トースター・アラジンとバルミューダの違いってどんなところ?比較まとめ

優秀家電として人気を集めているアラジンとバルミューダのトースターの比較や口コミについてまとめました。家電にしては高価格でも評判の高いトースターとして知られるアラジンとバルミューダ、どちらを購入するべきか口コミを比較しながら決めていきませんか?

トースター・アラジンとバルミューダの違いってどんなところ?比較まとめ

目次

  1. アラジンとバルミューダのトースターならどちらが良い?
  2. 独自の技術により美味しいパンが焼けるバルミューダのトースター
  3. バルミューダのトースターはパンの種類に合わせてトースト可能
  4. バルミューダのトースターの口コミは?
  5. 素早い発熱でパンを美味しく仕上げるアラジンのトースター
  6. アラジンの付属機器を使えばバラエティ豊かな調理も可能!
  7. アラジンのトースターの口コミは?
  8. バルミューダのトースターで作る美味しいローストビーフのレシピ
  9. アラジンのトースターで絶品チキングリルを作ってみよう
  10. アラジンとバルミューダの口コミを比較して、お気に入りを購入しよう!

アラジンとバルミューダのトースターならどちらが良い?

優秀家電として知られるアラジンとバルミューダ

優秀家電として注目を集めているアラジンとバルミューダのトースター。従来のトースターとは違った高度な機能を備え、美味しいトーストを自宅で簡単にいただくことができることからメディアでも話題になっています。アラジンとバルミューダのどちらもおしゃれな家電デザインでインテリアを楽しめるのも嬉しいポイント。

アラジンとバルミューダにはどちらにも優秀な家電機能が付いているので、どちらを購入するべきか迷ってしまいますよね。それぞれの独自の家電機能を比較しながら自分の生活スタイルに合ったトースターを購入することが大切。購入する上では価格にも気になるので、費用対効果に見合った価格設定がなされているかも重要なポイントになります。

アラジンとバルミューダ、どちらが良いか比較してみよう!

アラジンとバルミューダのトースターのどちらを購入しようか迷ったときに参考になる比較や価格についてまとめました。実際にトースターを使用している人たちの口コミもご紹介。毎日の生活の中で活用しやすいおしゃれなトースターを手に入れてみませんか?アラジンとバルミューダを徹底比較していきましょう!

独自の技術により美味しいパンが焼けるバルミューダのトースター

スチームテクノロジー

バルミューダのトースターの特色としてまずあげられるのがスチームテクノロジー。バルミューダには吸水口がついているので、パンを焼く前に水を注いでおきましょう。この状態で加熱をすることで庫内に水蒸気がたまり、パンの表面に水の膜ができるのがポイント。

パンの表面が水の膜に覆われることで素早く焼き色がつき、中に含まれているバターや小麦の香りはしっかりと閉じ込めることができます。このスチームテクノロジーを活用することで、外側はサクッと、中はふんわりとしたパンに仕上げることが可能に。

ムラなく加熱できる温度制御

パンを美味しく焼き上げるためには3つの温度帯が重要になります。パンの風味が引き出される60℃、パンに焼き目がつき始める160℃、パンに焦付きがつき始める220℃の3つ。バルミューダのトースターはこの3つの温度帯をコントロールすることによって理想の焼き上がりを実現しています。

バルミューダのトースターはパンの種類に合わせてトースト可能

焦げやすいクロワッサンも美味しく

バルミューダにはパンの種類に合わせたモードを選択できるのが嬉しいポイント。普通のトーストはもちろんのこと、チーズトースト、フランスパン、クロワッサン、クラシックといった5つのモードで美味しいパンを焼き上げます。トーストは小麦の香りを楽しめる仕上がり。チーズトーストはチーズにほど良い焦げ目がついて風味豊かな味わいです。

バターがたっぷり練りこまれているため、普通のトースターで焼くと焦付きやすいクロワッサンもバルミューダのトースターならきれいに焼き上げることができます。まるでお店で焼きたてのクロワッサンを食べているような美味しさ。バゲットは中の水分をキープして焼き上げるので、内部のふんわりとした食感を余すことなく楽しめます。

他の料理も調理できる

クラシックモードは、スチームや温度制御を使わずに普通の調理を行うことができる機能。170℃、200℃、220℃と3種類の温度を選ぶことができ、ラザニアやグラタンなどのグリル料理や餅焼き、冷凍食品の温めなどあらゆる養鯉で活用可能です。バルミューダの価格は税別22,900円。普通のトースターと比べるとお高めになっています。

バルミューダのトースターの口コミは?

美味しいパンを気軽に焼ける

バルミューダを購入した人の口コミで多いのが、美味しいパンを自宅で気軽に焼けるということ。まるでパン屋さんで焼きたてのパンを食べているような美味しさを味わえます。

種類によって焼き方が変えられて便利

パンの種類によってモードを変えられるのもバルミューダの魅力。バゲットやクロワッサンなど、こだわりを持ってパンを焼きたいときにおすすめです。

素早い発熱でパンを美味しく仕上げるアラジンのトースター

アラジンのトースターはわずか0.2秒で発熱

続いて、アラジンのトースターをチェックしていきましょう。アラジントースターん特徴はわずか0.2秒で発熱する効率の良さ。通常のトースターだと発熱まで時間がかかってしまいますが、アラジンのトースターはそうした時間のロスを軽減することができます。

高温で一気に焼き上げることが美味しいパンに仕上げる重要なポイント。表面をこんがりと焼き上げ、中はふんわり美味しいパンに仕上げることができます。いつもよりワンランク上のパンを楽しみたいときにぴったり。

世界初の遠赤グラファイトを搭載したアラジンのトースター

アラジンのトースターには世界初の特許技術である遠赤グラファイトを採用しているのも大きな特徴です。高い熱伝導率を誇る遠赤グラファイトにより素早い発熱が可能に。熱伝導率が高いので全体にムラなく熱を行き渡らせ、こんがりときれいなパンを焼くことができるのもポイントです。食パンやバゲット、ベーグルなどあらゆるパンを美味しく焼けます。

アラジンの付属機器を使えばバラエティ豊かな調理も可能!

蒸すや焼くなど、いろいろな調理ができるアラジンのトースター

アラジンのトースターにはグリルパンやグリルネットが付属しているので、パンを焼く以外にもいろいろな方法で活用することができます。グリル料理や蒸し料理、炙り料理などバラエティ豊かな調理が可能。普段の料理の幅をぐっと広げることができます。

アラジンのトースターならオーブン料理も気軽に

アラジンのトースターは280℃の高温に瞬時に上げることができ、オーブンの代わりとして使うことが可能。通常のオーブンだと予熱に時間がかかってしまいますが、アラジンのトースターなら予熱時間を気にせずすぐに焼けるのが嬉しいポイント。クッキーやグラタンなどを気軽に作ってみてはいかがですか。価格は19,980円ほど。バルミューダと比べて少し安めになっているのが魅力です。

アラジンのトースターの口コミは?

外側はサクサク、中はふんわり

高温で一気に焼き上げることで外側はサクサク&中はふんわりに仕上げられるのがアラジンのトースターの特徴。ワンランク上のパンの美味しさを楽しめるとの口コミが多く見られました。

プレゼントにもぴったり

アラジンのトースターはプレゼントにもぴったり。機能性が高いだけでなくおしゃれなデザインなので、貰った人もきっと喜んでくれるはずです。

バルミューダのトースターで作る美味しいローストビーフのレシピ

ローストビーフに必要な材料

パン類だけでなくバラエティ豊かな調理を楽しむことができるバルミューダ。バルミューダを手に入れたら、ぜひいろいろな料理を作っていきたいですね。気軽に作れるのに豪華な見た目に仕上がるローストビーフはおすすめしたいレシピ。普段はもちろんのこと、おもてなしシーンでも役立つのでぜひチェックしてみてください。

ローストビーフに必要な材料は、牛の赤身肉300g、サラダ油大さじ2、塩3g、胡椒になります。お好みに合わせてバジルやローズマリーなどのハーブをつけると風味豊かなローストビーフに。付け合せとして粒マスタードやからし、柚子胡椒を準備しておくといろいろな味を楽しむことができます。

簡単な作り方

牛の赤身肉は冷蔵庫から取り出して常温に戻し、塩と胡椒をすりこんでおきましょう。サラダ油をフライパンにしいたら強火にかけ、赤身肉の表面に焼き色をつけます。

全面に焼き色がついたらアルミホイルにのせ、トースターで焼いてください。バルミューダの場合、フランスパンモードで10分。焼きあがったらアルミホイルで包み、予熱で火を通します。30分ほど置いたらアルミホイルを開き、好みの厚さにカットして完成。

アラジンのトースターで絶品チキングリルを作ってみよう

チキングリルに必要な材料

アラジンのトースターに付属しているグリルパンを使えば、簡単に美味しいチキングリルを作ることができます。遠赤グラファイトの効果でしっとりジューシーなチキングリルが簡単に完成。トースターに任せることで面倒な火加減の調整がないのも嬉しいポイントです。大人から子供まで喜ぶボリューム満点のメイン料理に仕上げていきましょう。

チキングリルに必要な材料は、ニンニクひとかけら、はちみつ大さじ2、塩胡椒、鳥もも肉2枚になります。風味をプラスしたいときは、ローズマリーなどのハーブをプラス。爽やかな風味を出したい場合はレモンを添えるのがおすすめです。もやしなど火の通りやすい野菜であればチキンを焼くときに一緒に乗せて加熱可能。効率的な調理を楽しんでみましょう。

気軽に作れるレシピ

鳥もも肉に塩胡椒、すりおろしたニンニク、はちみつを揉み込んで冷蔵庫で30分ほど置いておきます。高温に熱したフライパンで皮目をパリッと焼いたらアラジンの付属しているグリルパンに肉を並べててください。蓋をし、280℃で15分焼いたら完成です。

アラジンとバルミューダの口コミを比較して、お気に入りを購入しよう!

アラジンとバルミューダのトースターにはどちらにも独自の特色があります。普段の生活でトースターをどのように活用したいかによって決めていくことがポイント。お気に入りのトースターを購入して、美味しい食卓作りを楽しんでくださいね。

合わせて読みたい!トースターに必要な材料

Thumbオーブントースターの掃除方法まとめ!簡単に焦げや汚れを落とす方法!
Thumbバルミューダザ・トースターの価格やサイズは?評価・口コミも紹介!
Thumbオーブントースターだけで作れるクッキーの簡単レシピまとめ!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-24 時点

新着一覧