしたら弱火に落として2分加熱。残りの卵を加えたら強火にして10秒加熱し、ご飯の上にのせたら完成です。

いろいろ使えて便利な煮卵も賞味期限切れになる前に最適な消費レシピ

煮卵に必要な材料

そのまま食べるのはもちろんのこと、いろいろな料理のトッピングに使える煮卵は賞味期限が切れそうになったときにぜひ作っておきたいレシピ。ご飯の上にのせたり、ラーメンにトッピングしたりと、さまざまなシーンで役立ちます。賞味期限が切れそうになったときは煮卵もぜひ作ってみてくださいね。

煮卵に必要な材料は、醤油とみりん各小さじ2、砂糖1g、卵1個。卵1個あたりの分量なので、煮卵を作りたい個数に応じて調味料の量は増やしてください。お好みで鷹の爪を入れるとピリッとした風味がプラスされます。風味豊かにしたいときは少量のだしの素を入れても美味。

気軽に作れる料理レシピ

卵を半熟にしたいときは、冷蔵庫に入れておいた卵を沸騰したお湯に入れて6分茹でます。6分経過したら氷水に入れ、3分ほどつけておきましょう。調味料類を混ぜ合わせて保存容器に入れます。ゆで卵の殻をむき、調味液につけたら冷蔵庫で保存。ときどき転がしながら半日〜1日おいて完成です。調味液につける時間によって味の濃さが変わるので、好みの味に仕上げましょう。

卵の賞味期限切れについてチェックして、安全に食べるようにしよう!

卵を安全に食べるにはいつまで食べられるかをしっかりチェックしておくことが必要になります。購入時に賞味期限を見て、生食であればその期間内に食べきるようにしましょう。賞味期限が切れた場合は、1週間以内に加熱をして食べてください。半熟の状態にするのではなく、しっかり火を通すことが大切です。美味しい卵料理レシピを活用して、美味しく食べきってくださいね。

合わせて読みたい!卵に関連した記事

Thumb卵料理の簡単レシピ人気ランキング【定番からアレンジメニューまで】
Thumb卵だけで作れるレシピまとめ!【簡単・人気!おかず・お菓子など】
Thumb卵ケーキのレシピまとめ♪材料は卵だけなのに美味しくてヘルシー!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-05-11 時点

新着一覧