いちごの栽培・育て方!プランターで初心者がイチゴを甘くする方法は

ケーキやスイーツに使われていて暮らしの中でよく目にするいちご。その人気の果物いちごは育て方を知っていれば家でも栽培できます。今回はプランターを使ってのいちごの栽培や育て方について、甘くする育て方のコツやポイントも含めてご紹介したいと思います。

いちごの栽培・育て方!プランターで初心者がイチゴを甘くする方法は

目次

  1. 育て方は簡単?家でも甘くて美味しいいちごは栽培できる
  2. 育て方を知っていちごを栽培してみよう!
  3. いちごの栽培にはどんなプランターがいいの?
  4. 育て方や栽培のポイント!いちごの苗選び
  5. いちご栽培に大事な土づくりと苗の植え付け
  6. しっかりした育て方をするために!いちごの基本のお手入れ
  7. 甘くて美味しいいちごを栽培するために!育て方のテクニック摘葉と摘花
  8. 栽培の重要ポイント!人工授粉で甘くて美味しいいちごを実らせよう
  9. 栽培したいちごの収穫のタイミングと方法
  10. 【まとめ】正しい育て方とコツで甘くて美味しいいちごを栽培しよう

育て方は簡単?家でも甘くて美味しいいちごは栽培できる

フルーツの中でも人気が高い「いちご」。そのいちごを自分でも栽培できるって知っていましたか?自分で作ったものだから安心して食べられますし、自宅で美味しいいちごが栽培できるなんて嬉しいですよね。でも家庭菜園が出来るような庭がなかったり、マンションだったりするとちょっといちごを栽培するのは難しく思いますよね。

実はいちごを栽培するのには、自宅に広い庭がなくてもマンションでも大丈夫です。場所がなくてもプランターを使っていちごを栽培することが出来ます。「プランター菜園」や「ベランダ菜園」などと言われていて、初心者さんでも簡単に野菜や果物の栽培を楽しめます。

もちろん育て方や栽培法など基本的な知識は必要になりますが、道具や材料も揃えやすく、プランターに植えられる範囲の物だけをお世話するだけなので、栽培は初めてという方でも気軽に始めやすくおすすめです。暮らしの中のちょっとした趣味として楽しんでいる方も多いですよ。難しそうに感じるいちごは、そんな初心者さんでも育てやすい植物の1つなのです。

Thumbいちごの栄養は健康にも美容にもいい!!効果や栄養成分は?

育て方を知っていちごを栽培してみよう!

さてそんないちごですが、育て方さえわかれば自分で栽培して収穫することが出来ます。家庭菜園初心者でも育てやすいプランターでの栽培方法をここからは詳しくお話ししていきたいと思います。正しい育て方を知って、甘くて美味しいいちごを自分で栽培してみましょう。

ここでは初心者の方にもおすすめの秋植えのいちごの栽培と育て方を紹介したいと思います。まずは簡単にいちごの栽培の流れと育て方について触れていきたいと思います。はじめにプランターや苗、土や肥料を用意して、秋にいちごの苗を植え付けます。

適度な水やりと追肥などのお世話をしながら育てていき、春に摘葉をします。4月ごろ花が咲くので摘花や受粉をします。順調にいけば5月中旬からいちごの摘み取りができ、いちごを楽しむことが出来ますよ。いちごの栽培と育て方の簡単な流れはこんな感じになります。ここからは育て方や栽培法など詳しくお話ししていきますね。

Thumbいちごのデザートレシピまとめ!誰でも簡単に作れるいちごのお菓子を紹介

いちごの栽培にはどんなプランターがいいの?

イチゴの栽培を始めるのに、まずはいちごを植えるプランターを用意しましょう。いちごを植えるプランターのサイズは長さ60㎝以上幅25㎝深さは20㎝くらいのものを選ぶといいですね。標準サイズのプランターですので、ホームセンターなどで簡単に手に入れられます。

いちごは浅く根を張る植物なので深さはあまりなくても大丈夫ですが、生長や日当たりを考えて苗を植え付ける際には苗と苗の間を20㎝ほど開けておく必要があります。なのでいちごの栽培には長さと幅は最低限必要になってきます。長さ60㎝のプランターであれば2株から3株までいちごの苗を植え付けることが出来ます。

育て方や栽培のポイント!いちごの苗選び

いちごの育て方で重要になってくるのが苗選びです。万全に栽培の準備をして、正しい育て方をしても肝心の苗に問題があってはうまくいきません。元気がいい良質の苗を選ぶことがいちご栽培と育て方のポイントになります。ここでは良い苗を見分ける方法をお教えしますね。

いちごの茎の根元にはギザギザになっている部分あります。この部分を「クラウン」と言います。育て方や栽培法の中でも重要な部位になるのでぜひ覚えておきましょう。新鮮で良い苗を選ぶにはこのクラウンがしっかりとしていて大きいものを選ぶようにしましょう。また葉も緑が濃くなるベく葉の形が揃っているものが良い苗です。

次に栽培するいちごの品種ですが、最初は初心者でも育てやすい品種を選ぶようにしましょう。初心者向けの品種では病気にも強く丈夫な「宝交早生(ほうこうわせ)」や「女峰」、アメリカ原産である「ダナー」などがあります。これらの品種の苗は多く出回るため入手もしやすくなってます。

これらの条件を踏まえて新鮮で元気の良い苗を選ぶことで、これからのいちご栽培を暮らしの中で楽しむことができると思います。良い苗を選ぶことが、まずは甘くて美味しいいちごの育て方の第一歩になるので、しっかり選びましょう。

Thumbいちごの品種で美味しい人気の種類や特徴!糖度がおすすめNo.1は?

いちご栽培に大事な土づくりと苗の植え付け

次にいちごの育て方で重要なポイントになるのは「土づくり」です。土づくりは、甘くて美味しいいちごの育て方の土台となり非常に大切です。いちごを元気にする育て方にはこの土づくりが欠かせなくなります。

いちごの栽培に最適な土づくり

今はいちご用の培養土もあるため、初心者でも簡単に用意することが出来ます。なければ実を付ける野菜用の培養土を選ぶといいですよ。自分で土を配合して作る場合は赤玉土と腐葉土バーミキュライトを7:2:1で混ぜて作ります。自分で作る際には培養土と違い肥料などは入っていないので肥料なども混ぜ込みます。

混ぜるのは石灰と化学肥料で、石灰は用土10ℓに対して10g、化学肥料は用土10ℓに対して10~30gを混ぜ込みます。いちごの根は肥やけを起こしやすいので、自分で土を作る方法の場合は土の馴染みも考えて、いちごの苗の植え付けの2週間前には混ぜておきましょう。

プランターに土を入れる方法

水はけをよくするため、プランターの底に鉢底石を敷き上に土を入れていきます。この時鉢から3㎝ほど下までに土を入れるようにします。このスペースはウォータースペースといい、水やりの際に土や水があふれないようにするためのスペースです。

いちごを栽培するプランターに土を入れたら軽く表面をならして平らにしておきましょう。くぼみなどができてしまうと、そこに水が溜まってナメクジが住み着いて葉を食べてしまうことがあるので注意しましょう。プランターに土を入れたら次は苗の植え付けです。

いちごの苗の植え付け時期と方法

いちごの苗の植え付け時期は、初心者でも育てやすいよう秋植えがおすすめです。9月から11月の間に植え付けましょう。秋植えの利点は害虫や病気の発生しやすい暑い時期がなく、収穫までの期間が短い点にあり、育て方も楽です。

いちごの苗の植え付けの方法ですが、まずはポットから苗の株元を人差し指と中指でそっとはさんでポットを逆さにして苗を取り出します。根がびっしりはっている場合はなじみやすくなるよう優しくほぐしてあげましょう。土を少し堀り、浅めに苗を植え付けます。

この時いちごの生長点であるクラウンが隠れるほど深植えすると、苗の成長が妨げられてしまうので注意しましょう。クラウンの根元が少し隠れるくらいがちょうどいいです。植え付けの方法がわかる動画を紹介しますので参考にしてみて下さいね。植え付けをきちんとすることも育て方のポイントになります。

しっかりした育て方をするために!いちごの基本のお手入れ

暮らしの中で植物を育てるのは慣れないと大変な気がしますが、きちんと育て方や栽培法を覚えてポイントさえ押さえれば誰でも楽しむことが出来ます。ここでは基本的ないちごの育て方や栽培法をお話しします。

いちごの苗の置き場所と日当たり

いちごは日光を好む植物です。プランターは日当たりの良い場所に置くようにしましょう。日陰でも育ちはしますが実が少なくなったりします。比較的寒さに強いいちごですが耐寒温度は8℃で、それ以下になると生長が滞ります。い温度が低い冬のいちごの育て方は、室内など温度管理ができる環境に置くことです。それ以外の季節は外でも大丈夫です。

いちごの育て方のポイント!水やりのタイミングと方法

いちごの水やりのタイミングは、土の表面が乾いたらです。土の表面を手で触って乾いてきたなと思ったらたっぷり水をあげて下さい。いちごは乾燥に弱いので冬も同じように水やりしてください。ただし、あげすぎも根腐れを起こすので注意が必要です。葉が濡れると病気になりやすくなります。葉にかけないようにするのと、湿った土の跳ね返りを防ぐよう藁を敷くといいですよ。

いちごへの追肥のタイミングと量

いちごへの肥料は植え付けから3週間から1か月たった頃と2月下旬あたりに化成肥料を追加してあげます。いずれも少量を株元にあげます。多すぎても甘くて美味しいいちごが出来なくなるので適量とタイミングを守ることが大事です。これらを守ることがいちごの育て方では大切になります。

甘くて美味しいいちごを栽培するために!育て方のテクニック摘葉と摘花

甘くて美味しいいちごを作る育て方には、暮らしの中でちょっと気にかけてお世話してあげることが必要です。ここでは、甘くて美味しいいちごの育て方に必要な栽培法の摘葉と摘花について説明していきます。

いちごの育て方テクニック摘葉とは?

冬になるといちごは生長がとどまり、葉が変色して萎れたり枯れたりします。このようになってきたら、その葉はこの後生育する新葉の為に摘み取ります。これを摘葉と言います。萎れてしまった葉を摘葉し、元気のある葉を4、5枚残して育て方に気を付けながら冬を越させます。

いちごの摘花作業とタイミング

いちごは4月ごろに花が咲き1ヵ月ほどで実を付けます。いちご自体は寒さに強いのですが、いちごの花は寒さに弱く寒さが残る時期に咲いた花は実をつけにくくなります。なので3月中旬までに咲いた花は摘み取るようにします。この作業を摘花と言います。こうすることで実を付ける花だけを残していきます。

栽培の重要ポイント!人工授粉で甘くて美味しいいちごを実らせよう

本来、受粉は蜂などにより自然に行われるものですが、暮らしの中で蜂などの虫が少なかったり、ベランダなどで栽培していると自然に受粉するのは難しくなります。なので人の手で人工的に受粉をさせます。受粉がうまくいかないといい実が出来ません。甘くて美味しいいちごにするにはしっかり受粉させる必要があります。

人工授粉は普段暮らしで使う筆や耳かきの綿の部分、綿棒などを使い行います。これらの道具で花の中心を軽くまんべんなくこすり人工的に受粉させます。このあと受粉がうまくいかない実は奇形果となるので、そのような実を見つけたら早めに取りましょう。

栽培したいちごの収穫のタイミングと方法

受粉まですんだらあとはいちごが出来るのを待つのみです。育て方は変えず、日当たりや水やり、温度管理などの栽培法に気を付けて管理していきましょう。いちごの収穫は開花してから約1か月ほどで出来るようになります。秋植えなので5月中旬から6月中旬までいちごを収穫できます。

いちご全体が赤くなったら熟しすぎないうちにその都度収穫しましょう。いちごの収穫はいちごのへた近くを切り取ります。いちごは柔らかく傷つきやすいので収穫の際には、優しくもち傷つけないように気を付けましょう。

Thumbいちごがおいしくなる保存の方法は?常温?それとも冷蔵がいいの?

【まとめ】正しい育て方とコツで甘くて美味しいいちごを栽培しよう

甘くて美味しいいちごをプランターで育てる栽培法を紹介しましたが、いかがでしたか?いちごは育て方や栽培法をしっかりできれば、暮らしの中で栽培を楽しめます。そして少し手間をかけるだけで、甘く美味しいいちごを収穫できます。育て方や栽培法を覚えて、ぜひ暮らしの楽しみにいちごを栽培してみてはどうでしょうか。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-12-03 時点

新着一覧