料理が下手な人の共通点や特徴は?原因や克服するコツなど徹底調査

日々の暮らしで役立つ料理下手な人の特徴や共通点、原因についてまとめました。料理下手の原因を知って克服をすれば、暮らしの中でしっかりと料理を楽しめるようになります。料理下手を克服して、美味しい食事を楽しめる暮らしを満喫しましょう!

料理が下手な人の共通点や特徴は?原因や克服するコツなど徹底調査

目次

  1. 料理下手になるのは原因や共通点がある?
  2. 料理が下手な人の特徴は?
  3. 料理が下手になってしまう原因とは
  4. 見た目を気にせず、不要なアレンジを加えるのも料理下手の原因に
  5. 料理下手を克服するには味覚を発達させよう
  6. レシピをきっちりと守るのも料理下手を克服する重要ポイント
  7. 段取りを自分なりに考えて料理下手を克服
  8. 料理上手に見える盛り付けの特徴は?
  9. 下ごしらえや常備菜を活用して、忙しくても美味しい料理を作ろう
  10. アレンジ料理多種多様!ストックすると便利なトマトソース
  11. 料理下手でも簡単に作れるチャーシューのレシピ
  12. お弁当にも入れやすいミートボール料理のレシピ
  13. いろいろなアレンジができるポトフも日々の暮らしにおすすめのレシピ
  14. 料理下手でも簡単に作れるスコップコロッケのレシピ
  15. 料理下手の共通点や特徴をチェックして、克服しよう!

料理下手になるのは原因や共通点がある?

日々の暮らしで料理を楽しむためには

「暮らしの中で美味しい料理を楽しみたいのに、下手でうまくいかない……」というときは、料理下手の特徴や原因についてしっかりとチェックして克服することが大切です。料理下手の人は共通点があり、それを克服することによって暮らしの中で料理を満喫できるようになります。

「自分はもう料理が下手だからやらないほうが良い」とは思わず、失敗したとしても共通点や原因を見出して克服していくことが大切になります。料理はやればやるほど上達していくので、数回失敗したからといって諦めずに原因を克服してステップアップしていくことが重要。料理に慣れて、暮らしの中で美味しい食事を楽しみませんか?

料理下手を克服しよう!

「料理下手の人の特徴や共通点を知りたい」「料理が下手になってしまう原因をチェックしたい」というときに役立つポイントについてご紹介します。日々の暮らしで役立つ料理のレシピもまとめました。料理下手の共通点や特徴を学んで、原因を克服していきましょう!

料理が下手な人の特徴は?

料理を人に出す機会がない

料理下手の原因を知るためには特徴を知っておくことが大切。自分の生活スタイルに当てはまったら改善していくようにするのがおすすめです。

まず料理下手の共通点として当てはまるのが人に料理を出す機会がないこと。自分だけで食べると考えるとついつい料理が面倒くさくなってしまいますよね。そのために料理を作るが億劫になり、料理下手に。まずは料理をすることが楽しいと思える環境を作ることが大切です。

味見をしないのも共通点

味見をしないにも料理下手の共通点。味見をせずに完成させてしまうことで、いざ食べたときに「想像していた味とは違う……」ということになってしまいます。仕上げの時点で味の調整をすることは可能なので、必ずお皿に盛り付ける前に味見をしましょう。味見をして好みの風味に仕上げることが大切になります。

料理が下手になってしまう原因とは

料理の段取りが悪い

料理下手だと思われてしまう人の共通点や原因としてあげられるのが段取りが悪いということ。切ったり、炒めたりといった調理工程は段取り良く進めないと時間がかかり、料理が美味しくなくなってしまう場合があります。まずは料理に慣れて段取りの組み立てができるようになるのがポイント。

献立の組み合わせが良くない

献立の組み合わせが良くないのも料理下手の特徴としてあげられます。3品の料理すべてが油料理だったり、同じような味付けだったりすると食べているうちに飽きてしまうので要注意。各料理ごとに味のメリハリをつけることが大切になります。メイン料理がこってり系だったら副菜はさっぱり系にするなど、バランスを考えましょう。

見た目を気にせず、不要なアレンジを加えるのも料理下手の原因に

レシピを守らないでアレンジを加えると失敗しやすい

料理下手の人はレシピを読み込まずに自分流のアレンジを加えることも特徴としてあげられます。自分流のアレンジを加えることで本らの味とはかけ離れたものとなってしまい、結局は「あまり美味しくない」という結果に。料理初心者の方は不要なアレンジを加えずにレシピ通りに作ることが大切です。

見た目を気にしないのは料理下手の特徴

どんなに美味しい料理ができあがったとしても見た目がイマイチだと食べる気がなくなってしまいますよね。見た目を気にしないのも「料理が下手だなあ」と思われてしまう原因。茶系の料理なら彩りを添えたり、器の組み合わせを考えたりと、ちょっとした工夫を加えるだけで一気に料理を美味しそうに見せることができるようになります。

料理下手を克服するには味覚を発達させよう

味見をして自分の舌で覚える

料理下手を克服するための第一歩としておすすめなのが、味見をしっかりしてどのようにすれば好みの味になるのか舌に覚えさせることが重要になります。どのくらいの分量の調味料を入れれば丁度良い味になるのか、調節をしながら料理に慣れていくことが大切。まずはレシピ通り作り、味見をしながら調節しましょう。

外食のときも味付けを参考にする

外食も味の参考にして自分の料理に取り入れると効率的。外食の味を参考にしていけば、どのくらいの味付けが自分の好みなのかはっきりとします。ただ食べるだけでなく、ぜひ味の調節の参考にしてみてくださいね。

レシピをきっちりと守るのも料理下手を克服する重要ポイント

分量や工程を守って

分量や工程をきっちりと守ってレシピ通りに作ることは料理下手を克服する大きな一歩です。不要なアレンジは加えず、レシピの工程通りに作っていきましょう。どんなに料理に慣れていないとしても、簡単なレシピを参考にしていけばきちんとした料理を完成させることができます。まずはレシピを読み込んで料理の基礎を習得してくださいね。

アレンジを加えるのは慣れてから

自分なりのアレンジを加えるのは料理に慣れてからにしましょう。炒め物や煮物など、しっかりと手順を習得した後にアレンジを加えてみると料理のバリエーションが一気に増えます。レシピ通り作るのに慣れてきたら辛味を加えたり、野菜をプラスしたりと好みに合わせてアレンジを楽しんでみてくださいね。アレンジを加えることで料理上手へとぐっと近づけます。

段取りを自分なりに考えて料理下手を克服

まずはレシピの工程を参考に

段取りの悪さは料理下手の大きな原因になります。段取りを習得するためには、まずレシピの工程を参考にしましょう。レシピの工程通りの段取りを組んでいけばスムーズに作ることができるようになります。調味料はあらかじめ混ぜ合わせておく、野菜はすべて切っておく、といった下準備をしっかり行っておけば調理中に戸惑うことなく効率的に料理を完成できますよ。

自分なりの段取りを考えてみて

レシピ通りに作ることに慣れてきたら、自分なりの段取りを考えましょう。2〜3品の料理を作るときは並行して調理作業をすることが必要になります。炒めたり、茹でたりといった工程をどのように並行して行えばスムーズに料理を仕上げることができるか段取りを決めてください。慣れてくれば、料理をしながら段取りを組めるので効率的です。

料理上手に見える盛り付けの特徴は?

高さを出して、器にもこだわる

盛り付けにこだわることも料理上手になる重要なポイント。まずおさえておきたいのが盛り付けに高さを出すことです。サラダや炒め物など、どのような料理でも山形になるようにこんもりと盛り付けることできれいな仕上がりに。平面的だと美味しく見えないことが多いので、気をつけましょう。

彩りを意識する

彩りを意識することも大切。茶系に偏ると見た目が地味になりすぎるので、緑・黄・赤といったバラエティ豊かな色を取り入れてカラフルに仕上げてみてくださいね。

下ごしらえや常備菜を活用して、忙しくても美味しい料理を作ろう

時間がないときに便利な常備菜

常備菜は時間がないときの救世主。時間があるときにまとめて作っておくと、忙しいときでも段取り良く食事を仕上げられます。料理に慣れてきたら、ぜひ常備菜も取り入れていきましょう。

アレンジ料理多種多様!ストックすると便利なトマトソース

トマトソースに必要な材料

トマトソースは時間があるときに多めに作ってストックしておくと便利。パスタにからめたり、トーストに塗ってピザトーストにしたりとあらゆる料理で役立つので段取り良く調理ができないときにぴったりです。たくさんトマトソースを作ったら冷凍しておくと長期保存が可能。小分けにして冷凍庫に入れておけば1ヶ月ほど日持ちします。ぜひバラエティ豊かな料理で活用してみてくださいね。

トマトソースに必要な材料は、トマト缶400g、ニンニクひとかけら、玉ねぎ1個、コンソメキューブ1個、塩胡椒になります。風味をプラスしたいときはバジルやオレガノを少量入れましょう。鷹の爪を入れるとピリッとした辛味が加わります。シンプルなレシピなので好みに合わせてアレンジしてみてくださいね。

トマトソースの簡単レシピ

玉ねぎとニンニクはみじん切りにします。オリーブオイルをしいた鍋を弱火にかけてニンニクを入れ、香りが出るまで炒めましょう。香りが出てきたら玉ねぎをプラス。玉ねぎが透き通るまで炒めたらトマトの缶詰を入れ、かたまりを潰しながら煮ていきます。コンソメキューブを入れて煮詰め、塩胡椒で味付けをしたら完成。なめらかな状態にしたいときは粗熱をさましてミキサーで攪拌しましょう。

料理下手でも簡単に作れるチャーシューのレシピ

チャーシューに必要な材料

チャーシューも料理下手の方におすすめしたいレシピ。とても簡単に作れるのに本格的な味に仕上がるので、ぜひチャレンジしてみてはいかがですか。そのまま食べるのはもちろんのこと、丼にしたり、ラーメンにトッピングしたり、チャーハンの具材にしたりとあらゆるアレンジが可能です。多めに作って常備菜として活用してみてくださいね。

チャーシューに必要な材料は、豚ロースのかたまり肉1つ、醤油・酒・砂糖各100ml、玉ねぎやニンジンなど好みの野菜になります。豚肉が煮えにくい場合は水を50〜70mlほど加えて調節しましょう。甘めにしたいときは醤油100ml、砂糖100ml、酒50ml、みりん50mlにしても美味しくいただけます。

日々の暮らしで役立つレシピ

豚ロースのかたまり肉の全体にフォークをさして穴を開けていきます。こうすることで味がしみこみやすくなるので、ひと手間かけましょう。鍋で豚肉の表面をこんがりと焼いたら、乱切りにした野菜類を加えます。酒・醤油・砂糖を加えて蓋をし、中火で30分ほど煮込みます。途中で豚肉をひっくり返しながら味をなじませ、中まで火が通ったら完成。

お弁当にも入れやすいミートボール料理のレシピ

ミートボールに必要な材料

ミートボールはお弁当にも入れやすい常備菜として役立ちます。お弁当にミートボールが入っているだけでボリュームが出るのでメイン料理として大活躍。チーズやホワイトソースをトッピングしてグラタン風にしても良いですし、トマトソースと合わせてミートボールパスタにしても美味。冷凍ストックもできるので、いろいろなシーンで活用できます。

ミートボールに必要な材料は、牛乳大さじ3、パン粉大さじ2、豚ひき肉200g、ケチャップ70ml、水100ml、醤油小さじ1、ソース大さじ1、塩胡椒になります。風味をつけたいときはミートボールのタネにナツメグを少々加えましょう。

暮らしに取り入れやすい簡単レシピ

牛乳とパン粉を混ぜ合わせてふやかしておきましょう。ふやかしたパン粉・豚ひき肉・塩胡椒をボウルに入れて、ねばりが出るまでしっかりとこねます。ケチャップ・ソース・醤油・水をフライパンに入れてひと煮立ちさせたら一口大に丸めたミートボールのタネをプラス。ときおりミートボールを転がしながら煮詰め、煮汁が半分になったら火を止めます。5分ほど置いてしっかりと味がなじんだら完成。

いろいろなアレンジができるポトフも日々の暮らしにおすすめのレシピ

ポトフに必要な材料

ポトフもいろいろなアレンジが楽しめる便利なレシピ。初日は普通のポトフとして食べ、次の日にカレールーを入れればカレーに早変わりします。カレーが残った場合は焼きカレーにしたり、カレーうどんにしたりといったアレンジも可能。このようにして料理のアレンジのバリエーションを増やしておくと忙しいときでも美味しい料理を楽しめるようになります。

ポトフに必要な材料は、ジャガイモ3個、ニンジン1本、玉ねぎ1個、ベーコン100g、キャベツ1/4個、コンソメ顆粒大さじ3、オリーブオイル、塩胡椒になります。ベーコンにプラスしてウインナーを入れても美味。ブロッコリーや大根など冷蔵庫に余っている野菜をいろいろプラスすれば具沢山のポトフに仕上がります。

気軽に作れるレシピ

野菜類は食べやすい大きさにカットし、ベーコンはスライスしておきます。鍋にオリーブオイルをしき、ベーコンがこんがりするまで焼きましょう。野菜類をプラスして炒め合わせます。油が回ったら野菜がかぶるくらいの水を入れ、コンソメ顆粒をプラス。蓋をしてジャガイモが柔らかくなるまで煮ます。塩胡椒で味を整えたら完成。

料理下手でも簡単に作れるスコップコロッケのレシピ

スコップコロッケに必要な材料

料理下手の人にとって揚げ物はハードルが高いですよね。そんなときにおすすめなのがスコップコロッケ。スプーンですくうタイプの揚げないコロッケなので料理初心者の方でも簡単に作ることができます。揚げないことでカロリーをおさえられるのも嬉しいポイント。豪華な見た目でおもてなしシーンにも役立ちます。

スコップコロッケに必要な材料は、玉ねぎ1/2個、ジャガイモ400g、ひき肉150g、みりんと豆乳各大さじ1、パン粉30g、オリーブオイルになります。お好みに合わせてブロッコリーやニンジンといった野菜をプラスしてもOK。カレー粉を加えるとスパイシーな風味になります。好みに合わせてアレンジを楽しんでくださいね。

暮らしに取りいれたい簡単レシピ

フライパンにパン粉を敷き詰め、弱火〜中火にかけます。フライパンをゆすりながら乾煎りし、全体がこんがりするまで加熱。ジャガイモは皮をむいて適当な大きさにカットしたら電子レンジで加熱して柔らかくします。玉ねぎはみじん切りにし、油をしいたフライパンで炒めましょう。

玉ねぎが透き通ったらひき肉を加え、色が変わるまで炒めます。ボウルに炒めたひき肉と玉ねぎ、マッシュしたジャガイモを加えて混ぜ合わせましょう。豆乳を加えて混ぜ、塩胡椒で味を整えたら耐熱容器にしきつめます。乾煎りしたパン粉をトッピングし、オリーブロイルをまわしかけてください。トースターで軽く焼き、焦げ目がついたら完成です。

料理下手の共通点や特徴をチェックして、克服しよう!

料理下手は原因を知っておけば、克服することができます。人に食べてもらったり、SNSに写真をアップすることでモチベーションを高め、料理を満喫してみてくださいね。

合わせて読みたい!料理下手の参考になる記事

Thumb野菜の切り方ご紹介!初心者でもわかりやすい基本・種類や名前など
Thumb料理初心者でも失敗しない簡単レシピ&コツを紹介!おすすめのレシピ本も!
Thumb時短料理のレシピ・コツまとめ!働くママでもできるアイデアや手抜きテク

こちらの関連記事もおすすめ

関連するキーワード

アクセスランキング

2019-09-22 時点

新着一覧