ボブをコテ・ストレートアイロンで可愛く!簡単な巻き方やアレンジ!

年齢問わず大人気スタイルのボブ。可愛いけれどマンネリ化しやすいので、コテやアレンジをしてみたいけど難しいとお悩みの方も多いはず。そこで今回は、簡単に出来るコテでのボブアレンジをご紹介!最愛スタイルを見つけてお出かけをもっと楽しみましょう。

ボブをコテ・ストレートアイロンで可愛く!簡単な巻き方やアレンジ!

目次

  1. ストレートでもカールでも!幅広い世代から人気のボブ
  2. 「マンネリ化しやすい」「コテの巻き方が難しい」ボブ
  3. ボブのタイプ別!簡単なコテでの巻き方・アレンジ方法をご紹介
  4. コテで作るクールな可愛さ「前髪なしワンカールボブ」
  5. コテで作る王道の可愛さ「前髪ありワンカールボブ」
  6. コテで作るこなれ感ある「前髪かきあげボブ」
  7. 無造作に揺れる「ラフカールボブ」
  8. コテで作る愛らしさ急上昇「ふわふわボブ」
  9. コテで作る大人っぽさも醸し出す「長めロブ」
  10. お悩み別!スタイリングやコテの巻き方のコツまとめ
  11. お悩み1「カールがしっかり出ない」
  12. お悩み2「コテで作ったカールがすぐにとれてしまう」
  13. お悩み3「コテでの巻き漏れが出てしまう」
  14. お悩み4「やっぱりコテやアイロンが面倒」
  15. お悩み5「髪がぱさつく、広がってモッサリする」
  16. 特別な日はアレンジも!コテで作るボブアレンジをご紹介
  17. ボブスタイルのアップヘアアレンジ
  18. ボブスタイルのハーフアップアレンジ
  19. コテを味方につけて最愛ボブスタイルで出かけよう

ストレートでもカールでも!幅広い世代から人気のボブ

大人女子から学生まで、幅広い年代から人気のボブスタイル。ストレートに上品にまとめることも出来れば、個性的に演出することも可能です。ストレートでも巻いても、長めでも短めでも、明るめカラーでも暗めでも可愛いですよね。「ボブ」と一言で言っても、様々な雰囲気があるのもボブスタイルの魅力。自分らしいボブスタイルを確立している人は、同性からも憧れられますよね。

「マンネリ化しやすい」「コテの巻き方が難しい」ボブ

ストレートでもカールでも。無難にまとめるだけでなく、自分らしさを自在に表現できるボブスタイル。しかし一方で、自由なスタイルだからこそ「自分に合うボブってどんなのだろう?」「このアレンジ変じゃないかな?」と不安にもなりますよね。

「自分らしいボブになりたい!」と思ったとき、考えるのはコテを使った巻きアレンジやアイロンでのストレート、アップなどのヘアアレンジ。しかし、これらのアレンジを自分で行おうとしても、なかなか難しいもの。挑戦してみたものの「想像していたのと違うかも?」とガッカリしてしまうこともありますよね。

そこで今回は、アレンジが苦手な人でも簡単に出来るようなアイロンの使い方や巻き方をご紹介!一度コツさえつかんでしまえば、毎朝のスタイリングも速く簡単に出来ますよ。ボブアレンジの幅を広げて、おしゃれをもっと楽しみましょう!

ボブのタイプ別!簡単なコテでの巻き方・アレンジ方法をご紹介

髪の長さや前髪の有無、雰囲気など、様々なスタイルがあるボブ。まずは今の自分のボブに合ったアレンジ方法を見ていきましょう!以下では、ボブのタイプ別に巻き方をご紹介していきます。

コテで作るクールな可愛さ「前髪なしワンカールボブ」

前髪なしのワンカールボブは、比較的巻き方が簡単なスタイルです。カールをあまり作らないとナチュラルな印象になりますし、しっかりカールを作ってもクールでおしゃれな大人の印象を作ることが出来ます。是非マスターして、日々のスタイリングに取り入れてみてくださいね!

巻き方

(1)毛先を7つくらいの束に分け、1束ずつ毛先から8センチ程度をコテに巻き、内側に向かってカールをつける。(2)全体にカールがついたら、分け目をジグザグにしたりワックスを揉みこんだりして、無造作に崩す。(3)完成

元々髪にクセがあったり、横に広がりやすいという方は、あらかじめ頭のトップから耳の高さくらいまでをアイロンでストレートにしておくと、小顔効果も期待出来てキレイに仕上がりますよ。

コテで作る王道の可愛さ「前髪ありワンカールボブ」

前髪ありワンカールボブは王道のボブスタイルですよね。男性ウケも良く、可愛らしい雰囲気を出せるのが魅力です。デートはもちろん職場でもOKで、どんな洋服にも合う優秀スタイルです。ポイントは毛先のカール。ふんわりと内側に入るような巻き方が美シルエットのコツです。

巻き方

(1)毛先全体を、7つほどの束に分ける。(2)サイドから髪を1束ずつ取り、毛先から8センチほどコテで巻き、カールを付けていく。(3)全体にカールがついたら、最後に前髪を巻く。分け目の無い前髪の場合、全部の前髪を取り、コテで毛先5センチほどにカールをつける。(4)斜めに流す前髪の場合、流す方向にコテを斜めに構え、目尻が長めになるように巻いていく。(5)ワックスで揉みこみ完成

よりエアリーなふんわり感を出すには、髪表面の揺れがポイントです。コテで髪全体を内側に巻いた後、髪表面を何筋か取り、左右に流れるように柔らかく巻いてみましょう。スプレーを使うと、髪表面のエアリー感も一層キープされて可愛く仕上がります。

コテで作るこなれ感ある「前髪かきあげボブ」

ラフに揺れる外国人風のボブも憧れますよね。無造作なウェーブがなかなか自分で再現出来ないと悩んでいる人も多いかと思いますので、巻き方についてご紹介していきます。

巻き方

(1)ワンカールボブのように、毛先の髪を7つ程度の束にしてから、1束ずつコテで巻いていく。このとき、頭上部と下部でさらに2つに分け、それぞれを内巻きに巻くのがポイント。(2)全体のコテ巻きが終わったら、仕上げに前髪を巻く。コテを立てて、後ろに流すように巻くのがコツ。(3)かきあげ感を出すために、分け目を崩して完成

よりナチュラルなウェーブにしたい場合は、コテではなくアイロンを使うという手もあります。ストレートにする要領でアイロンで髪を挟んだら、カールをつけたい方向にねじりながらアイロンを動かしていくと、さりげないカールが完成します。

無造作に揺れる「ラフカールボブ」

さらに個性的なスタイルを楽しみたいときは、無造作感をアップしたラフカールがおすすめ。自然体な雰囲気がありながら、少しモードな雰囲気も漂うのが素敵ですよね。内巻きと外巻きをMIXさせることで、コテで無造作ラフカールを作りましょう。

巻き方

(1)前髪は上下2段に分けて、コテて巻く。(2)前髪の次にサイドの顔周りの毛束取り、縦にくるくるとカールが流れるようにする。(3)ストレートの毛束も少し残しつつ、後ろの髪も縦にカールが流れるようにコテで巻く。(4)後ろの髪は上下2つに分け、さらに6つくらいの毛束に分けてから、それぞれ内巻きと外巻きをランダムに行っていく。(5)毛束やカールをほぐして完成

ラフカールボブのこなれ感は、ウェット感で決まります。コテでウェーブスタイルが完成したら、ウェット感が残るワックスをしっかり揉み込み、ウェットな質感を出していきましょう。必要に応じて、カールをキープするスプレーを使うと良いですね。

コテで作る愛らしさ急上昇「ふわふわボブ」

ワンカールに飽きてきて「もっとふんわりしたスタイルが良い!」と感じたらふわっと揺れるボブスタイルがおすすめです。基本はワンカールボブを作り方が一緒で、最後の仕上げに表面だけ無造作にスタイリングするため、時間をかけずに一味違うスタイルを楽しむことが出来ます。それでは、巻き方をご紹介していきますね。

巻き方

(1)ワンカールボブと同様、毛先全体を何束かに分けて内巻きにカールをつけていきます。(2)全体にカールをつけ終わったら、髪表面から少しとり、斜め左右にクセをつけていきます。(3)ワックスを揉みこんで無造作に崩したら出来上がり。

元々髪がぱさつきやすい、横に広がりやすい方がふわふわボブにすると、なんとなく全体がモッサリして見えてしまうことがあります。そのような場合は、あらかじめストレートアイロンで頭トップから耳上のサイドまでをしっかりボリュームダウンしておきましょう。ひと手間かかりますが、小顔効果も出て上品なシルエットになりますよ。

コテで作る大人っぽさも醸し出す「長めロブ」

ハリウッドセレブから広まったロングボブ、略して「ロブ」スタイルは、伸ばしかけの人から大人気のスタイル。毛先ワンカールでも上品ですし、無造作に仕上げても自然体の可愛さが魅力です。アイロンでストレートに仕上げても、キレイに仕上がります。そんなロブスタイルのアレンジ方法もご紹介していきますね。

ワンカールの場合の巻き方

(1)前述のワンカールボブと同様、前髪含め髪全体の毛先を内巻きに巻いていきます。(2)前髪もコテを斜めにして、横に流すように巻いていきます。(3)スタイリング剤をつけて完成

髪のダメージが進行してパサつきがひどかったり、髪のボリュームがある方は、モッサリして見えることがあります。その場合は、あらかじめアイロンで頭トップからサイドまでをストレートにしておくと、キレイなシルエットに仕上がります。

ナチュラル感を出したい場合の巻き方

(1)頭を上下の2パーツに分け、下側の髪を何束かに分けて内側にコテで巻いていきます。(2)下側の髪のコテが完了したら、上側も何束かに分け、右巻き・左巻きをランダムにしていきます。(3)分け目をジグザグにしたり、毛束を崩したり、全体的にワックスで揉みこみつつラフにまとめて完成。

Thumbロブのヘアスタイル集!あの芸能人も?おすすめアレンジ【画像あり】

お悩み別!スタイリングやコテの巻き方のコツまとめ

実際にコテやアイロンで自分でスタイリングしてみていかがでしたか?中には「やっぱりうまくいかない」とヤキモキしている方もいらしゃるかと思います。しかし、あと少しのコツさえつかめれば、理想のスタイルに近づけるかもしれません。そこでここからは、お悩み別で簡単なスタイリング方法のコツをお伝えしていきます。

お悩み1「カールがしっかり出ない」

「カールがしっかり出ない」方は、髪の毛が濡れていたりしませんか?アイロンやコテによる髪ダメージを軽減するために、アイロン前にオイルやクリームを塗る方も多いかと思いますが、あまり濡れてしまうとカールが出ない原因となってしまいます。また、アイロンで水分が蒸発する際に髪細胞が傷み、ぱさつき髪の原因となることもあります。そのため、髪は十分乾かしてからコテやアイロンをしましょう。

お悩み2「コテで作ったカールがすぐにとれてしまう」

髪が細くてクセがない場合

髪が細い方は「カールがすぐにとれてしまう」とお悩みの方が多いですよね。髪が細いことが原因でカールがつかない場合は、ヘアスプレーで毛先をコーティング・形づけするなどしてしっかりカールをキープしましょう。髪から30センチ程度離してスプレーすると、全体に万遍なくスプレー効果が出て簡単にスタイリング出来ます。

髪が傷んでいる場合

髪のダメージが進行していて髪内部の水分が抜けやすい状態のときは、髪が形をキープする力が落ちていて、カールが落ちやすくなってしまいます。このような場合は、少しずつヘアケアを特に意識していきましょう。

とにかくすぐにカールをキープしたい場合は、市販のスタイリングスプレーで毛先のカールをキープするようにしてください。しかし、ダメージという根本原因の解決にはならないので、またカールがキープする髪質を作るために、ヘアサロンでトリートメントをしたり、紫外線ダメージから髪を守るためのワックスなどを使用することをおすすめします。

お悩み3「コテでの巻き漏れが出てしまう」

自分の後ろ姿は見えない分、スタイリングも難しいですよね。気づいたら「1束が全然カールがついていなかった!」なんてこともありがちです。慣れると漏れなく簡単に出来ますが、慣れるまでは合わせ鏡や三面鏡などを使い、後ろ姿とサイドまで確認することで、漏れを防いでいきましょう。

お悩み4「やっぱりコテやアイロンが面倒」

コテやアイロンを練習してみたものの「やっぱり毎朝のひと手間が面倒!」という方は、ヘアサロンでハイライト・ローライトカラーをオーダーしてみるのがおすすめです。カールがしっかりついていなくても、カラーでスタイル全体の立体感が増し、こなれ感を出してくれますよ。

お悩み5「髪がぱさつく、広がってモッサリする」

特に雨や雪の日など「カールしたのはいいけど、湿気でさらに髪がモッサリした」とお悩みの方もいらっしゃるかと思います。そのような場合は、カールをつける前に、頭のトップからハチ、耳の高さくらいまであらかじめストレートアイロンでボリュームダウンしておくことをおすすめします。

なぜなら、ハチ周辺までの髪のうねりが、髪全体のクセに繋がっていることが多いためです。ハチ周辺までのボリュームダウンやクセ軽減が出来れば、耳下からのスタイリングがとてもうまくいきますよ。ひと手間かかって大変ですが、広がりでお困りの方は試してみてくださいね。

特別な日はアレンジも!コテで作るボブアレンジをご紹介

コテで巻くだけでなく、もっとアレンジをしたい方も多いですよね。「ボブは髪の長さが短いからアレンジなんて難しそう」と考えてしまいがちですが、ボブでもヘアアレンジは色々と出来ます!そこでここからは、巻くだけじゃないボブアレンジの方法をご紹介していきます。

ボブスタイルのアップヘアアレンジ

まずは簡単に出来る一つ結びアレンジです。1つに結ぶだけでも、表面を崩したり、顔周りだけコテで巻くなどのひと工夫ですっかりこなれた印象ですになれますよね。時間が無い朝やビジネスの場などにもオススメのアレンジです。

Thumbボブをくるりんぱでヘアアレンジ!簡単で可愛いアレンジ方法は?

ボブスタイルのハーフアップアレンジ

サイドの編み込みスタイル

こちらはサイドのみ三つ編みして、留めたピンを後ろの髪で隠したアレンジです。後ろの髪をコテで巻いて華やかさがあるので、浴衣にもぴったりですし、結婚式のお呼ばれなどにも良いスタイルですよね。髪の量が多い方は、前髪や顔周りだけアイロンでストレートにしておくと、ワンランク上の仕上がりになります。

ねじるだけのハーフアップアレンジ

三つ編みや編み込みが苦手なかたには、ねじるだけで完成するハーフアップアレンジがおすすめです。頭中央上部を軽く束ね、左右からそれぞれ毛束をねじって3本の毛束をまとめ、最後に崩して完成です。あらかじめベースの髪を内側にカールしておくと、まとまりが良くキレイに仕上がりますね。

ねじって留めるだけの簡単アレンジ

「とにかく朝のスタイリング時間を短縮したい」「簡単に早く出来るアレンジがいい」という方には、ねじってすぐに完成するハーフアップスタイルがおすすめです。顔周りの毛束は残しつつ、耳上の髪を左右ともとり、ねじりながら後ろでゴムで束ねます。あらかじめコテでゆるっと巻いておくと、こなれ感が出て大人っぽく仕上がります。

Thumbボブでも三つ編みアレンジできる?簡単なヘアアレンジまとめ!

コテを味方につけて最愛ボブスタイルで出かけよう

いかがでしたか?前髪の有無や長さ、カール具合で様々な雰囲気を出してくれるボブスタイル。自分らしいスタイルにたどり着くまでは大変ですが、一度慣れればその日の気分やファッションに合わせて自在にアレンジを楽しめるようになるので、一気におしゃれの幅が広がります。ボブのアレンジで、毎日をもっと楽しく彩ってくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-16 時点

新着一覧