おしゃれな写真の撮り方は?ゆるふわなかわいい写真を撮る!

おしゃれな写真の中でも、ゆるふわなかわいい写真の撮り方についてまとめました。おしゃれな写真が好きで、ゆるふわなかわいい写真の撮り方を知りたいカメラ女子に、ゆるふわなかわいい写真の撮り方を、基本からわかりやすく説明します。

おしゃれな写真の撮り方は?ゆるふわなかわいい写真を撮る!

目次

  1. おしゃれな写真を撮ってみよう
  2. おしゃれな「ゆるふわ写真」とは
  3. おしゃれな写真に使うカメラ
  4. おしゃれな写真のカメラ用語
  5. おしゃれなゆるふわ写真の撮り方の基本
  6. 風景を色鮮やかに捉えたおしゃれな写真の撮り方
  7. 花のかわいらしさを生かしたおしゃれな写真の撮り方
  8. 子どもの自然な姿を捉えたおしゃれな写真の撮り方
  9. ペットの瞳の輝きや毛並みなどを生かしたおしゃれな写真の撮り方
  10. 雑貨を上手に配置したおしゃれな写真の撮り方
  11. おしゃれな写真の撮り方まとめ

おしゃれな写真を撮ってみよう

カメラ女子になっておしゃれな写真を撮ってみたいと思われるなら、はじめに「ゆるふわ写真」から撮り始めるという方法もあります。いわゆる上手な写真とは別の、ゆるやかでかわいいところに魅力がある写真なので、肩の力を抜いて撮り始めることができます。

ゆるやかでかわいい「ゆるふわ写真」の撮り方に必要なことは、ポイントを押さえてカメラを動かすことだけです。特別なテクニックを使うことなく、大切な瞬間をおしゃれに残します。

おしゃれな「ゆるふわ写真」とは

「ゆるふわ写真」とは、ゆるくてふんわりした、優しい印象を持つ写真のことです。カメラ女子がカメラの位置や角度を考え、カメラを操作して撮ることで、カメラ女子が見たものを、おしゃれに捉えられる写真です。

おしゃれな写真に使うカメラ

カメラ女子になって「ゆるふわ写真」を撮るためには、デジタル一眼レフカメラを用意しましょう。「ゆるふわ写真」はマニュアルどおりの撮り方をする写真ではありません。カメラ女子が自分の手でカメラを操作して、写真を撮りたいイメージに近づける写真なのです

デジタル一眼レフカメラなら、カメラ女子がカメラを操作して撮ることができます。ただ機種によって操作できる範囲が違うので、カメラだけでゆるふわな写真を撮れる機種を選びましょう。具体的には、明るくしたり色合いを変えたり彩度を下げることができる機種です。カメラ女子向けのデザインのカメラも多く販売されています。

おしゃれな写真のカメラ用語

撮像素子

「撮像素子」とは、デジタル一眼レフカメラのレンズから入ってきた光を電気信号に変えるデジタル一眼レフカメラの部品のことです。

絞り値(F値)

「絞り」とは、カメラのレンズの中にある羽根のことで、「絞り値(F値)」とは、レンズを通って「撮像素子」上に写る像の明るさを示す数値です。

写真を明るくしたり、その背景をボカしたいときに必要なのが、「絞りを開く」ことです。「絞りを開く」と「絞り値(F値)」が小さくなり、レンズを通る光の量が多くなります。

レンズを通る光の量を多くすることにより、「撮像素子」上に写る像を明るくすることができます。そしてピントの合っている範囲が狭まるので写真の背景をボカしやすくすることができます。

明るいレンズ

「明るいレンズ」とは、レンズの絞りを最も開いたときの「絞り値(F値)」である「開放絞り値(開放F値)」が小さいレンズです。

ホワイトバランス

「ホワイトバランス」とは、カメラ側で写真の色合いを修正する機能です。写真の色味を操作するときに必要なのが、「ホワイトバランス」です。「ホワイトバランス」を使うことによって、光によって変わる色味に赤や黄色を足して温かく、また青を抑えて自然な感じにすることもできます。

露出補正

「露出」とは、撮像素子に光を当てることで、「露出補正」とは、カメラが決めた「適正露出」から「露出」を変え、写真を明るくしたり暗くすることです。写真を明るさを補正するために必要なのが、「露出補正」です。写真を明るくするにはプラスに、暗くするにはマイナスに設定しましょう。

「露出補正」をすることで、カメラが自動的に明るくなりすぎないようにした写真を、おしゃれな明るい写真に補正することができます。また、逆光で人物などを撮影するときにも、人物などが暗くならないよう補正することができます。

ISO感度

「ISO感度」とは、デジタルカメラにおいて光を取り込む能力を表す値です。暗い室内などにおける撮影では、「適正露出」にするためにシャッタースピードが遅くなり被写体ブレが発生します。「ISO感度」を上げて撮影すれば、それを防ぐことができます。

おしゃれなゆるふわ写真の撮り方の基本

光を上手に使う

ゆるふわ写真に適しているのは被写体が後ろから光を受ける「逆光」です。主役となる被写体に陰影ができないため、写真はやわらかくふんわりした輪郭になります。光の種類には3種類あり、被写体が光を正面から受ける「順光」、光を後ろから受ける「逆光」、光を横や斜めから受ける「斜光」です。

色を調節する

ゆるふわ写真を撮るときは、「ホワイトバランス」を操作しで写真の色から感じられる温度を決めたり、「彩度」を低めに設定して写真の色をゆるくてふんわりしたものにします。その際は「露出補正」をして、少し明るめの色に仕上げましょう。

明るくさわやかな緑がおしゃれなゆるふわ写真です。「絞りを開く」ことにより背景をボカしています。

構図を覚える

代表的な「構図」は3種類あります。画面を縦横で半分に分ける「2分割構図」、「2分割構図」を少し高度にして縦横を3分割する「3分割構図」、画面の中心に写したいものを置く「日の丸構図」です。

「2分割構図」の例です。花と緑で画面を2分割し、緑をボカして、花に注目させています。

「3分割構図」の例です。画面を縦横に3分割したラインの上にひまわりを写し、背景とのバランスを取って、ひまわりに注目させています。

「日の丸構図」の例です。写真中央にレンゲを写し、背景をボカして、レンゲに注目させています。

単調になりがちな写真に変化をつけたいときは、カメラを傾けて斜めに撮ってみましょう。画面の中にある境界線などのラインを崩さずに撮ることが大切です。

風景を色鮮やかに捉えたおしゃれな写真の撮り方

空や海の撮り方

空や海を主役として撮影するときは、「陽光」で撮影しましょう。一般的に「ゆるふわ写真」では「逆光」での撮影が勧められますが、その理由は主役となる被写体に陰影ができないようにするためです。空や海が主役となる被写体であれば、陰影を気にする必要はありません。「順光」で撮影することにより、おしゃれに明るく撮影することができます。

さらにカメラを操作して、「彩度」や「コントラスト」を高めに設定すると、色鮮やかな写真に仕上げることができます。

夕焼けの撮り方

夕焼けを主役として撮影するときには、「ホワイトバランス」を変更しましょう。「オート」のままで撮影すると、カメラが色味を自動調整して、夕焼けらしさがなくなります。

そのままの夕焼けを写したいときは「太陽光」もしくは「晴天」モードで、赤を強調した夕焼けを写したいときは「曇天」モードで撮影しましょう。そうすることにより、写真に適度に赤みがプラスされ、イメージに近い写真に仕上げることができます。

花のかわいらしさを生かしたおしゃれな写真の撮り方

花を主役として撮影するときは、主役にしたい花にピントを合わせ、絞りを開いて背景をボカし、露出補正をして写真を明るくしましょう。そのようにすれば、ふんわりかわいい写真に仕上げることができます。

花の持つ透明感を際立たせた写真を撮るときも、露出補正を使って写真を明るくすると良いです。

子どもの自然な姿を捉えたおしゃれな写真の撮り方

子どもを主役として撮影するときは、背景をボカして明るくしましょう。通常の視線で撮影することに加え、子どもの視線に合わせた低い位置で撮影したり、子どもの自然な姿を捉えて撮影すると、被写体を生かした写真を撮ることができます。

子どもが動き回っているときは、シャッタースピードを上げて撮ると被写体ブレを防ぐことができます。そして屋内での撮影においては、ISO感度を上げて写真が暗くなるのを防ぐと良いでしょう。

ペットの瞳の輝きや毛並みなどを生かしたおしゃれな写真の撮り方

ペットを主役として撮影するときは、通常の視線で撮影することに加え、ペットの視線に合わせた低い位置でも撮影すると、被写体を生かした写真を撮ることができます。ペットの瞳の輝きや毛並みなどを生かすため、できるだけフラッシュを使用しないで撮影することをお勧めします。

ペットは素早く動き回ることが多いので、全点フォーカスで撮影すると良いでしょう。ただペットの顔より目立つ服やおもちゃがあるときは、オートフォーカスでそれらにピントが合うこともあります。そのときは1点フォーカスで撮影します。

雑貨を上手に配置したおしゃれな写真の撮り方

雑貨を主役として撮影するときは、主役となる雑貨の配置に気を配ります。雑誌などを参考にすれば、おしゃれに見えるように配置することができます。明るいレンズを使用して、余分なものが入らないようにします。写真はそこに入る光によって色が変わるので、自然光を使って撮影することをお勧めします。

おしゃれな写真の撮り方まとめ

カメラ女子向けのゆるふわ写真の撮り方は、デジタル一眼レフカメラを用意し、おしゃれな写真を撮るための基礎知識に加え、ゆるふわ写真に必要なカメラ操作を覚えることが大切です。

上手く撮るためには経験が必要ですが、「ゆるふわ写真」は主役がどのようなものであっても、ゆるやかでかわいい空気を伝えられるところが魅力です。普段は何気なく目にする風景も、おしゃれに残しておくと良いですね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-03-21 時点

新着一覧