ダイエットの食事メニューは?女性に嬉しい理想の太らない食事方法

ダイエットをしたい女性にぴったりな食事メニューや献立についてまとめました。ダイエット中もついつい食べてしまう女性におすすめの太らない食材もご紹介。太らない食事メニューをダイエットに取り入れて、理想的な女性の体型に近づきませんか?

ダイエットの食事メニューは?女性に嬉しい理想の太らない食事方法

目次

  1. 女性にぴったりなダイエットの食事メニューとは?
  2. ダイエットの食事メニューを取り入れているのに太る原因は?
  3. ダイエット中の女性の1日の食事メニューの摂取カロリーは?
  4. きれいな女性になるためには食事メニューのバランスにも気をつけよう
  5. 女性が知っておきたいダイエット中の食事メニューの順番
  6. 効率的にダイエットを行うために女性が知っておきたい食事方法
  7. 女性の間で話題の脂肪燃焼スープがダイエットの食事メニューに最適
  8. ダイエットの献立メニューに取り入れたい脂肪燃焼スープのレシピ
  9. 脂肪燃焼スープを使ったダイエット中の献立の作り方
  10. 女性に嬉しい効果もある太らないおすすめの食材
  11. ダイエット中の献立メニューにぴったりな白滝パスタのレシピ
  12. しっとり食感を楽しめる鶏胸肉レシピも献立に取り入れよう
  13. いろいろな食事に使えて便利な豆腐のミートソースのレシピ
  14. 野菜もたっぷり食べられるバンバンジーもダイエットの献立に
  15. 太らない食材を使った献立を活用して、理想的な女性に近づこう!

女性にぴったりなダイエットの食事メニューとは?

栄養が偏った食事のダイエットは女性の敵

女性がダイエットをする場合、カロリーが気になるからと食事メニューを偏ったものにしてしまいがち。ただし、栄養が偏ったダイエットの食事メニューは女性の大敵。栄養の偏った食事メニューをとりつづけることで肌荒れを引き起こすのに加えてダイエットの妨げになってしまうこともあります。ダイエット中の食事メニューはしっかりポイントをおさえることが大切。

どんなにダイエットで痩せたとしても食事メニューが偏ることで体調不良や肌荒れを引き起こしてしまっては理想的な女性の体型に近づくことはできませんよね。ダイエットをするときは健康的な食事メニューを作ることが理想の女性への近道。ただやみくもにダイエットの食事を続けていても理想の女性に近づけないかもしれません。

太らない食事メニューを取り入れてダイエットしよう!

「ダイエットの献立メニューってどうやって作れば良いの?」「ダイエット中の食事を上手に作ってきれいにやせて理想の女性に近づきたい!」という女性におすすめしたい献立メニューの作り方やダイエット中の食事方法についてまとめました。ダイエット中でもしっかり栄養の整った食事メニューを取り入れて理想の女性に近づきましょう!

ダイエットの食事メニューを取り入れているのに太る原因は?

基礎代謝が落ちている

ダイエット中なのになかなか体重が落ちないのには何かしら理由があるかもしれません。まずあげられるのが基礎代謝が落ちていること。ダイエット中の偏った食事メニューにより基礎代謝が落ちている可能性もあります。日頃から冷え性や便秘気味の人も基礎代謝が落ちている場合があるのでダイエット中は注意。食事メニューに工夫を加えて基礎代謝をあげることが効率的なダイエットにつながります。

女性ホルモンの乱れ

女性の場合はホルモンの乱れもダイエットの妨げになる場合があります。女性ホルモンが乱れると自律神経に影響を与え、脂肪を分解する働きが鈍ってしまう場合も。偏った食事も女性ホルモンの乱れに繋がる場合があるのでダイエット中のみならず気をつけていきたいですね。

ダイエット中の女性の1日の食事メニューの摂取カロリーは?

カロリーの出し方

ダイエット中も健康的な食事を楽しむためには、まず1日に摂取して良いカロリーを出しておきましょう。きれいにダイエットするために必要なカロリーの出し方は、体重×25〜30が目安になります。ダイエット中の65kgの方は、1,625kcal〜1,950kcalほど。自分の体重に合わせてダイエット中の食事の摂取カロリーを計算してみましょう。

食事メニューを1,200kcal以下にするのは危険

いくらダイエット中だからといって過度に食事のカロリーを減らすのはNG。1日の摂取カロリーが1,200kcal以下にするのはやめましょう。必要な栄養を食事から摂取することができず、健康的にダイエットすることができなくなってしまいます。きれいにダイエットするために必要な食事はしっかりとりましょう。

きれいな女性になるためには食事メニューのバランスにも気をつけよう

偏食は女性の肌荒れを引き起こす

ダイエット中は特に食事の栄養バランスに気をつけることが大切。ダイエット中でカロリーが気になるからといって食事の栄養バランスが偏ったものになると、肌荒れや便秘の原因になります。食事の栄養が足りなくなると代謝が落ち、ダイエットの妨げになることも。栄養バランスのとれた食事が効率的なダイエットにつながります。

五大栄養素をバランス良く食事に取り入れて

ダイエット中の食事では五大栄養素(たんぱく質・ミネラル・脂質・糖質・ビタミン)をバランス良くとることが大切。糖質や脂質はダイエット中についつい避けてしまいがちですが、健康的な体には欠かせない栄養素です。とりすぎはよくありませんが、バランス良く取り入れることで健康的にダイエットできます。

女性が知っておきたいダイエット中の食事メニューの順番

血糖値の上昇を防ぐ食事の順番が大切

ダイエット中は食事の順番に気を使うことが重要。空腹時に糖質を摂取すると血糖値が急激に上昇し、脂肪をためこみやすくなってしまうことがあります。ダイエット中はこういったことを避けるために食事の順番に気をつけましょう。

ダイエット中におすすめの食事の順番

ダイエット中は、汁物や野菜のおかずを先に食べてから最後にご飯などの炭水化物を食べるのがおすすめ。最初に糖質以外の食事をとることで血糖値の上昇をゆるやかにおさえられます。これだけでもダイエット効果を期待できるので、ぜひダイエット中の食事に取り入れてみてくださいね。

効率的にダイエットを行うために女性が知っておきたい食事方法

3食をしっかり食べる

ダイエット中はカロリーを減らしたいからと食事を抜いてしまいがち。しかし、食事を抜くことで必要なカロリーが得られず代謝が落ちてしまうことがあります。ダイエット中でもバランスをとりながら3食しっかり食べることが大切。

夜は控えめに

ダイエット中の食事では朝と昼に重点を置き、夜は控えめにするのがおすすめ。糖質を摂る場合は朝と昼を中心にすると代謝の高い昼間の間にエネルギーを消費することができます。ダイエット中の夜はたんぱく質や野菜を中心とした食事にしておきましょう。

女性の間で話題の脂肪燃焼スープがダイエットの食事メニューに最適

脂肪燃焼スープとはどんなもの?

脂肪燃焼スープとは、もともと手術を前にした患者が適正体重にダイエットするために取り入れられていたとされるダイエット食。その効果が高いことからダイエット中の人たちの食事として注目されるようになりました。

ダイエット中の女性の間で人気!

脂肪燃焼スープは高いダイエット効果を期待できることからダイエット中の女性の間で人気に。効率良くダイエットをするために脂肪燃焼スープを取り入れる人が増えてきています。ダイエットにチャレンジしたいときは、脂肪燃焼スープを取り入れてみてはいかがですか?

ダイエットの献立メニューに取り入れたい脂肪燃焼スープのレシピ

脂肪燃焼スープに必要な材料

ダイエットに最適な脂肪燃焼スープに必要な材料は、ピーマン1個、玉ねぎ3個、セロリ1本、キャベツ1/2個、トマト缶1個、コンソメキューブ2個、水になります。物足りないと感じる場合は、鶏胸肉やササミを加えてもOK。低カロリー&高タンパクな食材を加えて栄養価をアップしましょう。

脂肪燃焼スープの簡単な作り方

野菜を食べやすい大きさにカットしたらトマト缶と一緒に鍋に入れます。具材がかぶるくらいの水を加えたらコンソメキューブをプラスし、蓋をして煮込みましょう。野菜が柔らかくなったら塩胡椒で味を整えて完成。時間があるときに多めに作って冷凍保存をしておけば、忙しいときでも気軽にダイエット食として取り入れられます。

脂肪燃焼スープを使ったダイエット中の献立の作り方

脂肪燃焼スープをダイエットメニューに取り入れる方法は?

脂肪燃焼スープは1日のうちにいくらでも食べても大丈夫です。ダイエットにおすすめなのが、代謝の落ちる夜の時間帯に脂肪燃焼スープを食べる方法。食べ応えがあるので脂肪燃焼スープだけでも十分に満足感を得られます。脂肪燃焼スープに加えてタンパク質も摂取しておきましょう。糖質や脂質類は昼間に摂取しておけば栄養の偏りもおさえられます。

女性に嬉しい効果もある太らないおすすめの食材

間食にはナッツがおすすめ

ダイエット中の間食におすすめの太らない食材はナッツ。かみごたえのある食材なので、少量でも十分に満足できます。ミネラルやビタミンなど栄養が豊富な食材なのも嬉しいポイント。アーモンドやクルミなら1日あたり20粒程度にしておけばカロリーも100kcalほどにおさえられます。

献立には高タンパク&低脂肪の鶏胸肉を取り入れよう

鶏胸肉やササミもダイエット中にぴったりな食材。高タンパク&低脂肪な食材の代表格です。サラダにしたり、グリルにしたりと食べ方もさまざま。ダイエット中のメインの食材として役立ちます。ぜひ太らない食材として取り入れてみてはいかがですか。

ダイエット中の献立メニューにぴったりな白滝パスタのレシピ

白滝パスタに必要な材料

「ダイエット中の食事でもパスタを食べたい!」という女性におすすめなのが白滝パスタ。白滝をパスタに見立てて作ることによって、ヘルシーなのに満足感のあるダイエットの食事を楽しむことができるようになります。ダイエットはストレスを溜めないことが大切。白滝パスタをダイエットメニューに取り入れて、満足感のある食事を堪能しましょう。

白滝パスタに必要な材料は、トマト1個、玉ねぎ1/2個、鶏胸肉1/2枚、白滝1袋、ケチャップ大さじ2、ウスターソース小さじ2、塩胡椒になります。ピリッとした絡みを加えたいときは鷹の爪を加えましょう。トマトは加熱することで美肌効果のあるリコピンが増えるのが女性にとって嬉しいポイント。きれいにダイエットするために食事に取り入れてみてはいかがですか。

ダイエットに最適な白滝パスタの簡単な作り方

鶏胸肉は一口サイズにカットし、玉ねぎは薄くスライス、トマトはざく切りにしておきます。トマトの皮が気になるときはむいておきましょう。鶏胸肉をフライパンで焼き、色がついたら玉ねぎとトマトをプラス。玉ねぎに火が通ってから白滝・トマトケチャップ・ウスターソースを加え、汁気が飛ぶまで炒め合わせたら完成です。

しっとり食感を楽しめる鶏胸肉レシピも献立に取り入れよう

鶏胸肉のソテーに必要な材料

ダイエットにぴったりな食材としてあげられる鶏胸肉。パサつきがちな鶏胸肉ですが、ちょっとしたコツを取り入れるだけでしっとりジューシーに仕上がります。食べ応えもあり、ダイエット中の食事に最適。ボリュームのあるダイエットの食事を楽しみたいときに取り入れてみてはいかがですか。

鶏胸肉のソテーに必要な材料は、鶏胸肉1枚、ニンニクひとかけら、玉ねぎ1/4個、みりん・酒・はちみつ各大さじ1、醤油大さじ2、片栗粉、胡椒になります。彩りを加えたいときはパセリを散らすのがおすすめ。ベビーリーフをトッピングしても美味しくいただけます。

気軽にダイエットの献立に取り入れられるレシピ

鶏胸肉の皮をはいでから観音開きにします。玉ねぎのすりおろし・ニンニクのすりおろし・酒・はちみつ・醤油・醤油・胡椒をジッパー付き保存袋に入れ、鶏胸肉をプラス。しっかりと揉み込んだら冷蔵庫で1時間以上寝かせます。肉を取り出して水気を拭き取ったら片栗粉をまぶしましょう。

鶏胸肉をフライパンにのせて蓋をし、弱火〜中火でじっくり加熱。両面がこんがり焼けたら鶏胸肉を漬けていた汁を入れ、水分が飛ぶように強火で加熱します。漬け汁が鶏胸肉にしっかりからんだら適当な大きさにカットして完成。

いろいろな食事に使えて便利な豆腐のミートソースのレシピ

豆腐のミートソースに必要な材料

ひき肉の代わりに豆腐を使ったミートソースもダイエット中の食事にぴったり。豆腐にはイソフラボンなど女性に嬉しい栄養成分がたくさん含まれているので、ダイエット中の食事メニューにぜひ取り入れておきたいですね。しらたきパスタに使ったり、ミートソースグラタンにしたりといろいろなダイエット料理で使えます。

豆腐のミートソースに必要な材料は、トマト缶1個、木綿豆腐一丁、玉ねぎ1/2個、ニンジン1/2本、ニンニク3かけら、オリーブオイル大さじ2、ローリエ1枚、水50ml、マヨネーズ大さじ1、ケチャップ大さじ4、塩・砂糖・酢・ウスターソース各小さじ1、みりん大さじ1、塩胡椒になります。辛味を加えたいときは鷹の爪を入れるのもおすすめ。

献立に役立てられるレシピ

豆腐は事前にしっかり水切りしておきましょう。ニンニクは薄切り、ニンジン・玉ねぎはみじん切りにしておきます。木綿豆腐をフライパンに崩しながら入れ、水分を飛ばすように乾煎り。しっかりと水分が抜けたらニンジンと玉ねぎをプラスします。軽く炒め合わせたらトマト缶と水を入れてください。ローリエを入れたら蓋をし、10分ほど煮込みます。

スライスしたニンニクとオリーブオイルをほかのフライパンに入れ、じっくりと弱火にかけます。香りが出てきたら豆腐ミートソースを煮込んでいる鍋に入れましょう。水分がほど良く抜けてソース状になるまで煮込んだら、ケチャップ・ウスターソース・砂糖・塩・酢・マヨネーズを加えて味つけをし、好みの味になるように調節したら完成です。

野菜もたっぷり食べられるバンバンジーもダイエットの献立に

バンバンジーに必要な材料

鶏胸肉をメインとして使い、トマトやキュウリといった野菜もたっぷり食べられるバンバンジーはダイエットの食事メニューに取り入れておきたいレシピの1つ。1品でボリュームのある食事に仕上がるので、忙しいときのダイエット中のメニューにもぴったりです。自家製のタレを使うことで味の調節ができ、市販品よりも食事のカロリーダウンができるのもダイエット中には嬉しいポイント。

バンバンジーに必要な材料は、キュウリ1本、トマト1個、鶏胸肉200g、酒大さじ2、砂糖とみりん各大さじ1、味噌大さじ2、醤油大さじ1/2、すりごま大さじ3、ごま油小さじ1になります。モヤシやキャベツなど、野菜は好みに合わせてプラスしてOK。野菜たっぷりの食事でダイエット中も栄養を摂取しましょう。

ダイエット中の献立作りにぴったりなレシピ

鶏胸肉を観音開きにしたら、酒を入れて沸騰させたお湯に入れます。蓋をして再び沸騰したら火を止め、鶏胸肉の中に火が通るまで放置。火が通ったら粗熱を冷まし、適当な大きさにカットします。キュウリは千切り、トマトは輪切りにしましょう。お皿にトマト・キュウリ・鶏胸肉をのせ、味噌・醤油・みりん・砂糖・ごま油・すりごまを混ぜ合わせた調味料をかけたら完成。

太らない食材を使った献立を活用して、理想的な女性に近づこう!

ダイエット中は食事メニューのバランスにこだわることが大切。栄養をバランスよくとることできれいにダイエットすることができるようになります。カロリーを気にしすぎて栄養が偏ってしまっては肌荒れや便秘の原因になることも。ダイエット中はバランスの良い食事をメインにして、理想の女性に近づいてくださいね。

合わせて読みたい!ダイエット中の食事メニューに関連した記事

Thumbグルテンフリーの効果はある?ダイエットに成功するやり方とは?
Thumbソイミートをお肉の代わり使おう!人気のおすすめレシピ紹介!
Thumb太らない食事&食べ方って?方法・量・時間で変わる?【ダイエット】

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-11-21 時点

新着一覧