哺乳瓶を嫌がる・飲まない!赤ちゃんが拒否する原因や対策法紹介

赤ちゃんが哺乳瓶でミルクをごくごく飲んでいる姿はなんとも微笑ましいですよね。しかしそんな赤ちゃんが突然哺乳瓶でミルクを飲まないようになることがあるというのです。そこで、赤ちゃんが哺乳瓶でミルクを飲まない原因やその対策をまとめてみました!

哺乳瓶を嫌がる・飲まない!赤ちゃんが拒否する原因や対策法紹介

目次

  1. 赤ちゃんが哺乳瓶で飲まない理由やその対策は?
  2. 飲まないこともある!?赤ちゃんと哺乳瓶について
  3. 赤ちゃんが突然哺乳瓶で飲まないように
  4. 哺乳瓶で飲まない!ということは未然に防げる!?
  5. 赤ちゃんが哺乳瓶で飲まない時期はいつごろ?
  6. 哺乳瓶で飲まない赤ちゃんに関するエピソードは?
  7. 赤ちゃんが哺乳瓶で飲まない原因は?
  8. 赤ちゃんが哺乳瓶で飲まないときの対策は?
  9. 飲まない赤ちゃんはいない!?おすすめ哺乳瓶
  10. 哺乳瓶で飲まない赤ちゃんには原因別の対策を!

赤ちゃんが哺乳瓶で飲まない理由やその対策は?

赤ちゃんと言えばかわいらしく哺乳瓶でミルクを飲む姿がとてもかわいらしいですよね。しかし、順調に哺乳瓶でミルクを飲んでいても、突然哺乳瓶でミルクを飲まないようになったりするのです。そうなるとママは大慌て!何しろ、まだまだ小さい赤ちゃんは母乳やミルクが栄養源ですから、ミルクを飲まないとなるとなると、栄養が取れなくなってしまうということになってしまうのです。

飲まないこともある!?赤ちゃんと哺乳瓶について

哺乳瓶を全く使わないというママは実はそんなにいないのではないでしょうか。たとえ完全母乳だとしても、飲み切らなかった母乳を冷凍保存しておき、何か用事があるときにはそれを哺乳瓶に入れて赤ちゃんに飲ませるということもしたりするからです。哺乳瓶はママのお乳と同じ仕組みで、下を使って絞り出して吸うと出てくる仕組みになっています。

母乳とミルクの混合で育てていると、口に入れる感触が変わってしまうため、赤ちゃんが混乱してしまう、なんて話も聞いたことがあります。しかし、最近の哺乳瓶はママのお乳になるべく近づけたような作りになっているようですし、そこまで赤ちゃんも違和感なく哺乳瓶でミルクや母乳を飲めているのではないでしょうか。となると、突然哺乳瓶で飲まないようになる理由が気になるところですよね。

赤ちゃんが突然哺乳瓶で飲まないように

哺乳瓶でミルクを飲まないようになることを、よく「哺乳瓶拒否」などと言います。例えばずっと母乳育児をしていて、何かのきっかけで哺乳瓶を突然使おうとすると、赤ちゃんはやはりママのお乳が大好きですから、哺乳瓶拒否を起こすことは十分に考えられます。しかし、ミルクで育てている場合でも、昨日まで普通に哺乳瓶でミルクを飲んでいたのに、いきなり哺乳瓶を嫌がるということが起こるのです。

哺乳瓶で飲まない!ということは未然に防げる!?

この哺乳瓶拒否はとても厄介な問題です。離乳食が始まっていれば、まだいいものの、まだ母乳やミルクだけで栄養を取っている赤ちゃんが哺乳瓶拒否を起こしたら、水分不足・栄養不足がどうしても心配になります。となると、できれば哺乳瓶拒否は起こしてほしくないものですよね。なんとか未然に防ぐ方法はないのでしょうか。

正直未然に防ぐということは難しいかもしれません。しいて言うなら、完全母乳で育てているママでも、いつか哺乳瓶を使う日のために、哺乳瓶でも母乳をあげるように訓練しておくのがいいかもしれません。ただ、それでも哺乳瓶拒否は起こす可能性は十分にありますから、これは誰しもが通る道だと割り切ったほうがいいのかもしれません。

赤ちゃんが哺乳瓶で飲まない時期はいつごろ?

ほとんどの赤ちゃんに訪れる哺乳瓶拒否ですが、だいたいいつくらいにやってくるものなのでしょうか。調べたところ、だいたい生後3~4ヶ月くらいにこの哺乳瓶拒否をするようになるそうです。生後1ヶ月から3ヶ月のころはまだまだ赤ちゃんも小さく、何が何だか分からないままミルクや母乳を飲んでいます。しかし、生後4か月くらいになると首も座り、だんだんしっかりしてきますよね。

表情もそのころ出てくるようになります。そんな成長の流れで哺乳瓶拒否を起こすようで、その嫌がり方は半端ないようです。これまで何の問題もなく哺乳瓶を加えていた赤ちゃんが、いきなり哺乳瓶を診ると嫌な顔をしたり、泣き出したりします。哺乳瓶拒否の仕方は赤ちゃんによっても様々です。まるでこの世の終わりかのような泣き方をして、ミルクをあげたいママにとってはお手上げ状態になることもあります。

哺乳瓶で飲まない赤ちゃんに関するエピソードは?

この哺乳瓶拒否に関するエピソードはかなりあるようです。ミルクと母乳の混合で育てていたママ。ある日突然哺乳瓶拒否を始めてしまい、ママはてんやわんやに。もちろんその原因もわからず、なんとかミルクを飲ませようとしますが全く飲んでくれず、さらには母乳すら飲んでくれなくなるという始末。とりあえず水分補給だけでも、と赤ちゃん用の麦茶をあげてしのいだというエピソードがあるようです。

筆者の子どもは、突然哺乳瓶拒否するようになったのではなく、最初から哺乳瓶を拒否していました。仕事の関係で、生後5か月ごろに一度哺乳瓶に慣れさせようとしてみたのですが、これまで筆者のお乳しかしらない子供は哺乳瓶でうまく飲めず、それがきっかけで哺乳瓶嫌いに。頑張って飲んでも10mlくらいと微量・・。仕方がないので、スプーンでひたすらミルクをあげたという経験があります。

赤ちゃんが哺乳瓶で飲まない原因は?

赤ちゃんが哺乳瓶でミルクを飲まないようになる原因がいくつか考えられ鵜用です。原因は様々ですが、赤ちゃんが成長している証だとも言えるそうです。これまで何も分からなかった赤ちゃんが何かしらの違和感に気付けるということは立派な成長なのです。

まず原因その1。哺乳瓶そのものが気にくわないというものです。特に、母乳とミルクの混合で育てている赤ちゃんにはよく起きやすいかもしれません。今の哺乳瓶はお乳に近い触感になっているようですが、何もかも敏感に感じ取る赤ちゃんにとっては、ママのお乳と哺乳瓶の違いはだんだんわかってくるのでしょう。やはりママのお乳が一番なわけですから、「哺乳瓶でなんて飲めるか!」と言う気持ちなのでしょう。

原因その2としては、ミルクの味が嫌いというもの。生後4か月くらいになってくると味覚も発達してくるそうです。確かに早い赤ちゃんでは生後5か月くらいには離乳食を始めますから、味覚もついてきているのでしょうね。そうなると、自分の好みのミルクの味ではないということに気付いたりします。また、母乳の味との違いも分かるようになり、ミルクは嫌だ!となるのでしょう。

哺乳瓶でミルクをあげるときは、だいたいママが抱っこして飲ませることが多いと思います。母乳の時と同じでその抱き方はとても大事。赤ちゃんとしてもリラックスして落ち着いた状態で母乳やミルクを飲みたいものですよね。しかし、その抱っこの仕方がおかしいと感じると、こんな大勢でミルクが飲めるか!と哺乳瓶拒否を起こす原因になることもあるようです。

赤ちゃんが哺乳瓶で飲まないときの対策は?

赤ちゃんが哺乳瓶拒否を起こす原因は意外にもたくさんあるようですね。成長のあかしと言えども、栄養源であるミルクや母乳を飲んでくれないことは、ママとしては心配ですから、なんとか早急に対策を取る必要があります。

赤ちゃんが哺乳瓶拒否を起こしている原因は拒否の仕方でわかるわけではありません。対策をいろいろ試してみるしか方法はないと思います。まず手っ取り早い対策は抱っこの姿勢を変えてみること。それで解決すれば万々歳。それで何も変化がなければ、まずは哺乳瓶を変えてみましょう。哺乳瓶拒否の原因で一番多いのがこれでしょう。今使っているものとは全く違うタイプにしてみるのもいいかもしれません。

次に、ミルクを変えてみるというのも手です。ミルクは小分けになっているものが少ないのでなかなか変えづらいですよね。ですから、ミルクを変えるという対策は一番最後に持ってきておいた方がいいかもしれません。もし、知り合いのママ友に違うメーカーのミルクを分けてもらえたりするようであれば、哺乳瓶そのものを変えるよりも、ミルクを変えることを先に試してみてもいいかもしれません。

飲まない赤ちゃんはいない!?おすすめ哺乳瓶

哺乳瓶と赤ちゃんの愛称はとても重要です。そこで、哺乳瓶拒否を起こした赤ちゃんにおすすめの哺乳瓶をご紹介します。

まず、一番使っている人が多いのが、ピジョンから出ている母乳実感という哺乳瓶です。この哺乳瓶の魅力はなんといってもママのお乳にとにかく近いということ。母乳を飲むのと同じように飲めるというのが最大の魅力ですから、赤ちゃんが乳頭混乱を起こしにくいようです。混合育児をしているママには一番おすすめの哺乳瓶です。

ドクターベッタの哺乳瓶もおすすめです。特徴的なのがこの哺乳瓶の形。赤ちゃんが母乳を飲む姿勢と同じように哺乳瓶でも飲めるようにということで、このようなカーブの作りになっているようです。

こちらは母乳を飲めるように訓練するための哺乳瓶なので、赤ちゃん自身もママのお乳とさほど違和感なくこちらの哺乳瓶を使ってくれるはずです。実際、この哺乳瓶であれば混合がうまくいったという声もあるようです。

ビーンスタークというメーカーの哺乳瓶も人気のようです。こちらの哺乳瓶のつくりも、やはりママのお乳に近いつくりになっており、母乳を飲むときと同じようにしっかり顎を使って飲めるような設計になっているようです。

哺乳瓶で飲まない赤ちゃんには原因別の対策を!

哺乳瓶拒否は、赤ちゃんの立派な成長!拒否されるのはなかなか辛いものはありますが、原因によってしっかり対策をとれば、必ず哺乳瓶拒否を克服できるはずです!哺乳瓶拒否でめげずに頑張りましょう!

赤ちゃんの哺乳瓶についてもっと知りたいあなたへ

Thumb哺乳瓶の消毒方法は?電子レンジや洗剤などおすすめのやり方・商品
Thumb赤ちゃんの哺乳瓶で人気・おすすめの商品は?選び方についても解説

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-06-17 時点

新着一覧