豚ロース肉の薄切りで大満足!簡単に作れる人気レシピを紹介!

食卓にあがる機会の多い豚肉。豚肉には疲労回復効果があるのでストレスの多い現代人にはぴったりです。今回は、豚肉の中でも一番美味しいと言われる豚ロースの薄切りを使った人気レシピを紹介します。扱いやすい豚ロース肉の薄切りで彼や旦那様を満足させちゃいましょう!

豚ロース肉の薄切りで大満足!簡単に作れる人気レシピを紹介!

目次

  1. 豚ロースってどんなお肉?
  2. 豚ロース肉の効果とは?
  3. 大人にも子どもにも人気の味!豚ロース肉の薄切りで「ポークチャップ」
  4. ごはんと一緒に食べたくなる!豚ロース肉の薄切りで「しょうが焼き」
  5. 中華の香りで食欲増進!豚ロース肉の薄切りで「回鍋肉」
  6. もやしでヘルシーにかさ増し!豚ロース肉の薄切りで「肉巻き」
  7. 薄切り肉なら揚げずに簡単!豚ロース肉の薄切りで「酢豚」
  8. 時短&節約にぴったり!豚ロース肉の薄切りで「トンカツ」
  9. ピリ辛で美味しく汗だく!豚ロース肉の薄切りで「豚キムチ」
  10. ほっこり優しい日本の味!豚ロース肉の薄切りで「豚汁」
  11. カリカリ唐揚げも豚ロースで!豚ロース肉の薄切りで「唐揚げ」
  12. 女性の得意料理の定番!?豚ロース肉の薄切りで「肉じゃが」
  13. 甘辛いたれがごはんに絡む!豚ロース肉の薄切りで「豚丼」
  14. スープまで飲み干したくなっちゃう!豚ロース肉の薄切りで「ミルフィーユ鍋」
  15. 扱いやすい豚ロース肉の薄切りで大満足のおかず!

豚ロースってどんなお肉?

どんな食材とも相性がいいことから食卓にあがる機会の多い豚肉。豚肉の中でもよく使用されるのが「豚ロース」です。豚ロース肉は、豚の背中側のお肉のことです。豚肉は部位によって味わいや柔らかさ、脂肪の付き具合などが違いますが、豚ロースは一番美味しい部位だと言われています。

豚ロースはキメが細かく、柔らかいお肉です。とんかつなどの料理で使われることが多く、幅広い年代に人気の部位です。適度な脂肪が付いており、脂身もジューシーです。ヘレ肉にヘルシーさは負けますが、豚肉を食べたい!という時には豚ロースがおすすめですよ。

豚ロース肉の効果とは?

豚ロースは、酢豚やとんかつ、トンテキなど様々な料理に使われています。豚ロースには、ビタミンB1が豊富に含まれています。ビタミンB1は疲労回復の効果があります。ストレス社会に生きる現代人にとって、疲労回復効果は欠かせないものですね。豚ロースを食べて疲れを吹き飛ばしましょう。

また、ビタミンB1は肌荒れを防いで美肌にしたり、口内炎を治す効果もあります。疲れていると肌にも影響が出てしまうものです。豚肉でキレイな肌を手に入れましょうね。他にも糖質の分解を促してダイエットの手伝いをしたり、精神を安定させたりと女性に嬉しい効果がたくさんあります。豚ロースを食べることはキレイになることの近道ですね。

とんかつなど厚切りのイメージが強い豚ロースですが、薄切り肉ならより扱いやすくて便利です。今回は、豚ロース肉の薄切りで大満足できる簡単レシピを紹介します。彼や旦那様も喜んでくれること間違いなしの美味しいレシピばかりですよ。試してみてくださいね。

大人にも子どもにも人気の味!豚ロース肉の薄切りで「ポークチャップ」

では、さっそく豚ロース肉の薄切りを使った大満足レシピを見ていきましょう。まずは、大人にも子どもにも人気の味「ポークチャップ」です。ケチャップの香りが食欲をそそる洋食レシピです。お弁当に入れても喜ばれる一品ですよ。厚切り肉で作ることも多い料理ですが、薄切り肉でも満足出来ること間違いなしです。

材料は豚ロース肉の薄切り(200g)、玉ねぎ(1/2個)、サラダ油(大さじ1/2)、塩こしょう(少々)、ケチャップ(大さじ4)、ウスターソース(大さじ2)、マヨネーズ(大さじ1/2)です。材料も少ないのですぐに真似出来ますね。

豚ロース肉の薄切りは食べやすい大きさに、玉ねぎは薄切りにします。フライパンにサラダ油を熱し、玉ねぎを炒めます。玉ねぎがしんなりしたら豚肉を加えます。火が通ったら調味料で味付けします。調味料が豚肉によく絡んだら完成です。マヨネーズが旨味とコクをプラスしてくれますよ。

ごはんと一緒に食べたくなる!豚ロース肉の薄切りで「しょうが焼き」

続いての豚ロース肉の薄切りレシピは「しょうが焼き」です。しょうが焼きは男性なら嫌いな人がいないほどの人気料理です。今回紹介するレシピは、とても簡単なのに美味しいととても人気が高いんですよ。ガッツリごはんが食べたい時にはおすすめですよ。

材料は豚ロース肉の薄切り(300g)、しょうがチューブ(4cm)、砂糖(小さじ1)、酒(大さじ1)、醤油(大さじ2)、みりん(大さじ2)です。肉と一緒に玉ねぎなどの野菜を炒めると栄養も旨味もアップしますよ。豚肉はしょうが焼き用の物でなく薄切り肉でも美味しく出来ますよ。

しょうがと調味料を混ぜてたれを作っておきます。豚肉をフライパンで焼きます。火が通ったらたれを加えて煮詰めます。たれがほとんどなくなるまでしっかりと煮詰めたら完成です。お肉に味がしっかりと染みて、ごはんとの相性抜群ですよ。

中華の香りで食欲増進!豚ロース肉の薄切りで「回鍋肉」

続いての豚ロース肉の薄切りレシピは「回鍋肉」です。男性はボリューム満点でガッツリ食べられる料理が好きな人が多いです。ガッツリ料理と言えば中華ですよね。中でも豚ロース肉の薄切りを美味しく食べられる人気レシピは「回鍋肉」です。ごはんと合う上に、肉と一緒に野菜も食べられる大満足レシピです。

材料は豚ロース肉の薄切り(150g)、きゃべつ(1/6玉)、長ねぎ(1/3本)、ピーマン(2個)、サラダ油(大さじ1)、醤油(大さじ1)、甜麺醤(大さじ1)、酒(大さじ1)、砂糖(小さじ2)、豆板醤(小さじ1)、水(大さじ1)、片栗粉(小さじ1)、にんにくチューブ(1㎝)です。

醤油、甜麺醤、酒、砂糖、豆板醤、水、片栗粉、にんにくを混ぜてたれを作ります。野菜は食べやすい大きさに切りましょう。フライパンに油を熱し、豚肉を焼きます。火が通ったら野菜を入れて炒めます。野菜はシャキシャキ感が残るようにしましょう。たれを加えて豚肉や野菜に絡めたら完成です。

もやしでヘルシーにかさ増し!豚ロース肉の薄切りで「肉巻き」

続いての豚ロース肉の薄切りレシピは「肉巻き」です。肉巻きとは、野菜などを肉で巻いた料理で、肉だけで焼くよりもボリューミーになります。甘辛く味付ければ簡単にごはんが進む大満足料理になりますよ。もやしを使うレシピなら、とっても安価でヘルシーにボリュームアップ出来ますよ。給料日前にもぴったりの人気レシピです。

材料は豚ロース肉の薄切り(300g)、もやし(1袋)、塩こしょう(少々)、醤油(大さじ1)、はちみつ(大さじ1)、酒(大さじ1)、みりん(大さじ1)です。はちみつの優しい甘さが癖になる味付けです。はちみつが家に無い時は砂糖でも代用できますよ。醤油とはちみつの甘辛い味付けが食欲をそそります。

豚ロースを広げ、塩こしょうを振ります。もやしを適量乗せてクルクルと豚ロースを巻き付けていきます。フライパンに油を熱し、巻き終わりを下にして蓋をして蒸し焼きにします。全面に焼き色が付いたら調味料を加えて絡めます。ほどよくとろみが付いたら完成です。

薄切り肉なら揚げずに簡単!豚ロース肉の薄切りで「酢豚」

続いての豚ロース肉の薄切りレシピは「酢豚」です。酢豚と言えばコロコロの豚肉を揚げて甘酢あんを絡めて・・・と面倒な料理だというイメージが強いでしょう。ですが、豚ロース肉の薄切りを使えば揚げずに簡単に美味しい酢豚が出来ちゃいますよ。中華料理でも人気の高い酢豚をお家で簡単に作りましょう。

材料は豚ロース肉の薄切り(200g)、ピーマン(2個)、にんじん(1/2本)、玉ねぎ(1/2個)、にんにく(1片)、しょうが(1片)、サラダ油(大さじ1)、塩(少々)、溶き玉子(1/2個)、小麦粉(大さじ2)、水(70ml)、酢(大さじ3)、醤油(大さじ1)、砂糖(大さじ2)、ケチャップ(大さじ2)、片栗粉(大さじ1/2)です。

玉子、塩、小麦粉を豚ロースに揉み込みます。野菜は食べやすい大きさに切ります。にんじんは火が通りにくいのであらかじめレンジで加熱しておくとより簡単に出来ます。豚ロースを適量とり、団子状に丸めていきます。フライパンに油を熱し、団子状の豚ロースを焼きます。蓋をして中まで火を通しましょう。

豚ロースに火が通ったらみじん切りにしたにんにくとしょうが、野菜を入れて炒めます。水、酢、醤油、砂糖、ケチャップ、片栗粉はあらかじめ混ぜてたれを作っておきます。野菜に火が通ったらたれを加えて煮立てます。とろみが付くまで混ぜて煮れば完成です。

時短&節約にぴったり!豚ロース肉の薄切りで「トンカツ」

続いての豚ロース肉の薄切りレシピは「トンカツ」です。サクサク衣が大好物だという男性も少なくないでしょう。トンカツは厚切り肉をジューシーに揚げるのが定番ですが、豚ロース肉の薄切りなら簡単に時短&節約出来ちゃいますよ。それでは、豚ロース肉の薄切りなのに大満足なトンカツレシピを見てみましょう。

材料は豚ロース肉の薄切り(400g程度)、パン粉(1/2カップ)、小麦粉(1/3カップ)、玉子(1個)、塩こしょう(少々)です。トンカツの間にチーズや大葉を入れればよりボリューミーになりますよ。試してみてくださいね。

豚ロース肉の薄切りを広げて重ねていきます。好みの厚みまで重ねたら、冷蔵庫で少し寝かします。豚ロースに塩こしょうをし、小麦粉、玉子、パン粉の順に衣をつけて油で揚げます。玉子には少し牛乳を混ぜるのがおすすめです。揚がったら5分程そのまま置きましょう。すぐに切るとバラバラになる可能性があります。2度揚げすれば更にサクサクになりますよ。

ピリ辛で美味しく汗だく!豚ロース肉の薄切りで「豚キムチ」

続いての豚ロース肉の薄切りレシピは「豚キムチ」です。ピリッと辛いキムチは、男女関係なく人気がありますね。そんなキムチと豚肉はとっても合います。ピリ辛な豚キムチで美味しく汗をかきましょう。スタミナが付くので夏バテ気味の人にもおすすめですよ。

材料は豚ロース肉の薄切り(200g)、塩こしょう(少々)、小麦粉(適量)、キムチ(100g)、にんにく(1片)、しょうが(1片)、めんつゆ(2倍濃縮・大さじ1/2)、ごま油(大さじ1)、小ねぎ(適量)です。キムチと炒めるだけよりも深みのある味わいになります。ピリッと辛い豚ロースが食欲をそそりますよ。

豚ロースは塩こしょうで下味を付け、小麦粉をまぶします。フライパンにごま油、みじん切りにしたにんにくとしょうがを入れます。香りが出てきたらキムチを炒めます。豚ロースも加えて炒め、火が通ったら鍋肌からめんつゆを加えます。塩こしょうで調味したら完成です。

ほっこり優しい日本の味!豚ロース肉の薄切りで「豚汁」

続いての豚ロース肉の薄切りレシピは「豚汁」です。ほっこりと優しい味わいの豚汁は、日本を代表する汁物料理だと言っても過言ではないでしょう。寒い日の朝や疲れた時の夕食に豚汁が出てくると、嬉しかったものです。今回は、とても簡単で美味しい豚汁のレシピを紹介します。

材料は豚ロース肉の薄切り(150g)、ごぼう(1/2本)、大根(5㎝)、にんじん(1/2本)、長ねぎ(1本)、里芋(5個)、味噌(適量)、酒(大さじ1)、醤油(大さじ1)、だしの素(適量)、ごま油(2、3滴)です。里芋は冷凍の物を使うとより簡単に作れますよ。

野菜はそれぞれ食べやすく切ります。鍋に水と野菜を入れて柔らかくなるまで煮込みます。途中アクが出たら取り除きましょう。アクを取ったら味噌を半量と酒を加えて煮込みます。豚ロースは食べやすく切り、軽く湯通しします。野菜がやわらかくなったら残りの味噌、豚ロース、醤油を加えます。

だしの素で調味し、香りづけにごま油を垂らせば完成です。他にも油揚げやこんにゃくなどの具材を入れるとより美味しいですよ。ごま油を垂らすだけで簡単にお店の味に近づきます。ぜひ試してみてくださいね。

カリカリ唐揚げも豚ロースで!豚ロース肉の薄切りで「唐揚げ」

続いての豚ロース肉の薄切りレシピは「唐揚げ」です。唐揚げと言えば鶏肉で作る人がほとんどでしょう。鶏肉の唐揚げも美味しいですが、豚肉の唐揚げも引けを取らない美味しさです。また、豚ロース肉の薄切りを使えば、中まで火が通っているかわからないといった不安が解消されますね。カリカリ美味しい唐揚げも豚ロース肉の薄切りで作ってみましょう。

材料は豚ロース肉の薄切り(好みの量)、片栗粉(適量)、醤油(大さじ2)、酒(大さじ1)、にんにく(1片)です。豚ロース肉をたくさん使う場合は、他の材料も量を増やしてくださいね。にんにくと醤油の香りが美味しい豚ロースの唐揚げレシピです。

醤油、酒、すりおろしたにんにくに、豚ロースを漬けて15分ほど置きます。片栗粉を豚ロースにまぶし、揚げ油でカリカリに揚げたら完成です。鶏肉や厚切り肉とは違い、薄切り肉は火が通ったかの確認がとても簡単です。揚げ物は苦手だという人も、とても簡単なので試してみてくださいね。

女性の得意料理の定番!?豚ロース肉の薄切りで「肉じゃが」

続いての豚ロース肉の薄切りレシピは「肉じゃが」です。一昔前は得意料理を聞かれて「肉じゃがです!」と答えていた女性も多いでしょう。そんな肉じゃがは、今でも家庭料理の定番として大活躍中です。ほっこりとしたじゃがいもは、豚ロースとの相性抜群。お弁当のおかずとしても人気な煮物です。

材料は豚ロース肉の薄切り(200g)、じゃがいも(3個)、にんじん(1本)、玉ねぎ(1個)、しらたき(1袋)、水(200ml)、酒(大さじ2)、みりん(大さじ2)、砂糖(大さじ3)、醤油(大さじ3)、だしの素(小さじ2)です。

豚ロース、野菜は食べやすく切ります。白滝はアクを抜き、食べやすい長さに切ります。鍋にサラダ油をしき、豚ロースを炒めます。じゃがいも、にんじんも加えて炒めます。白滝、玉ねぎ、水、酒、みりん、砂糖を入れたら沸騰させ、アクを取り除きます。アクが取れたらだしの素を加えて煮込みましょう。

途中で醤油を加えて更に煮込みます。彩りにグリーンピースやいんげんを加えるとよりおしゃれです。野菜がやわらかくなったら火を止めてそのまま冷まします。味が染みたら完成です。ほっこり家庭料理で彼や旦那様を満足させましょう。

甘辛いたれがごはんに絡む!豚ロース肉の薄切りで「豚丼」

続いての豚ロース肉の薄切りレシピは「豚丼」です。豚丼は北海道の郷土料理です。甘辛いたれがごはんと豚ロースに絡み、箸が止まらなくなる美味しさです。とても簡単に出来るのでパパッと済ませたい休日のランチなどにもおすすめですよ。

材料は豚ロース肉の薄切り(600g)、小ねぎ(適量)、醤油(大さじ6)、みりん(大さじ4)、砂糖(大さじ2)です。材料も少ないので、思い立ったらすぐ作れるのが嬉しいですね。

フライパンで豚ロースを焼きます。両面焼けたらお皿に取り出しておきましょう。フライパンに醤油、みりん、砂糖を入れて火にかけます。煮詰まってきたら豚ロースを戻してたれを絡めます。温かいごはんを丼に盛り付け、上に豚ロースとたれをたっぷりかけます。トッピングで小ねぎを乗せれば完成です。

スープまで飲み干したくなっちゃう!豚ロース肉の薄切りで「ミルフィーユ鍋」

最後の豚ロース肉の薄切りレシピは「ミルフィーユ鍋」です。数年前に小栗旬さんがCMで作っているのを見て試してみた人も多いのではないでしょうか。具材は白菜と豚肉だけで簡単なのにとても美味しい鍋料理です。ほっこり温まりたい日はぜひ作ってみてくださいね。

材料は白菜(1/2玉)、豚ロース肉の薄切り(300g)、水(500ml)、だしの素(大さじ1)、酒(大さじ1)、塩(小さじ1)、醤油(大さじ1)です。お好みでポン酢やごまだれを付けて食べると美味しいですよ。

白菜は食べやすく切り、葉と芯に分けます。豚ロースは5㎝程度に切ります。白菜の芯と豚ロースを鍋に隙間なく交互に並べていきます。白菜の葉は上に乗せます。水と調味料を入れて鍋を火にかけましょう。白菜と豚ロースに火が通れば完成です。スープまで飲み干したくなる豚ロースレシピです。

扱いやすい豚ロース肉の薄切りで大満足のおかず!

今回は豚ロース肉の薄切りを使った満足レシピを紹介しました。どれも簡単に出来てごはんが進むレシピなので彼や旦那様も満足してくれるはずです。試してみてくださいね。

豚肉レシピをもっと知りたいアナタへ!

Thumbローストポークの簡単レシピを紹介!自宅でも手軽に美味しく作れます!
Thumbすき焼きを豚肉で作ろう!おすすめの部位と美味しい食べ方!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-05-08 時点

新着一覧