靴ズレになる原因って?靴ズレを治す方法・予防法をご紹介!

新しい靴を履いたら靴ズレになってしまって辛い思いをしたことは、誰でもあるでしょう。でも靴ズレになる原因や、靴ズレを治す方法をきちんと知っていますか?こちらでは、靴ズレの原因と、靴ズレを治す方法、ならないための対策、予防・解決方法をまとめました。

目次

  1. 靴ズレは靴と皮膚のスレが原因で起こる
  2. 靴ズレの原因1、新品で靴が固すぎる
  3. 靴ズレの原因2、靴のサイズが合っていない
  4. 靴ズレの原因3、足と靴の形が合っていない
  5. 靴ズレを予防するにはスレないようにすることが一番
  6. 新しい靴の靴ズレを予防するには絆創膏が手軽
  7. スレないように靴を自分の足の形に加工する
  8. 足がスレにくいワセリンなどを利用する
  9. 革靴は履く前の手入れで靴ズレを予防できる?
  10. 靴ズレを治す方法の基本!豆や水ぶくれが潰れる原因はスレや圧迫
  11. 一番いい靴ズレを治す方法は豆をつぶさないこと
  12. 靴ズレを治す方法は水ぶくれを保護しておく
  13. 靴ズレした靴と違う靴を履くのも靴ズレを治す方法
  14. 水ぶくれが破れたら湿潤法で治すのがお勧めの靴ズレを治す方法
  15. 靴ズレを治す方法は靴ズレの原因対策や予防方法と同じだった

靴ズレは靴と皮膚のスレが原因で起こる

新しい靴を履いてウキウキ気分でお出かけしたのに、帰るころには靴ズレが痛くて気分が沈んでしまう…そんなことは意外に多いものですよね。新しい靴や慣れない靴を履いて靴ズレをすることの原因は、端的に言えば靴と皮膚がスレてしまうことです。かかとや指など、人によって場所は違いますが、全ての靴ズレは皮膚が擦れることが原因なのです。

慣れた靴でも、同じ場所を何度も擦られることによって、靴ズレを起こすこともありますし、一度に履いている時間が短くても、強く擦られれば、すぐに靴ズレを起こしてしまいます。

では具体的には、どんなシチュエーションや状態が、靴と足の皮膚をこすれさせる靴ズレの原因となるのかをチェックし、予防策や治し方も確認していきましょう。

靴ズレの原因1、新品で靴が固すぎる

新しい靴は固いために、靴ズレを起こしやすくなります。では、なぜ靴が固いと靴ズレを起こしやすいのでしょうか。

慣れた靴は靴全体が柔らかくなっている

慣れた靴は何度も何度も靴が曲げ伸ばされるのを繰り返したために、素材が柔らかくなって足の動きに合わせて靴も変形しやすくなっています。このため、歩いた時に靴と足がフィットしていて、足と靴の間にズレや隙間が起きずらく、歩いても靴と足の皮膚の間にそこまで大きな摩擦は産まれません。

摩擦自体が少ないので、靴ズレの原因となる擦れが少ないので、慣れた靴は靴ズレになりづらいのです。

新しい靴は動きに合わせて靴が変形しない

反対に、新品の靴は得てして素材そのものがまだ柔軟性を持たず、固いものです。そのために、歩いた時には足の動きに靴がついていかず、結果として靴が足を強く擦ってしまいます。

一歩進むごとに、靴が足を擦ってしまうので、長距離歩かずとも靴ズレが起きやすくなるという訳です。

靴ズレの原因2、靴のサイズが合っていない

新しい靴でなくとも、靴ズレを起こすことは多いにあります。それが、靴のサイズが足に合っていないことが原因になる場合です。

靴が足より大きすぎることが靴ズレの原因に

靴ズレの原因として、靴が大きすぎることも挙げられます。大きすぎる靴はかかとに隙間ができるので、必要以上に歩くときにかかとを擦ってしまいます。

また、大きな靴の場合は、足を上げれば靴から足が浮いて、地面に足を下す度に再び靴に触れるということを一歩進むごとに繰り返すため、足の裏も通常の靴よりも摩擦が大きくなり、靴ズレしやすくなります。サイズが大きい靴もですが、足裏が浮きやすいサンダルが、足裏で靴ズレを起こすのはこのためです。

靴が小さくても靴ズレの原因になる

靴が大きいと靴ズレの原因になりうるのであれば、靴が小さければ靴ズレが起きないのでは?と考える方もいらっしゃるでしょう。答えは、靴が小さくても靴ズレは起こります。

靴が小さければ、足が靴によって圧迫される面積が増えて、擦れによる靴ズレもできますし、圧迫による血豆ができる場合もあります。残念ながら、靴のサイズが合っていない場合は、大きかろうと小さかろうと、靴ズレの原因になるのです。

靴ズレの原因3、足と靴の形が合っていない

では、靴のサイズさえ合っていれば靴ズレは起きないかと言えばそうでもありません。靴のサイズが合っていても、靴と足の形が合っていない場合は靴ズレの原因になります。靴が足に対して細い、浮きがある、など靴がフィットしない理由は様々です。

靴が足を圧迫しているのが原因

靴が足に合っていない例として、靴が必要以上に足を圧迫していることが挙げられます。足に対して靴の幅が狭かったり、小指や親指つま先だけ靴が狭く、圧迫していたり、足の甲が食い込んで擦れるようなパターンがあります。一見、靴が足にピッタリと密着していれば靴ズレは起きないのかとも思いますが、実は圧迫されるほどに密着した場所は、歩く時に少しの靴のズレで大きな摩擦を生んでしまうのです。

一歩一歩進むごとに、靴に圧迫された場所は新しい靴と同じくらいの摩擦を受けるために、靴ズレを起こしてしまいます。

足にフィットしていないのが原因で摩擦が増える

足のほとんどがちょうどよくフィットしていて、一部だけ浮いているのであれば、その一部は擦れにくいでしょうが、全体的に浮いていれば全体が動いで擦れやすくなるので、靴ズレもおこしやすくなります。

足を圧迫していない場合でも、靴が足の形にフィットしておらず足との間にすき間が沢山ある時には、それだけ歩いた時に靴が足との間で位置を変えやすく、擦れやすくなるということです。スニーカーのサイズは合っていても、紐を緩めすぎていると靴が浮きやすくなり、靴ズレの原因になりやすいのが例に挙げられます。

Thumb靴擦れの原因は靴よりも歩き方?新しい靴でも靴擦れしない方法とは?

靴ズレを予防するにはスレないようにすることが一番

靴ズレの原因が分かったら次は予防方法をチェックして行きましょう。靴ズレが起こる原因は、皮膚と靴が擦れることなので、その摩擦をなくしてやれば良いのです。

靴ズレ対策ぐっずを使ったり、靴を加工したりと様々な方法がありますが、具体的にどんなシーンに、どんな対処をすればよいのでしょうか。

Thumb靴のサイズ調整のやり方!大きい・きつい場合の対処法とは?

新しい靴の靴ズレを予防するには絆創膏が手軽

靴ズレを予防するには、あらかじめ擦りそうな場所の皮膚を保護しておくのが、一番手っ取り早い方法です。皮膚を擦りさえしなければ、靴ズレになることはないのです。この方法は特に、新しい靴や履きなれていない靴を履くとき、長時間歩く時に対して有効な方法です。

出かける前に靴を試し履きして、擦れるところをチェックしておきます。かかと、親指の付け根、足の甲と靴の境目などが良く擦れるところなので、擦れないかどうかチェックしておきましょう。

絆創膏が簡単で安価

擦れる場所が分かったら、その場所に絆創膏を貼って保護しておくのが一番手軽です。絆創膏は比較的安価なので、靴が慣れるまで数日間使っても、財布へのダメージも少ないです。肌馴染みが良く、ガーゼのついていないキズパワーパッドなどの湿潤法の絆創膏でも良いでしょう。ただしキズパワーパッドは一般的な絆創膏に比べて高価なので、注意が必要です。

絆創膏に似た靴ズレ予防専用の商品もある

絆創膏は安価ですがあまりオシャレではありません。そんな時に活躍するのが、靴ズレ専用のケアシートです。透明なので、靴下やストッキング、素足など靴の下に履くものの種類を選ばず、目立ちにくく足を保護してくれます。

絆創膏に比べると比較的高価で枚数は少ない商品が多いので、外から見えやすいところは専用ケアシートを、見えないところは絆創膏を使うなどの工夫をすると良いでしょう。

靴側に擦れない工夫をする方法も

かかとが擦れる場合は、かかとにロウを塗って摩擦を減らしたり、ジェルパッドを当てて擦れにくくする方法もあります。

足に絆創膏を貼るのと同様に、擦れが少なくなるので、靴ズレ対策になります。

スレないように靴を自分の足の形に加工する

お気に入りの靴なのに、何度履いても靴ズレするからと諦めてしまうのは勿体ないですよね。何度履いても靴ズレしてしまうように靴が足にフィットしていない場合は、フィットするように靴を加工してしまえば良いのです。足にフィットするように靴を変形させてしまえば、靴と足との擦れが発生しにくくなります。

靴が小さいことが原因ならシューストレッチャーを使おう!

シューストレッチャーは、足形を靴に差し込んで靴を広げるための器具です。つま先を広くしたり、かかとからつま先までの長さを伸ばしたり、ものによっては足の甲の広さを広げたりすることもできます。シューストレッチャーを装着した状態で置いておけば、靴を履いた状態になるので靴を柔軟にするのが早くなるという効果もあります。

外反母趾が酷かったり足の甲が普通より膨らんでいるなど市販の靴では足が合わないことが多い人なら、シューストレッチャーを使って自分好みの靴に伸ばして加工して履くと、靴ズレしにくくなるため、特にお勧めの方法です。1000円程度の安価なものからあるので、全ての靴でいつも靴ズレをする、という方にはぜひ試して欲しい予防法です。

靴屋にお直しを依頼する

少し値は張りますが、シューフィッターがいて靴の修理・加工も請け負ってくれる靴屋であれば、足にフィットするように靴をお直ししてもらうことができます。

高価な靴や、革靴などであればシューフィッターなどで自力でやるよりも、靴屋に依頼した方が安全です。1500円程度から対応してもらえるので、自分で手を入れるのが怖い靴は、靴屋に依頼しましょう。

足がスレにくいワセリンなどを利用する

足を擦れから保護する方法として、絆創膏の他にはワセリンが挙げられます。よく擦りやすいところの皮膚にワセリンを塗っておくことで、皮膚への直接の摩擦をなくし、靴ズレを予防するというものです。

ワセリンの種類は薬用の物や、ハンドクリームタイプの物など、何でも構いません。靴や靴下に少しずつ吸収されてしまうこともあるので、厚めに塗ったり、途中で塗りなおすなどの工夫が必要です。

サンダルのバックストラップにはワセリンが特に効く

かかとの靴ズレなど、擦れる場所に塗るだけで靴ズレ予防になるワセリンですが、サンダルのバックストラップによるかかとの靴ズレには、特にワセリンが有効です。

ワセリンであれば、素足に塗っていても透明な絆創膏以上に目立たず、オシャレに靴ズレ対策をすることができます。

ニベアやユースキンなどでも代用可能

ワセリンは日光に当たると油焼けによってシミになりやすいという副作用があるため、素肌に使用するのをためらう方もいるでしょう。そんな場合は、ニベアやユースキン、オロナインなどでも代用が可能です。肌に塗れて、滑りが良くなるものであれば、何でもワセリンの代用になります。

こちらの代用品もワセリン同様、長時間靴を履く際には、途中に塗りなおすなど工夫しましょう。

革靴は履く前の手入れで靴ズレを予防できる?

革靴もシューストレッチャーを使用するなど、履く前の工夫によって靴ズレを予防することができます。革靴ならではの手入れの方法を、チェックしましょう。

シューストレッチャーが原因で革靴が壊れることも!

シューストレッチャーは、靴を好みの形に伸ばすのにとても便利なのですが、力づくで伸ばしていくアイテムのため、靴を傷つけないように使用するよう注意が必要です。特に革靴の場合は、皮と皮のつなぎ目である縫い目が弱いので、無理に伸ばそうとすると、破れてしまったり弱くなったりすることもあります。

革靴にシューストレッチャーを使う時には、特に少しずつ伸ばしていくように気をつけましょう。

皮用の柔軟剤で伸ばす

革靴を柔らかくしたり、伸ばしたりする方法として、レザードレッシングなどの皮用の柔軟剤を使用する方法もあります。皮に柔軟剤のクリームを塗りこんで、手で少しずつ伸ばして変形させます。

皮専用のものを使用すれば、皮に負担がかかりにくく、変色などの心配が少ないです。また、手で少しずつ伸ばしたり柔らかくしたりするので、皮に負担がかかりづらい点も良いところです。

低音のドライヤーを当てて伸ばす

皮は熱が加わると変形しやすくなるという性質があります。この性質を利用して、ドライヤーで温風を当てて柔らかくし、好みの形に伸ばすという手入れ方法で靴ズレを予防することができます。

ただし、皮は一定温度以上の熱に晒されると変形することもあるため、低音のドライヤーで実践しましょう。

オイルや保湿クリームなどで皮を伸ばす

皮はラノリンという成分で柔らかくできるため、オイルやラノリンの配合された保湿クリームを靴に塗りこんで伸ばしたりする方法もあります。

ただしこちらは、安価である代わりに皮専用の商品ではないため、皮が変色したり変質したりする可能性もあります。保湿クリームなどで代用する場合には、目立たない場所で試し塗りをしてから、使用したい場所に塗って靴を伸ばしたりすると良いでしょう。

靴ズレを治す方法の基本!豆や水ぶくれが潰れる原因はスレや圧迫

靴ズレは、皮膚が擦れていくことによって、はじめは赤くなり、悪化すると水ぶくれの豆ができて、放置すれば水ぶくれが破れてやがて出血してしまいます。水ぶくれの豆は、靴ズレを放置していると破れることが多いですが、その直接的な原因は靴ズレが起こるのと同じ、靴による擦れや圧迫です。これを解決しなければ、靴ズレは治せません。

靴ズレができてしまったら仕方ありませんが、できるだけ早く治すためにはその擦れや圧迫を解消してやる必要があります。靴ズレを治す方法をチェックしていきましょう。

一番いい靴ズレを治す方法は豆をつぶさないこと

靴が擦れて赤くなった段階で、すぐに靴ズレ対策できればいいのですが、靴や足がそのまま放置されてしまえば、水ぶくれや豆が潰れて破れてしまいます。破れてしまうと、靴ズレは治りにくくなってしまうので、一番いいのは、赤かったり水ぶくれや豆ができた段階のうちに、破らないで治すことです。

靴ズレを治す方法として水ぶくれの中身が大事

水ぶくれの中身は、浸出液といって血小板など皮膚の再生を促す体液が満ちています。これが水ぶくれや豆として密着して閉じ込められていることで、水ぶくれはやがてしぼみ、綺麗に治っていきます。

水ぶくれがもしも破れてしまうと、この浸出液が流れてしまい、靴ズレが治るのが遅くなってしまいます。また、水ぶくれが破れると、余計な痛みを産んでしまいます。このため、靴ズレを治す方法して一番手っ取り早いのは、水ぶくれや豆を潰さずに保護しておくことなのです。

Thumb靴擦れができた時は絆創膏で解決!正しい絆創膏での治療や対処方法は?

靴ズレを治す方法は水ぶくれを保護しておく

水ぶくれや豆を保護しておくには、やはり絆創膏などで靴を含めた全ての擦れや圧迫から守るのが一番簡単です。

大きな水ぶくれもジェルタイプなら安心の靴ズレを治す方法

靴ズレを治す方法は湿潤法タイプの絆創膏もお勧め

もしも水ぶくれが破れた時も、湿潤法で治せるので安心です。湿潤法タイプのキズパワーパッドのようなタイプの絆創膏は、ぴったりと肌につくので、ガーゼ部分で皮膚を擦る心配もなく、より保護に向いています。

Thumb靴擦れで出来た水ぶくれはどうしたらいいの?正しい処置や治療方法まとめ

靴ズレした靴と違う靴を履くのも靴ズレを治す方法

靴ズレした時に、靴との擦れをなくすのに手っ取り早い解決方法が、サンダルなど靴の摩擦が少ない靴を履いたり、靴ズレした靴を履かず、別の靴を履くという方法です。

靴ズレを治す方法として、靴ズレ部分を擦らなければいいので、擦りにくい履きなれた靴や、皮膚の接触面積が少ないサンダルを使用するのは非常に有効な解決方法です。

水ぶくれが破れたら湿潤法で治すのがお勧めの靴ズレを治す方法

水ぶくれが破れてしまうと、その下には守られていない弱い皮膚があらわになってしまいます。そこを更に擦ってしまうと、血が出るばかりではなく、雑菌が入りこんでしまい、最悪の場合、化膿してしまうこともありえます。

靴ズレを治す方法としては湿潤法がお勧め

湿潤法とは、絆創膏で皮膚に蓋をして、水ぶくれができているのと同じ状態を再現する方法です。もしも水ぶくれが破れてしまった場合には、ガーゼなどで保護しておくよりも、湿潤法で治す方が靴ズレを治す方法としては、早く治ります。傷みも少なくて済むため、湿潤法はお勧めです。

破れても綺麗に靴ズレを治す方法

水ぶくれが破れてしまった場合に、綺麗に靴ズレを治す方法は、まずは破れた部分の皮膚を綺麗に切り取ります。そして傷口を洗い流し、清潔にした上で、キズパワーパッドなどの湿潤法タイプの絆創膏を貼り付けます。

数日貼ったままにして、傷が治ったらはがすことで、通常よりも綺麗に治すことができます。湿潤法は治るのが早いだけでなく、綺麗に治すための解決方法なのです。

靴ズレを治す方法を駆使しても綺麗に治らないこともある

靴ズレを治す方法として、湿潤法を試しても、水ぶくれが破裂してしまった時点で、靴ズレが綺麗に治らないこともあります。そんな傷跡を解決するためには、美白化粧水などで地道に治していく必要があります。まずは水ぶくれが破裂しないように、保護していくことが一番の解決方法です。

靴ズレを治す方法は靴ズレの原因対策や予防方法と同じだった

靴ズレは靴との摩擦で起こりますが、その解決方法は擦れを解消し、皮膚を保護することです。水ぶくれを守るためには絆創膏などが非常に有効で、キズパワーパッドは水ぶくれが破れた場合にも靴ズレを解決するのに役立ってくれます。靴ズレの予防方法と解決方法は同じ擦れから守ることなので、新しい靴を履くときや、長時間歩くときなどは、とりあえず絆創膏をもっておきたいですね。

靴ズレについてもっと知りたい方はコチラ!

Thumb靴擦れでかかとが血だらけ!そんなピンチの時にできる対策と治療とは?
Thumb浴衣の下駄は鼻緒が痛い?痛くない履き方や歩き方と痛い時の対処法!
Thumb靴擦れ防止対策は大丈夫?予防をしっかりして新しい靴を楽しむ方法とは?

足裏などで大きな面積に水ぶくれができてしまった場合、絆創膏で対応するのは難しいですよね。そんな時には靴ズレ対策専用のパッドが解決してくれます。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ