12星座のギリシャ神話まとめ!有名・感動・恋の話など実は怖いものも?

星座は、私たちの1人1人に存在しています。それぞれに特徴があり、実は、それぞれに昔から言われ続けている神話があります。12個ある星座の1つ1つにとても神秘的な神話が隠されています。今回は、私たちが持っている12星座の神話についてまとめてみました。

12星座のギリシャ神話まとめ!有名・感動・恋の話など実は怖いものも?

目次

  1. 12星座にまつわる不思議で感動的な神話…一緒に見ていきましょう!
  2. 星座とギリシャ神話の基礎知識
  3. 12星座に秘められたギリシャ神話【牡羊座編】
  4. 12星座に秘められたギリシャ神話【牡牛座編】
  5. 12星座に秘められたギリシャ神話【双子座編】
  6. 12星座に秘められたギリシャ神話【蟹座編】
  7. 12星座に秘められたギリシャ神話【獅子座編】
  8. 12星座に秘められたギリシャ神話【乙女座編】
  9. 12星座に秘められたギリシャ神話【天秤座編】
  10. 12星座に秘められたギリシャ神話【蠍座編】
  11. 12星座に秘められたギリシャ神話【射手座編】
  12. 12星座に秘められたギリシャ神話【山羊座編】
  13. 12星座に秘められたギリシャ神話【水瓶座編】
  14. 12星座に秘められたギリシャ神話【魚座編】
  15. 星座の神話がさらに身近になる♡神話には感動がたくさん詰まっています!

12星座にまつわる不思議で感動的な神話…一緒に見ていきましょう!

12星座、それは私たちの暮らしの中で自分の性格や恋愛での相性を占う時に活用したり、今では星座をモチーフにしたアクセサリーなど星座自体がとても身近なものになっています。その星座には、感動的で有名なギリシャ神話もあります。そんな星座にまつわる感動的なギリシャ神話の数々をご紹介します。

星座とギリシャ神話の基礎知識

まずは今回のテーマの主役になっている星座とギリシャ神話についてご紹介します。暮らしの中で身近にはなっていますが、まだまだ知らない事も多い、この星座。星座とは一体どんなものなのでしょうか?そして、そこにある神話とは一体何なのでしょうか?

12星座とは?

星座とは、夜空に浮かぶ星と星を結び、動物や人、道具に見立てながら空が分けられてきました。星座には、恋愛や感動的なギリシャ神話が描かれていた事もあり、昔はギリシャ星座と呼ばれていたそうです。さらに、12星座は、黄道12星座と言って、黄道を経過している蛇遣い座を除いた12個の星座のことを指します。

ギリシャ神話とは?

ギリシャ神話は、古代ギリシャから伝えられている伝承文化で多くの神様たちが登場して、人間のような恋愛話や感動的なエピソードも多くありますあ。ギリシャの小学校では、ギリシャの教養の1つとなっているそうです。星座にまつわる神話でなくても、ギリシャ神話には、有名で聞き覚えのある神話がいくつかあります。

12星座に秘められたギリシャ神話【牡羊座編】

ここからは、1つ1つの星座についてのことをご紹介していきます。暮らしの中で身近な12星座がさらに、感動的な印象に変わるかもしれません。有名な話しからロマンチックな恋の話し、感動的なエピソードまで1つ1つに込められた神話をその星座の特徴も交えながらお届けします。まず始めは、牡羊座からです。牡羊座は、3月21日〜4月20日まで生まれた方です。

牡羊座の特徴&恋愛傾向

率直で情熱的、そのリーダーシップで周りを引っ張っていく力があります。競争心が旺盛で人一倍負けず嫌いなため、勝つまで戦い続けることもあるようです。さらに、その情熱は、恋愛にも反映されて、追いかけることが好きな傾向にあります。その一方で、前向きな性格も持ち合わせているので、人生を前向きに開拓していく強い性格を持っています。その持ち合わせの性格で人生の成功と運を手に入れようとする人です。

牡羊座にまつわる神話

牡羊座にまつわる神話には、感動的なエピソードがありました。ギリシャのデーパイという国にアタマスという国王とネフェレーという妃、そして、プリクソスという息子、ヘレという娘がいました。移り気な性格の国王が新しい妃イノを突然迎え入れて、2人の息子が出来ました。しかし、新しい妃であるイノが前妻の2人の子供を疎ましく思い、命を狙う計画を立てたのです。

その計画は息子であるプリクソスを生け贄にするというもので、国王はイノが企んだ計画通り、実の息子であるプリクソスをその場に横たえたが、ギリギリの所で空から黄金の羊が舞い降りて、2人を助けました。実は、その羊は2人を不憫に思ったゼウスが送った羊でした。そのお手柄もあり、その黄金の羊は牡羊座として夜空に輝き続けています。

12星座に秘められたギリシャ神話【牡牛座編】

続いては、牡牛座です。牡牛座は、4月21日〜5月21日生まれの方を指します。有名な牡牛座のマークが現している通り、牡牛座の方には、力強い一面が隠れているようです。

牡牛座の特徴&恋愛傾向

牡牛座の方は、我慢強く、忍耐強い特徴があります。また強い意志を持っているので、ぶれることなく、信念を貫く強い志の一方で、家庭や自分の家族、財産を大切にするところがあり、家族への愛情に溢れた性格をしています。恋愛においても忠実で、安定や安心を求めるタイプ。そのどっしりとした雰囲気から暮らしの中で多くの人の信頼を集める人柄の持ち主です。

牡牛座にまつわる神話

牡牛座の神話には、有名な神の恋愛エピソードがあります。名前が有名となっている全知全能の神ゼウスは、国を越えて美しいと有名な娘のエウロパに恋愛感情を抱いていました。ある日、友達と水辺で遊んでいたエウロパの目に、父が大切にしている牛たちが飛び込んできます。

その中でも、純白の美しい牛に目を奪われたエウロパは、牛にまたがります。実は、その牛こそが姿を変えたゼウス。エウロパが牛にまたがった瞬間、牛は海に飛び込んでしまいます。気がつくとクレタ島という南の海岸にたどり着き、2人はそこで結ばれました。その後、ゼウスはまた牛の姿で天を翔ていきました。そんな島を後にしたゼウスの姿が星となったと伝えられています。

12星座に秘められたギリシャ神話【双子座編】

次は、双子座の特徴と恋愛傾向、そして、神話についてです。双子座の方が生まれたのは、5月22日〜6月21日です。

双子座の特徴&恋愛傾向

双子座の方は、心の中に二面性を持っています。その二面性に思い悩む傾向があります。頭の回転が良くて、知的好奇心が強く、豊富な知識を持ち合わせているからこそ、明るく目立った存在になっています。その行動力を活かして、失敗しても一瞬で立ち直り、他の新しい事に目を向ける臨機応変な性格を持ち合わせているおかげで、大きなチャンスを手にする事が出来ます。その好奇心旺盛な性格は、恋愛にも現れます。

双子座にまつわる神話

双子座の神話には、感動的な2人の兄弟のエピソードがあります。兄のカストルは、王妃と国王の間に生まれた人間の子、弟のポルックスは、王妃と神であるゼウスの間に生まれた神の子です。この2人が叔父の娘に恋をしたところからこの神話は始まります。その娘への思いから2人は、娘を拉致して妻にします。それに怒った娘の兄弟たちは、2人に戦いを挑み、その戦いで兄のカストルは命を落としてしまいます。

結局、神の子であるポルックスのおかげで戦いには勝ちましたが、兄を失った悲しみはあまりにも深く、それを見兼ねた父であるゼウスは、ポルックスを天界に呼びます。しかし、それよりも兄と一緒にいる事を望むポルックスは、その申し出を断るのです。ゼウスはそんな息子の思いを組み、カストルにポルックスの不死身性を与え、2人は、星となり永遠に一緒にいれるようになったと言われています。

12星座に秘められたギリシャ神話【蟹座編】

続いては、6月22日〜7月22日までの蟹座の方についての特徴と恋愛傾向、神話をご紹介します。その神話の中には、大蟹と毒蛇の友情の物語がありました。

蟹座の特徴と恋愛傾向

蟹座の方は、感受性が強く、直感力に優れています。そして、蟹はその姿から想像されるように防御本能が誰よりも強く、自分の身を守ろうとする傾向があります。さらに、蟹座は面倒見が良くて、周りから敬愛されるところがあるので、意識していなくても人気者となり、知らないうちに出生していくタイプです。しかし、愛情深さが嫉妬心や所有欲として出る事もあるので、恋愛面では注意が必要です。

蟹座にまつわる神話

エルネという沼に大蟹は住んでいました。その隣人に毒蛇であるヒュドラがいましたが、その姿に驚いていた大蟹もいつしかヒュドラと友情が芽生えて、友達同士になりました。しかし、ある日その沼にヘラクレスがヒュドラ退治にやってくるのです。

次々と首を切られていくヒュドラを見て、大蟹は逃げるべきか迷ったあげく、ヒュドラを放っておくことが出来ず、炎の燃え滾る中、ヘラクレスの足に大きな爪を立てながら飛びかかり、精一杯の力を出して挟みます。あまりの痛さに驚いたヘラクレスは、大蟹を踏みつぶしてしまうのです。そんな大蟹の姿を見ていた女神のヘラは、大蟹の亡骸を星に変え、その勇士を讃えたと言われています。

12星座に秘められたギリシャ神話【獅子座編】

次にご紹介するのは、7月23日〜8月22日までの獅子座の方の特徴と恋愛傾向、そして、神話です。ここまで、神話をご紹介する中で、有名な物語や知らない物語などがあると思います。改めて自分の持つ星座にどんな神話があるのかを思いを馳せながら、見てみるのもいいですね。

獅子座の特徴&恋愛傾向

獅子座の方は、常に自分に自信を持っています。目立ちたがりやなので、身振り手振りを交えながら話し、人に尊敬されたいと思うあまり、お世辞に弱い一面があります。さらに、プライドが高く、常に自分の理想に近づけようとする努力家です。リーダーにも向いており、持ち前の判断力と行動力で皆の先頭に立ち、人生を歩んでいきます。恋愛面でもその性格が発揮されて、目立ちたがりやで情熱的な恋愛をするようです。

獅子座にまつわる神話

父テュボン、母エキドナを両親に持つ獅子は、飢えた猛獣です。その飢えから谷の村を襲い、家畜や人々を食い殺していました。しかし、そこへ現れたのがヘラクレス。戦いをする中で、武器が獅子が持つ頑丈な皮膚の前では役に立たない事を知ります。そこで、ヘラクレスは持っていた棍棒を回しながら獅子を洞窟へとおびき寄せます。獅子の太い首根っこを掴み、すごい力で締め上げるのです。

しかし、いくら締めてもなかなか倒れなかった獅子ですが、ついに三日三晩の死闘の末、ヘラクレスの怪力に獅子は息絶え、どんな武器をも跳ね返すその皮は、ヘラクレスの鎧となりました。その戦いぶりを見ていたエウリュステウスは、獅子の死を哀れみ、獅子の勇士を讃える意味を込めて、亡骸を空に置いたと言われています。

12星座に秘められたギリシャ神話【乙女座編】

続いては、8月23日〜9月22日までの乙女座です。ここまで、牡羊座、牡牛座、双子座、蟹座、獅子座と5つの星座の特徴と神話を見てきました。暮らしの中で当たり前になっている星座たちもこうして見てみるとどこか感動的なお話が多いように感じます。今からご紹介する乙女座にも、ある女性の切ない物語がありました。

乙女座の特徴&恋愛傾向

乙女座の方は、勤勉で独立心も強くて、物事をじっくり考えるタイプです。責任感が強く、細やかな気配りが出来て思いやりがあり、人の役に立ちたいと常に考えている面があります。一方で、夢を追い続ける理想的主義者な部分があり、現実性がやや薄いので、なかなか成功しないというところもあるようです。しかし、派手ではないまでも堅実に生きる才能に恵まれています。恋愛にも安定性を求める傾向があります。

乙女座にまつわる神話

豊穣の女神デメテルの娘であるペルセポネは、花摘みが好きでその日も花摘みに出かけた先で美しい水仙の花を見つけます。しかしそれは、ペルセポネに目をかけたゼウスの兄、ハデスの罠だったのです。急に地面が割れ、そのまま冥界に落ちてしまいます。そのままハデスに捕われ、そこで地下世活をします。

しかし、ゼウスにペルセポネを返すように命じられたハデスは、ペルセポネを返しますが、1年の内の4ヶ月だけ冥界に来させるための罠を仕掛けました。娘の不在を悲しく思った母は、娘がいない4ヶ月間は神殿に籠ります。この時期が冬になったと言われています。

12星座に秘められたギリシャ神話【天秤座編】

次は、天秤座をチェックしていきます。天秤座は、9月23日〜10月23日までの方です。争う事の無意味さを教えてくれる神話が天秤座にはあります。

天秤座の特徴&恋愛傾向

天秤座の方には、社交性があり、一緒に過ごすのにとても心地のいい空気を演出してくれます。少し控えめな所がある反面、自己アピールも上手、さらには、調和を取る事が出来ますし、本人もそれを好みます。暮らしの中でも争いごとよりも妥協を好む、根っからの平和主義者です。人間性も信頼されるため、人との関係を紡いでいく中で、成功していくタイプです。美男美女が多い星座で、恋愛面ではロマンチストです。

天秤座にまつわる神話

この天秤は、正義の女神アストライアが持っていた天秤と言われています。ゼウスの父クロノスが国を収めていた黄金時代は、平和な時代でしたが、銀時代が変わり、人々は争うようになります。その姿を見るに見兼ねた神々は、天界に帰ります。その中で、地上に残ったアストライアとその妹は、皆に正義を説いて回ります。

しかし、その努力も虚しく争いは留まる事を知りませんでした。再び時代が変わり、鉄の時代になると人々は欲で争うようになります。さすがのアストライアもあきれて天界に帰っていきました。天秤座は、正義の女神であるアストライアが持っていた正義の天秤が星座になったと言われています。

12星座に秘められたギリシャ神話【蠍座編】

次は、10月24日〜11月22日の蠍座をご紹介します。蠍は、女神に使えた暗殺者だという神話が有名となっています。

蠍座の特徴&恋愛傾向

蠍座の方の特徴は、個性に溢れていて他とは違った神秘的な魅力があります。恋愛をする時も、手の届く人よりも手の届かない人を好み、自分の情熱を燃え上がらせます。これは、恋愛だけでなく、日々の暮らしや目標達成の時にも現れます。さらに、執着心が強く、困難にも打ち勝つ忍耐強さを持っていますが、内に秘めているので、外見では分かりません。物事に対して、異常な集中力を発揮するのも蠍座の特徴です。

蠍座にまつわる神話

狩りの腕前が一流だと誇っていたオリオンは、自分の力を慢心するあまり、台地母神であるガイアの怒りをかいます。ガイアは、オリオンの元に蠍を怒り込み、オリオンは蠍に刺し殺されてしまったそうです。しかし、蠍は、太陽神アポロンの息子パエトンの命も奪っています。

太陽神アポロンの息子である事を疑われたパエトンは、父が大切にしている馬車を借り、乗っている時蠍がやって来て馬の足を刺しました。それが実は、ガイアが差し向けた蠍だと言われています。

12星座に秘められたギリシャ神話【射手座編】

続いては、11月23日〜12月21日までの射手座の特徴や恋愛傾向、神話についてです。射手座の神話の中には、偉業を成し遂げた一人の男性が出てきます。星座にまつわる神話には、そのものの勇士や偉業を讃えて星座になったというような感動的な話しがたくさんあります。

射手座の特徴&恋愛傾向

射手座の方は、生まれながらの冒険家で自由を好むタイプです。とても楽天的で明るくて悩み事が少ない傾向にあるようです。行動力と決断力に優れていて、気持ちの切り替えも早い所があります。あまり物事にもこだわらない一方で、興味を持つと即行動し、夢中になるタイプです。心も大らかで広くて、人の面倒も率先してみます。恋愛においては、征服的で、ロマンチストな一面を持っているようです。

射手座にまつわる神話

ケンタウロスの一族の1人であるケイロンが主役の神話です。ケイロンは、戦闘、薬術、医術など多くの分野に携わっていて、それを英雄たちに教えていました。ある日、ヘラクレスがお酒を飲んでいる所へ2匹のケンタウロスが襲いかかって来ましたが、返り討ちに合います。

逃げ場を失い、ケイロンのいる洞窟に逃げ込んできたケンタウロスたちに向けて放たれたヘラクレスの猛毒を塗った矢がケイロンの膝に刺さり、その痛みに耐えきれず、自分で命を絶ってしまいます。しかし、今までの功績が讃えられ、ゼウスによって星座になったとされています。

12星座に秘められたギリシャ神話【山羊座編】

次は、12月22日〜1月19日までの山羊座についてお届けします。山羊座が持っている神話には、実にユニークな物語があります。

山羊座の特徴&恋愛傾向

山羊座の方は、責任感が強くて用心深い特徴があります。一見、頑固だと思われがちですが、暮らしの中のありとあらゆる事に対して、達成させようと努力します。野心家な部分がある反面、用心深さがあるので、危ない事や危ない物には近づきません。一歩一歩をしっかりと歩んでいくタイプで、忍耐強い所も魅力的です。しかし、恋愛では、自分の本音を見せることが下手なため、損をしてしまうこともあるようです。

山羊座にまつわる神話

神様たちがナイル川のほとりで宴会をやっていた時に、怪物であるテュポンが現れて襲われそうになった時、神々は個々に皮に逃げ込みます。そんな中、焦った牧草地を司るバーンは、頭が山羊でしっぽが魚というおかしな形になってしまいました。この様子を見ていた最高神としても有名であるゼウスが、あまりのおもしろさに星座にしたと言われています。

12星座に秘められたギリシャ神話【水瓶座編】

いよいよ12星座の神話についてのお話も残す所あと2つとなりました。続いては、1月20日〜2月19日までの水瓶座についてご紹介します。

水瓶座の特徴&恋愛傾向

水瓶座の方の特徴は、明るい性格と直感力に優れた型破りなその姿勢です。常に新しいことを求めて、平凡な暮らしは好みません。野心家で、目標に向かって確実に足を進める傾向にあります。生まれつきの天才肌なので、スポーツなどでも活躍し、その舞台は多方面に広がります。そして、恋愛面では独立心が強くて少々無関心なところもあるようです。

水瓶座にまつわる神話

ある時代、人々の争いを見るに見兼ねたゼウスは、天災で世界を滅ぼしてしまおうとしましたが、プロテウスの息子であるデウカリオンに船を造らせて妻と2人で逃げるように促しました。その言葉を守った2人は、人類のいなくなった地で生き残り、男性と女性を誕生させるのです。これが新しい時代の誕生にもなりました。この出来事から、命の源である水を供給する瓶を持った星座になったという説があります。

12星座に秘められたギリシャ神話【魚座編】

最後にお送りするのは、2月20日〜3月20日までの魚座の特徴や恋愛傾向、神話です。ここまで、聞き慣れた有名な神様の名前もいくつか登場しました。魚座の神話には、素敵な親子の絆が描かれています。

魚座の特徴&恋愛傾向

魚座の方の特徴は、気配りをしっかりしていて、周囲への配慮も忘れません。しかし、暮らしの中で日常がうまく管理出来なくなる事が悩みにあるようです。恋愛や日々の暮らしで、喜怒哀楽が激しいのに、それを周囲に見せたくないと思っているので、決して外には出しません。そのため、分かりづらいと言われる事もあります。基本的には、優しくて親切な性格なのですが、嫌とは言えず、自己犠牲を払う事もあります。

魚座にまつわる神話

山の向こうから襲ってくる怪物から逃れようとした愛と美の女神であるアフロディテとその息子のエロスは、地中海を越えて、神々と一緒にエジプトまで逃げ込んできたが、どこまでも追いかけてくる怪物から逃れるため、2人は魚に姿を変えて川に逃げ込みます。

見事に逃げる事に成功した2人を記念する意味を込めて、ゼウスが星座に変えたと言われています。リボンで結ばれているのには、永遠に親子が離れないようにという意味が込められていると考えられているようです。

星座の神話がさらに身近になる♡神話には感動がたくさん詰まっています!

いかがでしたか?12星座1つ1つには、私たちが知らなかった神話エピソードがたっぷり詰まっていました。暮らしの中で、なかなか触れることのないこの神話をたまに見ると、どこか不思議な感じと共にホッとするような不思議な感覚になります。神秘的な12星座の神話、あなたの星座にはどんな神話が隠されていましたか?

もっと星座について知りたいアナタへ!コチラもチェック!

Thumb獅子座の基本的な性格とは?共通する特徴と他星座との相性まとめ
Thumb山羊座はどんな性格?男女での違い、恋愛・行動パターンまとめ!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-04-24 時点

新着一覧