30歳でも転職は可能か!安定収入の公務員になる資格や方法を紹介!

今回の記事は30歳での転職に関する記事をご紹介します。果たして、30歳で安定収入のある公務員などの資格を取得し、転職ができるのか、もしできるのであればどのような方法があるのかなど、様々な角度から30歳の転職について判断していきます。ぜひ参考にしてみて下さい。

30歳でも転職は可能か!安定収入の公務員になる資格や方法を紹介!

目次

  1. 30歳でも公務員に転職は可能なのか?
  2. 公務員の一般枠で30歳での転職は可能なのか?その方法とは
  3. 公務員の一般枠で30歳でも転職可能な受験資格がある!
  4. 30歳での公務員転職は年齢と役職はあわない?
  5. 30歳で公務員へ転職収入はどのくらい?
  6. 民間経験者枠を利用し30歳で公務員へ転職する方法
  7. 民間経験者枠を利用し30歳で公務員転職すれば昇級も早い?
  8. 民間経験者枠を利用し30歳で公務員転職する際の注意点
  9. 30歳で公務員試験に挑戦する方は通信講座もあり
  10. 30歳でも転職は可能か!安定収入の公務員になる資格や方法まとめ!

30歳でも公務員に転職は可能なのか?

アラサーというと人生の中では一つのライフステージにおいて何らかの目安になる歳でもあります。特に、仕事面においては、30歳というと大幅に昇進したり、役職に就いたり、まさに働きざかりという言葉がよく似合う年齢層でもあります。

ただ、同時に「自分の人生はこのままで良いのか?もっと何か自分を活かせる職場に就きたい」と思うのも、20代後半〜30代にかけて、もう一度自分を見直そうという方もきっと多いはずです。このことを証明するかのように、ある統計では、転職を考える時期はいつ?との調査があり、やはりその結果を見ても20代〜30代にかけての転職がダントツに多いのです。このことから、転職は30代で行う方は増えています。

そして、30代とは十分に社会人経験を積んでおり、スキルも含めて、その高い能力があり、「自分をもっと高みに」と向上心が強い方が多いのも事実なのです。つまり、ある意味では30歳での転職は、転職適齢期ではないでしょうか。ここでは、特に30歳での公務員の転職は可能なのかという点について見ていきたいと思います。

というのも、一般枠での公務員試験では、公務員の募集要項に、国家公務員、地方公務員問わず、21歳〜30歳未満とされており、30歳以上の転職は無理なの?と諦めてしまう方が多いのです。ですので、今回は、公務員になるには本当に30歳では無理なのかを、ご紹介し、30歳で公務員になることの現状や給料なども含めてお話しできればと思いますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

公務員の一般枠で30歳での転職は可能なのか?その方法とは

ここからは、30歳でも公務員に転職は可能なのか、その方法について見ていきたいと思います。まず、30歳で公務員に転職する方法として、公務員試験の「一般枠」で応募する方法があります。ここで、公務員試験のおさらいですが、公務員には、主に国家公務員と地方公務員の2種類があり、国家公務員は国に、地方公務員は各都道府県や市町村に雇われます。

国家公務員には、国家公務員試験を受験し、地方公務員は地方公務員試験を受験することになります。また、それぞれの試験には「一般枠」と「経験者枠」という採用枠が設けられており、経験者枠とは、文字通り、その仕事について経験がある人を対象にしたものです。

そして、今回取り上げる「一般枠」は、主に新卒者を対象に募集を行っているものです。ただ、この一般枠は実は、新卒者しか応募できないわけではなく、ある年齢制限を満たしていれば、応募することは可能なのです。ただ、特徴としては、現役の大学生等が競争相手なので、戦いは厳しいはずです。ただ、結論からお話しすると、制度上は、30歳でも転職をすることは可能なのです。

公務員の一般枠で30歳でも転職可能な受験資格がある!

一般枠を利用して公務員試験を受験する場合は、大卒程度の試験を受験することになります。この試験は、国家公務員の場合は、択一式の基礎能力試験、専門試験、論文試験、人物試験があります。地方公務員についてはそれぞれは異なるものの、一般的には教養試験、専門試験、論文試験、面接試験といったものが実施されるのです。

また、一般枠での公務員募集条件となっている年齢は、国家公務員や地方公務員を問わず、おおよそ21歳〜30歳未満となっているものの、上限の30歳未満となっているものについては、緩和されているものもあり、30歳以上でも受験資格としては可能な試験もあります。

ここで、肝心なのは自分がどのような公務員になりたいかを明確にしておくことです。そうすることで、常にアンテナを張って、自分が受けたい公務員試験の情報を地方公務員であれば、各都道府県のホームぺージや、広報紙などで、受験資格を確認できるからです。まずは、自分は何になりたいかを明白にしましょう。

30歳での公務員転職は年齢と役職はあわない?

続いては、30歳で公務員に一般枠で入社した場合の年齢と役職のお話しをしたいと思います。まず、一般枠で公務員への転職に成功した場合、出世は新卒者と同じ扱いになり、転職した年齢が高いほど、役職に就く年齢も高くなってしまうでしょう。

例えば、係長になるまで10年かかるとします。新卒者が22歳で公務員になった場合は、最短で32歳頃を目安に昇進ができますが、もし32歳で公務員になったとすると、最短でも42歳頃に係長に昇進します。つまり、この差はとても大きいわけです。ですので、もし一般枠で公務員試験に挑む場合は、この昇進のこともよく考えてからの方が良いでしょう。

30歳で公務員へ転職収入はどのくらい?

ここからは、30歳で公務員へ転職した場合の収入はどのように変化するのかを見ていきたいと思います。その前に、地方公務員を例に、一般行政職の給料を参考までにお伝えすると、ます平均年齢が42.8歳で、平均の収入が約33万です。これは、全体の年齢で算出した数値ですので、こう見るとそこまで収入が多いというイメージはありません。

一般行政職である市役所職員がもらえる年収入の平均は、おおよそボーナス込みで534万円という参考例もあるので、大体の目安にはなるかと思いますが、みなさんはこの数字を収入として多いと感じますか?それとも少ないですか?まずは、このような数値を参考にしてみて下さい。

そして、その上で、30歳で公務員へ転職して、いくらくらいの収入がもらえるのかですが、具体的な数値は示せませんが、例えば、一般枠で応募し、入社した場合は、完全に大卒の新卒扱いの収入になりますので、募集要項にのっている収入の参考値をみれば、おおよその検討はつくかと思います。

それに比べて、経験者枠で入社した場合は、収入はどうなるのかと言うと、一般枠とは異なり、前職の経験年数等が考慮されます。ですので、一般枠で入社するよりは、スタート時の給料は上がることは間違いはないでしょう。

民間経験者枠を利用し30歳で公務員へ転職する方法

続いての30歳で公務員で転職する為の方法ですが、民間経験者枠で入社する方法があります。この民間経験者枠の受験資格は、地方公務員の場合は、民間での職務経験が4年以上の者を対象にする場合が多いです。ただ、場合によっては、技術系区分や資格・免許職では、それより短い場合や年数を規定していない場合もあるそうです。下記に民間経験者枠の条件の詳細を記載します。

受験先によりけりですが、基本的には「1つの職場で4年以上」といった勤続年数の条件があります。そのため、例えば1年間ずつ4つの職場を経験したという場合だと条件に当てはまらないので注意しましょう。 これは採用する側からしてもすぐに辞めてしまうような人は採りたくないという意志の表れでもあるので、経験者採用の場合はこれまで継続的に働いていたという条件が必須になります。 また、必ずしも正社員でなくても、例えば派遣社員やアルバイトであっても週に何十時間以上働いていたという条件をクリアすることができれば受験資格があるとみなされるケースもあるため条件については志望する自治体のホームページで受験案内を確認するとよいでしょう。 こうした経験者を採用する試験は、国家公務員試験においては「経験者採用試験」(係長以上級)と一般職試験の中の社会人試験(係員級)が実施されており、地方公務員では民間経験者等採用試験という形で実施されています。

年齢条件では20代後半から上限については、30代後半や40歳までとしているところが多いようです。そして、募集内容によってはもっと上の年齢でも可能な場合もあるそうなので、ご自身の経験が大いに活かせるのではないでしょうか。

民間経験者枠を利用し30歳で公務員転職すれば昇級も早い?

もし30歳で公務員への転職をお考えの場合は、民間経験者枠での転職であれば昇級は比較的早いと言えます。一般枠での入社になってしまうと、どうしても大卒と同じ給与水準になってしまいますが、民間経験者枠であれば民間の経験年数も昇級の際に考慮されます。

ですので、民間企業での業績次第では、それに応じた昇級が望めるわけです。ですので、昇級を早い段階でしたい方はぜひ、こちらの民間経験者枠での応募をおすすめします。

民間経験者枠を利用し30歳で公務員転職する際の注意点

ここまでのお話しで、公務員に転職するには、30歳でも可能であるという趣旨の内容をお届けしてきましたが、民間採用枠での公務員への挑戦に一つ注意点があります。それは、民間採用枠が近年では増加している事実もありますが、それ以上に希望者も増えています。

ですので、努力をしないで手に入れられるような簡単なものではありません。昨今の不景気で、民間の企業から、今のうちに安定している公務員になろうという方は、年々増えてきているように思います。ですので、競争率はとても激しいものになるということは覚悟しておいた方が良さそうです。

30歳で公務員試験に挑戦する方は通信講座もあり

30歳で公務員試験に挑戦するにあたり、一番のハードルになるのが、大学卒業程度や高校卒業程度の学力が求められる、試験内容になります。特に、民間経験が長い方ほど、現役世代に比べて、試験勉強からは遠ざかっていますから、きちんと復習をしなくてはいけません。そこで、おすすめなのが通信講座です。

通信講座であれば、どこでも好きな時間に勉強をすることができますし、独学に比べてもしっかりと要点がまとまっていますので、利用しない手はないでしょう。一人で孤独に勉強するよりも、このようなサービスを利用した方が効率よく勉強できると思いますよ。

30歳でも転職は可能か!安定収入の公務員になる資格や方法まとめ!

みなさん、ここまでいかがでしたか?このように30歳では公務員への転職は無謀なのでは?と思われるかもしれませんが、決してそんなことはなく、むしろ民間経験者枠などを利用すれば、ご自身の経験を活かせますし、挑戦してみる価値はありそうです。よく募集要項を確認して、ぜひご検討ください。

もっと転職関連の情報を知りたいアナタヘ!

Thumb面接の自己紹介まとめ!転職での面接のポイントや対策の例文を紹介!
Thumb面接での志望動機の答え方!面接官に対する言い方や例文を紹介!
Thumb人間関係に疲れた時の対処法とは?職場や会社の転職は最終手段!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2022-08-20 時点

新着一覧