セスキ炭酸ソーダ水の作り方・使い方!簡単スプレー掃除のやり方

エコで環境にもやさしく、安心して使えるアルカリ剤として注目されているセスキ炭酸ソーダ。水に溶けやすくスプレーに入れて使えるので、お掃除にも手軽に使いやすいと人気です。そんなセスキ炭酸ソーダ水について、作り方や使い方など詳しく紹介していきたいと思います。

セスキ炭酸ソーダ水の作り方・使い方!簡単スプレー掃除のやり方

目次

  1. 掃除に大活躍!セスキ炭酸ソーダ水
  2. セスキ炭酸ソーダ水の特徴とその効果
  3. セスキ炭酸ソーダと重曹との違いは?
  4. 混ぜるだけで簡単!セスキ炭酸ソーダ水の作り方
  5. 手作りセスキ炭酸ソーダ水の保管方法と使用期限
  6. セスキ炭酸ソーダ水を使う時に注意したいこと
  7. 手作りセスキ炭酸ソーダ水でお部屋を簡単スプレー掃除
  8. キッチンでも大活躍!しつこい油汚れにもセスキ炭酸ソーダ水
  9. 他にもこんなに使える!セスキ炭酸ソーダ水の活用法
  10. 【まとめ】セスキ炭酸ソーダ水を使って掃除も気軽に簡単に

掃除に大活躍!セスキ炭酸ソーダ水

安くて経済的で、安全安心に使えるエコなお掃除アイテムとして、メディアなどでも取り上げられて話題になったセスキ炭酸ソーダ水。もうすでに使われている方も多いかもしれません。セスキ炭酸ソーダ水は手軽に使いやすく、部屋の掃除からお風呂掃除、キッチン回りや洗濯と幅広く使えて普段の暮らしの中で大活躍してくれます。

普段の暮らしの中で掃除に合わせて色々な洗剤を揃えるのは大変だし、食べ物を扱うところでは洗剤を使うのが心配だったりしますが、そんな時にセスキ炭酸ソーダ水が活躍してくれますよ。そんな便利なセスキ炭酸ソーダ水について、正しい作り方や使い方はもちろん、保管の仕方や期限などと掃除への活用方法も一緒に詳しくご紹介していきます。是非参考にして頂き、毎日のお掃除に役立ててみて下さいね。

Thumbセスキ炭酸ソーダの掃除の使い方!簡単で効果的な洗浄方法を紹介

セスキ炭酸ソーダ水の特徴とその効果

セスキ炭酸ソーダは正式にはセスキ炭酸ナトリウムといい、炭酸ナトリウムと炭酸水素ナトリウムが結合してできた複塩の事です。ちなみに炭酸ナトリウムは炭酸ソーダで炭酸水素ナトリウムは重曹の事です。ちょうど2つの中間のような性質を持ち、常温でも変質しない白色の結晶状のアルカリ剤で、洗剤や入浴剤の原料にも使われています。

セスキ炭酸ソーダは水に溶けやすい性質で、セスキ炭酸ソーダの水溶液は弱アルカリ性です。油脂汚れや皮脂などのたんぱく質汚れ、血液汚れに効果を示します。セスキ炭酸ソーダは洗剤の原料にも使われますが、セスキ炭酸ソーダそのままでも、布ナプキンなどの洗濯に使われたり、油汚れが多いキッチン回りや、洗濯の予洗いなどに普段の暮らしの中で使われています。

セスキ炭酸ソーダもアルカリ剤の特徴をしっかりと持ち合わせていて、油脂汚れや皮脂などのたんぱく質汚れに強いですが、それ以外の汚れにはあまり効果がなく、万能ではありません。また同じ油汚れでも、機械油などのようなひどい油汚れは落とすことが出来ません。石鹸や界面活性剤を使った洗剤よりは全体的な洗浄力は劣りますが、作り方も使い方も簡単で環境にやさしく安心して使えます。

セスキ炭酸ソーダと重曹との違いは?

暮らしに役立つエコなアルカリ剤では重曹も人気があり有名ですよね。重曹もアルカリ剤の特徴を生かした使い方をされていますが、重曹とセスキ炭酸ソーダでは何が違うのでしょうか?ここでは同じアルカリ剤である重曹とセスキ炭酸ソーダの違いについて触れてみたいと思います。意外と知らないこの2つの違いを知ることで使いわけができ、お掃除もしやすくなりますよ。

セスキ炭酸ソーダと重曹との違いは、水への溶けやすさとアルカリ性の強さの2つがあげられます。セスキ炭酸ソーダの方が重曹より扱いやすく、使いやすいといわれるのは水への溶けやすさにあります。セスキ炭酸ソーダは水に溶けやすいので、その水溶液をスプレーの容器に入れて使ったり、洗濯に活用できます。また重曹よりアルカリ性の性質がやや強いので、重曹より油汚れなどを落とす効果があります。

対して重曹は水に溶けにくいことから、詰まりを起こしてしまうためスプレーなどに入れて使ったり、洗濯に使う事は難しいです。セスキ炭酸ソーダとは違い、粉をそのまま研磨剤として使うことで、こびりついた汚れを落とすことなどに向いています。このようにセスキ炭酸ソーダと重曹では違う点があり、暮らしの中でそれぞれの特徴にあった使い方で活用してみましょう。

混ぜるだけで簡単!セスキ炭酸ソーダ水の作り方

暮らしのお掃除の中で実際にセスキ炭酸ソーダを使うのには、セスキ炭酸ソーダ水を作り、スプレー容器にいれて使うと手軽で簡単に使うことが出来ます。セスキ炭酸ソーダ水の作り方はいたって簡単です。基本を覚えて暮らしのお掃除に役立てましょう。

セスキ炭酸ソーダ水の作り方は、水500mlに対して小さじ1杯のセスキ炭酸ソーダを入れて作ります。作ったセスキ炭酸ソーダ水はスプレーボトルに入れて使うと便利です。この配合を基本として、普段のお掃除に使っていきましょう。汚れ具合や用途に合わせて濃度を調節することも可能です。

手作りセスキ炭酸ソーダ水の保管方法と使用期限

作ったセスキ炭酸ソーダ水は保存剤や、防腐剤などは入っていないので、高温をさけ直射日光が当たらないところで保管するようにしましょう。使用期限は2~3か月以内です。それ以上の期間が過ぎたものは捨て、新しいものを作るようにしましょう。マスキングテープなどに作った日にちを書いたりして、期間がわかるようにするといいですよ。

セスキ炭酸ソーダ水は普通に保管していても、時間がたつと水と分離してきますので、使用する際には必ず振ってから使うようにしましょう。粉末状の水に混ぜる前のセスキ炭酸ソーダは、湿気を吸うと固まってしまい使いづらくなてしまうので、必ず密封できる容器に入れて保管しましょう。こちらは特に使用期限はありません。

セスキ炭酸ソーダ水を使う時に注意したいこと

作り方も簡単で、スプレーボトルに入れて掃除などに手軽に使いやすいセスキ炭酸ソーダ水ですが、使う時にいくつか注意したい点があります。まずセスキ炭酸ソーダは弱アルカリ性で、たんぱく質を分解する性質を持っています。手荒れを起こしにくいとはされていますが、手荒れをしやすい敏感肌の方は念のためセスキ炭酸ソーダ水を使って掃除するときは手袋をはめるようにしましょう。

油汚れに強くキッチン回りで活躍するセスキ炭酸ソーダ水ですが、セスキ炭酸ソーダや重曹などのアルカリ剤は、アルミや銅や真鍮などのアルカリ腐食するする金属に使うと変色させてしまいます。また木材や畳、繊維素材のカーペットなどに使うのには向いていません。変色など起こすことがあるので注意が必要です。

誤って飲み込んでしまったり目に入ったりしないようにも注意して使いましょう。弱アルカリ性なのでそこまで神経質になる必要はありませんが、目にはいってしまった場合は放置せずにすぐに洗い流しましょう。弱アルカリ性とはいえ、たんぱく質を溶かす性質を持っているので放置は厳禁です。セスキ炭酸ソーダが入っている袋に対処法が書いてあるのでそれに従うようにしましょう。

手作りセスキ炭酸ソーダ水でお部屋を簡単スプレー掃除

作り方も使い方も簡単なセスキ炭酸ソーダ水を使って、暮らしのお掃除も手軽に済ませてしまいましょう。普段生活するお部屋は、目に見えなくても私たちの体から出る皮脂などがついて汚れています。そんな皮脂汚れもセスキ炭酸ソーダ―水なら簡単に落としてくれます。

普段暮らしの中で触れるドアノブや、スイッチ類などには目に見えない手の皮脂汚れがついています。放っておけばそのうち汚れもひどくなってしまうので、まだ軽いうちにセスキ炭酸ソーダ水のスプレーを使って落としましょう。やり方は、セスキ炭酸スプレーをぞうきんに軽く吹き付けて湿らせてから、気になる箇所をさっと拭くだけ。これだけで皮脂汚れもすっきりです。

特にスイッチの電化製は水気を少なくして拭くようにしましょう。同じようにすれば毎日触るテレビのリモコンなどの掃除も出来ます。このようにセスキ炭酸ソーダ水のスプレーを使えば気付いたときにさっと手軽に掃除できるので、毎日楽にきれいにできて、お部屋もすっきり快適に過ごせますね。

キッチンでも大活躍!しつこい油汚れにもセスキ炭酸ソーダ水

毎日使う油汚れしやすいガスコンロに

油汚れに強いセスキ炭酸ソーダ水はキッチンでも大活躍してくれます。キッチンの中でも毎日使うことが多く、油汚れでべたべたしやすいガスコンロにも、セスキ炭酸ソーダ水のスプレーをシュッと吹きかけふきんなどで拭くだけで油汚れが取れてすっきりしますよ。汚れの程度がひどい時はスプレーを吹きかけた後少し時間をおいてから拭くか、セスキ炭酸ソーダ水の濃度を高くしてみて下さい。

しつこいべたべた油汚れの換気扇に

油汚れが蓄積してなかなか取れずらい換気扇へのセスキ炭酸ソーダ水の使い方は、換気扇にセスキ炭酸ソーダ水をスプレーしてしばらく放置して油汚れが浮いてくるのを待つようにします。油汚れが浮いてきたら、使い古した布きんなどでふき取ります。この時あからさまにひどい場合は、最初から濃度を高くしたセスキ炭酸ソーダ水を使うといいでしょう。

ガスレンジ周りや油汚れが付いたトースターや電子レンジの中にも

油はねして汚れやすいガスレンジ周りの壁も、セスキ炭酸ソーダ水のスプレーを吹き付け、ふきんで拭けばきれいになります。毎日すれば汚れがひどくなることもありません。同じく油汚れがつく電子レンジの中への使い方は、直接スプレーしないでふきんにセスキ炭酸ソーダ水を吹き付け、中を拭いて油汚れを取っていきましょう。使うたびにすればきれいな状態が保てます。

Thumb換気扇の掃除は簡単に!つけおきして重曹やセスキを使ってみては?

他にもこんなに使える!セスキ炭酸ソーダ水の活用法

その他にもセスキ炭酸ソーダ水はいろいろ使えます。お風呂の浴槽にスプレーでセスキ炭酸ソーダ水を吹き付けて少し時間をおいてからスポンジでこすれば洗剤は少しできれいに掃除できます。また洗濯前にシャツの襟などの汚れた部分にスプレーでセスキ炭酸ソーダ水を吹き付けておけば、皮脂汚れを取れやすくしてくれます。

油っぽい食器にも洗う前に事前にセスキ炭酸ソーダ水をスプレーしておいたり、すこしべたつきが残ってしまったプラスチックの容器にもスプレーをしてからこすればすっきりきれいに油やべたつきが取れますよ。スプレーなので使い方が簡単で、気付いたときに気軽にさっとすぐに使えるのが嬉しいですよね。

Thumbセスキ炭酸ソーダを使った洗濯法!簡単に襟の黄ばみ・泥汚れも綺麗に

【まとめ】セスキ炭酸ソーダ水を使って掃除も気軽に簡単に

作り方も使いも簡単で、気付いたときにさっと手軽に使えるセスキ炭酸ソーダ水のスプレーの活用法などを紹介しましたがいかがでしたか?1つあれば毎日のお掃除が楽になり、すっきり快適な暮らしに役立つこと間違いなしと思います。是非エコで簡単手軽なお掃除生活に、セスキ炭酸ソーダ水を役立ててみて下さい。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-12-06 時点

新着一覧