靴下をプレゼントするときの注意点!意味があるって知ってる?

普段何気なく靴下をプレゼントしている人もいますが、実は靴下には隠された意味が込められていることを知っていますか?靴下はお手軽なのでプレゼントする人も多いですが、贈る相手を間違えると大変なことになる可能性があるので注意しましょう!

靴下をプレゼントするときの注意点!意味があるって知ってる?

目次

  1. 何気なく贈っている靴下などのプレゼントにも隠された意味がある
  2. 靴下をプレゼントするのは良くない?
  3. 男性が女性に靴下をプレゼントする場合に意味するものは?
  4. 女性が男性に靴下をプレゼントする場合に意味するものは?
  5. 異性同様にプレゼントとして上司に靴下を贈る場合も注意が必要!
  6. 靴下はお手軽なプレゼントだけど意味を考えると止めた方が無難
  7. 靴下は消耗品、お手軽だけどプレゼント向きではないかも
  8. ギフト用として靴下を包んでもらっても意味は変わらないので注意!
  9. どうしても靴下をプレゼントしたい場合はどうしたら良い?
  10. 靴下だけじゃない!実はこんなプレゼントも要注意!
  11. 異性や上司にプレゼントをするときは物に隠された意味を知っておこう
  12. プレゼントするなら靴下の代わりにこんなものを贈ろう!
  13. 靴下などの意味にこだわっていると贈れるものが限られる
  14. 相手に誤解されないようなプレゼントの仕方ってあるの?
  15. 大切なのは気持ち。でも相手によっては気をつけて

何気なく贈っている靴下などのプレゼントにも隠された意味がある

普段上司や友達、彼氏彼女に何気なくプレゼントしている品物に隠された意味があると知っていましたか?人によっては意味なんて知らない、興味ないと、ただの好意や感謝として贈っていると思いますが、実は気をつけた方が良いプレゼントもあるんです。

特に靴下やアクセサリー類、腕時計、ネクタイやマフラーなどは贈る相手によっては怖い勘違いをされる可能性もあるため避けた方がよいプレゼントです。特に贈りやすい小物類は勘違いされそうな意味合いが込められている場合が多いので、プレゼントをする前に一度確認した方が良いでしょう。

プレゼントをするときに意味まで逐一調べていると気が滅入りそうですが、相手によってはとんだ勘違いをされる恐れもありますから、事件や事故に繋がる前に、ある程度「プレゼントに隠された意味」は事前に知っておいた方が無難でしょう。という訳で、プレゼントとして靴下を選んだ際の注意点などをご紹介させて頂きます。

靴下をプレゼントするのは良くない?

靴下は主に異性や上司にプレゼントするのは良くないといわれています。今やギフトなどでも靴下は登場していますが、実は意味を知っている相手に贈ると「失礼」や「好きにしても良い」という意味としてとらえられてしまうため今後の人間関係に支障が出ます。

靴下には「踏みつける」「見下す」「(自分を)好きにして」などの意味が込められています。手軽に贈れるプレゼントだからといってなんの気もない異性や上司に贈ると大変なことにもなりかねませんから気をつけましょう。手軽に贈れるプレゼントに関わらず、それに込められている意味はとても怖いものですよね。

自分は決してそんなつもりも気持ちもないのに、プレゼントしたものに込められた意味を深読みされて勘違いされても困ります。余計なトラブルや事故にならないためにも、靴下をプレゼントしようとしていた人はよく意味を理解して贈る相手を選ぶようにしましょう。

男性が女性に靴下をプレゼントする場合に意味するものは?

男性が女性に靴下をプレゼントする場合には「踏みつける」「見下す」という意味合いが強くなってしまうため、良い関係を築こうとしている場合には絶対に贈らないようにしましょう。これはカップルでも同様で、相手に好きにしてほしい場合以外にはプレゼントしない方が良いでしょう。

また靴下も身につけるものとして下着の部類に数えられます。交際関係でもない男性から女性に贈るものとしては失礼にもあたりますから、靴下をプレゼントするのは止めましょう。また意味を知らずに贈ってしまった場合には相手の様子を観察し、無理に「そういう意味ではなかった」と口出ししないようにしましょう。

プレゼントに込められた意味を知っている人が多いか、といったらそうでもないのが現実です。多くの人はその意味すら知らない、気にしない人もいます。しかし意味を一度でも知ってしまったなら、余計なトラブルを招かないためにも靴下のプレゼントは考えてから贈った方が良いでしょう。

女性が男性に靴下をプレゼントする場合に意味するものは?

女性が男性に靴下をプレゼントする場合には「私の身体を好きにして」という意味合いが強くなってしまいます。そのため女性から男性に靴下を贈るのは、本当に惚れ込んでいる場合を除いては止めた方が良いでしょう。今はプレゼントの意味を知らない相手でも、いつ意味を知るか分かりません。

贈った相手によっては告白と同様に捉えてしまう人も少なからずいるでしょうから、女性が男性に靴下を贈るのは大変危険な行為です。上司だから、友達だからという理由もプレゼントの意味を深読みされては意味がありませんから注意しましょう。

ギフトとして、一言添えていれば大丈夫という絶対の安全はありませんから、余計なトラブルにならないためにも男性以上に女性は異性に靴下を贈らないようにしましょう。たかがプレゼントと侮っていると大変な目に合うかもしれませんよ!

異性同様にプレゼントとして上司に靴下を贈る場合も注意が必要!

また異性に靴下を贈るように、上司に贈る場合も注意が必要です。靴下には「踏みつける」「見下す」という意味が込められていますから、仲の良い上司や尊敬している上司などに好意として贈ると大変なことになってしまう恐れがあります。

靴下は消耗品なのでもらって嬉しい人もいますが、相手が靴下に込められている意味を知っていると大変です。上司にプレゼントするなら段々広がる様子から「広がり栄える」を意味する扇子や病を洗い流すなどの意味のある石鹸がおすすめです。

靴下はお手軽なプレゼントだけど意味を考えると止めた方が無難

靴下は安いし、柄も豊富だし、こだわりを持つ人が少ないなどの理由から贈りやすいプレゼントとして人気があります。しかし意味を知っている人からしたら、失礼極まりないプレゼントの品です。そのため相手が靴下に込められている意味を知っていようがいまいが、プレゼントとして贈るのは止めておいた方が無難でしょう。

特に女性から男性へは本当に気をつけた方が良いでしょう。相手の性格が粘着質だった場合やこちらに好意を持っていると、最悪の場合、意味を深読みしてストーカー行為に発展する恐れがあります。その可能性は極めて低いといえど、ゼロともいえません。気をつけましょう。

靴下は消耗品、お手軽だけどプレゼント向きではないかも

靴下は消耗の激しいものです。よく穴が空きますし、直接身につける下着です。値段も安いので、身近な人への贈り物には最適かもしれませんが、いささか消耗の早い、激しいものを贈るのは失礼にあたります。相手がどんなに気にしない人でも、礼儀を考えると止めた方が良いでしょう。

ギフト用として靴下を包んでもらっても意味は変わらないので注意!

靴下はギフト用として綺麗にラッピングしてもらっても、それに込められている意味が変わるわけではありません。そのためギフト用として包んでもらったから大丈夫、きちんと包んでもらっているし、ちゃんとしているから相手もそこまで気にしないと楽観視するのは止めましょう。

最近ではギフト用に質の良い素材で作ったものも登場しています。しかしそれも靴下には変わりありません。ギフト用だから相手にとって失礼に値しないというわけでもありませんから、相手と余計なトラブルになりたくないのであれば靴下はやはり贈るべきではないプレゼントの品でしょう。

どうしても靴下をプレゼントしたい場合はどうしたら良い?

どうしても靴下をプレゼントしたい場合には相手がプレゼントに込められた意味を知っているかどうか調べてからにした方が良いでしょう。他にも相手が意味を気にしないかどうかも重要なポイントです。身近な人にプレゼントする場合には勘違いされないように一言添えた方が良いでしょう。

どうしても靴下をプレゼントしたいのであれば、贈っても良いと思いますが、万が一のことを考えるとやはりおすすめはできません。たかだかプレゼントくらいで、と思うかもしれませんが、人生何があるか分かりません。一つの勘違いが大変な事態を招いてしまうこともあります。

プレゼントに込められた意味を知ってしまうと、プレゼントするものを慎重に選ばなくてはいけませんが、相手に無用な勘違いをされるよりもマシでしょう。靴下をプレゼントする場合には、くれぐれも相手の選択を間違えないようにしましょう。

靴下だけじゃない!実はこんなプレゼントも要注意!

靴下の他にもアクセサリー類や刃物、火を連想するものなどはプレゼントとしては不向きといわれています。それぞれどんな意味を持っているかご紹介しますので、これらのものは贈る相手に気をつけるようにしましょう。

輪っかになっている指輪などのアクセサリー類

指輪やネックレス、ブレスレットなどの輪っかになっているアクセサリー類には「相手を独占したい」「束縛したい」という意味が込められています。彼氏彼女に贈るものならまだ良いですが、それ以外の男性や女性に贈るのは控えた方が良いでしょう。またネックレスはモチーフによって込められている意味が変化するので気をつけましょう。

刃物や陶器など

刃物や陶器は物事を「切る・割ける・壊れる」などの意味が込められているためプレゼントとして贈るのはいささか失礼にあたります。またカップルや夫婦に贈るのもやめた方が良いプレゼントです。これらのものもギフト用として広く販売されていますが、贈る相手によっては選ばないようにしましょう。

ハンカチ

ハンカチは漢字で表すと「手巾」と書き、「手切れ」を意味すると言われています。そのため絶交を表すため友達や彼氏彼女には贈らないようにしましょう。また絶交したいという意思表示という意味もあるので、仲の良い友達や親友には絶対に贈らないように気をつけましょう。

櫛や箸

櫛は数字の「四・九」を表すことから「死や苦しみ」の意味が込められています。またお箸は橋渡しという、夫婦にとっては良い意味合いでも、お年寄りに対しては「早くあの世にいってほしい」という意味合いに変わってしまうので贈る相手の年齢には気をつけるようにしましょう。

靴には「私の元から離れてほしい」という意味が込められています。そのため彼氏彼女や親しい友達に贈るのは避けた方が良いでしょう。また「靴を履いて離れてしまう」という意味もあります。逆に束縛されている場合には「離してほしい」との意味も持っているので、相手から解放されたい場合には贈っても良いプレゼントでしょう。

エプロン

エプロンを贈るのは主に男性から女性にですが、エプロンには「もっと働いてほしい」という意味が込められています。そのため意味を知っている人に贈ると「なんだこの人は」と失礼にあたるので止めた方が良いでしょう。また義理の父や母にも贈らない方が良い品です。

筆記用具類

筆記用具類は子どもや年下の後輩などに贈る分には問題ありませんが、年上の上司などにはプレゼントするのは止めましょう。シャーペンや消しゴムなどには「もっと勉強してください」という意味があるので、相手によっては知識不足を指摘することになります。目上の人にとっては失礼にあたるので、プレゼントとして贈るのは避けましょう。

異性や上司にプレゼントをするときは物に隠された意味を知っておこう

女性から男性に、男性から女性にと異性にプレゼントを贈る場合や上司や目上の人にプレゼントを贈る場合には贈る物に隠された意味を知っておきましょう。物に隠された意味を知っている人や気にする人が多いとは限りませんが、全くいないわけではありません。

最低限贈ってはいけないものくらいは知っておかないと、思わぬところで失敗してしまいます。せっかく好意で贈ったものが、その後二人の関係を悪化させるともなれば贈らない方が良いですよね?

相手との良好な関係を維持するためにも、プレゼントを贈る前に一度それに込められた意味を調べてからにした方が良いでしょう。多少面倒ですが、相手が意味を知っている場合を考えると安全なプレゼントを贈った方が今後のためにも良いでしょう。

プレゼントするなら靴下の代わりにこんなものを贈ろう!

贈る相手にもよりますが、プレゼントを贈るのであれば良い意味が込められている物を贈るようにしましょう。悪い意味を持つものよりも、意味を調べられたときのことを考えるとよっぽど安全です。

愛する人に贈る場合

愛する人に贈るのであればネクタイやネクタイピン、口紅、財布、キーケース、腕時計などがおすすめです。贈る物によりますが、「あなたの傍にいたい」「あなたに首ったけ」「いつもそばにいてね」などの意味が込められています。口紅に至っては「キスしたい」ですから、男性から女性に贈ると良いでしょう。しかし交際関係にない相手に贈るのは止めましょう。

目上の人や上司に贈る場合

目上の人や上司に贈る場合には扇子や石鹸、真珠などを贈りましょう。これらのものは良い意味合いがあるので目上の人や上司に贈っても失礼にあたりません。香りのよい石鹸や少し値段の張る扇子などを贈ると喜ばれるのではないでしょうか。

友達に贈る場合

友達や親友に贈るならミサンガや扇子、石鹸などが良いでしょう。ミサンガは応援などの意味があるので、頑張ってほしい目標などがある場合には最適です。他のものは目上の人に贈るものと同様です。同性に贈る場合は特に問題ありませんが、異性に贈る場合にはこれら以外のものは避けた方が良いでしょう。

靴下などの意味にこだわっていると贈れるものが限られる

物に込められている意味を気にしすぎるのも些か問題がありますが、全く気にしないのもそれはそれで問題があります。つまり、贈る相手が意味などを気にしないのであれば特に気にしなくても大丈夫でしょう。時にはプレゼントを選ぶ時間もない時があります。

あまり気にしすぎるとプレゼント選びも滅入ってしまいますから、無理にこだわるよりも贈りたいものを贈りましょう。

相手に誤解されないようなプレゼントの仕方ってあるの?

誤解の無いようにするためにはやはり意味を知って、悪い意味合いのものは贈らないようにすることです。しかしどうしても贈りたい人やこれが良い!といっている相手にはギフト用として丁寧にラッピングしてもらったり、一言メッセージカードを添えるなどしましょう。

女性から男性に、男性から女性に贈る場合も、特に深い意味が無いことを強調するようにメッセージカードなどを添えたり、何か声を掛けた方が良いでしょう。悪い意味合いのものをギフト用にラッピングしてもらうと相手に誤解を与える恐れがあるので、相手によって誤解を与えるようなギフトは避けた方が良いでしょう。

大切なのは気持ち。でも相手によっては気をつけて

靴下には悪い意味が込められているとしても、大切なのは贈る側の気持ちです。それに本当に悪い意味が込められているとして知られていたら、ギフトとして靴下を贈る人も、今日までで少なかったでしょう。大切なのは贈る側の気持ち。それを忘れずに、プレゼント選びは楽しく行いましょう!

もっと靴下について知りたいアナタへ!

Thumb【クリスマス】靴下の意味や由来は?手作り靴下の作り方も紹介
Thumb靴下とブーツは相性抜群!いつものコーデに取り入れてみよう!
Thumb靴下の収納方法まとめ!100均ケースでスッキリさせるには?

こちらの関連記事もおすすめ

関連するキーワード

アクセスランキング

2018-11-14 時点

新着一覧