マニキュアの落とし方まとめ!除光液以外でも簡単に落とせるって知ってた?

マニキュアを落とさなきゃ!でも除光液がない!普段マニキュアができなくても、週末だけ楽しむ。そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、除光液がない状態でも簡単にできる落とし方と正しマニキュアの落とし方をご紹介します。

マニキュアの落とし方まとめ!除光液以外でも簡単に落とせるって知ってた?

目次

  1. マニキュアを落とさなきゃ!でも除光液がない!
  2. 除光液以外のマニキュアの落とし方①マニキュアを重ね塗りする
  3. 除光液以外のマニキュアの落とし方②テープではがす
  4. 除光液以外のマニキュアの落とし方③消毒用エタノールを使う
  5. 除光液以外のマニキュアの落とし方④コロンを使う
  6. 除光液以外のマニキュアの落とし方⑤やすりを使う
  7. あらかじめはがしやすい状態にする
  8. マニキュアの正しい落とし方①コットンとアルミホイルをカットする
  9. マニキュアの正しい落とし方②コットンに除光液をしみこませる
  10. マニキュアの正しい落とし方③コットンを爪に乗せ、アルミホイルをかぶせる
  11. マニキュアの正しい落とし方④マニキュアをふき取る
  12. マニキュアを落とすときの注意点
  13. マニキュアの落とし方のまとめ

マニキュアを落とさなきゃ!でも除光液がない!

普段マニキュアができなくても、週末だけ楽しむ。そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか。また、普段マニキュアをしている人でも、急に落とさなくてはならないシチュエーションもあるでしょう。マニキュアは除光液でないと落ちないと思い込んではいませんか?

除光液でないと落ちないと思っていたマニキュア!実は除光液以外でも簡単に落とすことができるんです。今回は、除光液以外で簡単にマニキュアを落とす方法をや、除光液の代用になるものをご紹介します。

ただ、こちらでご紹介する方法は、あくまで手元に除光液がない時の緊急用です。爪に負担をかけずに、きれいな指先を維持するためにも、除光液を準備することができるのでしたら、後半の除光液での正しい落とし方をお勧めします。

除光液以外のマニキュアの落とし方①マニキュアを重ね塗りする

使うマニキュアは、ラメ入りでないほうが良いでしょう。落とし方は簡単。マニキュアを重ね塗りするだけです。マニキュアが、除光液の代用になるんです。新しく塗ったマニキュアが、古いマニキュアを溶かしてくれます。

まずは、マニキュアがとれやすいように、爪をお湯につけてマニキュアが落ちやすい状態にしましょう。その次に、マニキュアを重ね塗りしましょう。重ね塗りするマニキュアですが、ラメが入っていない、透明に近いクリア系のマニキュアのほうが良いでしょう。色の濃い黒や赤だと、汚くなってしまう可能性があります。

少し時間が経ったら、重ね塗りしたマニキュアが乾かないうちに、ティッシュ等でふき取ります。使い方は除光液とかなり似ていますね。あまりごしごしとこすってしまうと、爪に負担がかかります。一度でおちきらないようでしたら、何度かマニキュアを塗りなおすようにしましょう。

除光液以外のマニキュアの落とし方②テープではがす

セロテープやガムテープを爪に貼って、マニキュアごと剥がしてしまいましょう。時間が経ったものでも、簡単に落とすことができます。テープなら家にある場合が多いので、家で落とす場合にはお勧めの落とし方です。

テープを使う前に、ネイルをお湯で温めることをお勧めします。お風呂くらいの温度のお湯を洗面器にためて、5分ほど温めましょう。それから手を拭いて、テープではがしてみましょう。意外にも簡単に、ぺろんと取れますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

除光液以外のマニキュアの落とし方③消毒用エタノールを使う

消毒用エタノールのように、アルコール分が高いものは、除光液の代用になります。無水アルコールのほうが効果が高いのでお勧めです。ただ、アルコール濃度が高いため、吸い込むと昏倒する場合があるので、取り扱いには注意しましょう。

落とし方は、除光液と同じです。コットンに消毒用アルコールをしみこませ、マニキュアに馴染ませましょう。しっかりと馴染ませたら、爪のもとから先に向かって落とします。除光液を使用するより少し落ちづらいかもしれません。

落ちないからと言ってごしごしこすってしまうと、爪が痛んでしまいます。もう一度コットンに消毒用アルコールをしみこませ、マニキュアになじませましょう。あらかじめ指先を温めて、マニキュアを柔らかくしておくのもおすすめです。

除光液以外のマニキュアの落とし方④コロンを使う

香水はアルコール分が低いので代用にはなりませんが、コロンはアルコール度が高いため、除光液の代用になります。ただ日常的に使うのは、少しもったいないかもしれません。爪に香りもつくので、自分の好きな香りのものを使うと良いでしょう。

こちらの落とし方も、除光液と同様です。コロンをコットンにしみこませて爪に貼り付け、馴染ませます。5分ほどなじませたら、爪に乗せたコットンで、ふき取ります。案外きれいに落ちるはずです。一度で落ちない場合は、もったいない気がしますが、もう一度同じ作業をしましょう。

除光液以外のマニキュアの落とし方⑤やすりを使う

爪磨きのやすりで削り落としてしまう落とし方です。爪やすりにもすべすべの面とざらざらの面がありますが、ざらざらの、一番荒い面を使用しましょう。落とし方は、爪を傷つけないように削り落とすだけです。まだ学生さんで爪磨きなんて持っていない場合は、工作で使ったサンドペーパーがやすりの代用になります。

サンドペーパーを使う場合は、特に爪を傷つけないように注意しながら削り落としましょう。落ちないからとごしごしやってしまうと、爪を傷つけてしまいます。色々なサンドペーパーが手元にある場合は、なるべく荒いもので表面のマニキュアを落とし、そのあとに細かい目のもので落とすようにしましょう。

あらかじめはがしやすい状態にする

週末だけマニキュアを楽しんでいる人は、この方法が一番いいかもしれません。数日後に確実に落とさなくてはいけないのでしたら、あらかじめはがしやすい状態にすれば良いのです。そのために、まず、普通の木工用ボンドを用意します。

マニキュアをする前の爪に、ボンドを塗りましょう。なるべく薄く、均一になるようにしたほうが良いです。このとき、キューティクルにボンドがつかないように注意しましょう。5分ほど乾かすと透明になります。その上に、お好きなマニキュアを塗りましょう。

剥がすときは、スティックで爪元から爪の先へ押し上げるようにして剥がします。意外と簡単に、ぺろんと剥がれます。爪にも負担が少なく、お勧めの方法です。スティックがなければ、お箸でも代用できます。

このボンドの代用として、水のりも使えます。水のりを2回ほど塗った後、好きなマニキュアをするだけです。2,3日しか持たないこともありますが、週末だけ楽しむには十分でしょう。

また最近は、はがせるマニキュアや、マニキュアをはがしやすくする下地も売っています。週末だけマニキュアを楽しむ場合は、そちらをあらかじめ使用するのもよいでしょう。

マニキュアの正しい落とし方①コットンとアルミホイルをカットする

ここまでご紹介したのは、手元に除光液がない場合の緊急用の落とし方です。次は、マニキュアの正しい落とし方をご紹介します。正しい落とし方をマスターして、きれいで健やかな指先を保ちましょう。

まず、準備するのは、コットンとアルミホイルと除光液です。準備したコットンを、爪の大きさよりも少し大きいくらいにカットしましょう。アルミホイルは、指先をくるりと巻けるくらいの大きさにカットします。

マニキュアの正しい落とし方②コットンに除光液をしみこませる

カットしたコットンに、除光液を染み込ませましょう。けちらずに、たっぷりと染み込ませたほうが良いでしょう。ティッシュはコットンとは繊維の構造が違うので、代用にはなりません。100円ショップで安く売っていますし、メイクにも使えますので家に一つあるといいでしょう。

マニキュアの正しい落とし方③コットンを爪に乗せ、アルミホイルをかぶせる

先ほど染み込ませたコットンを爪に乗せます。爪全体にコットンが当たるようにしてください。コットンが落ちないように、ぴたりと置きましょう。その後、アルミホイルで包み込むようにかぶせます。こうすることで除光液の蒸発を防ぐことができます。

マニキュアに除光液がなじむまで、1分程度そのまま放置しましょう。重ね塗りをしている場合や、アートをしている場合、ラメが入っている場合は1分では落ちない可能性があります。放置時間を延ばしましょう。

マニキュアの正しい落とし方④マニキュアをふき取る

1分経ったら、アルミホイルを外します。爪の上に乗せていたコットンを、爪の元から爪の先にむけてふき取ります。しっかりとマニキュアと除光液がなじんでいれば、簡単に落とすことができるはずです。爪の端にマニキュアが残ってしまった場合は、同じコットンでふき取りましょう。

マニキュアを落とすときの注意点

除光液はたっぷりと使うようにしましょう。また、落ちないからと言ってごしごしとこすると爪に負担がかかってしまいます。除光液とマニキュアがなじんでいれば、こする必要はないはずです。一度で落ちない場合は、もう一度除光液をマニキュアになじませましょう。

また、マニキュアを落とした後は、しっかりとケアをしましょう。除光液は指先の油分や潤いを奪ってしまいます。ネイル専用のケア用品とハンドクリームで、しっかりと保湿をしましょう。

マニキュアの落とし方のまとめ

除光液でしか落ちないと思っていたマニキュアも、意外に色々な方法の落とし方があります。ただここでご紹介したのは、あくまで除光液がない場合の、緊急の落とし方です。除光液より爪に負担をかけてしまうことがありますので、しっかりと爪のケアを忘れないようにしましょう。

除光液がある場合は、爪の健康のためにも正しくマニキュアを落としましょう。正しい落とし方を知って、爪先のお洒落を楽しみましょう。

もっとマニキュアについて知りたい方はこちら!

Thumbネイル・マニキュアの正しい塗り方は?きれいでムラなく塗るコツは?
Thumbちふれのプチプラネイル・マニキュアの人気色は?優秀でカラーも豊富
Thumbマニキュアのおすすめブランドランキング!人気の色も合わせて紹介!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-08-21 時点

新着一覧