育児ノイローゼの症状・対処法まとめ!夫も一緒に出来る対策は?

あなたは育児ノイローゼなんて自分とは無縁のものだと思っていませんか?しかし育児ノイローゼは、女性である限りまったくの無関係でいられる人はいないと言われています。そこで今回は育児ノイローゼについて、診断方法から対策、対処法まで、様々なことをまとめました。

育児ノイローゼの症状・対処法まとめ!夫も一緒に出来る対策は?

目次

  1. ママになるなら知っておきたい育児ノイローゼ!診断から対策や対処法!
  2. あなたも症状が出ていませんか?簡単育児ノイローゼ診断!
  3. 産後起こりやすい育児ノイローゼ!原因はホルモンバランス?
  4. 赤ちゃんと二人きりの環境!これも育児ノイローゼの原因!
  5. 育児ノイローゼはママの真面目な性格が原因になることも!
  6. 核家族化も育児ノイローゼの原因になっている!?
  7. 育児ノイローゼ対策!最も手近な対処法は夫の協力!
  8. 夫がイクメンになるには?育児ノイローゼ対策に協力しよう!
  9. ママのできる育児ノイローゼ対策!とにかく大人と話そう!
  10. 自分を責めない!これもママができるノイローゼ対策!
  11. 失敗を恐れない!育児ノイローゼは不安からやってくる!?
  12. 息抜きはさぼりじゃない!立派な育児ノイローゼ対策!
  13. 育児日記をつけてみる!育児ノイローゼへの対処法になる!?
  14. これも育児ノイローゼの症状!こうなる前に対処法を考えて!
  15. 完璧なママじゃなくていい!夫と協力して明るい子育てライフを!

ママになるなら知っておきたい育児ノイローゼ!診断から対策や対処法!

産後すぐから起こる可能性のある育児ノイローゼ、なる人の性格が問題だとばかり思ってはいませんか?「自分は前向きだし、しっかりしてるから大丈夫!」なんて思っている人、あなただって、育児ノイローゼになってしまう確率は決して低くないんです!

育児ノイローゼにはそもそもの原因がいくつかあり、そのうちのどれか一つにはまり込んでしまうとなかなか抜け出すことができなくなってしまうもの。症状が現れてしまうことでより自己嫌悪や不安感に襲われ、症状の悪化に繋がることもあるんです。

子どもの笑顔はもちろんですが、家庭にはママの明るい笑顔は必須!自分一人で抱え込もうとしていませんか?今回はそんな育児ノイローゼについての、診断や対処・対策、症状について、様々なことをまとめました。まずはあなたも育児ノイローゼになりかけていないか診断してみましょう!

あなたも症状が出ていませんか?簡単育児ノイローゼ診断!

ここでは育児ノイローゼ気味になっていないか、簡単な診断をさせて頂きます。〈診断〉イエスorノーで答えてください。①少しのことですぐにイライラしてしまう。②今していることを全て放棄し、投げ出してしまいたいと思う。③なるべく全て完璧にしておきたいと思っている。

④いつも自分一人で頑張っているように感じている。⑤最近いろんなことに興味を持てず、何もしたいと思わない。⑥日中人と会って話すことがあまりない。⑦子どもを可愛いとどうしても思えない。⑧拒食や過食になったように感じる。⑨何もないのに突然涙が出るときがある。

⑩寝つきが悪い、眠りが浅いなど、不眠症のような症状がみられる。診断結果でイエスが3つ以上ある人は、そのまま続けていると育児ノイローゼになってしまう、もしくはすでにノイローゼになってしまっている人が多いです。では育児ノイローゼ対策として何をすればいいのでしょうか?まずは原因を知るところから始めましょう。

産後起こりやすい育児ノイローゼ!原因はホルモンバランス?

診断項目を見ても自分とは関係なさそう!なんて気を抜いてはいけません。まず育児ノイローゼになる原因として、大きく挙げられるのは「出産後のホルモンバランスの乱れ」です。妊娠中と妊娠していない場合とではホルモンに大きく違いがあり、出産を終えたことでそのホルモンが一気に妊娠前の状態に戻ろうとするのです。

また突然始まる育児により、赤ちゃんのお世話による睡眠不足で睡眠などにも障害が起きることもあり、自律神経の乱れなども症状として現れるようです。その他にも産後は肌荒れや生理不順などが起きやすく、なかなかすぐに改善することは難しいです。

ここで生活リズムを大きく狂わせてしまうと、様々なことが悲観的に感じるという症状が現れ始め、「マタニティブルー」と言われるうつのような状態になってしまうようです。このホルモンの乱れから来る変調は医学的にも証明されており、誰でもそうなる可能性は持っているのです。

赤ちゃんと二人きりの環境!これも育児ノイローゼの原因!

赤ちゃんが産まれるまでには、長い時間がかかりますね。生まれてくる赤ちゃんを、今か今かとずっと待っていたママさんがほとんどのはずです。そんなママさんにとって、赤ちゃんと2人で過ごすのが苦痛になるわけがない!なんて考え方自体が、そもそも間違っているといっても過言ではありません。

育児ノイローゼになる原因の一つに、「密室で2人だけで過ごす時間がながいこと」も挙げられます。生後間もなく、首も座らない赤ちゃんが風邪を引けば、ママさんは心配でおちおち買い物にも出られませんね。下手をすると、一日中家から一歩も出ずに過ごすことも多いのではないでしょうか?

こんな場合も育児ノイローゼになってしまうことがあります。外との接触が無いということは、会話をすることもできません。一人で気が休まらない育児をずっと続ければ、心が不安定になるのも無理はありません。気付かない間にどんどん自分を追い込んでしまうこともあるんですよ!

育児ノイローゼはママの真面目な性格が原因になることも!

どんなことでも責任感を感じ、しっかりとこなそうとする真面目なママさんは要注意!育児ノイローゼになってしまうかもしれませんよ。真面目なだけに、どんなことに対しても責任を感じるならば、自分の子どもに関することとなるとそれも一際です。

そうでなくても子育てというのは、初めてなら誰しも失敗し、子どもと一緒に成長していくもの。初めからなんでもできるママなんていません。しかし真面目で責任感のあるママほど、失敗したときの落ち込みは大きく、自分がダメなように感じてしまうようです。

そうすると子育て自体に自信がなくなり、育児ノイローゼへと発展してしまうのです。育児全てが理想通りに行くことのなんてありません。ママも子どもも人間で、100%なんてことはありえないのですから。しかしこのタイプのママは、完璧にこだわってしまい、自分の体の悲鳴に気付くことができなくなるようです。

核家族化も育児ノイローゼの原因になっている!?

この頃は核家族化が進み、一つの世帯には一つの家族しか住んでいない、ということが多くなりました。昔はサザエさんのように、ひとつの家に二つ以上の家族が住んでおり、お互い協力し合いながら仲良く暮らしていました。産後体力が落ちているママさんたちも、その時は家族に安心して頼ることができたと言います。

しかし今はそういうこともなく、家族同士のかかわりが薄れているようにも感じます。また芸能人が、産後すぐに仕事に復帰するということもあり、産後に女性がすぐに働くということも多くなっています。産後、女性の体はとても不安定な状態にあり、しばらくは水仕事をしてはいけないとも言われています。

頼ることが難しい核家族のこの時代、その負担は全てママにかかってしまいます。全て自分一人でしなければいけないと思ってしまうんですね。診断にもあった「自分だけ頑張っている」と感じてしまうのは、誰にも頼れないこの不安感からきているのかもしれません。

育児ノイローゼ対策!最も手近な対処法は夫の協力!

そんな核家族化の中で、唯一ママと一緒にいる時間の長い大人が夫です。ですので、育児ノイローゼ対策として、夫の協力がとても重要になります。外に仕事に出てがんばるパパ、帰ってから暗いゆっくり休みたいという気持ちも分かりますが、ママにもお休みをあげる努力は必要な対処法と言えます。

育児に関して、夫の理解が無い場合、妻として家の中の全てのことをママが背負うことになります。家事と育児を年中無休で毎日続ければオーバーワークになるのは容易に想像がつきますね。そのままではママがノイローゼになってしまうかもしれませんよ!

更にあろうことか、ママが苦労している隣で赤ちゃん返りしてしまう夫も少なくないんです。一生互いを守ると誓ったはずの結婚が、全てをママに押し付けることに…。こんなことになればママのストレスは想像できない程のものになります。父として夫として、家族を守るという自覚は必要なものですよ。

夫がイクメンになるには?育児ノイローゼ対策に協力しよう!

ママを助けようと頑張ってみたけどかえって邪魔だと言われる…なんてパパもいるのではないでしょうか?だからと言って諦めるのは早いですよ!ママの助けになりたいのなら夫として覚えておくべきポイントがあるんです!パパはこれを元にママに協力し、育児ノイローゼへ対策を立てましょう!

夫がイクメンになるためのポイント

①まずは産後の女性の体がどうなっているのかをしらべましょう!(主にホルモンバランスについて)出産後は様々な症状があり、ママはそれと戦いながら子育てをしているんですよ!②自分のことは自分でしてください。服を脱ぎっぱなしたり、当然のように食事が出てくるのをを待ったりしないでくださいね。

③「手伝っている」という考えをなくしましょう。父・夫として子育て参加は当然のことですよ。④うんちの時もおむつ替えしましょう。おしっこの時なら子どもでも替えられますよ。⑤ママの愚痴をきちんと聞き、ねぎらいと感謝の言葉を忘れないでください。これだけのことでも、ママの気持ちはぐっと軽くなるはずです。

ママのできる育児ノイローゼ対策!とにかく大人と話そう!

さて、ここからはママができる育児ノイローゼの対処法です。夫にばかり頼っていても夫には仕事がありますから、全て頼ることはできませんものね。とにかくママが意識するべきことは電話などでも構いません。誰かと定期的に会話するようにしてください。

原因のところに「密室で子どもと2人きりになる」というものを書かせていただきました。その状態にしにくくするためにも、誰かと会話をするということはとても大切です。また、話すというだけで相手に自分の状態を知らせることになり、相談に乗ってもらえたり自分で状況を整理することもできます。

人と話すということはとても大切な息抜きになるんです。もしも知り合いが近くにおらず、電話することも難しい状況なら、市町村の子育てサロンや電話相談に連絡してみてもいいかもしれません。ママ同士でお話できたり、相談員さんが的確な助言や対処法をくれることもありますよ!

自分を責めない!これもママができるノイローゼ対策!

失敗しても自分を責めてはいけません。責任感のあるママたちはついつい自分に厳しくなりがちです。なんでもかんでも完璧にこなそうとするのは無理だと心に置いておきましょう。また、ダメなことを責めるよりもできたところを褒めてあげてください。これも立派な対処法ですよ。

子どもの成長がかかっていると思うと、ついつい自分を責めることに集中し、自分の頑張りを忘れてしまいがちです。ダメなところの反省もある程度必要ですが同じくらい、自分の頑張りをほめてあげることを忘れてないでください。

たまにはほしかった服やケーキを買ってみたりしてください。子どもを育てるのに怒ってばかりでは育ちませんね。それと同じことで、頑張りを褒める人がいなくては、人間は頑張り続けることはできませんよ!

失敗を恐れない!育児ノイローゼは不安からやってくる!?

どんなパパやママでも、初めての子育てという経験はあります。初めての時は、なんでも全て分かるなんてことはなく、いろんな失敗をしますね。その失敗を怖がりすぎるのも、育児ノイローゼの原因になってしまいますよ。失敗しても大丈夫!くらいの感覚でいましょう。

「失敗は成功のもと」とも言いますね。失敗するから次に繋がることもあります。むしろ乗り越えて更にいい結果を残すこともあります。失敗しないようにと毎日気を張り詰めていては、心が疲れ切ってしまいますね。自分一人で背負い込むことはないんです。

また、この考え方で子どもを育てると、自己肯定をできる子どもに育ち、失敗してもへこたれない自信を持った前向きな子どもに育つとも言います。失敗して落ち込む姿を見せるより、失敗してどう乗り切るかを前向きに考える姿を見せてあげて下さい。あなたの背中を見て前向きに育ってくれることでしょう。

息抜きはさぼりじゃない!立派な育児ノイローゼ対策!

パパのお仕事には決まったお休みがありますよね?人間だれしも働き続けるなんてできません。育児や家事にだってお休みが無いといけないんです。そしてその息抜きの時、子どもと一緒では休憩になりません。夫一人でも育児ができるよう、ママは根気よくパパにも子育てを協力してもらうことも必要です。

そうしておけば、いざという時にも夫に子どもを任せて行動することができますね。そしてあなたの息抜きの強い味方にもなってくれるんです。また、パパは自分が何をしていいのか分からず手伝えない!ということも多いようです。休日は夫の担当を決めて何か一つでも手伝ってもらうようにしてください。

パパにはどうしても頼めない!なんて人は、厚生労働省の子育て支援の施設を利用することもおすすめです。有料ではありますが、一時的に子どもを預かってくれるため、ママの息抜きにはぴったりです。パパと相談して一日おまかせしてしまうのもたまには必要なことですよ!

育児日記をつけてみる!育児ノイローゼへの対処法になる!?

子育てで感じるイライラや不安は、子育てから来る喜びによって相殺されることもあります。子どもの成長を感じた時、それは言葉では言い表せられない喜びがありますね。毎日子どもと一緒にいると、日々全く同じことの繰り返しで終わりが見えなくなることがあります。

そんな生活にメリハリをつけてくれるのが育児日記というアイテムです。毎日の成長を綴ることで少しずつですが変化を感じ、読み返すことでこんなにも成長したんだと感じさせてくれます。毎日にメリハリをつけることは、そのまま達成感等にも繋がり、育児ノイローゼへの対処法となりますよ。

これも育児ノイローゼの症状!こうなる前に対処法を考えて!

「虐待」と聞いて、「無責任な親だ」と思う人もいるかもしれません。子どもがいる親ならなおさらですね。しかしその虐待、もしかしたら育児ノイローゼによるものかもしれないんです。症状と呼べるかはわかりませんが、虐待は育児ノイローゼのままに一定の確率で見られます。

「きっかけは止まらない泣き声だった」、なんてよく聞きますね。積もりに積もった感情が一気に爆発してしまい、それが子どもに向いてしまうのです。それは誰の身にも起こりうることで、決して他人事ではありません。むしろ親としての責任を持ちすぎていたからこそ、そこまで自分を追い込んでしまうママもいます。

もしも鬱の症状を少しでも感じたのなら、病院で診断を受けてください。何かあってからでは取り返しのつかないこともあります。自分一人ではもう無理だと思ったら、とにかく夫や母に頼るようにしてください。それがだめなら市町村の相談員の人でも構いません。ひとりだけで頑張る必要はないんですよ。

完璧なママじゃなくていい!夫と協力して明るい子育てライフを!

育児ノイローゼ診断から始まり、たくさんのことをまとめさせて頂きました。育児は大変で、一人で完璧にこなすなんてできるものではありません。ですので、早いうちに自分の合格ラインを決めてしまいましょう。

100%を目指すのではなく、60%位を目指してください。そしてゆっくりと、パパにもそれを共有してください。初めての子育てもそうでない子育てでも、その子を育てるのは初めてのこと。家族が最も笑顔でいられる状態がベストな状態ですよ!

合わせて読みたい「赤ちゃんが泣きやまない理由」についてはこちら!

Thumb新生児期赤ちゃんが泣き止まない理由は?原因を知ってイライラしない対処法

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-10-31 時点

新着一覧