コンビニ印刷・スマホiPhoneの写真や書類はアプリで簡単に♪

24時間いつでも印刷できるコンビニ印刷(ネットプリント)、自宅にコピー機がなくても、写真屋さんに行かなくてもスマホやiPhoneだけで写真が印刷できます。そんな便利なコンビニ印刷のスマホやiPhoneのアプリインストール方法や印刷の仕方などご紹介しています。

コンビニ印刷・スマホiPhoneの写真や書類はアプリで簡単に♪

目次

  1. スマホ・iPhoneアプリから印刷できるからすぐに印刷できる!
  2. コンビニ印刷でいつでもどこでもスマホやiPhoneから印刷できる
  3. スマホやiPhoneでコンビニ印刷できるから写真屋さんに行く必要なし
  4. コンビニ印刷には2種類あった
  5. ここに注意したい!スマホ・iPhoneからコンビニ印刷
  6. セブンイレブンで印刷したい(スマホ編)
  7. セブンイレブンで印刷したい(iPhone編)
  8. 他4社のコンビニで印刷したい(スマホ編)
  9. 他4社のコンビニで印刷したい(iPhone編)
  10. USBを使ってコンビニで書類印刷もできる
  11. 書類印刷だけじゃない!こんな使い方もあったコンビニ印刷
  12. コンビニ印刷があればどこでもフリーダム印刷
  13. もっとコンビニを便利に使いたい!

スマホ・iPhoneアプリから印刷できるからすぐに印刷できる!

旅行や卒業の各種アルバム、記念日のサプライズボックス、結婚式や運動会の知人への配布写真など、ネットが普及して便利になっているのに個人の写真を印刷して使う機会は以外と多いですよね。そんな時に使えるコンビニ印刷ができるスマホ・iPhoneアプリをご紹介します。

このアプリで印刷する方法を覚えておけば、外出先でスマホや・iPhoneさえあればどこでも写真や書類を印刷することができます。

コンビニ印刷でいつでもどこでもスマホやiPhoneから印刷できる

今回はAndroidとiPhoneのコンビニ印刷用のアプリをご紹介します。このコンビニ印刷用のスマホ・iPhone用アプリをインストールしておくと、撮影した写真をコンビニで手軽に印刷(現像)することができます。このアプリを使えば手元にプリンターがない旅先でもすぐに写真や書類など印刷できます。また、コンビニはいつでも24時間空いているため、時間を気にせず気軽に印刷できます。

スマホやiPhoneでコンビニ印刷できるから写真屋さんに行く必要なし

じつは、最近のコンビニのプリンターは優秀で、写真屋さんのような印刷(現像)もできるのです。また、コンビニプリントは光沢のある用紙で、アプリによっては証明写真を印刷することができます。しかし、専用アプリではなく直接コンビニ印刷を利用する際は、元の画像の解像度が300dpi~400dpiあるように注意する必要があるようです。

コンビニ印刷には2種類あった

スマホ・iPhoneアプリからコンビニの印刷をするには、マルチコピー機を使用します。主にマルチコピー機は2種類あり、富士ゼロックス製のものとシャープ製のものに分かれます。

コンビニによってマルチコピー機には違いがあり、セブンイレブンでは「富士ゼロックス製マルチコピー機」、他の4社(ローソン、ファミマ、サンクス)は「シャープ製マルチコピー機”MX-3610DS”」になります。

ここに注意したい!スマホ・iPhoneからコンビニ印刷

コンビニ印刷する際には、気をつけなければいけないポイントがあります。セブンイレブンでの印刷では常に「プリント予約番号」が配布されます。その数字をメモして忘れてしまうと印刷できなくなってしまいます。また、セブンイレブンの「プリント予約番号」には有効期限があり、有効期間は予約日の翌日です。

また、セブンイレブン以外の4社コンビニのネットプリントでは、「ユーザー番号」で印刷することになります。ここで注意したいのがこの番号を人に知られてしまった場合、知られてしまった人に今後もその番号で、印刷のために登録したものが見られてしまう可能性があります。そのため、取り扱いには十分注意する必要がありそうです。

セブンイレブンで印刷したい(スマホ編)

印刷アプリをスマホにインストール

印刷アプリのインストールの流れ①GooglePlayで「netprint」という専用アプリをインストールします→②mailとパスワードを入力し、会員登録してインストール完了です。

スマホからコンビニで印刷するまで

①アプリを起動します→②「ファイルをプリント」から印刷したい写真ファイルを選択します→③選択すると「プリント予約番号」という数字8桁の番号が配布されます→④セブンイレブンのマルチコピー機から「ネットプリント」を選択し、③の「プリント予約番号」を入力します→⑤先ほど選択した写真が印刷されます。(※印刷の際に気をつけるポイントは用紙、L版というものが写真のような光沢紙になります。)

セブンイレブンで印刷したい(iPhone編)

iPhoneに印刷アプリをインストール

iPhoneでコンビニ印刷アプリのインストールの流れ①iTunesAppStore内で「netprint 写真かんたんプリント」というコンビニ印刷アプリをiPhoneにインストールします→②iPhoneのmailとパスワードを入力し、会員登録が終了するとインストール作業は完了です。

iPhoneからコンビニで印刷するまで

①iPhoneコンビニ印刷アプリを起動します→②「写真のプリント予約へ進む」を選択します→③利用規約に「同意する」を選択するします④「タップして写真を追加」を選択します→⑤iPhoneのカメラロールが表示されるので印刷したい写真を選びます(※一度に一枚だけなので、複数枚印刷したい時は「タップして写真を追加」を押して追加します。最大で10枚まで追加できます。

→⑥写真を追加し終わったら「次へ」を選択します→⑦予約番号を受け取るためのiPhoneのメールアドレスを入力します(※次回のためにここでメールアドレスを登録しておくと、作業が楽になります。又、プリントする時に入力する暗証番号も設定できます。)

→⑧「アップロード」を選択します(※写真をマルチコピー機送っています。)→⑨送信終了後に「プリント予約番号」という数字8桁の番号が配布されます→⑩「プリント予約を続ける」を選択すると、TOP画面に戻ります→⑪セブンイレブンのマルチコピー機から「ネットプリント」を選択し、③の「プリント予約番号」を入力すると、先ほど選択した写真が印刷されます。(※印刷の際に気をつけるポイントは用紙、L版というものが写真のような光沢紙になります。)

他4社のコンビニで印刷したい(スマホ編)

印刷アプリをスマホにインストール

こちらは、ローソンやファミリーマート、サークルKサンクスやセーブオンで印刷する方法です。印刷アプリのインストールの流れ①Googleplayで「ネットワークプリント」(SHARP_CORPORATION)というコンビニ印刷専用アプリをインストールします→②アプリを起動します→③「会員登録はこちら」を選択します→④「下記に同意する」にチェックを入れます

→⑤「メールアドレスで登録」を選択します→⑥メールアドレスを入力し、「送信」を選択します→⑦メールで本登録用のURLにアクセスします(※メールに書いてあるリンクをタップするだけでアクセスできます。)→⑧ニックネームとパスワードを入力します→⑨次へを選択します。これで、OKです。

スマホからコンビニで印刷するまで

①アプリを起動します→②登録したメールアドレスとパスワードでログインします→③ユーザー番号が表示されます(※ユーザー番号は後で使うのでメモの必要があります。)→④「画像を登録する」を選択し、写真へのアクセスを許可します→⑤印刷したい写真ファイルを選択し、「登録」を選択します→(※一度に24枚まで登録可能です。)→⑥写真が送信されます

→⑦コンビニのマルチコピー機から「メニュー」を選択します→⑧「プリントサービス」の中の「ネットワークプリント」を選択します→⑨先ほど③で配布された「ユーザー番号」を入力し、次へを選択します→⑩印刷したい画像サイズを選択します→⑪プリント枚数を設定し、「次へ」を選択します(※写真に日付を入れることも可能です。)

→⑪表示された金額分をマルチコピー機に投入し、「プリント開始」ボタンを選択します→⑫先ほど④で登録した写真が印刷されます。(※L版と2L版いうものが写真のような光沢紙になります。)

他4社のコンビニで印刷したい(iPhone編)

印刷アプリをiPhoneにインストール

こちらはローソンやファミマ、サークルKサンクスやセーブオンで印刷する方法です。iPhone専用印刷アプリのインストールの流れ①iTunesAppStoreで「ネットワークプリント」(SHARP_CORPORATION)というiPhone専用コンビニ印刷アプリをインストールします→②iPhoneのアプリを起動します→③「会員登録はこちら」を選択します→④会員規約の一番下にある「同意する」を選択します→⑤iPhoneのメールアドレスを入力し、「送信」を選択します

→⑥メールで本登録用のURLにアクセスします(※メールに書いてあるリンクをタップするだけでアクセスできます。)→⑦ニックネームとパスワードを入力します→⑧次へを選択します。これで、iPhoneアプリのインストールOKです。

iPhoneからコンビニで印刷するまで

①iPhoneアプリを起動します→②登録したiPhoneメールアドレスとパスワードでログインします→③ユーザー番号が表示されます(※コンビニ印刷する際に必要です。)→④「画像を登録する」を選択し、iPhone内の写真へのアクセスを許可します→⑤印刷したい写真ファイルを選択し、「登録」を選択します→(※一度に24枚まで登録可能です。)→⑥写真が送信されます

→⑦コンビニのマルチコピー機から「メニュー」を選択します→⑧「プリントサービス」の中の「ネットワークプリント」を選択します→⑨先ほど③で配布された「ユーザー番号」を入力し、次へを選択します→⑩印刷したい画像サイズを選択します→⑪プリント枚数を設定し、「次へ」を選択します(※写真に日付を入れることも可能です。)

→⑪表示された金額をマルチコピー機に投入して、「プリント開始」ボタンを選択します→⑫先ほど④で登録した写真が印刷されます。(※印刷の際に気をつけることは写真用の用紙で、L版と2L版いうものが写真のような光沢紙になります。)

USBを使ってコンビニで書類印刷もできる

今回はコンビニ印刷(ネットプリント)をスマホから利用する方法を紹介しましたが、USBを使い自宅のプリンター代わりにコンビニで印刷する方法もあります。コンビニから書類が印刷できるのはとても便利です。

出先で突然書類が必要になったときや履歴書が突然必要になったとき、このアプリを登録したスマホやiPhoneが手元にあれば最寄りのコンビニへ立ち寄るだけで、書類や履歴書がすぐに手に入るのです。下記の記事では、USBを使ったコンビニ印刷が特集されています。

Thumbコンビニ印刷はUSBメモリが便利【word・エクセル・jpg編】

書類印刷だけじゃない!こんな使い方もあったコンビニ印刷

コンビニ印刷を使って「書類」や「履歴書」も印刷できますが、調べてみたところ色々な使い方がありました。「地図」や「俳句写真集」、「豆本」、「漫画」、「フリーペーパー」など、個人の配布物をコンビニ印刷で配布している方もいるようです。使い方さえ気をつければこうした個人で作ったものを配布もできますし、運動会の写真を友達と共有し印刷してもらうこともできます。

もちろん、その場合は印刷しに来た人がコンビニで印刷代を払うわけですから、お金のやり取りが友人間で発生しないという利点もあります。

また、個人でデザインされた 「ブックカバー」や「しおり」、「ランチョンマット」、「郵便物宛名シート」、「肩たたき券」など個人デザインの紙の配布物など、種類も豊富なようです。また、配布方法もInstagramやTwitterなどで番号を配布して印刷してもらうだけです。

個人デザインから、公式デザインものまで配布物は幅広く「カレンダー」や、手帳を充実させる「日付シート」や「ダイエットシート」、「ぬりえシート」、「健康管理シート」、「家計簿シート」、「貯金管理シート」などもあるようです。

コンビニ印刷があればどこでもフリーダム印刷

これまで、コンビニ印刷について調査してきましたが、今回の手順さえ覚えてしまえば本当に便利です。外出先で撮った写真も、スマホやiPhoneさえあればその場で印刷できます。また、プリンターがない場合でもスマホやiPhoneさえあれば書類や履歴書がコンビニで印刷できてしますのです。

今回の調査中多く見かけたのが、やはり友人間や親戚間の写真のやり取りで、遠くにいて好きな写真を選んでもらって印刷できるのも、相手に写真代などを気遣いさせることもない事も、時間を気にせず印刷できることも、どれをとってもスマートな方法だと思えました。これからiPhoneやスマホで撮影した際には、是非使ってみてはいかがでしょうか?

また、コンビニ印刷の利用で面白いと思ったのが、フリーペーパーや個人配布本、ポストカードや年賀状です。iPhoneやスマホで撮影し、画像加工してカレンダーやポストカードや年賀状にして配布している方も見かけました。確かにその方法なら印刷所をつかう必要がなく、少数から始められます。その方法ならば売り出し中のアーティストさんも元手がいりません。また、個人での印刷にも向いています。

スマホやiPhoneのコンビニ印刷の知識さえあればどこでも、写真や書類を印刷することができますし、スマホやiPhoneのアプリを上手に使えばフリーペーパーなどの発信ツールにもなることがわかりました。スマホやiPhoneであなたも何か印刷物を作ってみては?

もっとコンビニを便利に使いたい!

Thumb誕生日の新聞を記念日にプレゼント!コンビニのコピー機でプリントできる?
Thumbコンビニで速達を送ろう!コンビニ郵便の速達便料金・土日は発送可能?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-24 時点

新着一覧