カラオケでビブラートの出し方とコツ!出来るようになる練習方法は?

日本の文化を代表する物となったカラオケは、大人気の娯楽施設です。そんな人気のカラオケでは、誰もが上手に歌を歌いたいと思っているはずです。歌を上手に歌うにはビブラートが関係していました。そんなビブラートの出し方の方法を、紹介します。

カラオケでビブラートの出し方とコツ!出来るようになる練習方法は?

目次

  1. 日本の文化は今やカラオケ!
  2. カラオケはストレス発散出来る優れもの!
  3. カラオケの得点にはビブラートが関係していた!
  4. 得点アップの鍵はビブラート!ビブラートの種類を紹介!
  5. カラオケでビブラートを練習して上手くなりたい!
  6. ビブラート得点アップの方法は?カラオケで出す方法!
  7. ビブラートの他にもカラオケで上手く聴かせるコツがあった!
  8. カラオケでビブラートを出しやすいカラオケソング!
  9. 真似したい!ビブラートが上手な歌手を紹介!
  10. ビブラートで魅了してカラオケを楽しもう!

日本の文化は今やカラオケ!

暮らしの中で誰でも一度は行ったことがあるカラオケは、なんと日本の文化です。日本に来た外国人にも人気のカラオケは、まさに暮らしの中に溶け込む文化と言えるほど成長しました。大人から子どもまで楽しめるカラオケは、洋楽邦楽はもちろんのこと、アニメソングやテーマパークの歌まで幅広く歌うことが出来ます。カラオケは種類が豊富だからこそ人気があるのかもしれません。

カラオケはストレス発散出来る優れもの!

暮らしの中で、何かとストレスが多い現代社会ですが、カラオケではストレス発散をすることが出来ます。カラオケで好きな歌手の歌を大声で歌うと何とも爽快な気分になり、暮らしのストレスが発散することが出来ます。また、最近では一人カラオケが出来る施設も多くあります。友達と一緒に歌うことが恥ずかしい人や、ビブラートなどカラオケの技術を習得したい人には最適の施設です。

カラオケがストレス解消に良いということは、明らかになっています。ごく一部ですが、カラオケは腰痛と過敏性大腸炎、高血圧、心臓病、更年期障害、疲労回復などに効果的だと言われています。ただ楽しいだけではないカラオケは、今や現代社会になくてはならない娯楽施設になったのです。大きな声を出してストレスを解消させ、同時に健康的な体も手に入れましょう。

カラオケの得点にはビブラートが関係していた!

ビブラート

ビブラートとは、周期的な音が揺れるカラオケのテクニックです。しかし、ただ音を揺らせば良い訳ではありません。音の幅と間隔が一定であることが必要です。また、音が途中で途切れずに続いているということがテクニックとして必要になってきます。カラオケの採点では、ビブラートをいれることが加点になるとされています。ですがビブラートの技術は難しく、練習が必要なテクニックでもあります。

フォール

フォールとは、本来の音とを出す前に半音ほど下げた音を出してから本来の音を出すカラオケのテクニックです。しゃくりと対になるカラオケのテクニックです。また、カラオケの採点機能では、加点対象になりますので、練習をして出来るようになれば、高得点が狙えます。

しゃくり

しゃくりとは主に演歌歌手がテクニックを披露している技です。音を上げる時にストレートに音を発する訳ではなく、半音下の音を出してから実際の音を出すテクニックです。少し下の音を出してから本来の音を出すテクニックなので練習をして、出来るようになりましょう。

こぶし

ビブラートと似ているのがこのこぶしです。ビブラートは音の終わりを上下に振るわすテクニックですが、こぶしは、楽譜にはない節を入れるテクニックのことを言います。主に演歌歌手などが行うテクニックですが、カラオケの採点の加点要因にもなりますので練習を行いましょう。

得点アップの鍵はビブラート!ビブラートの種類を紹介!

波ビブラート

こちらは、バラードなどのミディアムテンポからスローの曲によく使われます。練習しやすく、調整しやすいビブラートは、こちらの波ビブラートです。横隔膜の筋肉を使う波ビブラートは練習をすれば出すことが出来るビブラートです。お腹から声を出して震わすビブラートなので、大事なのは、力まずリラックスをして歌うことです。歌手では椎名林檎さんが波ビブラートの例として挙げられます。カラオケでも人気の歌手ですよね。

ちりめんビブラート

波ビブラートとは異なり、ロックなどのアップテンポの曲に合うビブラートです。横隔膜を使うビブラートとは異なり、ちりめんビブラートとは、喉で音を出し揺らすビブラートです。そのため、練習をしても喉を壊してしまう恐れがあります。歌手ではGacktさんがちりめんビブラートの例として出されます。練習をするのであれば、波ビブラートから始めましょう。

カラオケでビブラートを練習して上手くなりたい!

ドギーブレス

犬の呼吸という意味のドギーブレスは、犬が呼吸しているように「ハッハッハッハッハ」と呼吸します。この練習方法を行うと、横隔膜が揺れます。この呼吸のまま「ハーーーーー」と声を出してみましょう。ビブラートが出来るようになります。

この練習方法でビブラートが出来ない人は、あばら骨の近くを押しながら声を出しましょう。無理矢理でもビブラートを出す出し方が、ビブラートを上手く使うコツです。

母音を強調

ビブラートの出し方では、母音を強調する練習方法もあります。歌を歌う時に母音を強調して練習してみましょう。また、「あーーーーあぁあぁあぁあぁあぁ」をそのまま読んでみるビブラートの出し方もあります。このまま読んでみるとビブラートになっています。暮らしの中でも母音を意識して練習してみましょう。

音程を上下

ビブラートの出し方では、音程を上下させる方法もあります。同じ音を2秒間出してみましょう。その後、出した音からだいたい半音下げた音を2秒間出します。それを交互に出す練習を暮らしの中で行ってみましょう。2秒間という間隔が狭くなればビブラートを出すことが出来ます。ちょっと難しい気もしますが、暮らしの中で出し方を練習していけば、ビブラートが出来るようになります。

横隔膜を使う

練習方法をみると横隔膜がビブラートを出すのに必要であるということが分かると思います。そのため、横隔膜を使って歌えばビブラートを出す事が出来ます。ビブラートに必要な腹式呼吸は、横隔膜の筋肉を使いますので、横隔膜を鍛えましょう。

横隔膜を鍛える方法として、発声しながら一定の息の量を保つ方法があります。そのまま、喉をリラックスさせ声を胸で響かせるように意識しましょう。この方法で、出来ていれば声が震えてくるので、ビブラートを出すことが出来ると思います。また、声を震わせるのに難しいという人は、裏声を出してみましょう。裏声は普通の声より震えやすいので、ビブラートを出しやすいと思います。

ビブラート得点アップの方法は?カラオケで出す方法!

リラックスが大切

ビブラートの練習をした後は、実際にカラオケで歌ってみましょう。練習方法でビブラートを使用するのと、カラオケで歌うのでは、大分違うはずです。少し難しく感じてしまうかもしれません。そんな時のコツは、リラックスして歌を歌うことです。緊張して力強く歌ってしますと、不自然なビブラート「ちりめん」になってしまいます。練習を思い出して、リラックスをして歌ってみましょう。

ビブラートのコツ

ビブラートのコツは音が途切れず、揺れる幅、速さが一定であることです。また、カラオケの採点ではビブラートを入れれば高得点になりやすいです。しかし、ずっとビブラートをかけていれば良い訳ではありません。曲の中でビブラートをかけるタイミングをはかってピンポイントでビブラートをかけてみましょう。カラオケの得点がアップするはずです。

ビブラートの他にもカラオケで上手く聴かせるコツがあった!

ビブラートの技術を練習している間も、カラオケではできる限り高得点を取りたいですよね。そんな時は、採点のポイントは音程です。カラオケで高得点を取りたかったら、アレンジは厳禁です。アレンジをせず、採点のガイドに忠実に歌ってみましょう。音程を完璧にすることで80点は取る事が出来ます。80点以上取りたかったら、やはり、ビブラート等の加点技術を意識するしかありません。

カラオケでビブラートを出しやすいカラオケソング!

ビブラートをかけやすい曲を選ぶには自分の声が出る歌を選曲することが一番大事な方法です。また、ポップ調の曲ではなく、ゆったりとした曲を選曲すればビブラートもかけやすいでしょう。そのため、涙そうそう、千の風になって、未来へ、亜麻色の髪の乙女などの曲がビブラートをかけやすい曲として挙げられます。

他にも、チェリー、栄光の架け橋、しるしなどもビブラートをかけやすい曲とされています。演歌全般もゆったりとした曲なので、ビブラートをかけることが出来るでしょう。自分の音域にあった曲を探し、カラオケで歌ってみましょう。

真似したい!ビブラートが上手な歌手を紹介!

歌手には様々なビブラートをかけて人々を魅了します。激しすぎるビブラートはくどいとも思わせてしまいますし、ビブラートがないと歌手としてのテクニックを疑います。そんな出し方が難しいビブラートを上手に出しているのが、aiko、ATSUSHI、吉田美和、MISIAなどの歌手だと言われています。以上の方達はノーマルなビブラートを使用していますので、カラオケのビブラートでも参考になる歌声です。

ビブラートで魅了してカラオケを楽しもう!

カラオケでの得点をアップする方法にビブラートはつきものでした。難しいイメージが強いビブラートですが、習得することが出来ると一緒にいる人を魅了し、採点も高くなり一石二鳥の方法です。暮らしの中で何かと行くことが多いカラオケなので、ビブラートを駆使して、聞く人を魅了することが出来る歌声になりましょう。練習をすればいつかは出来るようになるはずです。

おすすめ関連記事

Thumbカラオケで歌いやすい曲は?音痴な人でも歌える曲・コツを調査
Thumb低い声の出し方・練習方法まとめ!綺麗な低音を出すコツとポイント
Thumbモテる女がカラオケで唄う歌21選!男性ウケの良い曲・歌手とは?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-04-06 時点

新着一覧