まつげのパーマで気をつけたいところは?メリットとデメリットをご紹介!

女性なら誰でも、くるんとカールした長いまつげにあこがれますよね。まつげパーマは、そんな理想のまつ毛を簡単に作れる方法として人気です。ただ、まつ毛パーマにはメリットもあればデメリットもあるんです。今回はまつ毛パーマの注意点やメリット・デメリットを解説します!

まつげのパーマで気をつけたいところは?メリットとデメリットをご紹介!

目次

  1. 綺麗なまつげが欲しい!
  2. まつげパーマとは?
  3. まつげパーマのメリット①時短メイク
  4. まつげパーマのメリット②ビューラーよりダメージが少ない
  5. まつげパーマのメリット③華やかなまつげ!
  6. まつげパーマのデメリット①目元はデリケート
  7. まつげパーマのデメリット②どこでかけるのか?注意!
  8. セルフでまつげパーマは出来る?
  9. セルフまつげパーマのメリットは
  10. セルフまつげパーマのデメリットは
  11. 安全に!セルフまつげパーマの注意点
  12. 上手に!セルフまつげパーマの注意点
  13. 健康なまつげを育てるために【内側から】
  14. 健康なまつげを育てるために【外側から】
  15. まつげパーマの持ちを良くするには
  16. 賢くまつげパーマを使って目元美人に!

綺麗なまつげが欲しい!

スキンケアで肌を綺麗にしたり、メイクアップして顔立ちを綺麗に見せたりと、女性にとって美容は永遠のテーマですよね。さて、お顔の印象を美人に見せるために重要なパーツの一つ、まつ毛については皆さんどのようにメイクしていますか?

スッと長いまつげやクルッと上向きのまつげは、それだけで女性のお顔をキレイに可愛らしく見せてくれるものです。ビューラーとマスカラを使ったアイメイクでも、もちろん綺麗な目元は作れますが、今回は「まつげパーマ」による目元の印象アップについて解説したいと思います。

まつげパーマをやったことがある人も、まだ経験がない人も、やろうかどうか迷っている人も…メリット・デメリットや注意点も解説しますので、ぜひチェックしてみて下さいね。

まつげパーマとは?

まつげパーマとは、文字通りまつげに対してかけるパーマです。美容院で髪の毛にパーマをかけたことがある人は多いでしょう。髪の毛にかけるパーマのように、まつげに理想の上向きカールの形をつけるパーマが、まつげパーマなのです。

まつげパーマでは、専用の薬剤をまつ毛に塗り、丸くカーブの形を付けて規定時間放置するという、髪の毛のパーマと似た方法で施術を行います。では、ここからまつげパーマのメリットやデメリット、そしてセルフでまつげパーマをする際のポイントを解説していきます。

まつげパーマのメリット①時短メイク

ビューラー要らず!

まつげパーマをかけたまつ毛は、洗顔したり眠ったりしても基本的にはカールが落ちません。そのため、まつげパーマをかけると、毎朝のメイクでビューラーを使ってまつ毛を上げるという工程を省くことができます。

さらに、まつ毛の量や仕上がりのお好みにもよりますが、人によってはマスカラもつけずにアイメイクを完成させる人もいるようです。ビューラーとマスカラを使って、綺麗なまつげの曲線とボリュームを作るメイクは、意外と時間がかかるものですよね。

そのまつげメイクの手間が毎朝省けるということで、朝の準備が時短になるという大きなメリットがまつげパーマにはあります。朝の時間短縮って、少しでも貴重ですよね!

まつげパーマのメリット②ビューラーよりダメージが少ない

意外と強いアイメイクのダメージ

まつげパーマって、まつ毛を傷めるのでは?と思う人もいるかもしれません。しかし、一概にまつげパーマのダメージが大きいとは言えないのです。なぜなら、ビューラーとマスカラを使ったアイメイクでも、まつ毛やまぶたには大きな力がかかっていて、意識している以上にダメージを与えているからです。

確かにまつげパーマは、髪の毛のパーマと同じようにまつ毛へのダメージがあるものです。しかし、パーマをかける代わりに、日々のビューラーやマスカラによるダメージは無くなります。

パーマによるダメージをまつげ美容液などでケアをしていれば、毎日ビューラーを使うよりもまつげパーマをかけてしまった方が結果的にまつ毛へのダメージは少なくて済むという考え方もできるのです。

まつげパーマのメリット③華やかなまつげ!

上向きまつげの威力!

まつげパーマで作った上向きのまつ毛は、なんといっても華やかです!ビューラーによるまつげメイクでも、上手に上げれば華やかなカーブは作れます。しかし、まつげパーマはそれよりも楽に、毎日の再現性もよく、綺麗なまつげを楽しむことができます。

不器用でビューラーが苦手!まつげのメイクが満足な仕上がりにならない!と思っている人は、思い切ってまつ毛パーマをかけてしまうのも一つの手だといえるでしょう。プロの手で綺麗なカールが手に入ります!

すっぴんの底上げ…

まつげパーマの効果が発揮されるのは、メイクをした時だけではありません。もちろんパーマですから、すっぴんの時だってまつげは上向きにカールしてくれています!アイメイクを全くしていなくても、まつげがクルンとカールしているだけで、薄化粧をしているように見えたり、ちょっと可愛く見えるものです。

ちょっとそこまで出るだけ…なんて時に、マスクで顔を半分隠してしまえば、あとはまつ毛パーマの力ですっぴんをごまかしてしまうことが出来ます。また、お泊りの時のすっぴん披露に抵抗があるという人は、まつげパーマをかけてしまえばすっぴんも怖くありません!

まつげパーマのデメリット①目元はデリケート

目の健康に注意

まつげパーマにはたくさんのメリットがありましたが、一方で注意すべき点やデメリットもあります。まず第一に、まつげパーマは非常にデリケートな目の周りやまつ毛に薬剤を使うパーマだということです。

サロンでは安全性に配慮して施術を行うはずですが、目の粘膜の非常に近い部分に触る施術なので、やはり気をつけていてもリスクはあります。

まつげパーマのデメリット②どこでかけるのか?注意!

まつげパーマの資格は実はグレー

まつ毛パーマは、本来美容師の資格を持っていなければ施術を行ってはいけないと「美容師法」という法律で定められています。しかし、実際にはきちんと資格がない人が施術を行っていたり、そういった管理がきちんとできていない美容サロンもあります。

美容師法自体が昭和30年代から存在する古い法律であるため、まつげパーマなどの新しい美容技術についての取り締まりが行き届いていないのが現状です。

まつげパーマをかけるサロンを探す際に、アクセスや施術料金の安さなどを重要視して選ぶ人は多いかもしれませんが、きちんと資格がある人が施術してくれるお店なのかどうか、注意して場所を選ぶ必要があるでしょう。

一つ目のデメリットでもご説明したように、まつげパーマはデリケートな目の粘膜の近くを触る施術ですから、そういった点でも信頼できるサロンを選びたいものです。

セルフでまつげパーマは出来る?

まつげパーマをかけてくれる美容院や美容サロンはたくさんありますが、実は自宅で自分でかけることが出来るまつげパーマのキットも売られています。インターネットや雑貨屋でも買うことができるので、サロンに行かずに自宅でセルフパーマをかける人も多いようです。

では、サロンでのまつげパーマと自宅でのセルフまつげパーマ、どちらが良いのでしょうか?サロンでのまつげパーマにメリット・デメリットがあったのと同じように、セルフのまつげパーマにもメリット・デメリットがありますので、解説していきます。

セルフまつげパーマのメリットは

とにかく低コスト

セルフキットを使ってまつげパーマをかける最大のメリットは、コストが安いことです。サロンに行ってかけるのに比べて断然安いため、日常的にまつげパーマをかけておきたい人や慣れた人は、セルフのまつげパーマをリピートする傾向にあるようです。

サロンでのまつげパーマの値段は、安いところだと3000円位から、高いところだと10000円近くかかるところもあるようです。高いお店が単純に良いお店だとも限らないため、きちんと調べてカウンセリングなどで判断して施術を受けましょう。

サロンの値段に対して、セルフ用のまつげパーマのキットは、大体10回分くらいのセットが3000円程度で購入できるため、かなり安いのです。

セルフまつげパーマのデメリットは

やはり安全性の心配

インターネットで売られているまつげパーマのキットは、化粧品ではなく雑貨として販売されており、万が一健康被害などがあった場合に、きちんと対応や保障をしてもらえるとは限りません。

説明書きを見ながら自分で施術すると、慣れないので失敗することもあるかもしれません。そういった危険性を考えると、セルフのまつげパーマは避けるという人もいます。

効果の違い?

セルフのまつげパーマは、自分の施術の仕方によっては効果が低いことがあります。また、施術直後はカールがついたと思っても、パーマの持ちが悪いこともあるようです。その点は、サロンで施術するまつげパーマの方がクオリティは安定していると考えられます。

安全に!セルフまつげパーマの注意点

時間管理が重要

セルフでまつげパーマをかける場合、決められた放置時間を必ず守りましょう。カールを強くかけたいからといって素人判断で放置時間を長くしてしまうと、薬の作用が強すぎてまつ毛を傷めてしまう危険性があります。また、目の中に薬が染みてきたら大変ですので、放置時間は必ずきちんと守りましょう。

目に入らないように!

パーマ用の薬剤や、ロットにまつげを巻きつけるための糊が、目の中に入ってしまうと危険です。綿棒などに薬剤をとってから塗布したり、一度にたくさん塗らないように気をつけて、目に異物が入らないようにしましょう。

万が一薬剤が目に入ってしまったら、すぐに洗い流してください。異物感や痛みなどの異常がある場合は、きちんと眼科を受診しましょう。

生理中は避けよう

新しい化粧品などを試すときに、生理中は避けた方が良いとよく言われますね。それは、生理中の肌は普段よりも敏感になっているからです。まつげパーマも、薬剤を使うため肌への刺激があります。出来るだけ肌の荒れやすい生理中を避けて施術する方がいいでしょう。

上手に!セルフまつげパーマの注意点

綺麗にロットに巻く

セルフでのまつげパーマは、細いロットにまつげを巻きつけてカールの形を作ります。ロットに巻き付けた形が、そのまま仕上がりの形になるため、まつ毛が折れた状態だったり、横に不自然に流れた形でロットに巻いてしまうと、その形で固定されてしまいます。

ロットに巻きつける前に、まつげをコームで梳かしたり丁寧にビューラーをかけたりして、理想的なまつげの形でロットに巻けるようにしましょう。

健康なまつげを育てるために【内側から】

タンパク質とビタミンE!

ビューラーとマスカラを使ってまつげのメイクをするにしても、まつげパーマをかけるにしても、まつ毛自体を健康な状態に保っておくことがとても大切です。自分のまつげが痛んでしまっていると、ビューラーでうまくカールをつけることが出来ませんし、まつげパーマのダメージにも耐えられません。

まつげも体の一部ですから、私たちが食べたものから得られる栄養で出来ています。しかし、特別にまつ毛を育てるために働く栄養素というのは、残念ながらありません。髪の毛などと同じで、タンパク質がまつ毛の材料になります。

卵やお肉、大豆食品などを食べると良いんですね。また、ビタミンEにはまつげを抜けにくくする効果があります。アボカドやナッツ類、玄米などがビタミンEを摂るためにはおすすめです。

健康なまつげを育てるために【外側から】

まつ毛用美容液を活用

中から摂る栄養もまつ毛を育てるためにはとても大切ですが、外からのケアとしてまつげ用の美容液を活用するのもおすすめです。筆タイプやマスカラタイプなど様々なまつ毛美容液が売られています。

まつげ美容液を使う場合は、それぞれの製品の用法用量を守って、正しい使い方をしましょう。早くまつ毛を育てたいからといって多く塗りすぎると、まぶたの腫れや目の病気の原因になることもあります。

また、目の周りを清潔な状態にした上で、美容液を使うように心がけましょう。繰り返し使ううちに雑菌が繁殖してしまうと、目のトラブルの原因になってしまいます。

まつげパーマの持ちを良くするには

こすらない!いじらない!

まつげパーマは、だいたい施術から1〜1ヶ月半くらいカールが持つといわれています。ただ、普段の生活の仕方やまつげの扱い方によって、この期間の長さには個人差が生まれてきます。せっかくまつげパーマをかけたら、できるだけ長く持った方が嬉しいですよね。

では、何に気をつければまつげパーマの持ちを長くすることが出来るのでしょうか?まず、目元をゴシゴシこすったり、いじったりする癖のある人は要注意です。まつげを手で触っていじることが多いほど、パーマは取れやすくなってしまいます。

また、寝る時にうつぶせの姿勢で寝て、顔を枕につけている人も、まつげがつぶれた形になってしまってパーマが取れやすくなるので気を付けましょう。

ビューラーは控えて

まつげパーマをかけてまつげが上向きなっていると、もっと強くカールさせたいと思って、ついついビューラーを使ってしまう人もいるようです。しかし、ビューラーの力によってパーマで作ったカールが崩れてしまうため、まつげパーマの持ちが悪くなってしまいます。

まつげパーマをかけている時は、できるだけビューラーを使わない方が、パーマの持ちを良くするためには望ましいです。そして、マスカラを使ってまつげメイクをした際には、強くこすらずにできるだけ優しくクレンジングするように気を付けましょう。

賢くまつげパーマを使って目元美人に!

まつげパーマの特徴と、メリット・デメリットについて解説してきました。メイクの時短だったり、簡単に綺麗なカールが手に入る反面、目の健康のためには気をつけるべきこともあるようですね。

パーマにかかる金額も、サロンにするのかセルフにするのかで変わってきますし、サロンによっても金額に開きがあるようです。それぞれのメリットとデメリットを理解した上で、自分に合った方法を選ぶことが大切です。

美しさと可愛らしさを求める女性にとって重要なパーツであるまつげ。綺麗な上向きまつげを作ることに、多くの女性が苦心しています。今回ご紹介した、便利なまつげパーマのメリットをうまく活用して、理想の目元が手に入るといいですね!

綺麗なまつげについてもっと知りたいアナタへ!

Thumbまつげを増やす・伸ばす!目ヂカラをつける自まつ毛を増やす美容液や方法とは?
Thumbまつ毛ケアの仕方まとめ!まつ毛もケアしないと大変なことになる?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-06-13 時点

新着一覧