就活の履歴書の書き方まとめ!学歴はどうやって書くのが正解?

就活で使う履歴書で書く学歴はどういう書き方が正解なのか?学歴はどこまで書くものなのか?履歴書綺麗に書く書き方、履歴書の作成に行き詰ったときに使うテンプレートの注意点などをまとめました。就活生で使う履歴書作成の参考に利用してください。

就活の履歴書の書き方まとめ!学歴はどうやって書くのが正解?

目次

  1. 履歴書は就活で一番重要?
  2. 就活の履歴書の選び方
  3. 履歴書で使うボールペンを選ぶ・・・就活の履歴書を綺麗に書く書き方!!
  4. 履歴書をうまく書くには?
  5. 学歴の書き方
  6. 学歴の書き方(浪人)
  7. 学歴の書き方(留学)
  8. 学歴の書き方(留年)
  9. 学歴の書き方(中途退学)
  10. 学歴の書き方(中途採用)
  11. 資格の書き方
  12. 自己アピールを考えよう
  13. 志望動機を考えよう
  14. 長所・短所を考えよう
  15. 趣味・特技は必要?
  16. 備考欄はどう使う?
  17. 履歴書テンプレート・マニュアルの活用
  18. テンプレートの活用
  19. マニュアルの活用
  20. 履歴書作成の最終手段
  21. まとめ

履歴書は就活で一番重要?

就活の履歴書は綺麗に書く

就活で使う履歴書は綺麗に書くことが重要になります。書類選考で汚い字だと印象が悪く、選考から落ちてしまうことが多いようです。就活で使う履歴書はなるべく丁寧に書くように心掛けましょう。

就活の履歴書の選び方

自己アピール・志望動機を多く書ける履歴書を選ぶ

履歴書で大事なのは自己アピールと志望動機です。これを判断材料として企業は書類選考をし面接進みか否かを決めます。履歴書で重要なのは自己アピールの書く欄と志望動機を書く欄が大きく取られているかを決め手にするといいでしょう。

長所・短所を書く欄がある履歴書を選ぶ

履歴書には長所・短所を書くことができる欄がある履歴書があります。この履歴書を選ぶことによって、よりアピール力が強い履歴書になります。ただし短所の欄にはプラスになる内容の短所を記載するようにしましょう。短所の欄に怒りっぽいや短気などマイナスのイメージなる内容の記載はしないように気を付けましょう。

履歴書で使うボールペンを選ぶ・・・就活の履歴書を綺麗に書く書き方!!

就活の履歴書を綺麗に書く書き方①【履歴書でインクの垂れ、擦れは致命的】

履歴書はボールペンを使用して書くことが基本です。履歴書の書き方で意外に重要なるのがボールペンです。ボールペンによっては履歴書を書いているときにインクが垂れてしまったり、書いた文字が擦れてしまったりするのでインクの渇きが速く、インクが垂れないボールペンを選びましょう。

就活の履歴書を綺麗に書く書き方②【履歴書でフリクションボールペンは使わない】

消せるボールペンとしてとても便利なフリクションボールペンですが、履歴書では使わないようにしましょう。理由としては普通のボールペンより色が薄く、他の就活生が普通のボールペンを使用して書いた履歴書とを見比べるとすぐに分かってしまいます。なのでフリクションボールペンは使うことのないようにしましょう。

就活の履歴書のを綺麗に書く書き方③【履歴書で使うボールペンサイズ】

履歴書で使うボールペンのサイズで一般的によいとされいるのが0.5ミリ~0.7ミリと言われています。履歴書で0.8ミリ以上のボールペンを利用すると見栄えが悪くなります。理由としては文字が太くなりバランスが悪くなるからと言われています。

0.3ミリから0.4ミリのボールペンでは文字が細すぎて見づらくなると言われています。また文字に自信がない人が細いボールペンを使用して履歴書を書くと文字が薄く文字が読めないことがあるそうです。書類選考では履歴書では文字が第一印象になります。なるべく綺麗でバランスのよい文字を書く必要があるのでボールペン選びをしかっりと行うようにしましょう。

履歴書をうまく書くには?

就活の履歴書を綺麗に書く書き方④【履歴書を書く練習をする】

ボールペンで履歴書を書くので一文字でも間違えれば即、書き直しななります。なので書く内容を何度も練習することにより書き間違いをなくすことができ、必然と履歴書を間違わずに書くことができるようになります。

就活の履歴書を綺麗に書く書き方⑤【履歴書に下書きをする】

どうしてもうまく字をかけない、文字を間違ってしまうという方にお勧めする方法として履歴書にシャープペンなので薄く下書きをしてボールペンでなぞり書きをする方法があります。しかしボールペンで書いた後に消しゴムで消す必要があり、書いた後すぐに消しゴムで下書きを消すとインクが擦れて履歴書が汚くなるので注意が必要です。

学歴の書き方

就活の履歴書を綺麗に書く書き方⑥【学歴は最初はどこから?】

履歴書で学歴を書く際にどこからの学歴を書けばいいのかと思うかもしれません。履歴書で書く最初の学歴は高校の入学から書くのが一般的と言われています。

就活の履歴書を綺麗に書く書き方⑦【学歴の記載では入学・卒業は和暦で書く】

学歴で入学・卒業は和暦(平成〇年、昭和〇年など)で書くのが基本です。履歴書には卒業、入学の和暦を書く欄が用意されているのでそこに記入します。間違っても西暦で書くことないように気を付けましょう。

就活の履歴書を綺麗に書く書き方⑧【学歴の記載で入学・卒業の年月を間違わないようにする】

学歴の記載では入学と卒業の年月を書く欄があります。この欄に和暦で年月を記載するのですが自分が何年に入学したか卒業したかを忘れてしまうこともあると思います。その場合は大手就活サイトなので入学・卒業の年月の早見表があるので、それを見て自分の入学・卒業の年月を書くようにするといいでしょう。

就活の履歴書を綺麗に書く書き方⑨【学歴の学科・学部は必ず書く】

学歴では学科と学部を必ず書くようにしてください。高校でも書くことになる方もいると思います。例として『○○高等学校 普通科』という書き方があります。高校では専門高校でない限りは普通科と書くのが一般的です。

学歴の書き方(浪人)

就活の履歴書を綺麗に書く書き方⑩【浪人した場合の学歴の書き方】

浪人した場合、学歴に浪人した事実を書く必要がありません。なのでたとえば高校を卒業して1年間浪人して大学に入った場合はその大学に入った入学年月を履歴書に書けばいいのです。なので履歴書に間違っても浪人した事実を書くことはしないようにしましょう。

就活の履歴書を綺麗に書く書き方⑪【予備校は学歴として記入しない】

予備校などは正規の教育機関でないため、履歴書の学歴の欄には記載しないように気を付けましょう。正規の教育機関は小学校・中学校・高等学校・専門学校・大学になります。

学歴の書き方(留学)

就活の履歴書を綺麗に書く書き方⑫【留学した事実を学歴に書くだけではなく…】 

留学した場合の学歴に記載内容としては『アメリカ○○大学 留学』として書くのが一般的です。大学在学中の留学であれば大学の入学の記載をした下の欄に書きましょう。大学卒業後であれば大学卒業後の記載した下の欄に記載しましょう。

留学して何を得て何を学んだかを自己アピールに織り交ぜて書くと就活での面接で面接官に良い印象を与えることができるので積極的に留学の内容を書きましょう。

学歴の書き方(留年)

就活の履歴書を綺麗に書く書き方⑬【留年した内容を学歴に書く必要はある?】

留年した場合の履歴書の学歴に書く必要はありません。しかし留年の理由が致し方ない内容の場合は書いたほうがいいでしょう。例として『ボランティア活動での休学による留年』『病気での休学による』などがあります。ただ授業を休んだために留年してしまった場合は面接などで聞かれるので留年してしまった反省をプラスに伝えれるようにしましょう。

学歴の書き方(中途退学)

就活の履歴書を綺麗に書く書き方⑭【中途退学した場合は事実を書くが理由も書く】

中途退学をしてしまった場合の履歴書の学歴の書き方は『○○大学 中退』ではなく、『○○大学 中途退学』と書くようにしましょう。また中途退学の書き方で重要なのは中途退学の理由が致し方ない理由であることや自信の向上のためであることをアピールする必要があります。この方法でマイナスのイメージを払拭することができます。例として『進路志望変更のため退学』や『家庭の経済的な理由』などをがあります。

学歴の書き方(中途採用)

就活の履歴書を綺麗に書く書き方⑮【中途採用の履歴書の学歴の書き方は少し違う】

中途採用の学歴の書き方は少し違います。まず職歴を書くことになるので学歴の書く欄が少なくなります。職歴が多い場合は学歴を削る必要があります。この場合は最終学歴の部分を書くといいでしょう。なので最終学歴が大学卒業の場合は大学の入学と大学の卒業の年月を履歴書に書くようにしましょう。

資格の書き方

就活の履歴書を綺麗に書く書き方⑯【資格の書き方は正式名称で記入】

資格の書き方で気を付けなければいけないのは資格の名称を正確に記入しなくてはいけないところです。良く就活生が間違いやすいのは自動車免許の資格の記載です。よくある書き方で『普通自動車免許』と書いてしまいがちですが正式な名称は『普通自動車第一種運転免許』です。資格を書く際には略称ではなく正式な名称で書くようにしましょう。

自己アピールを考えよう

就活の履歴書を綺麗に書く書き方⑰【自己アピールの書き方】

自己アピールを考える際に大切なのは自分がどんな人間であり、受ける企業に有望な人材であることをアピールすることです。まず自分がどのような学生活動をしてきたか、そこでアピールできる点は何かを考えることからが自己アピールの作成の始まりになります。学生活動を特にしていなくてもアルバイトなので学んだことなども自己アピール一つになります。

志望動機を考えよう

就活の履歴書を綺麗に書く書き方⑱【志望動機の書き方】

受ける企業の志望動機を考えるためにはまず、受ける企業・業界のことを研究しましょう。受ける企業の業務内容、今後の業界の動き、受ける企業への熱意の3点を志望動機に入れることが重要になります。企業の内容についてはその企業のホームページやパンフレットを見るとよいでしょう。業界についてはインターネットや経済新聞なので調べてみましょう。

長所・短所を考えよう

就活の履歴書を綺麗に書く書き方⑲【長所短所を考える】

履歴書に書く内容で長所と短所を書くことができる履歴書であれば書く内容が面接官にプラスの印象になるよう書きましょう。長所であれば『明るい』『誰とでもすぐに話せる』など色々と書くことができますが短所になると難しくなります。短所については『心配性』『周りの意見に合わせてしまう』など成るべくプラスになるような内容を考えましょう。

趣味・特技は必要?

就活の履歴書を綺麗に書く書き方⑳【趣味特技は記入するべき?】

趣味、特技を書く欄が履歴書にあった場合は活発な内容であることを書くといい印象を与えることが多いです。たとえば趣味に野球やサッカーなどのスポーツを入れると好印象を与えることができます。特技欄にはなにか珍しい特技を持っているなら書いておくと面接官の目に留まることがあるかもしれません。

注意しなくてはならないのは趣味などにマンガやアニメ鑑賞などインドアなどの内容を書くとあまりいい印象を与えること難しいので注意しましょう。

備考欄はどう使う?

就活の履歴書を綺麗に書く書き方㉑【備考欄には何を書く?】

履歴書の最後の下段に備考欄があります。この備考欄を空白か『特になし』と記入して企業に履歴書を提出してしまう就活生が多いですがこの備考欄のまま企業に提出してはいけません。備考欄には基本『貴社規定に従います』という文言の記載が一般的ですが、企業側にアピールするため『御社を第一志望にしております。よろしくお願いいたします。』などの内容を書くのも一つの方法です。

他に企業側かからの連絡を受ける必ず受けることがができない時間を記入する欄に使うこともできます。例として『○○時から○○時は大学の授業中のため連絡をお受けできません』と記入しても問題ありません。

履歴書テンプレート・マニュアルの活用

就活の履歴書を綺麗に書く書き方㉒【テンプレート・マニュアルを活用しよう】

履歴書の作成で行き詰るのが自己アピールや企業の志望動機です。行き詰ったときは大手就活サイトで自己アピール・志望動機のテンプレートやマニュアルがあるので参考にしましょう。

テンプレートの活用

テンプレートを使った自己アピールの書き方

テンプレートを使用して自己アピールを書く際はまず自分のアピールポイントを押さえることが重要になります。あとはテンプレートにその内容をはめていくようにすると自己アピールを書くことができます。大切なのはテンプレートをそのまま使用するのではなくテンプレートに自分のオリジナルを組み込みながら作成していくことです。

テンプレートを使った志望動機の書き方

テンプレートを使って志望動機を書く際には受ける企業、業界のことをまず調べるようにしましょう。志望動機のテンプレートでは志望している業界の内容にあったテンプレートがあるのでそれを参考にして自分で調べた志望企業の内容、業界の内容を入れるようにしましょう。絶対してはいけないことはテンプレートをそのまま使用することです。同じようなテンプレートを使用する就活生が多いので内容が被ってしまい、書類選考で落ちてしまうことになりかねません。

マニュアルの活用

マニュアルは参考までに

履歴書を書く際にマニュアルを参考にして書く方法があります。マニュアルには履歴書に記載する際に大切な内容が多く書かれています。このマニュアル通りに書くだけでは書類選考を通るのは難しいです。なぜなら何万といる就活生が同じくマニュアルを利用して履歴書を作成しているからです。必要なのはマニュアル通りではなく自分の考えも入れて履歴書を書くことです。

自分のマニュアルを作成する

マニュアル通りの履歴書は書類選考を通過するのは難しいです。ではどうしたらいいか?そこで必要になってくるのが大学や企業が主催している就活セミナーに参加をすることです。このセミナーの参加で実際に企業側の意見も聞くことができその企業による就活マニュアルを貰えることもあります。多くのセミナーに参加して自分なりのマニュアルを作成してもいいかもしれません。

履歴書作成の最終手段

最終手段

就活で一番時間がかかるのが履歴書の作成だと言われています。丁寧に履歴書を書く必要があるので1枚の履歴書を作成するのに掛る時間は約30分と言われいます。しかも一度でも文字を間違ったり、履歴書を汚してしまったら即、書き直しになってしまいます。いまから紹介する方法は本当に最終手段になるので、あまりお勧めはできませんがご紹介しようと思います。

履歴書の紙のサイズと厚みと設定

履歴書の紙のサイズですが就活生の殆どはA3の履歴書を使用していると思います。綺麗に書いた履歴書を用意しましょう。一般的に履歴書で使われている紙の厚みは0.170ミリを使用しています。大手の家電量販店で同じ厚みの紙を購入しましょう。紙質はマッド紙などがよいでしょう。表面が光沢のある紙は選ばないように注意して下さい。

コピー機の設定方法として白黒印刷に設定します。フルカラー印刷で印刷をすると履歴書の白部分の色を他の色と認識していまう可能性があります。色の濃さは普通にコピーすると黒が濃くでるので1段階から2段階色を薄くして印刷をするようにしてください。履歴書の複製は最終手段です。本当に厳しくなった時にやるようにしましょう。

まとめ

履歴書の作成には色々と調べたり、ルールがあったりします。履歴書は綺麗に書くことが大切ですが重要なのは受ける企業の熱意が伝わるかどうかです。その為に自己アピール・企業研究・業界研究が必要になってきます。履歴書を書く際にはいきなり書き始めるのではなく、下準備をしてから書き始めると間違いも少なくスムーズに履歴書を作成することができると思いますよ。

就活についてもっと知りたいあなたへ

Thumb就活の自己紹介例文まとめ!面接で失敗しないための戦略・注意点とは?
Thumb面接での志望動機の答え方!面接官に対する言い方や例文を紹介!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-09-16 時点

新着一覧