1歳半で話す言葉はどれくらい?その内容や遅いかどうかの判断について調査

子供が1歳半となると、言葉遅れが気になってくるママさんも多いのでは?1歳半検診の不安もありますよね?自分の子供は、もしかしたら言葉遅れのか、何も話す言葉がないけど、判断できない、どうしたらいいのかわからない、といった事を調査してまとめてみました。

1歳半で話す言葉はどれくらい?その内容や遅いかどうかの判断について調査

目次

  1. 生まれてからの言葉のトレーニング・どうやって話すようになっていくの?
  2. 1歳3~4ヵ月には90%の赤ちゃんが話す?
  3. 1歳半頃にはどれだけ話すようになるの?
  4. 1歳半の子供の特徴は?どんな事ができるようになるの?
  5. 1歳半の言葉遅れ・遅いかどうかの判断基準はどんなこと?
  6. 1歳半までに出やすい言葉ランキング!
  7. 1歳半検診で言葉が遅いといわれたら?
  8. 言葉を話し出すのが遅いと考えられる怖い原因ってどんなもの?
  9. 3歳まではみせないで?急増中!話し出しが遅いのはテレビが原因?
  10. 焦らない・怒らない・言葉の上手な教え方
  11. 1歳半の言葉・遅いか判断まとめ

生まれてからの言葉のトレーニング・どうやって話すようになっていくの?

赤ちゃんはどうやって言葉を覚えて、話すようになっていくのか、考えたことはありますか?1歳半になるまで、言葉をいくつか話すようになるには、生まれてから結構早く言葉を話す準備をしているのです。言葉を話すようになる早さは、全ての赤ちゃんが同じではありませんが、言葉を話すようになるまでにする事は同じです。

出生後約2~3ヵ月・クーイングと喃語(なんご)

赤ちゃんが話すようになるには、最初に『あっあっ』や『あ~』や『う~』などといった舌を使わずに母音を発するクーイングという事を始めます。出生後約2~3ヵ月頃に始まり、クーイングから喃語になると『あばばばば』など『あぶあぶ』といった事も話すようになります。クーイングによって、自分の声を聴き、声を出す練習をするようになっていきます。

1歳3~4ヵ月には90%の赤ちゃんが話す?

約10ヵ月頃には、身体の動きと一緒に発声するようになります。この頃から段々と喃語が減ってきて、意思を伝達できるようになっていきます。1歳3~4ヵ月頃には約90%の赤ちゃんが、何らかの意味のある内容の単語を話すようになるようです。自分の名前を理解し、呼ぶと反応するようにもなってきます。しかし、これはだいたいの基準なので、全ての赤ちゃんがそうであるわけではありません。

1歳半頃にはどれだけ話すようになるの?

1歳半頃になると、段々と話す単語が増えてきます。1歳を過ぎた頃に1単語を話すようになってくると、1歳半にはバリエーションが増え、意味のある内容の単語が3つ以上話すのが基準となっているようです。言葉を話す早さはバラつきがあるので、ここで1単語も話せない赤ちゃんもいれば、10単語以上話す赤ちゃんもいます。この頃に、2語文を話す子もいるようです。

1歳半の子供の特徴は?どんな事ができるようになるの?

1歳半頃になると、離乳食がほとんど終わり、大人と似た物になってきたり、運動もできるようになり、色々な事に興味がでてくる時期です。歩くようにもなってきていたり、早い子だと小走りできる子もいます。歩けるようになると、今度は上下の運動もできるようになります。自分で何でもやりたがり、かんしゃくをおこす子もいます。言葉を話すようにもなり、成長が楽しくなってきます。

1歳半の言葉遅れ・遅いかどうかの判断基準はどんなこと?

1歳半になると1歳半検診などもあり、赤ちゃんの発達状況が気になる頃でもありますよね?1歳半で判断される言葉遅れの基準は、意味のある内容の単語が2~3語でるかどうか、出ないとしても理解できているかで判断されます。『ママ』『ワンワン』などと言えていたとしても、発している言葉の内容を理解できていなければなりません。

1歳半までに出やすい言葉ランキング!

1歳半頃になると色んな言葉を話せる子が増えてきます。赤ちゃんの話す事の多い言葉はどんなものなのか、ランキングにしてまとめてみたいと思います。もしかしたら、言葉がまだ出ない子も出しやすいのかもしれないので、参考になればいいと思います。

1歳半までに出やすい言葉ランキング・第5位

第5位は『パパ』。まさかの5位ですか?それとも5位くらいでしょうと思いましたか?赤ちゃんにもよりますが、うちの子は『パパ』が一番最初の言葉だったという人もいるのではないでしょうか?【マ行】【バ行】【パ行】は母音で、赤ちゃんが言いやすいのだそうです。

1歳半までに出やすい言葉ランキング・第4位

第4位は『ママ』。どうでしょうか?意外だったのではないでしょうか?毎日一緒に過ごす時間が一番長いのに4位なの?とがっかりしているママも多いのではないでしょうか?一緒にいる時間が長くても、『ママ』と言う言葉が聞こえないという事もあるのではないでしょうか。是非1位であってほしかった言葉です。

1歳半までに出やすい言葉ランキング・第3位

第3位は『わんわん』。ママとパパをおさえて3位は『わんわん』でした。ママとパパはちょっとショックだったりしているのではないでしょうか?家で犬を飼っていないのにと思っている人も、赤ちゃんに『わんわん』と教えた事があるのでは?赤ちゃんは興味があるものや、よく聞く言葉を話す事が多いものです。道で会った犬や絵本の中に出てくることで覚えているのかもしれませんね。

1歳半までに出やすい言葉ランキング・第2位

第2位は『まんま』。やっぱり食欲ワードは強いですね。ママとまんまは似ているので、できればママという言葉も話して欲しいと思うママも多いはずです。まんまと言っているのか、ママと言っているのか、お腹が減っている様な時には、どちらかわからないという事もありますよね。そんな時は、ママって言ってるよ!と言いたいですね。

1歳半までに出やすい言葉ランキング・第1位

第1位は『(いないいない)ばぁ』。あやすときに使うことの多い、いないいないばぁが1位という結果になりました。今はテレビのいないいないばあの影響が大きいようです。わんわんという単語ももしかしたら、いないいないばあのワンワンという可能性が高くなりますね。いないいないばあという本も今も人気です。

ランキング外の話す言葉・まとめ

6位以下に入っている単語も紹介しておきたいと思います。6位『あっ!』単語というよりも反射的に出てしまった言葉ですね。7位は『はい』。8位は『バイバイ』。9位『あーあ』。10位『アンパンマン』という結果がある調査ででています。アンパンマンは、いつの時代も子供に好かれているんですね。

1歳半検診で言葉が遅いといわれたら?

1歳半検診で言葉が遅いと言われたら焦りますよね。1歳半検診の内容は、精神面・身体面の発達チェックと問診といった事があり、その中に言葉の発達チェックがあります。この1歳半検診で言葉が遅いと言われてしまっても、まだ色々な事を判断できない状態です。言葉が出るのは個性がありますので、普段から話しかけてコミュニケーションをとりましょう。

言葉を話し出すのが遅いと考えられる怖い原因ってどんなもの?

【2歳近くになっても何も話さない】など、心配の理由は様々だと思います。そんな時に気にしてほしいものとして、難聴や自閉症などがあげられます。難聴は、音への反応などをよく観察してみてください。稀に脳内麻痺や、神経の発達問題、自閉症という可能性もありますが、自閉症と判断するには、3歳頃にならないと難しいと言われています。

3歳まではみせないで?急増中!話し出しが遅いのはテレビが原因?

言葉が遅いと判断され、小児科に通っている子供の新しい原因が学会で紹介されて話題となりました。それは、テレビやビデオによる言葉遅れです。忙しいからと、1歳前からテレビやビデオをみせていたという家庭環境の子供が多く、テレビやビデオをみて過ごすことが多いと、母親など、生身の人間との関りが少なくなってしまう事があります。

テレビや、ビデオに子守りをさせることが原因の言葉遅れは、3歳より前に原因に気づく事ができれば、改善することで言葉遅れや、集団生活などの社会性も改善することができるという事です。ですが、3歳を過ぎると改善が難しいという傾向があるようなので、なるべく早く原因に気づいてもらいたいと思います。

焦らない・怒らない・言葉の上手な教え方

言葉を話す事ができなくて、1歳半検診で発達障害などと言われたらどうしようなどと心配になり、無理に覚えさせようとしてしまうママもいるのではないでしょうか?でも焦ったり、怒ったりしても言葉は覚えてもらえません。無理に教えても、話す事が嫌になってしまいます。ママも赤ちゃんも、言葉を話す事が楽しくなるようにしましょう。

赤ちゃんが話すようになるコツは、まず、[ゆっくり][はっきり]話す事です。赤ちゃんは、ママが思っているよりゆっくりと話さないと、内容を理解できないことがあります。[あれ][それ][これ]などではなく、[いちご][わんわん]など、内容のある単語を使うようにしましょう。そして、[まんま][おいしい]など、単語をつなげて話すようにしましょう。

赤ちゃんが気になったものを[わんわん][かわいい]ね、などと感情もいれて教えてあげるのもいいと思います。色々な意見がありますが、赤ちゃん言葉で話す事は、赤ちゃんにとって言葉を覚えやすく、発しやすく、内容を理解しやすい為、悪い事ではありません。

赤ちゃん言葉で話しかけられた赤ちゃんと、そうではない赤ちゃんだと、圧倒的に赤ちゃん言葉で話しかけられた赤ちゃんの方が、言葉を覚えるという研究結果もでています。

1歳半の言葉・遅いか判断まとめ

1歳半というのは、あっという間ですよね。生まれてすぐの姿からは見た目も変わって、どんどん人間になっているなと感じる頃だと思います。言葉の発達の差は、本当に個性が大きいと思います。ママが焦る気持ちもわかりますが、その子の個性だと思ってあまり気にしないほうが、赤ちゃんにとっても良い事です。

遅いかどうかは気になる事ですが、1つでもできる事、話せる事があれば、それは成長しているという事です。できない事ばかりではなく、できる事にも目を向けて、沢山話しかけてあげてください。

1歳半検診で何一つ話す言葉がなかったり、内容が言葉と一致していなかったりする子も、その後のコミュニケーションで話すようになったり、理解するようになる事は多くあります。無口なだけ、人見知りだというだけの子も沢山います。よくコミュニケーションをとった子育てをしていれば、音に反応が薄いなどにも気づくことができるでしょう。焦らず成長を楽しんでいってほしいと思います。

合わせて読みたい・1歳半頃の赤ちゃん事情

Thumb1歳半赤ちゃんの成長やできることは?イヤイヤ期の対処法なども紹介
Thumb1歳半の食事で食べない時はどうする?おすすめ味付け・量のレシピ紹介
Thumb1歳半の赤ちゃんにおすすめのおもちゃ・知育玩具!よく遊び学ぶ人気商品
Thumb1歳半検診の内容と当日の流れは?積み木・指差し・言葉などについて解説

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-10-24 時点

新着一覧