ボブが似合わない人の特徴とは?似合うためにはどうすればいい?

女性らしいキュートな髪型・ボブのヘアスタイル。自分には似合わないから絶対しない!なんて思ってませんか?今回はボブが似合わない人の特徴と顔型別に似合うためのカットのコツなどをご紹介します。これでもうボブが似合わないなんて言わせません!

ボブが似合わない人の特徴とは?似合うためにはどうすればいい?

目次

  1. 大人可愛い髪型・ボブスタイル
  2. ボブが似合う基準は顔型にあった!
  3. ボブが似合わないのは丸型?
  4. 顔型別に似合うボブの特徴
  5. ボブが似合わない人と思い込んでる人必見!
  6. ボブやショートヘアが似合わない人の特徴
  7. ヘアアレンジやパーマでボブが似合うようになる
  8. 顔型に関係なく似合うボブスタイル
  9. 顔型を気にせず似合うボブの特徴
  10. 似合わないのは髪色に問題アリ?重いイメージはカラーリングで変える!
  11. 前髪にも注目
  12. ボブが似合わない原因は髪質も関係している
  13. ストレートヘアでないと似合わない、は間違い
  14. 髪型だけでなく服装にも気をつける
  15. 「ヘルメット」にならないように気をつける!
  16. ボブが似合わない人の特徴・似合うようにするまとめ

大人可愛い髪型・ボブスタイル

いつも同じ髪型でイメチェンをしたいしたいと思う人はたくさんいます。特にボブは大人の人でも可愛くなれる憧れの髪型。おしゃれで可愛いボブスタイルにするにはどうしたらいいのでしょうか。本当に似合うのか、もし似合わないときは?ボブスタイルが似合わない人の特徴や似合うようにするにはどうればいいのか、などをご紹介します!

小顔効果もある髪型・ボブ

まず、ボブと聞いて思い浮かぶのが小顔効果。実際に髪型をボブにしている芸能人などを見て「顔が小さい!」と思ったことはありませんか?スッキリしたシルエットのボブは小顔効果があるんです。

ボブが似合う基準は顔型にあった!

顔が小さくないからボブが似合わない、と諦めている人はいませんか?ボブが似合う人・似合わない人の基準は顔の形にあります。美容院にいって髪を切る、ヘアスタイルを決めるときに雑誌などをみると顔型別に似合う髪型を紹介しているものがほとんど。もちろんボブも例に漏れず。ボブが似合う人の基準は顔型!

ボブが似合わないと思っている人に共通するのは顔の型

実際にボブにしてみて似合わない、と思う人に共通しているのは顔の形。ボブが似合う人は顔の大きさだけでなく形に注目してみてください。面長・卵型をしている人はボブが似合う傾向にあります。逆に言えばそれ以外の形をしているとあまりボブが似合わないことも。でも、これだけで憧れのヘアスタイルを諦めるのはもったいないですよ。

ボブが似合わないのは丸型?

まずボブが似合わない、と思いがちの人は丸顔の人が多くなっています。顔の形が丸いのにシルエットが丸いとなんだか顔が大きく見えてしまいませんか?

丸型はボブにすると顔が大きく見える?

丸顔で幼く見られがちな丸型の人。ボブにすれば顔が大きく見えて小顔効果とは全くの正反対に!「どうしてこうなった」と後悔することもしばしば。でも、アレンジ次第で似合う髪型になるんです。これは丸型やボブスタイルだけでなくすべての顔の形やヘアスタイルに言えることです。

丸型だから似合わない、と決めつけない

ここまで見て自分は丸型だからボブを諦めよう、というのはまだ早いです!丸型だからボブが似合わない、ではなくアレンジ次第では似合う、小顔効果を得ることも。

顔型別に似合うボブの特徴

面長や卵型のほうがボブが似合う、丸顔は似合わないと思われがちですが顔の形別に似合うボブスタイルがあります。髪型別に似合うボブスタイルをご紹介!自分の顔の形をしっかり把握してボブが似合う人になりましょう。

丸顔なら輪郭をカバー

ボブが似合わない、と言われる丸型。でも丸い特徴の輪郭をカバーすることでボブが似合うようになります。さらに丸顔の人はストレートボブがおすすめ。すっきりしたシルエットが可愛く見えるコツ!

面長・卵型は前髪を作る

ボブスタイルが似合うとされている面長や卵型。でも、面長なのになんだかボブが似合わないと思った人はいませんか?ボブにした途端に地味・老け顔になったことも。そんなときは前髪を作るのがおすすめです。前髪を作ることで小顔効果も得られます。面長の人はトップにボリュームがあると顔が長く見えてしまいます。シルエットをひし形のイメージするのもアリ。

三角顔は毛先の位置

顔の形が逆三角形の人は毛先の位置に注目!あごが細くなっっているのが特徴的な顔の形を逆手に取ったボブスタイルがおすすめ。ボブにしたときの毛先をあごのラインにすることですっきり見せることができます。さらにシルエットをひし形にしてバランスよくカットすればボブが似合う人に!

ひし形ならトップにボリューム感を出す

顔の形がひし形、ベース顔と言われる人はストレートボブがおすすめ。さらにトップにボリューム感をだすことで優しい雰囲気になります。あごのラインを軽く内巻きにすれば小顔効果も抜群!ヘアスタイルのシルエットをひし形にするのは小顔効果にするための必須条件。ベース型の顔の人はハチ部分に少しボリュームをつけるだけでこの小顔効果が上手に得られます。

ボブが似合わない人と思い込んでる人必見!

ここまでくれば顔の形に関係なくボブが似合うことがわかります。ボブが似合わないと思っている人にこそ参考にしてほしい!大人可愛いボブ。ちょっとしたアレンジやコツ次第で似合うようになれます。

ボブやショートヘアが似合わない人の特徴

まずボブスタイルやショートヘアが似合わないと言われる人の特徴は顔の大きさや髪質にあります。

顔が大きいから似合わない?

顔が大きいからこそ小顔効果のあるボブスタイルに挑戦してほしいですね。顔が大きい、ボブやショートヘアにすると顔の大きさが強調される、と考える人がほとんど。でも、アレンジ次第で似合うようになります。

くせ毛で広がる

くせ毛の人もボブが似合わないと思われてしまいます。くせ毛で髪が広がると顔が大きく見えることも。ボリュームがないからボブが似合わないという場合もあります。そんなときはボリューム感をだす、ストレートパーマをあてることで解決できます。

ハチが張っている

ハチが張っているからおでこが広く見られがち、という人も似合わないと思っているようです。これはおでこの広さを隠そうとするために前髪を重くしてしまうからボブが似合わないとなることも。ハチが張っているなら前髪を流したヘアスタイルにすることで似合うように。

ヘアアレンジやパーマでボブが似合うようになる

顔の形や大きさでボブが似合わない人もヘアアレンジやパーマで似合うようになります。これまでずっとストレートヘアだったから、と思っていてもボブが似合うようにパーマをかけるのもアリです。

パーマと合わせて

髪にボリュームがない、くせ毛だからと似合わないと諦めている人はパーマを合わせることで可愛いボブスタイルにできます。ゆるふわパーマで大人可愛いボブスタイルに!逆にくせ毛の人はストレートパーマで憧れのボブスタイルにすることも。毛先だけパーマをかけてもいいですね。

片側を耳にかけてアシンメトリー

ボブにしてみたけれどなんだかしっくりこない…。そんなときは髪の片側を耳にかけてアシンメトリーにしてしまいましょう。イメージも雰囲気も変わって「似合わない」から「似合う」に変わることもあります。

顔型に関係なく似合うボブスタイル

顔型で基本的な似合う・似合わないが決まってしまうボブスタイル。実は誰にでも似合うボブスタイルがあります。それが前下がりのボブ!顔の形や輪郭に左右されずにできるボブスタイルです。

前下がりボブで小顔効果!

前下がりのボブにすることで小顔効果も得られます。ゆるふわパーマやストレートボブなど、ボブスタイルには色々ありますが、前下がりボブはわりと誰にでも似合うと言われています。ボブにしたいけど顔型や輪郭とかよく分からない、とにかくボブにしたい!という人は前下がりのボブに挑戦してみてください。

顔型を気にせず似合うボブの特徴

先程も記述したように顔型を気にせず似合うボブは前下がり。ボブが似合わない思っていた人も前下がりボブにすることで似合うようになった場合も。では前下がりボブにはどんな特徴があるのでしょうか。

前下がりボブは大人可愛いボブとして人気も高め!特に前髪のないスタイルのほうが取り入れやすいようです。前下がりにすることであごのラインを気にすることもありません。毛先を内巻きにすればふんわりとした印象に。

逆に前髪をつくるとさらに可愛い印象になります。前髪アリがいいけど可愛すぎるのは、と戸惑うなら流してしまうとOK。エラが張っている人は前下がりボブもおすすめです。

似合わないのは髪色に問題アリ?重いイメージはカラーリングで変える!

色々参考にしたけどやっぱり似合わない、という人は髪色を変えてみるのもおすすめです。どこか重い雰囲気になってしまったときは明るいカラーリングでイメージチェンジ!黒い髪も憧れますが、髪色を変えるだけで印象も変わりますよ。

ボブにしたけどイマイチ…そんなときは髪色を変える

ボブにしてみた、そんなに悪くないけどイマイチピンとこない…。黒などのダークな色合いだと重い・地味な印象を持たれることも。軽めのカラーリングにすることで華やかになるだけでなくおしゃれな雰囲気も漂います。もちろん黒髪でもボブが似合うことも。ストレートボブで黒髪、どこかクールな印象があります。まさに大人女子!

ゆるふわパーマをつかったボブにはミルクベージュなど明るいカラーリングがおすすめ。10代に人気のオルチャンメイクにもぴったり!他にも血色良く見せてくれるオレンジブラウンや落ち着いた雰囲気のダークブラウンなどもおすすめ。

迷ったときはアッシュカラー

カラーリングに失敗して似合わない!せっかくのボブスタイルが台無しに!なんてことも。どの色にしようか迷ったときはアッシュカラーがおすすめ。特にボブとの相性が良いカラーリング。重くなりすぎず日本人の肌にも馴染みやすいカラーです。もちろん美容師さんの意見を参考にして自分に似合うカラーを探してみるのもおすすめです。

前髪にも注目

ボブスタイルをするなら前髪にも注目です。どんな髪型をするにも前髪のアリナシで印象が変わってきます。おでこを出したくない人は前髪アリの髪型をする人がほとんど。

シルエットだけでなく前髪を変えることも

ボブスタイルにするなら小顔効果のあるひし形をイメージしますが、シルエットを気にするだけでなく前髪を変えることで「似合わない」から「似合うボブスタイル」になります。特に顔が長い面長の人は前髪を作ることで目立たなくなる効果も。

ボブが似合わない原因は髪質も関係している

ボブが似合わないのは顔型だけでなく髪質が関係していることもあります。髪質は顔型同様に人によってそれぞれ。しかも髪質は持って生まれたものなのでそうそう変えることができません。自分の髪質を理解してヘアスタイルを決めるのもおすすめです。

猫毛だから似合わない?

猫毛の人はボブが似合わない場合もあります。髪にコシがないのが特徴の猫毛。ふわふわと柔らかい髪質を利用してゆるふわパーマにすればOK!パーマにすることで髪に動きが出て柔らかな髪質が気になりません。こちらは髪の量が少ない人にもぴったり。

剛毛や毛量が多いのも似合わないと思う原因

剛毛や毛量が多いとボリューミーなヘアスタイルになりがち。ボブにすればひろがるのでは?と懸念されることもあります。その特徴を活かして重量感のあるボブスタイルに!毛質が固い、量が多いから、とストレートにしがちですが、ふんわりとしたパーマもアリ。

ストレートヘアでないと似合わない、は間違い

ボブはストレートが人気!ストレートヘアでないとボブが似合わない、というのは間違いです。もちろんストレートボブも大人女子にぴったりのおすすめヘアスタイル。でも人によってはくせ毛だったりするのでストレートヘアにできないことも。

猫毛やくせ毛はパーマをかけるとボブが似合うように

猫毛やくせ毛はあえてパーマをかけたボブスタイルに。ふんわりと可愛い印象のボブになります。これならストレートパーマをかけたり、毎朝ストレートヘアアイロンと苦戦することもありません。

髪の量が多くて似合わないときは重量感を活かして

髪の量で悩んでいるならその重量感を逆手に取ったボブスタイル!ミディアムボブにすればきれいにまとまることも。毛先だけをパーマにして視線を下に集めるのもおすすめです。

髪型だけでなく服装にも気をつける

似合わないと思っていたボブも髪や顔の特徴を把握して似合うように!可愛いボブスタイルになったら服装にも木を配りましょう。

ボブが似合わないのは服装?

憧れのボブにしたのに似合わない、というよりもどこかしっっくりこないときは服装を見直してみるのもいいですよ。首元がすっきりしたボブなら襟が広めの服やアクセサリーなどのアクセントも。ゆるふわパーマボブなら甘くなりすぎない服装にするなども。

人を選ぶと言われるボブスタイル

誰にでもできそうで似合わない人もいると言われるボブ。自分に似合う特徴を把握してボブに選ばれる人になりましょう。そのためにまずすることは自分の顔の形をしっかりと理解すること。丸型や面長、卵型など顔の形によって似合う・似合わないが決まってしまいます。よく行く美容院ならプロの目線で見てもらい、相談しながら決めるといいですよ。

「ヘルメット」にならないように気をつける!

ボブにした途端に「ヘルメット」みたいになった人もいるのでは?前髪ぱっつん、毛先も揃っていればヘルメットと言われても仕方がありません。「ヘルメット」を回避するにはパーマで毛先に動きをつける、前髪は作らない、作るなら流す、など全体的に動きのあるシルエットがベスト。

もちろんストレートボブでクールにキメるのも。その場合は前下がりボブなどがおすすめです。パーマをかけなくてもコテやヘアアイロンを使って毛先だけカールするなど、その日だけのアレンジもおすすめです。

ボブが似合わない人の特徴・似合うようにするまとめ

大人女子に人気のヘアスタイル・ボブ。ショートボブからストレートボブまでその種類も色々あります。これまで自分にはボブが似合わないと思っていた人も上記を参考に似合うボブスタイルを見つけてみてください。

美容院に行くときは自分の髪質や顔型などをプロの目から判断してもらい、どのようなイメージのボブスタイルにしたいのかを明確に説明しましょう。その上で美容師さんと相談して似合うボブに仕上げてもらうといいですよ。

ボブは顔の形や髪質、色などをしっかりと把握しておけば誰にでも挑戦できる髪型!ボブスタイルでも巻いたりストレートにしたりと好みのヘアスタイルも。ヘアゴムやカチューシャ、バンダナなどを使ったアレンジも試してみてくださいね。これでもうボブが似合わないとは言わせません!

ボブスタイルについてもっと知りたいあなたへ

Thumbボブでつくるポニーテールが可愛い!アレンジ・やり方まとめ!
Thumbボブのひとつ結びは無造作に!可愛いひとつ結びのやり方まとめ!
Thumbボブをコテ・ストレートアイロンで可愛く!簡単な巻き方やアレンジ!
Thumbボブに飽きたらハイライトでヘアチェンジ!おすすめカラーは?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-02-19 時点

新着一覧