時短料理のレシピ・コツまとめ!働くママでもできるアイデアや手抜きテク

忙しいママでも簡単に作れる時短料理のテクやコツ、レシピをまとめました。ちょっとした時短料理アイデアを取り入れるだけで働くママの負担も軽減することが可能。時短料理のコツやテクをおさえ、アイデアレシピを活用しながら食事を作っていきましょう!

時短料理のレシピ・コツまとめ!働くママでもできるアイデアや手抜きテク

目次

  1. 忙しいママでも時短料理ができるコツやテクが知りたい!
  2. 時短料理には、1週間分の食材と献立を決めておくアイデアを活用
  3. 前倒しテクが時短料理につながるコツ
  4. 肉や魚類は調味料に漬け置きしておくのが時短料理のコツ
  5. 味付けの基本パターンを決めておくのも時短料理のテク
  6. 時短料理をしたいときは合わせ調味料を常備してと便利
  7. 時短料理に使える!おすすめの合わせ調味料レシピ
  8. 冷凍食材をストックして時短調理につなげよう
  9. 時間がないときは市販の冷凍食品を使っても時短料理にしてもOK
  10. 前日の料理をうまく活用して時短料理に使いまわそう
  11. いろいろな料理に活用できて時短につながるポトフのレシピ
  12. 実はバラエティ豊かなアイデア料理にアレンジできる肉じゃがレシピ
  13. お弁当のおかずにも使えるミートボールはストックして時短料理に
  14. 冷凍しておけば役立つひじきの煮物レシピも時短料理に取り入れよう
  15. 忙しいママも時短料理のアイデアをチェックして、美味しい食事を作ろう!

忙しいママでも時短料理ができるコツやテクが知りたい!

アイデア次第で時短料理が可能

「ちゃんとご飯を作らないといけないけれども、忙しくてなかなか難しい……」というときに役立つのが時短料理のテク。しっかりと時短調理のテクを取り入れることで忙しいママでも簡単に美味しい食事を完成させられるようになります。家族の健康を考えた上でも、しっかりと時短料理のアイデアをチェックして栄養バランスのとれた食事を作りたいですよね。

あまりにも無理をして料理を作るのはママの負担になるのでおすすめできません。時短料理のコツを効率的に取り入れることで、ママの負担を軽減しながら美味しい食事を作っていきましょう。ちょっとしたアイデアを活用するだけで、毎日の料理作りがぐっと楽になります。

時短料理のテクやコツを取り入れていこう

「忙しいママでも簡単に美味しい料理を作れるようになりたい!」「時短料理のアイデアを知りたい」というときに役立つ時短料理のコツをまとめました。毎日の料理で役立つアイデアを取り入れながら、美味しい食卓作りを楽しんでみませんか?

時短料理には、1週間分の食材と献立を決めておくアイデアを活用

1週間分の買い出しをすると買い物の手間が減る

時短料理を取り入れるためには準備段階から考えておくと効率的です。買い出しをするときは、1週間分をまとめて購入するのがおすすめ。まとめた購入することで買い物の手間が減り、余計な時間を使う必要がなくなります。1週間分の食費を決めておけば、その範囲できっちりと買い出しができるので経済的。食費を管理するという意味でも1週間分の買い出しがおすすめになります。

献立を決めておいて考える時間を削減するのがコツ

1週間分の買い出しをするときに、献立も一緒に決めましょう。毎日その日の献立を考えるのは意外と手間。考えているうちにいつの間にか時間がなくなってしまった、ということもあるのではないでしょうか。買い出しのときに献立を決めておけば手順の流れをスムーズに進めることができます。だいたいの献立を決めて、時短料理につなげていきましょう。

前倒しテクが時短料理につながるコツ

時間があるときに野菜を切っておく

作業を前倒ししていくことも時短料理では大切になります。1週間分の献立を決めているのであれば、時間のあるときに翌日用の野菜を切っておくなどしておくと当日の作業がぐっと楽になります。隙間時間を使って少しずつ作業を進めておくのが時短料理のテクニック。

塩漬けにすれば日持ちがする

大根やキャベツ、キュウリ、ニンジンといった生で食べられる野菜は時間があるときに切って塩漬けにしておくのがおすすめです。塩漬けにすることで日持ちがするのに加えて、あともう1品欲しいときに副菜としてすぐ出せるので効率的。塩漬けにした野菜の水気を絞ってゴマなどをふりかければ、それだけで1品ができあがります。ぜひ塩漬けも活用してくださいね。

肉や魚類は調味料に漬け置きしておくのが時短料理のコツ

美味しく仕上がる塩麹

肉や魚類に関しては漬け置きしておくのがおすすめです。漬け置きしておくことで1週間分まとめて購入したとしても美味しい状態をキープすることが可能。漬け置きにおすすめの調味料としてまずあげられるのが塩麹。塩麹には旨味成分をアップさせる効果があるとされているので、ワンランク上の味に仕上げることができます。

肉や魚に塩麹につけて密閉容器で保存しておくだけでOK。旨味成分がしみこみ、美味しく仕上がります。食べたいときにグリルしたり、炒めたりして使いましょう。肉や魚に味がしっかりついているので、味付けの手間を減らせるのも嬉しいポイント。スーパーには市販の塩麹が多く販売されているので、ぜひ活用してみてください。

ご飯と相性ぴったりな西京味噌漬け

西京味噌漬けにするのもおすすめの方法。肉や魚を漬け込んでおけば、ご飯と相性ピッタリな味わいに仕上がります。西京味噌・みりん・酒・砂糖を同じ分量で混ぜ合わせ、肉や魚を漬け込めばできあがり。購入したその日に下準備を済ませておけば、あとの作業が楽になります。

味付けの基本パターンを決めておくのも時短料理のテク

和風や洋風など、基本の味付けを覚えておこう

調理のたびにいちいち調味料を選んでいくのは時間の無駄になります。和風の味付けなら醤油・みりん・酒・砂糖・和風だしの素、洋風の味付けならコンソメ顆粒、中華風なら鶏がらスープの素、といったように味付けの基本パターンを決めておくと効率的。毎回レシピを見るのは大変なので、基本的な味付けの配合を決めながら料理をしていくと調理時間を削減することができます。

良い調味料を厳選すると時短調理でも美味しくなる

調味料にこだわってみるのも大切なポイントになります。だしの素や醤油など、基本に使用する調味料にこだわっていれば時短料理でもワンランク上の味わいを楽しめるように。いつも使用している調味料を見直して、良いものを少しずつ使うようにしてみてはいかがですか。

時短料理をしたいときは合わせ調味料を常備してと便利

何にでも使える合わせ調味料を常備しておくのが時短テク

「なかなか味の基本パターンを決めることが難しい!」「毎回味の調整をするのに慣れない」という場合は、何にでも使える合わせ調味料をストックしてみてはいかがですか。時間があるときに多めに作ってストックしておけばドレッシングとして使えたり、炒め物の調理に使えたりとさまざまなシーンだ役立ちます。最初から味の調整ができているので、味付けに悩まなくて良いのも魅力。

市販の合わせ調味料はたくさんありますが、毎回購入していると意外とお金がかかってしまうもの。手作り合わせ調味料ならお手持ちの調味料で作れる上に味の調節も好みに合わせてできるのがポイント。時間があるときにまとめて作って役立ててみてはいかがですか。

時短料理に使える!おすすめの合わせ調味料レシピ

何にでも合うゴマだれ

何にでも相性ぴったりなゴマだれは、ぜひストックしておきたい合わせ調味料。カットした生野菜にかけたり、しゃぶしゃぶのタレとして使ったりと、いろいろな料理で役立ちます。ゴマだれに必要な材料は、醤油・砂糖・マヨネーズ各大さじ1、ゴマ大さじ2、酢・酒・味噌各小さじ1、ごま油小さじ1/2。辛味が欲しいときはラー油を少量入れましょう。

全ての材料を混ぜ合わせたら完成。使いたい量に合わせて、分量を調節してください。冷奴やサラダ、バンバンジーなどいろいろな料理で大活躍します。

炒め物などいろいろ使える自家製焼肉のタレ

焼肉のタレも自宅で手作りして時短料理に役立ててみませんか?市販のものは油が多かったり、化学調味料が気になったりしてしまいますが手作りをすれば原料がわかっているので安心。炒め物などいろいろな料理で役立てられます。必要な材料は、砂糖大さじ4、醤油100ml、ごま油と豆板醤各小さじ1/2、生姜とニンニク各ひとかけら、いりゴマ大さじ1、七味唐辛子。

生姜とニンニクはすりおろしておきます。全ての材料を混ぜ合わせたら完成。これがあれば、炒め物の味を簡単に決めることができます。

冷凍食材をストックして時短調理につなげよう

時間があるときに常備菜を作って冷凍するのがコツ

時間があるときに常備菜を作って冷凍ストックしておくと忙しいときに役立ちます。時間がなくても冷凍庫から取り出して温め直すだけなので、とても簡単。お弁当用の常備菜も用意しておけば、忙しい朝も美味しいお弁当作りをあっという間に終わらせられます。

時間がないときは市販の冷凍食品を使っても時短料理にしてもOK

クオリティが上がっている冷凍食品が使える!

どうしても時間がないときは市販の冷凍食品も活用しながら時短料理につなげていきましょう。近年の冷凍食品はクオリティが上がり、本格的な味を気軽に楽しめるのでとても便利です。

たまには手抜きをすることも大切

毎回料理に頭を悩ませているとストレスになってしまうことがありますよね。たまには手抜きをしてストレスを減らすことも大切。お気に入りの冷凍食品を使って、美味しい食卓を作っていきましょう。

前日の料理をうまく活用して時短料理に使いまわそう

料理のリメイクで大幅に時短

ポトフを作ったら翌日はルウを入れてカレーにするなど、前日の料理をリメイクすると料理の手間を大幅に省けます。メインの料理はあえて多めに作って翌日に使い回すテクニックを取り入れてみてはいかがですか。

活用することを考えて献立を立てるのがコツ

翌日に活用することを考えて献立を立てていくと効率的。料理の流れを考えながら献立を立ててみてくださいね。

いろいろな料理に活用できて時短につながるポトフのレシピ

ポトフに必要な材料

いろいろな料理にアレンジすることができるポトフはママの強い味方。多めに作っておけば、次の日にカレールウを入れてカレーにし、翌々日にはうどんを入れてカレーうどんにするなどアレンジの仕方は多種多様。ご飯を入れてリゾットにしたり、スープパスタにしても良いですね。バラエティ豊かなアレンジが可能です。

ポトフに必要な材料は、ジャガイモ3個、玉ねぎ1個、ニンジン1本、ベーコン100g、ウインナー6本、キャベツ1/4個、コンソメ顆粒大さじ3、塩胡椒、オリーブオイルになります。具材は好みに合わせて変えてOK。ベーコンにゃウインナーの代わりに骨つきの鶏肉を入れても美味しく仕上がります。

忙しいママも簡単に作れるアイデアレシピ

野菜は食べやすい大きさにカットしておきます。ベーコンも適当なサイズにカットし、オリーブオイルをしいた鍋で炒めましょう。ベーコンに焼き目がついたら野菜をプラス。油がなじむように炒め合わせます。具材がかぶるくらいの水を入れ、コンソメ顆粒を入れたら蓋をして煮込みんでください。

ジャガイモに火が通ったらウインナーを加え、塩胡椒で味を整えます。蓋をして煮込み、ウインナーにも火が通ったら完成。お好みでドライパセリなどをふりかけていただきます。

実はバラエティ豊かなアイデア料理にアレンジできる肉じゃがレシピ

肉じゃがに必要な材料

肉じゃがは、実はいろいろな料理にアレンジすることができる便利なレシピ。耐熱容器に余った肉じゃがを入れてホワイトソースとチーズをトッピングし、トースターでこんがりと焼けば肉じゃがグラタンができあがります。カレールーを加えてカレーにしたり、マッシュしたジャガイモを加えてコロッケにしたりと活用方法はさまざま。ぜひ多めに作って時短料理に役立ててください。

肉じゃがに必要な材料は、ジャガイモ6個、ニンジン1本、玉ねぎ1個、牛肉や豚肉の細切れ400g、しらたき1パック、酒・砂糖・みりん・醤油各大さじ4、水400ml、和風だしの素大さじ1になります。肉じゃがに彩りを加えたいときは、絹さやを軽く茹でてトッピングしましょう。

気軽に作れる肉じゃがのレシピ

ニンジンとジャガイモは乱切り、玉ねぎは繊維にそってくし切りにします。しらたきは軽く洗ってから食べやすい大きさにカットしましょう。鍋に油をしいたら肉を炒め、色が変わったら玉ねぎ・ニンジン・ジャガイモをプラス。油がなじむように炒め合わせたら、水と和風だしの素、しらたきを加えて落し蓋をします。

落し蓋をした状態で10分ほど煮込んだら醤油・酒・砂糖・みりんを加え、落し蓋をはずして10分ほど煮込みます。再び落し蓋をし、煮汁がなくなるまで煮込みましょう。煮汁がなくなったら火を止め、落し蓋をしたまま10分放置。味がなじんだら完成です。

お弁当のおかずにも使えるミートボールはストックして時短料理に

ミートボールに必要な材料

冷めても美味しいミートボールはお弁当のおかずにも使うことができます。時間があるときに多めに作って冷凍しておけば、お弁当に入れるだけでOK。朝のお弁当作りの時短につながります。お皿に盛って温め直せば、あっという間にメイン料理のできあがり。こうした作り置き料理もぜひストックしておきたいですね。

ミートボールに必要な材料は、玉ねぎ1/2個、ひき肉500g、パン粉1/2カップ、牛乳50ml、卵1個、ソース大さじ1と1/2、ケチャップ大さじ4、醤油と砂糖大さじ1、レモン果汁小さじ1、水50ml、塩胡椒になります。ミートボールに風味を出したいときはタネにナツメグを入れるのがおすすめ。好みに合わせて調節してみてください。

働くママに役立つアイデアレシピ

玉ねぎをみじん切りにしたら耐熱容器に入れて、電子レンジで加熱。透き通って熱が入ったら粗熱を冷ましておきます。パン粉は牛乳に浸してふやかしておきましょう。玉ねぎ・ひき肉・ふやかしたパン粉・卵・塩胡椒をボウルに入れてねばりがでるまでしっかりとこねます。食べやすい大きさに丸めたらクッキングシートをしいた鉄板に並べてください。

200℃に予熱したオーブンで15分ほど焼きましょう。フライパンにケチャップ・ソース・砂糖・醤油・レモン果汁・水を入れて煮立たせ、焼きあがったミートボールをプラスします。味がなじむようにからめたら完成。

冷凍しておけば役立つひじきの煮物レシピも時短料理に取り入れよう

ひじきの煮物に必要な材料

ひじきの煮物も多めに作って冷凍ストックしておけば時短料理に役立ちます。あともう一品欲しいときにすぐに出せるので、調理時間を大幅に削減可能。カップに入れて小分けにしておけば、お弁当のおかずとしても使えます。ご飯に混ぜ込んでおにぎりにしても美味。ひじきにはミネラルなどの栄養が豊富なのも嬉しいポイントです。いろいろなシーンでぜひ役立ててみてくださいね。

ひじきの煮物に必要な材料は、ニンジン1/4本、大豆の水煮150g、乾燥ひじき20g、油揚げ1/2枚、水200ml、和風だしの素・砂糖・酒各大さじ1、醤油大さじ2、みりんになります。ピリッとした風味を効かせたいときは鷹の爪を入れてもOK。シンプルなレシピなので、アレンジも楽しんでみてください。

簡単に作れるレシピ

ニンジンは細切りにし、乾燥ひじきは水に入れて戻しておきましょう。油揚げは熱湯にくぐらせて油抜きをし、短冊切りにします。フライパンに少量の油をしき、ニンジン・水気を切ったひじき・油揚げ・大豆の水煮を炒め合わせてください。油がまわったら水と和風だしの素を入れて煮立たせます。

煮立ったら、醤油・砂糖・酒を入れて落し蓋をします。汁気がなくなるまで煮詰めたらみりんをまわしかけてツヤを出して完成。

忙しいママも時短料理のアイデアをチェックして、美味しい食事を作ろう!

時短料理はちょっとしたテクを取り入れるだけで簡単にできます。時短アイデアを上手に取り入れて、食卓作りを楽しんでくださいね。

合わせて読みたい!時短料理に関連した記事

Thumb朝ごはん簡単レシピ!おすすめ人気の和食・おかずや時短ワザも紹介!
Thumb家事の時短テクニックまとめ!効率よく忙しくても済ませる方法やコツは?
Thumb豆腐の水切りが電子レンジで簡単にできる!裏技時短テク方法まとめ

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-09-26 時点

新着一覧