靴のサイズ調整のやり方!大きい・きつい場合の対処法とは?

靴はサイズの合ったものを履くのが一番良いですが、「むくみ」やもともとの靴のサイズと足に調整の必要が出て来るときがあります。新品の靴は「靴擦れ」などのトラブルが起きやすく、大きい靴やきつい靴の調整方法や対処法をご紹介します。

靴のサイズ調整のやり方!大きい・きつい場合の対処法とは?

目次

  1. 靴のサイズ調整の必要性
  2. アイテムで靴のサイズ調整
  3. 靴のサイズ調整[悩み]
  4. 「大きい」靴のサイズ調整
  5. 「きつい」靴のサイズ調整
  6. 靴の種類別サイズ調整
  7. 靴の素材別サイズ調整
  8. 応急手当でサイズ調整[方法]
  9. しなくても良い?靴のサイズ調整
  10. まとめ:靴のサイズ調整

靴のサイズ調整の必要性

靴を買う時にサイズを合わせますが、時間によってはむくんだりしてサイズの調整が必要になってくるかもしれません。革の素材や自分の足の形にピタリと合う靴はなかなか見つからないので、調整の必要が出てきそうです。

足と靴のサイズが合わない場合、靴のつま先やかかとに痛みがでたり、靴擦れができてしまいます。原因は、足の形と靴が合わなかったり、サイズが大きく靴の中で遊んでしまうと起こります。その調整の仕方や対処法を知って実践してみましょう。

アイテムで靴のサイズ調整

靴に貼るアイテム

前滑りを防ぎ、靴に当たる部分を和らげるのにはシールタイプで貼るクッションが良いでしょう。土踏まずの部分を支えてくれるものもあり、靴のうち素材に気を付けて使いましょう。

自己流の対処として簡単に使えそうなアイテムです。特に革やヒールなど足に負担のかかる素材や形のものに使えそうです。むくみには脱いだ後のマッサージなどケアが必要ですね。

靴にバンドをするアイテム

透明のバンドで脱げないよう抑える靴バンドがあります。就活中のパンプスに使う人を見かけます。つま先の浅い靴に使うなどヒールの靴によく使うアイテムのようです。手軽に付けることができます。

靴の裏から足の甲をぐるりと回って支えているバンドですが、透明バンドでも目立ちます。足に合わない靴を履いているのかと思われているかも知れません。フォーマルな靴には印象が良くないかもしれないので、対処法にとどめておいた方が良さそうです。

ヒールの高さや足に合わない靴は、サイズが合わずぱかぱかとし、足と靴が離れますね。それを避けるには、かかとに貼ったり、つま先に滑り止めやクッションを入れるアイテムなど考えられますが、デザイン性が損なわれてしまうかもしれません。おしゃれにトラブルなく使うには合う形とサイズの靴が良いですね。

靴に差し込むアイテム

中敷きを入れるのも有効です。中敷きの機能は、すべり止めや空気、消臭などがありスポーツシューズにはポピュラーな方法だと思います。普段の靴や革靴にも使ってみてはいかがでしょうか。

100均にもシールやバンド、中敷きなどのアイテムが多く売られています。試しに使うにはお手ごろですね。靴を履いていて異変を感じたら早めに対処法を使った方が、足を痛めずにすみそうです。通気性やサイズの問題が足のトラブルを、助長させてしまうかもしれませんよ。

靴のサイズ調整[悩み]

靴のサイズと足とがぴったり合うことはなく、規制の靴では0.5センチの幅で靴がありますが、左右で非対称のそれぞれ違う足にとっては、靴のサイズが充分にあるとは言えないでしょう。特にスポーツやフォーマルな革靴は活動量が多く、足のトラブルのもとになってしまいがちです。

そのため、シューフィッターに相談することやオーダーメードの靴を手に入れるなどして、大きい靴やきつい部分のない靴が理想的です。その対処法も調整が必要になってくるので定期的にケアができると良いですね。新しく履き替える目安も重要です。

「大きい」靴のサイズ調整

靴が大きいと「かかと」に空間が出てきます。ぱかぱかと開く原因になる大きい靴を調整するには、かかとやつま先ににクッションを入れて埋める対処法があります。靴の中で足が遊ばないようにするのが良いでしょう。

脱いだ時に見えてしまうなど色に注意して使いたいですね。また、サンダルには使えないので、デザインや素材に注意して対処法を選びましょう。外食では座敷に上がるときなど突然、履物を脱ぐ機会があるかもしれません。その時に靴の中が見えても恥ずかしくない見た目にしたいですね。

サイズが大きいと脱げる原因や靴擦れの原因になります。靴擦れができると他の履物でも痛くなり、傷が水でしみるなど歩き方にも悪い影響がでてきますね。サイズが大きいと思わぬ時に脱げてしまうなど移動に向きません。辛い靴なら諦めることも必要かもしれませんね。

デザイン性や価格を優先させたくなる靴もあります。しかし、移動の距離や足のトラブルを起こしては生活に支障が出てきてしまいます。活動的でいるために足に合わせた靴を履きこなしましょう。

「きつい」靴のサイズ調整

サイズが小さいと踵(かかと)がきつい、つま先がきついなど足に合わない部分が痛くなります。クッションを入れれば痛みが和らぐでしょうが、外反母趾など足のトラブルに繋がりそうです。

新しい靴の場合、サブの靴を持っていくなど対処法を持っているかもしれません。持ち運びやすい折りたためる生地の薄い靴などは、対処法が効かないでしょう。他にも保護のクリームを塗るなどして対策を立てることも考えましょう。

快適に過ごすために靴との相性や対策は大事のようです。靴や足の悪いクセになれば後々、健康を害することになるかもしれません。変なクセはつく前に正しておきましょう。また、足のトラブル改善のために通気性や補助されたクッション性があると尚良いですね。

Thumb就活用の靴の選び方!女性はつま先とヒールがポイントって本当?

靴の種類別サイズ調整

スポーツ用のシューズでは、部分的な対処法での調整が向かないようです。動きが激しく、汗をかくためシール形式のものは合わないようです。入れ込む中敷きにもオーダーメードがあり、インソールで足の症状に合わせた形を作ることができます。

靴下を履かない場合、素足で履く靴にはなかなかアイテムを使いづらいように思えます。裸足では履くものほど、靴のサイズと形を合わせなければリラックスして過ごせないでしょう。

履くシーンによっては靴を調整するアイテムが使えません。アイテムばかりに頼らず足の形や紐の有無、素材など考えて購入できると良いですね。

靴の素材別サイズ調整

ブランドによって同じサイズ表記でも違うことがあります。ある程度の年齢に達すれば、足が大きくなることはなくなってきますが、靴は履いて合わせてから購入するのが良いでしょう。デザインや素材によってもフィット感が変わります。

甲の高さを考え、甲の部分が開いた靴にするなど、靴の形にも相性がありそうです。靴紐での調整や合わない部分をフィットさせるためにアイテムを使っていきましょう。

応急手当でサイズ調整[方法]

靴擦れは同じところにできる可能性が高いので、できればアイテムでの対処をした方が良いでしょう。応急手当程度として参考にしてください。靴擦れには絆創膏を貼るのがよくある対処法のようです。テーピングや厚さ色など選べます。脱いだ時、痛々しく見えるかもしれません。

靴下の厚さに合わせて靴のサイズを調整することもありますね。タイツの薄さや厚さでサイズ調整すれば、靴擦れも防げるかもしれません。

おしゃれに合わせて靴下を変えることもありますね。長さや丈を考えればクッションの役割を果たしてくれそうです。

夏の暑いときや裸足でサンダルを履くときには使えない手段です。しかし、靴下を持ち歩くのは簡単なので手軽に丈の長く厚い靴下を用意できれば、便利でしょう。

Thumb靴擦れでかかとが血だらけ!そんなピンチの時にできる対策と治療とは?

しなくても良い?靴のサイズ調整

足に合わせて作るオーダーメードの靴は、足型や好みに合わせた靴を購入できるのが魅力です。購入すれば靴のサイズ調整はしなくてよいのでしょうか。

使っていく上で調整するなどケアが必要になってきます。歩き方や使う頻度でも変わってくるでしょう。クッション性を足すことができるので、店やシューフィッターに相談してみましょう。

つま先の形は幅の広さで合わせ、つま先の奥に滑り込まないサイズを選びましょう。甲までカバーしている靴やサンダルでは、甲高や低さによっては合わない場合がありそうです。ヒールの高さも足のフィット感に関係してきそうですね。

つま先の部分が出てしまったり、履物が大きいと歩き方に悪影響が出ます。自分の足幅や甲の高さを考えて履物を選びましょう。合う靴のがステキに見えますよ。

まとめ:靴のサイズ調整

靴がなじむまでには時間がかかります。きつい履物もなじんでくるには時間がかかります。それまでに靴のケアやサイズの調整が必要になってきます。

左右で足のサイズが違ったりするため、きつい靴やサイズに合わせて調整が必要になります。その時、アイテムを使って対応してみましょう。出かけ先で足が痛くて歩けなくなるなど困る事態を避けたいですね。

外出する上で履物は必須の物です。おしゃれに決めるときや、フォーマルな場合、気に入ったデザインの靴と足の形が合うとは限りません。特別な日の靴には慣れていないヒールや硬い素材の靴が足に負担をかけます。日々酷使する足から健康を守りましょう。

もっと「靴の調整」について知りたいあなたへ

Thumbフットカバーが脱げるイライラを解消!脱げないおすすめ商品は?
Thumb靴擦れの原因は靴よりも歩き方?新しい靴でも靴擦れしない方法とは?
Thumb赤ちゃんの靴のサイズと選び方!測り方やおすすめファーストシューズは?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-06-13 時点

新着一覧