マスカラの正しい塗り方!ダマにならず旬顔を作る上手なポイントは?

マスカラは印象的な目元をつくるのに必要なメイクアイテムです。長いまつ毛は女性の魅力を引き出す重要パーツ。だからと言ってマスカラの塗り方を間違えると、時代遅れなメイクになってしまいます。魅力的なまつ毛のための上手なマスカラの塗り方をおさらいしましょう。

マスカラの正しい塗り方!ダマにならず旬顔を作る上手なポイントは?

目次

  1. 長いまつ毛は女性の憧れ
  2. マスカラをたっぷり塗ったまつ毛はもう古い!
  3. マスカラの塗り方次第で魅力的な旬顔になれる
  4. マスカラの塗り方間違ってない?
  5. 塗り方にほんのひと手間加えるだけで、魅力的な目元に
  6. 上手なマスカラの塗り方のポイン1、まつ毛のカール
  7. 上手なマスカラの塗り方のポイント2、マスカラブラシをティッシュオフ
  8. 上手なマスカラの塗り方のポイント3、手鏡を使う
  9. 上手なマスカラの塗り方のポイント4、根元で少しホールドする
  10. 上手なマスカラの塗り方のポイント5、コームでとかして仕上げる
  11. マスカラにも種類がいろいろ
  12. マスカラには大きく分けて仕上がりのタイプが3種類
  13. おすすめのマスカラ
  14. ヒロインメイク 天まで届けマスカラ
  15. マスカラの上手な塗り方を知って、旬顔に

長いまつ毛は女性の憧れ

ツヤのある長いまつ毛は女性の憧れですよね。しっかりメイクしていてもまつ毛が短いとなんだかなにかが足りない感じがします。逆に、すっぴんでもまつ毛が長くくるんとカールしていれば、それだけで十分魅力的です。

昔から、目は口ほどにものを言うといいますよね。それほど印象やコミュニケーションを左右する目元のメイク。まつ毛の濃さや長さだけで、目力がぐんと上がり魅力がアップします。外国人女性のような濃くて長いまつ毛は、女性の色気や魅力を引き出す重要パーツといっても過言ではないですよね。

マスカラをたっぷり塗ったまつ毛はもう古い!

そんな魅力的な目元のために、長く濃いまつ毛を手に入れようと、マスカラを必死で重ね塗りしていませんか?ダマになっていたり、不自然にぼそぼそしたまつ毛になっていませんか?

まつ毛やマスカラをたっぷり塗りすぎてゴワゴワになったまつ毛や、マスカラを重ね塗りしてダマができていたり、束になってくっついたりしたまつ毛は、それだけでもう魅力半減です。見た目にも不自然なうえ、なんだか古臭くて濃いメイクに見えてしまいますよね。今の旬顔メイクには、野暮ったい印象を与えるそんなまつ毛メイクは時代遅れです。

マスカラの塗り方次第で魅力的な旬顔になれる

旬顔とは、今流行の顔、人気のある顔という意味を持ちます。なりたい顔で人気とされる石原さとみさんや、新垣結衣さんなどは今の旬顔の代表ですね。彼女達の目元もまつ毛は自然な長さとカールのナチュラルなアイメイクです。

今の旬顔になるために魅力的な目元をつくるメイクには、自然なカールできれいにセパレートしたまつ毛が必要です。先が細く、一本一本がキチンと分かれてていて、全体的に扇のように自然に広がったまつ毛。見た目も自然で、なおかつ色っぽくとても魅力的な目元をつくってくれます。横顔もとてもきれいに見せてくれますよ。

その季節によって流行のカラーは変わっても、ナチュラルな雰囲気のメイクが旬と言われるこの頃。目もとだって自然なカールで、毛先がきれいに分かれたまつ毛で飾るほうが素敵です。マスカラを何度も重ね塗りしたまつ毛メイクはもう終わりにして、すっきりと大人の色気漂うまつ毛で旬顔の美人になりませんか?

マスカラの塗り方間違ってない?

魅力的な目元をつくるためのまつ毛メイクにはマスカラは必要です。でも、まつ毛美人を目指すあまり、短いまつげを長く見せようとか、薄いまつげを濃く見せようとか、気合を入れて何度も何度も重ねて塗っていませんか?マスカラは塗り方を間違えると不自然になり、かえって逆効果になってしまいます。

たとえ重ね塗りをしたとしても、毛先は1本1本がきれいに分かれて、毛先に向かって自然に細くなっているような仕上がりが理想です。太くなってぼそぼそした、いわゆる「ひじきまつ毛」は清潔感も損ないますし、野暮ったいですよね。

塗り方にほんのひと手間加えるだけで、魅力的な目元に

まつ毛を強調するために、マスカラをただ塗ればいいというわけではありません。毛先がきれいに分かれた自然なまつ毛をつくるには、まつ毛のカールを自然に作ることと、マスカラの扱い方を知ることが大切なポイントです。ひと手間加えるだけでずいぶんと仕上がりが違ってきますので、ここでもう一度、マスカラを上手に塗るためのポイントをおさえておきましょう。

上手なマスカラの塗り方のポイン1、まつ毛のカール

マスカラを塗る前に、まずはまつ毛を自然にカールさせておくのが、上手に自然なまつ毛をつくるための大切な下準備です。ビューラーでまつ毛に自然なカールをつける時には、極端にまつ毛を立ち上げてしまうとまるでびっくりした顔のようになって、とても不自然になってしまいます。まつ毛には自然なカールが必須です。

ビューラーで根元にカールをつけて立ち上がらせて、中間、毛先に向かって2~3か所、少しずつビューラーをずらしながらカールをつけて行きます。あまり強い力でおさえてしまうとまつ毛が折れてしまうので、気をつけて。

まつ毛に自然なカールをつけるためには、ビューラーは自分の目に合ったものを選ぶのも大切なポイントです。ビューラーにもそれぞれサイズがあります。自分の目の幅に合ったもの、目のカーブに合ったものを探しましょう。

上手なマスカラの塗り方のポイント2、マスカラブラシをティッシュオフ

ブラシにマスカラが付きすぎていると、まつ毛にそのままマスカラがべったりついてしまい、まつ毛が束になったり、毛先がぼってりとしてダマになりやすくなります。マスカラは少なすぎるかな、と思うぐらいの方がきれにに塗れます。

マスカラを塗る前に、マスカラブラシをボトルの口元でしごいて余分なマスカラを落とすのは皆さんしているかもしれません。でも、さらに4つ折りにしたティッシュでブラシを優しくおさえることで、ブラシについた余分なマスカラがなくなり、ブラシに均等にマスカラがのるので、ダマを防止することができます。このひと手間が上手にまつ毛を分かれさせるためのポイントです。

上手なマスカラの塗り方のポイント3、手鏡を使う

マスカラを塗るときは手鏡を使うとうまくいきます。あごをあげて、鏡を目よりも低い位置で持ち、目を伏せるような状態で塗るのがポイント。正面の鏡を見てまぶたを引っ張りながら塗ると付き方にムラができたり、たくさん付きすぎてダマの原因になってしまいます。

上手なマスカラの塗り方のポイント4、根元で少しホールドする

マスカラブラシをまつ毛の根元に当てて、根元部分だけブラシを小刻みに横に揺らすようにしてマスカラをつけて、少しホールドすることで自然なまつ毛の立ち上がりを助けます。この時、あまりギザギザ動かさないようにしましょう。その後は毛先に向かってスーッと流すようにブラシを動かします。毛先でギザギザ動かすとぼてっとした不自然な毛先になるので注意です。

ここで気をつけたいポイントは、まつ毛の毛先にマスカラをたくさんのせないことです。マスカラのつけすぎはダマの原因です。自然なまつ毛に仕上げるには、毛先はあくまでも細く仕上げることがポイントになります。そのためにも、とくに毛先のマスカラは重ねづけしないで一度塗りで終わりにしましょう。

上手なマスカラの塗り方のポイント5、コームでとかして仕上げる

マスカラを塗った後はマスカラが乾いてしまう前に、付き具合を見ながらマスカラコームでとかして仕上げましょう。そうすることで、余分なマスカラを落としてダマをなくすことができますし、まつ毛1本1本をきれに分かれさせることができます。乾いてからとかしても余分なマスカラはきれいに落ちず、かえってムラになりますし、粉がふいてツヤがなくなり、ぼそぼそ下まつ毛になってしまいます。

マスカラコームにはコーム部分がプラスチックのものとステンレスのものがありますが、なるべくコームの先が細いものを選ぶと毛先までとかしやすくなります。マスカラコームの他におすすめなのがスクリューブラシ。まつ毛を1本1本とらえて、余分なマスカラを落としてくれます。また、できてしまったダマも上手に取り除くことができ、きれいに毛先を整えてくれます。

余分な毛先のマスカラを落としてきれいに仕上げるために使うものは、その都度きれいに洗っておきましょう。マスカラがついたままのコームやブラシでは細かい毛先をきれいに仕上げることができません。マスカラの塗り方だけでなく、使う道具の手入れでも仕上がりに違いが出ます。

マスカラを塗るときにまぶたにつかないようにガードできるマスカラプロテクター。折りたたみ式になっていて、ガードの反対側のコームは目に合わせたカーブになっていて使いやすくなっています。

マスカラにも種類がいろいろ

マスカラには落ちにくい仕様のウォータープルーフタイプと落としやすさを重視したフィルムタイプとあります。ウォータープルーフタイプのものはその名の通り水や汗に強く、にじみにくいのが特徴です。落とす時には専用の目元クレンジングを使用します。フィルムタイプは水や涙でにじむことはありませんが、お湯でさっと落ちるタイプなので専用クレンジングは必要なく、手軽なところがポイントです。

ウォータープルーフのものは水や皮脂にも強いことから、仕上がりがややごわつくものもあります。また、フィルムタイプのものはカール力を保つ力が若干弱いものもあります。それぞれタイプもいろいろあるので、自分に合うものを上手に選んでみてくださいね。

マスカラには大きく分けて仕上がりのタイプが3種類

マスカラにはボリュームタイプ、ロングタイプ、カールタイプと、仕上がりのタイプによって大きく3種類の特長があります。理想の仕上がりのイメージによって、選び方を変えてみましょう。またそれぞれに塗り方で気をつけたい部分もあります。

ボリュームタイプのマスカラの特長と塗り方

ボリュームタイプのマスカラはまつ毛がまばらで薄いタイプの人におすすめです。まつ毛1本1本をコーティングして濃く太く見せてくれるので、まつ毛の量を多く見せてくれて、目元が華やかになります。マスカラ液が濃くつきやすい分ダマになりやすいので、とくに毛先につけすぎないように塗り方には気をつけたいタイプです。毛先に向かって細く仕上がるように重ね付けをし過ぎないように注意したいですね。

ヒロインメイクマスカラ 泣いてもにじまないって本当?号泣して検証してみた

ロングタイプのマスカラの特長と塗り方

ロングタイプのマスカラはまつ毛が短い人におすすめです。マスカラに入っている繊維がまつ毛に絡まるようにつくことでまつ毛を長く見せてくれます。このタイプのマスカラの塗り方で注意したいのは、仕上げにしっかりコームでとかさないと、繊維が絡まってダマになったり、網目のようになってしまうところです。必要以上に重ね塗りしないことで、ダマを防止できます。ブラシを縦に使って塗ってみても。

カールタイプのマスカラの特長と塗り方

カールタイプのマスカラはまつ毛を根元から立ち上げてまつ毛を上向きにしてくれます。塗り方で気をつける部分は他と同じではありますが、とくに根元をしっかりコートしておくとまつ毛の立ち上がりが長持ちします。このタイプはカールを保つためにマスカラ液が軽めのものが多くなっていますので、ボリュームを出そうと塗りすぎてしまわないように気をつけましょう。

おすすめのマスカラ

マスカラにいろいろ種類があることを知った上で、自分の理想のまつ毛になれるマスカラを選んでみましょう。口コミや各メディアで評価の高いマスカラを集めてみたので、参考にしてみてくださいね。

クリニーク ラッシュパワーマスカラ ロングウェアリング フォーミュラ

皮脂や汗、涙や水などに強い処方ですが、お湯でスルリと落ちるフィルムタイプのマスカラです。日本人の目に合わせて設計されたブラシで塗りやすく、ベントナイトといわれる成分がまつ毛のボリュームを与えてくれるので、ツヤのあるボリュームまつ毛を実現できます。

ランコム ヴィルトゥーズ マスカラ

マスカラといえばランコム!というくらい、おなじみですね。日本人の肌や骨格を研究して作られている化粧品ブランドであるだけに、その満足度はとても高いです。ヴィルトゥーズにはカールとボリュームに優れたヴィルトゥーズドラマ、もうひとつは長さを出すのに優れたヴィルトゥーズドールアイの2つがあります。どちらもお湯で落ちるフィルムタイプなのににじまず、カール力に優れているのが特長です。

ランコム グランディオーズ

ランコムのマスカラで、ヴィルトゥーズの他にかなりの人気を集めているのがグランディオーズ。こちらはウォータープルーフタイプなのに、お湯で落ちるという優れモノ。独特の角度を持つブラシがまつ毛にフィットして塗りやすいと評判です。

ヘレナルビンスタイン ラッシュクイーンシリーズ

ヘレナルビンスタインのマスカラ、ラッシュクイーンシリーズは、カールタイプ、ロングタイプ、ボリュームタイプ、リフトアップタイプ、美容液タイプと、種類もいろいろですが、どちらもかなりの高評価。にじみにくく、毛先がきれいに分かれるので、自然な旬顔メイクにもおすすめです。女性の憧れでもあるツヤのあるきれいなまつ毛に見せてくれるヘレナのマスカラは、どれもダマになりにくく塗りやすいと評判です。

ヒロインメイク 天まで届けマスカラ

1000円というプチプライスでも、数々のコスメアワードを受賞している優秀なマスカラ、天まで届けマスカラです。その名の通り、まつ毛をしっかりと立ち上げてくれる抜群のカール力と、にじみにくい処方でかなりの高評価を得ています。ややダマになりやすい傾向にあるようですので、塗り方に注意して旬顔を目指したいですね。

オペラ マイラッシュ アドバンスト

リピーターが多いプチプライスのマスカラ、オペラ マイラッシュ アドバンストは繊維が入っていなのにまつ毛を長く見せてくれるマスカラです。細めのブラシでまつ毛の際まで塗りやすく、塗り方のテクニックいらずで自然にまつ毛を際立たせてくれるところが人気の秘密。お湯で落ちる処方も手軽で、まつ毛に負担がかかりません。

マスカラの上手な塗り方を知って、旬顔に

マスカラを重ね塗りし過ぎてダマになっているような不自然なまつ毛はもう終わりです。今の旬顔をつくるのはナチュラルテイストのメイク。自然にカールして、毛先がすっと細く分かれたまつ毛はどこから見てもとってもきれいですよ。マスカラの上手な塗り方のポイントをおさえて、まつ毛も今っぽく、大人の色気漂う旬顔をゲットしてみてくださいね。

マスカラの塗り方がわかったら、もっと人気のマスカラを探してみよう

Thumbカールのキープ力が人気のマスカラは?おすすめをランキングでご紹介
Thumbプチプラなマスカラでおすすめはこれ!人気のロング・ボリューム【優秀】
Thumbマスカラトップコートでおすすめはなに?にじまない・パンダ目にならないのは?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-05-12 時点

新着一覧