コードレスヘアアイロン人気おすすめランキング!充電式ってやっぱ便利!

携帯に便利なコードレスヘアアイロン。人気な商品を調べてみました。セットして出かけても夏場、汗で髪が広がるお悩みも大丈夫。コードレスなのでいつでもどこでもお気に入りヘアスタイルに変身できますよ。コードレスヘアアイロンを選ぶ時の参考にしてみてください。

コードレスヘアアイロン人気おすすめランキング!充電式ってやっぱ便利!

目次

  1. ヘアアイロンとは
  2. コードレスヘアアイロンとは
  3. コードレスとコード付きのヘアアイロンの違い
  4. コードレスヘアアイロンの電源方式にはどのようなものがあるのか
  5. ヘアアイロンの温度について
  6. 自分に似合うカールタイプのヘアアイロンの太さについて
  7. コードレスヘアアイロンで気を付けたいこと
  8. コードレスヘアアイロンには耐熱ポーチが便利
  9. 人気のおすすめコードレスヘアアイロンランキング
  10. ランキング10位:シンプルで有名なあのブランドのヘアアイロン!
  11. ランキング9位:コンパクトでかわいいヘアアイロン
  12. ランキング8位:カートリッジ式のヘアアイロン
  13. ランキング7位:お手頃価格のヘアアイロン
  14. ランキング6位:軽くて持ち運びに便利なヘアアイロン
  15. ランキング5位:ボリュームが出せるヘアアイロン
  16. ランキング4位:秒速で使えるヘアアイロン
  17. ランキング3位:高温対応可能なヘアアイロン
  18. ランキング2位:ストレートとカール兼用のヘアアイロン
  19. ランキング1位:美髪へ導く!髪を傷めないヘアアイロン
  20. 自分にぴったりなコードレスヘアアイロンを見つけよう!

ヘアアイロンとは

ヘアアイロンとは髪に熱を加えてお気に入りのヘアスタイルを作るものです。お洋服のしわ伸ばしでアイロンを使うように、髪のうねりやくせを伸ばしサラサラストレートヘアを作ったり素敵な巻き髪カールを作れます。朝セットしたけど仕事帰りのデートの前にもう一度きれいにできます。

後ろで一つ結びもヘアアイロンで毛先がクルンとしているだけでおしゃれです。ストレートヘアも、もっとサラサラにすると女子力があがります。

コードレスヘアアイロンとは

コードレスとはその名の通り電源コードがないことです。ストレート、カール、2つの機能を持った両用タイプのヘアアイロンがあります。かばんに入れて携帯して持ち運びもでき、電源がない場所でも利用できます。化粧直しのようにヘアスタイルもすぐに直せるので一つ持っておけば安心です。

コードレスとコード付きのヘアアイロンの違い

コードレスはいつでもどこでも美髪を作れ便利です。しかし携帯できることを前提にあるのでプレート部分が小さいという点があります。プレートが小さいということは一度に挟める髪の量が少なくなるということです。自宅ではコード付き、外出先ではコードレスと使い分けると便利です。外出先でヘアスタイルが直せるのは非常に魅力的です。

コードレスヘアアイロンの電源方式にはどのようなものがあるのか

コードレスヘアアイロンには充電式、乾電池式、ガスカートリッジ式とあるようです。それぞれのメリット・デメリットを比較してみたいと思います。

充電式

コンセントからとUSBから充電できるものがあります。便利です。充電時間は3時間程度で使用時間が30分程度のものが多そうです。乾電池を何度も買うよりお得です。スマートホン用にモバイルバッテリーを持っておられる方も多いと思います。USBで充電できるヘアアイロンですとモバイルバッテリーから充電可能でおすすめです。

繰り返し充電して利用できるので充電式はやはり人気です。販売されている製品も充電式が多いので好みの機能を持った製品が選べそうです。

乾電池式

製品や電池のタイプにもよりますが1回の電池交換で40分程使えるようです。しかし何度も乾電池を買うのは大変なコストがかかります。そんなお悩み解決で充電式の充電池もありますよね。

また充電式の場合、充電してその後カバンに入れ忘れてしまうこともあるかもしれませんが充電済みの電池を予備で持っておけば帰宅後すぐ電池を交換することも可能になりうっかり忘れることもないかもしれません。外出時に電池切れでも購入すれば使用可能になりますので電池式も便利ですね。

しかしヘアアイロンは高温で利用するため電池はたくさん必要になります。40分利用するのに単3乾電池4本程度必要になります。また電池を入れるスペース分筐体が少し大きくなってしまいます。

ガスカートリッジ式

カートリッジを購入する必要があるためランニングコストは高くなってしまうようです。しかし、連続使用時間が他のタイプに比べて格段に長く、7~9時間の製品もあります。

電源方式のまとめ

電源方式を3つあげてみました。モバイルバッテリーも利用できますし充電式にするとサイズの小さな電池でスリムにスタイリッシュになり、コスト、ハード面でお得ですね。使用者のライフスタイルにより異なりますが、充電式がやはり便利なのかなと思いました。

Thumbダイソーのモバイルバッテリーはちゃんと使える?充電能力を検証

ヘアアイロンの温度について

ヘアアイロンの製品によって設定できる温度は様々です。段階調節ができるものも多数あります。高温で利用すると髪が傷みやすいですが、髪が固い、太い方は200℃は必要だと思います。低温だとくせが伸びなかったりします。ご自分の髪質によって何度あれば使用可能か確認してくださいね。やわらかい髪質の場合は低い温度でも大丈夫です。

自分に似合うカールタイプのヘアアイロンの太さについて

ヘアアイロンを選ぶ際太さもいくつかあります。髪の長さ、背の高さによっておすすめのパイプ径があります。うっかり見落としがちですがどれが自分に合うのか事前にチェックするのも大事なポイントですよ。以下のリンクに詳しく載っていましので参考になさってくださいね。

26mm、32mm、38mmがよく利用されるようです。ご自分の身長に合わせて似合うカールの太さも異なりますし、なりたいイメージによっても変わってきます。38mmはふわっと大きいカールを作るのに適しています。これもかわいいですよね。32mmはロングの方に向いているみたいです。購入前にチェックした方がいいと思います。

Thumbヘアアイロンの巻き方まとめ!初心者に分かりやすい基本の使い方を紹介!

コードレスヘアアイロンで気を付けたいこと

人気のコードレスヘアアイロンですが使い方や購入前に注意してほしいことなど気になることもまとめてみました。自分の用途にあったものを購入したいです。

海外旅行の時の注意

航空会社によっても取り扱いは様々なようですが、充電式の場合リチウムイオンなど手荷物として預け入れができないこともあるようです。取り外して機内に持ち込めば大丈夫なようです。

スマートホン、タブレットの充電池も長時間のフライトには必需品ですよね。充電池に関しては機内持ち込みの際に個数や、複数充電池を持ち込む場合は各々袋に入れるなど条件があるのでぜひ海外旅行が決まったら確認してみる必要がありそうです。コードレスヘアアイロンは海外に対応しているものも多いのでその点は安心ですね。

熱くなるので取り扱いには注意が必要

コードレスのヘアアイロンは持ち歩くのでカバンに入れますよね。使い終わってから冷めるまでカバンにしまうのを待つ必要があります。そんなときには耐熱ポーチがあれば少し安心ですね。

200℃近くまであがるヘアアイロンです。夏場は汗ばむ季節でコードレスヘアアイロンが大活躍の時期です。しかしカバンが夏らしい透明のビニールだったり、甘いものも食べたいのでチョコが入っていたりカバンの中にはいろいろな物を入れています。チョコが溶けてカバンの中が大惨事になったり大事なカバンが熱で変形しないよう注意が必要ですね。

化粧品の口紅などもお化粧直し用に持ち歩きますよね。使い終わった熱いコードレスヘアアイロンと一緒に同じカバンに入れて持ち歩きますが、いざ塗ろうよ思ったら柔らかくなって「ポキッ」なんてショックです。しっかり冷めてからカバンにしまうよう気を付けたいですね。

この後ご紹介したいと思っている人気の充電式コードレスヘアアイロンの中には耐熱ポーチも付属している商品もありますのでチェックしてくださいね。

コードレスヘアアイロンには耐熱ポーチが便利

ヘアアイロンを持ち運ぶのに便利な耐熱ポーチ。調べてみるととてもかわいくカバンにはいってるだけでウキウキしそうなおすすめのポーチを見つけました。Cocoonist(コクーニスト)のケースです。巾着タイプやファスナータイプがあり耐熱素材で作られています。かわいい柄で人気のスマートな耐熱ポーチで女子力があがりそうです。

人気のおすすめコードレスヘアアイロンランキング

ランキングですが様々な角度から人気の商品を1位から10位まで調査してみました。お値段、機能、付属品、使用者の口コミなど参考にしたので、充電式のコードレスヘアアイロンを悩んでおられる方は参考にしてみてください。

ランキング10位:シンプルで有名なあのブランドのヘアアイロン!

無印良品トラベル用コードレスストレートヘアアイロンKCC-R152

ファンが多い人気の無印良品さんらしいホワイトでシンプルなデザインのヘアアイロンです。170gと軽量で温度も200℃と高温です。髪質が固い方は高温でしっかりくせ毛を伸ばすことができるのでおすすめです。アイロンの先が細くなっており髪の毛の根本まで伸ばすことが出来るという声もあります。

ポーチ付いておりこのお値段です。シンプルなホワイトでいいですね。温度はなかなか上がらないようですが前髪を直すなど、外出時に少し整えるにはちょうどいい商品のようです。

ランキング9位:コンパクトでかわいいヘアアイロン

ヘアアイロン・アイコ(ico)make-B(メイクビー)

現在8色のカラー展開で、プレミアムホワイト・ミラノレッド・ピュアピンク・ネイビーブルー・ソリッドブラック・ターコイズグリーン・エンジェルイエロー・キャンディブルー。サイズも13センチでコンパクト。外出用にはぴったりです。アイロン部分もコンパクトなので挟める髪の量が少なくなってしまいますが、少しのお直しなら十分ですね。

電池式のタイプで単三電池を4本使用します。アルカリ乾電池で30分から50分使用することができるようです。充電池があれば充電式と同様に利用できます。ストレートアイロンのみに対応しているようです。

スイッチはON/OFFのみで温度に段階機能はついていないようです。温度は160℃~200℃となっています。カバーがついているので使用後はカバーを取り付ければプレートが閉じる安全設計があるようです。

ランキング8位:カートリッジ式のヘアアイロン

TESCOM・STYLEUPポータブルスチームアイロンTHG112-S

ガス式でカートリッジ交換が必要なためランニングコストが高くなるのですが、購入者数は少ないのですが高評価の商品で、自宅ではコード付きで使用でき、カートリッジを使えば外出先で利用できることが人気のようです。温度は140℃と他の製品に比べて低めのようですが、長時間充電が出来ない場所に行かれる際は1つのカートリッジで4~5時間使用できます。

ランキング7位:お手頃価格のヘアアイロン

KOIZUMI(コイズミ)TiNYコードレス2wayヘアアイロンKCR-7400/VP

高温は170℃の設定になっています。本体重量は235g。充電時間が4時間で連続使用時間が20分と重たく、使用時間も短いのですがストレートベースの機種ではなく25ミリ径でカール機能を付けた仕様です。

使用者のご意見によりますと高温になるまで2~3分かかるようです。外出先でのお直し程度であれば十分の機能のようで購入者は多数です。価格も3千円程度と安価なのも魅力の一つのようです。

ランキング6位:軽くて持ち運びに便利なヘアアイロン

KOIZUMI(コイズミ)TiNYコードレスヘアアイロンKHS-8600/VP・P・W

お値段がamazon調べで2867円でした。軽量の170gでサイズも小さく、ストレートとカールの両用タイプです。メーカーによりますと200℃まで温度があがるとのことですが、口コミをみると温度が上がらずお困りの方もいらっしゃるようですが低くても大丈夫な方ですと値段が手ごろなので納得の商品ではないでしょうか。

ランキング5位:ボリュームが出せるヘアアイロン

KOIZUMI(コイズミ)コードレスボリュームアップアイロンKHR-6400/VP

他のメーカーではなかなか見つからないボリュームアップができるコードレスのアイロンです。カールやストレートアイロンとは違い、髪質や年齢でぺたんとなってしまうヘアスタイルがどこでもふんわりできるということで人気のようです。温度調節は120、160℃の2段階可能です。

ランキング4位:秒速で使えるヘアアイロン

Jettyコードレスヘアアイロン

電源onにしてから60秒で210℃まで温度が上がりパワーが優れています。また連続30分使用でき、ストレート、カール、ウェーブができます。ACアダプタの他USBの充電も可能です。そしてスマホへも充電もでき、モバイルバッテリー機能も搭載しているため人気のようです。

ランキング3位:高温対応可能なヘアアイロン

コードレスヘアアイロンBERENICE(ベレニケ)SLB-01

コードレスで高温210℃まで対応しているのに温まる時間が早いということで皆さん高評価です。温度調節3段階付。お値段は高いのですが口コミも高評価なのでランキングイン。耐熱ポーチも付属でついていますので別途購入する費用も必要ありません。おすすめです。

こちらのコードレスヘアアイロン1台2役でストレートとカールに対応しています。うれしいですね。こちらの商品特殊シリコンプレートのクッション効果で髪のダメージを軽減できるんだそうです。ロックレバーがついているので使い終わったらコンパクトに収納できそうですね。

機能の特徴としては、軽量150gでコンパクト。温度は3段階の調節機能付き。(170℃、190℃、210℃)設定温度までは170℃の場合は30秒、210℃は60秒。充電はコンセントかUSBの2通りで可能。充電式で充電時間は2時間30分、連続使用時間は30分で300回のフル充電に対応している電池が搭載されているようです。

ランキング2位:ストレートとカール兼用のヘアアイロン

NexGadgetプロアイロンコードレスストレートアイロン

ストレートとカールの両用可能なコードレスヘアアイロンです。3段階の温度調節機能を持っており、髪質や希望のカールの強さにより変更可能です。そしてなんと、ヘアアイロンなのにモバイルバッテリーの機能を持っているのです。USBのOutputとInputのコネクタ接続口がありスマホの充電が可能です。便利ですね。

こちらの商品充電池が外せないようで海外対応なのですが飛行機に載せることが難しいようです。普段の生活では問題ありません。カラーもおしゃれですしお気に入りの耐熱ポーチも別途購入して持ち歩けばもっと便利です。軽くて持ち運びしやすくお値段も手ごろということで人気のようです。

ランキング1位:美髪へ導く!髪を傷めないヘアアイロン

”KINUJO”LIPIRON(リップアイロン)コードレスストレートヘアアイロン

堂々ランキング1位は~KINUJO~絹女、LIPIRONです。1万円でこの機能は納得ではないでしょうか。世の中の美しくなりたい女性におすすめの製品です。採用されているシルクプレートは髪を傷めず絹のような美髪へ導いてくれます。またプレートの髪に触れる部分がしっかり200℃にあがる安心の日本メーカーです。

LIPIRONは発売されて間もないようですがランキングでは上位にあります。コードレスではないタイプのKINUJOもお値段高価ながらランキング上位で大変人気のようです。LIPIRONもとても期待できそうです。

名前の通りリップスティックのようなおしゃれでスタイリッシュな形状です。ぱっと見てヘアアイロンとは気づきません。シルクプレートを採用されていて水分の蒸発を抑える働きがあるんだそうです。そのため髪の水分蒸発を抑え毛髪のダメージを極減させるようです。温度は3段階調節でき200℃まであがります。

日本を代表する美容製品を取り扱っているメーカーでお値段は1万円近くしますが効果が期待できそうです。充電時間は専用アダプタで約2時間で30~40分の連続使用が可能なようです。ストレートとカールの両用タイプ。

バッテリーは国産の最高のものを使われており、200℃の利用でも30分以上使用できるようです。プレートの耐久性も非常に優れており約15年もあるようです。発売されたばかりですが、購入者様は皆さま納得されておられるようです。サポートもしっかりされており安心のメーカー。ぜひ1台持っておきたいですね。

自分にぴったりなコードレスヘアアイロンを見つけよう!

コードレスヘアアイロンもいろいろなメーカーから出ていました。みんなが納得、満足して使っているランキング上位のおすすめ製品は1万円程度するものもあります。いずれも充電式です。やっぱり充電式って便利ですね。ぜひ参考にしてご自分にぴったりなコードレスヘアアイロンを見つけてくださいね!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-24 時点

新着一覧