30代に効果的なダイエット方法!痩せにくい人や子育て中のママも

30代にしっかりとダイエットするかどうかによって、その後の体型が決まってしまいます。特に女性の30代は出産による体型の変化があるので、ダイエットはとても効果的です。子育てや家事で忙しいママさんにも手軽にできるダイエット方法があるのでご紹介します。

30代に効果的なダイエット方法!痩せにくい人や子育て中のママも

目次

  1. 子育てしながら痩せる!?これが30代のダイエット方法!
  2. 30代のダイエットに効果的な食事法
  3. 痩せにくい30代には糖質制限ダイエット
  4. 30代のダイエットで効果的な運動法
  5. 30代ママにできる筋肉ダイエット
  6. 30代ママにおすすめの入浴前ストレッチ
  7. 運動できない30代には肝臓ダイエット
  8. 30代の下半身に効果的な姿勢ダイエット
  9. テレビ見ながらの片足立ちダイエット
  10. お腹だけ痩せるドローインダイエット
  11. 痩せにくい30代は無理しないダイエットで

子育てしながら痩せる!?これが30代のダイエット方法!

若い時と違って、30代になったらダイエットしても痩せないと悩む女性はたくさんいます。一番の理由は出産による骨盤の歪みです。出産しなくても30代になると女性ホルモンの分泌が減少して、痩せにくい体質になるのです。子育て中はダイエットの時間を取るのも大変でしょう。しかし30代に頑張ってダイエットをするかしないかで、その後の体型が決まってくるんです。

30代のダイエットに効果的な食事法

10代や20代の頃はモリモリ食べても、それほど脂肪がつきません。ところが30代を過ぎると、ほんの少しの油断でも脂肪がついてしまいます。ダイエットに効果的な食事の方法を知っておくと、30代でも痩せにくい体質にすることができるんです。そのためにすぐ実践してほしいのが、1日3食をしっかり食べるということです。

3食の食べる量の配分が大切です。朝は忙しいのでパンやおにぎりを主食に、サラダと野菜ジュースなどを摂ります。主食がとれない場合は野菜ジュースだけでも大丈夫です。そしてお昼はガッツリと食べましょう。エネルギーを補充するためには定食などがおすすめです。大事なのは夜です。寝る前にラーメンやお菓子は厳禁です。夜は寝るだけなので、できるだけ軽い食事にしましょう。

痩せにくい30代には糖質制限ダイエット

食事の量を減らしてもなかなか痩せないという30代ママさんは、糖質制限ダイエットがおすすめです。痩せにくいと嘆く女性に多いのが、ご飯や麺類やパンなどの主食が大好きという人が多いんです。このような主食は炭水化物といって、糖質がたくさん含まれています。食事の量を減らすのではなく、糖質の含まれている主食の量を制限してみましょう。

子育てや家事に忙しいとストレスが溜まります。女性の場合はストレス解消のために間食したり、ご飯をたくさん食べてしまうケースが本当に多いんです。例えばおせんべいなどもお米が原料なので、糖質が含まれています。30代ママは知らないうちに炭水化物をたくさん摂取しているんです。2週間だけ糖質を制限してみてください。痩せにくい身体にきっと変化が起こっていますよ。

30代のダイエットで効果的な運動法

若い頃は代謝能力が高いので、ガッツリ食べてもエネルギーに消費されます。30代になると代謝能力が下がるので、運動をしてエネルギー消費を助ける必要があるんです。効果的なのがウォーキングです。ジョギングでもかまいませんが、長く続けることが大事なので散歩のつもりでウォーキングする習慣をつけましょう。食後にゴロリと横になると確実に脂肪がつきますよ。

ウォーキングはだらだら歩かないのがポイントです。歩幅を広めに、見えないロープの上を綱渡りするように歩くとダイエットに効果的です。綱渡りを意識しながら歩くと、腰からウェストに力が集中するので下半身を引き締めることができます。下半身をダイエットしたい人にはおすすめの方法です。仕事が忙しくて時間がとれないOLさんは、一駅前で下車して歩くようにしましょう。

歩くことは立派なトレーニングです。通勤時はなるべく歩くコースにしたり、1駅手前で降りて歩く。エスカレーターやエレベーターを使わずに基本的には階段を使うように日頃から心がけましょう♪1時間階段を往復するのは1時間ジョギングしたのと同じトレーニング量になるんですって!

やはりダイエットをするにはまず筋力をつけることが大切なようです。いつも使っていたエスカレーターや、エレベーターを使わないだけでもかなりの運動量になりますよ!

30代ママにできる筋肉ダイエット

ウォーキングやジョギングが効果的と知っていても、子育て中はそんな時間がとれないという30代ママもいることでしょう。そんな30代ママにおすすめなのが筋肉ダイエットです。運動をしないと筋肉が衰えて、脂肪太りしてしまいます。それを防ぐためには普段から筋肉づくりをすることがとても大切なんです。子育ての合間に家庭でも簡単にできる方法があります。

家で簡単に続けられるものを中心に紹介していきますっ!中でも体幹を鍛えられる「プランク」「股割り」「スクワット」がおすすめ。筋肉をつけるには続けることが大切だから、無理せず、やりすぎず、ほどほどに力を抜いてやるのがコツですよ♪

筋肉ダイエットで行うのは腹筋と腕立て伏せです。これなら学生時代に体育の時間にやったことがありますよね。道具がいりませんし、リビングでも廊下でも行えます。20回をワンセットにして1日3回実践しましょう。無理をしないで最初はできる回数をこなします。そのうちに軽く20回できるようになります。腹筋と腕立て伏せで痩せにくい身体にすることができるんです。

30代ママにおすすめの入浴前ストレッチ

30代ママのお悩みで最も多いのがポッコリしたお腹と、パンパンになった太股です。この2ヵ所を効果的にダイエットする方法が入浴前に行うストレッチなんです。家事や子育てに忙しい30代ママは、一日中動き回っているので腰に負担がかかります。この負担を取り除くことによって、ポッコリお腹もパンパン太股も解消できますよ。

入浴は1日の疲れを癒やすことができます。その前にこのストレッチを30秒間行うだけで、1日の腰の疲れや負担を取り除くことができます。そのストレッチ方法とは、まず足を肩幅の広さに開きます。次に静かにしゃがんで自分の両足のつま先をつかみます。このままの姿勢を30秒間続けるだけでいいんです。ポイントは踵が浮かないようにします。入浴前にこれを続けてみてください。

運動できない30代には肝臓ダイエット

食後の運動にダイエット効果があるのは、からだの基礎代謝を高めてエネルギーを消費するからです。実は人間の臓器の中で基礎代謝をより促しているのが肝臓なんです。人間の基礎代謝の3分の1は肝臓が行っているんですよ。忙しい30代ママでどうしても運動する時間がとれない人は、肝臓の機能を高めることによってダイエット効果を高めることができるんです。

肝臓の基礎代謝力を高めるには、肝臓を温める必要があります。食事をしたあとで肝臓の部分にカイロを貼って温めるだけで基礎代謝が活発になり、血流が増加します。運動したのと同じようにエネルギー消費が進むんです。特に冬の寒い時期に行うと効果的です。温かいカイロを貼るだけでいいので、これなら忙しいママさんにもできますね。痩せにくい体質も改善しますよ。

30代の下半身に効果的な姿勢ダイエット

毎日エクササイズをするとダイエット効果があることは誰でも知っています。でも、それができないから苦労しているんです。これは30代ママさんのほとんどが実感しているのではないでしょうか。そんな30代ママさんでも簡単にできるのが姿勢ダイエットなんです。座る時の姿勢を意識するだけで、下半身のダイエットができるんですよ。

食事の時や新聞や雑誌を読む時に椅子に座りますね。その時に背もたれに寄りかからないで背筋を伸ばすだけで、骨盤の歪みを治すことができるんです。また立っている時にもつま先をまっすぐにして、かかとをつけるだけで姿勢を正しく保つことができます。このように姿勢を正しくすると、骨盤が歪みがとれて下半身のバランスがすっきりするんです。

テレビ見ながらの片足立ちダイエット

子どもを寝かしつけて遅めの夕食を食べた後のテレビを見る時間、これが30代ママの幸せなひとときですね。せっかくの憩いの時間をダイエットに当てるのは辛いものです。無理してダイエットを続けると、結局長続きしないで逆効果になることがあります。そのような時にはテレビを見ながらできる片足立ちダイエットを実践してみましょう。

片足立ちダイエットは、片足をあげて3分間我慢するだけの簡単ストレッチです。ただ立っているだけなのでテレビを見ながらでもできます。3分間の片足立ちはかなり難しいんです。ふらついたりよろけたりして3分持たない人がほとんどでしょう。これを片足3分間ずつ、合計6分間を行うだけで、腰回りから太股にかけての痩せにくい部分をダイエットできるんですよ。

お腹だけ痩せるドローインダイエット

ダイエットをする人が最も気にしているのはお腹です。お腹がすっきりと引き締まっていれば、全身がスマートに見えるのです。忙しい30代ママさんが簡単にお腹を引き締めることができるのが、ドローインダイエットなんです。ドローインというのはお腹を引っ込めるという意味で、1日30秒間だけ意識してお腹を引っ込めるだけのダイエット方法です。

お腹には腹横筋という筋肉があって、内蔵を守る役目を果たしています。この筋肉を鍛えることによってお腹の脂肪を減らし、すっきりと引き締めることができるんです。お腹と背中がくっつくような感じでお腹をへっこませ、息を吸ったまま30秒間続けます。これを1日1回続けるだけで、お腹を引き締めることができるんです。ドローインダイエットはいつでもどこでもできますね。

痩せにくい30代は無理しないダイエットで

ダイエットを成功させるコツは長続きさせることです。いくらハードなエクササイズをやっても短期間で終わってしまったら何にもならないのです。それどころかハードであればあるだけ、やめた後の反動が大きくなります。これは食事でも同じです。つらい減量を続けると、その反動で過食になってリバウンドするのです。

ここでご紹介したダイエットは、子育てや家事に忙しい30代ママにも簡単にできる方法ばかりです。簡単ですので長続きします。毎日コツコツと続けていれば、ある日鏡に映った自分のスタイルがすっきりしていることに気づくでしょう。痩せにくいと諦める前に、1つでもいいので実践してくださいね。

30代のダイエットについての情報をもっと知りたいアナタへ!

Thumb脚やせ・ふくらはぎのダイエット方法は?太い原因や細くなる簡単なコツ
Thumb脚やせ・ふともも即効ダイエット方法!簡単に細くできるやり方や効果
Thumb下半身のダイエット方法を紹介!効果的な簡単エクササイズや運動は?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-11-22 時点

新着一覧