タバコの臭いを消す方法・対策まとめ!部屋の臭いをスッキリさせる裏ワザ

タバコが嫌われる理由のひとつが、臭いです。また、喫煙者の近くで暮らしていると、受動喫煙による健康被害だけではなく、衣服や寝具への臭い移りや、部屋や家具のヤニ汚れなどの問題が置きます。タバコの臭いを消す方法や対策をまとめたので、ご紹介いたします。

タバコの臭いを消す方法・対策まとめ!部屋の臭いをスッキリさせる裏ワザ

目次

  1. タバコの臭いの原因①ニコチンは無臭
  2. タバコの臭いの原因②強烈な臭いの物質をまとめました
  3. タバコの臭いが引き起こす受動喫煙とサードハンドスモーク
  4. タバコの臭いを消すことは有害物質を取り除くことにはならない
  5. 衣服に着いたタバコの臭いを消す方法①消臭スプレーを使う
  6. 衣服に着いたタバコの臭いを消す方法②洗う
  7. 部屋についたタバコの臭いを消す方法①空気を入れ換える
  8. 部屋についたタバコの臭いを消す方法②消臭効果のあるものを使う
  9. 部屋についたタバコの臭いを消す方法③掃除をする
  10. 水を使って掃除できない物についたタバコの臭いを消す方法
  11. タバコの臭いの原因と消臭方法・対策のまとめ

タバコの臭いの原因①ニコチンは無臭

タバコに含まれている物質と言えば、多くの方がニコチンを思い浮かべるのではないでしょうか。ニコチンには毒がありますが、臭いと味はありません。つまり、タバコの臭いは、ニコチン以外の物質が原因なのです。

最近では電子タバコも流通していますが、暮らしのなかで目にすることが多いのは、紙巻タバコです。タバコに火を点けると、中に含まれている添加物が化学反応を起こして、4000種類以上の化合物が作られます。それらの中には、一酸化炭素やヒ素などの有害物質だけではなく、臭いの原因となる多くの物質も含まれています。それらが混ざり合ったものが、暮らしの中で感じるタバコの臭いの正体なのです。

タバコの臭いの原因②強烈な臭いの物質をまとめました

タール

タバコの臭いを「ヤニ臭い」と言うことがありますが、ヤニの主な成分がタールで、タバコに火を点けることによって発生します。臭いと粘り気があり、部屋の壁紙や家具、カーテンなどのヤニ汚れの原因にもなります。

アンモニア

ニコチンを効率よく体内に取りこむために、タバコにはアンモニアが使われています。アンモニアは水に溶けやすく、人間の汗や尿に含まれています。アンモニア水を使った理科の授業で、臭いを確かめるには容器に鼻を近づけず、空気を手で扇ぐよう指導されたように、強烈な臭いが特徴です。

アセトアルデヒド

ニコチンの吸収を良くするために、タバコの添加物にはアセトアルデヒドが使われています。この物質は体内でアルコールが分解されることで発生し、酵素の力で酢酸に分解されます。最終的には水と二酸化炭素となって体の外に出ていきますが、分解がうまくいかないと二日酔いの原因となります。アセトアルデヒドには、独特のきつい臭いがあります。

スカトール

タバコの香料に使われているスカトールは、ジャスミンやオレンジなどの植物に含まれており、香水の原料にも使われています。ですが濃度が上がると、花のような香りは悪臭に変わってしまうのです。スカトールの語源はギリシア語の排泄物(skato)で、動物の腸の中で作られます。

タバコの臭いが引き起こす受動喫煙とサードハンドスモーク

厚生労働省は、受動喫煙による健康被害を防ぐための健康増進法改正と、日本でラグビーのワールドカップが開催される2019年9月までの施行を目的としています。タバコの煙には、喫煙者が吸いこむ主流煙と、火を点けたタバコの先から立ち上る副流煙とがあり、非喫煙者がこれを吸ってしまうことを受動喫煙と言います。

タバコの煙とともに出る臭いと有害物質は、火を消した後も空気中に残っています。これを非喫煙者が吸いこむことをサードハンドスモーク(三次喫煙)と呼び、2009年にアメリカで論文が発表されました。サードハンドスモークによるニコチンの影響は、受動喫煙の6.8倍(乳幼児の場合)という研究結果も出ています。

タバコの臭いを消すことは有害物質を取り除くことにはならない

タバコに含まれているニコチンは、化学変化により発がん性物質であるニトロソアミンに変化します。また、家具や部屋の壁などに付いたニコチンは、固まると数ヶ月は残り続けます。このように、タバコの煙は臭いだけでなく、暮らしにさまざまな影響を与えるのです。

タバコの臭いだけではなく、有害物質を分子レベルで除去しなければ、健康被害への対策にはなりません。しかし、時間や道具がないために、それができないこともあります。応急措置から本格的な対策まで、タバコの臭いを消す方法をまとめましたので、ご紹介いたします。

衣服に着いたタバコの臭いを消す方法①消臭スプレーを使う

手軽にタバコの臭いを消す方法は、消臭スプレーを使うことです。外出先でタバコの煙を浴びてしまっても、携帯用の消臭スプレーを使えば、タバコの臭いは軽減されます。ソファやベッドなどの布製品にも使える消臭スプレーもありますが、臭いの原因となる成分を完全に消すわけではありません。

Thumbファブリーズの効果はどれくらい?消臭・除菌の仕組みと使い方まとめ

衣服に着いたタバコの臭いを消す方法②洗う

衣服に着いたタバコの臭いを消す方法として、最も簡単で効果が期待できるのが洗濯です。タバコの臭いの原因となるアンモニアやアセトアルデヒドは、水に溶けやすい性質を持つからです。

喫煙者と非喫煙者が一緒に暮らしている家では、家族全員の衣類をまとめて洗濯することも珍しくはありませんが、タバコの臭いが移る原因となるため、可能であれば洗濯は分けて行いましょう。

重曹には消臭効果があり、衣類についたタバコの臭いを消すことができます。まずはタバコの臭いがついた衣類を、15g~20g程度の重曹と一緒にポリ袋に入れてください。袋の中身をかき混ぜ、一晩おいたら衣類を取りだして洗濯してください。ぬるま湯を使ったつけ置きも効果があります。

洗えない衣類の臭い対策

スーツやフォーマルウェアなどの、家庭で洗濯できない衣類に臭いがついた場合は、風通しの良い所に干してください。また、ドライヤーの温風や、スチームアイロンの蒸気を布地に当てると、熱の力でニコチンやタールが分解されます。

部屋についたタバコの臭いを消す方法①空気を入れ換える

タバコを吸う時に窓を開ける人がいますが、近隣の人々がタバコの臭いを吸う可能性もあるため、注意が必要です。窓が開けられない環境で暮らしている方は、換気扇や空気清浄機を使いましょう。

換気扇や空気清浄機は、本体や取りつけられているフィルターにタバコのヤニが付くと、汚れるだけではなく機械の働きが悪くなります。換気扇や空気清浄機やフィルターは、定期的に掃除を行いましょう。

部屋についたタバコの臭いを消す方法②消臭効果のあるものを使う

臭いの原因となる物質は、水に溶けやすいものが多いので、濡れタオルの水分に吸いこまれます。タオルを濡らす水に、アロマオイルや殺菌効果のある酢を入れると、消臭効果が上がります。よく絞ってから、部屋の中で振り回してください。

飲み物にこだわる暮らしをされていて、ドリップコーヒーを飲むという方におすすめしたいのが、残りかすの再利用です。コーヒーの残りかすは酸性で、アルカリ性を中和する働きがあるだけではなく、水分を含んでいます。このため、アルカリ性で水に溶けやすいアンモニアには非常に効果があります。

コーヒーの残りかすとは違い、コーヒーにはタバコの臭いを消す力はありません。コーヒーに含まれているカフェインには、利尿作用があります。その力で唾液の量が減り、悪臭の原因となる細菌が口の中で増えてしまうからです。ニコチンにも唾液を減らす力があります。細菌だらけの上に、タールのへばりついた口が臭くなるのは当然です。口の臭いには、歯磨きとうがい、水分の補給などの対策を行いましょう。

Thumbコーヒーの残りかすの再利用法・使い道!消臭など意外なアイデアまとめ

部屋についたタバコの臭いを消す方法③掃除をする

賃貸物件に暮らしている場合、退去する時に壁や天井のヤニ汚れが原因で敷金が戻って来なかったり、壁紙の交換費用を請求されたりすることがあります。タバコのヤニ汚れと臭い対策には、定期的な掃除が効果的です。

ある程度の数が貯まってから、タバコの吸い殻をまとめて捨てる人がいますが、臭いが残ることを考えれば、吸い殻は速やかに捨てることが望ましいです。コーヒーの残りかすを灰皿に敷いたり、ゴミ箱に重曹を入れたりすると、ニオイ対策になります。

重曹やセスキ炭酸ソーダ、クエン酸などがあれば、専用のクリーナーを使わなくてもタバコのヤニ汚れは落とせます。重曹とセスキ炭酸ソーダは弱いアルカリ性です。熱を上げると効果が上がるので、掃除に使う時は水ではなくぬるま湯に溶かすと効果的です。重曹は水に溶けにくく、拭き残しがあると白く固まるので、仕上げに水拭きを行ってください。

重曹やセスキ炭酸ソーダで落ちなかった汚れと臭いには、アルカリ性を中和するクエン酸を使いましょう。クエン酸や重曹、セスキ炭酸ソーダは天然由来の物なので安全性は高いですが、使い道を誤ると家具や壁のシミ・変色の原因になります。必ず使用上の注意を守ってください。

水を使って掃除できない物についたタバコの臭いを消す方法

本のように、洗ったり水拭きしたりできない物に付いたタバコの臭いも、取り除くことができます。まずはビニール袋2枚と重曹を用意してください。まずは臭いを取りたいものを袋Aに入れます。袋Bに、重曹と袋Aを入れます。袋Aの口は開けたまま、袋Bの口を閉じます。3日ほど置いておけば、臭いは取れます。重曹のほか、乾燥させたコーヒーの残りかすや、据え置き型の消臭剤でも効果があります。

タバコの臭いの原因と消臭方法・対策のまとめ

タバコの臭いの元になる物質や、洗濯と掃除の方法についてまとめましたが、いかがでしたか。タバコの臭いの原因となる物質にはさまざまな成分が含まれています。酸性とアルカリ性の物質を使い分けて対策しましょう。最も効果的なタバコの臭い対策が、禁煙であることは言うまでもありません。

関連記事

Thumbタバコの禁煙方法まとめ!メリットややめるコツ・グッズなど紹介
Thumbベランダでタバコを吸うと臭いがつくんです。トラブル回避&対策は?
Thumbタバコの匂い消しをしたい!服についた嫌な匂いを消す方法まとめ

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-09-29 時点

新着一覧