生姜焼きの肉が柔らかくなる作り方は?おすすめの部位はどこ?

生姜焼きの豚肉が柔らかくなる作り方レシピについてまとめました。豚肉をはじめとした生姜焼きを柔らかく仕上げるためには、使う部位や作り方にこだわることが大切。豚肉が柔らかく仕上がる生姜焼きレシピの作り方やおすすめの部位をチェックしましょう!

生姜焼きの肉が柔らかくなる作り方は?おすすめの部位はどこ?

目次

  1. 生姜焼きの豚肉を柔らかくしたい!
  2. 生姜焼きの肉が柔らかくならないのはなぜ?
  3. 生姜焼きに最適な肉の部位は?
  4. 生姜焼きの豚肉を柔らかく仕上げるコツ
  5. メディアでも話題!タモリ式豚肉の生姜焼きのレシピ
  6. グッチ裕三が提案する豚肉の生姜焼きレシピ
  7. 栗原はるみさんの豚肉の生姜焼きのレシピ
  8. 鶏胸肉を使ったヘルシーな生姜焼きのレシピ
  9. 鶏胸肉を柔らかくするにはどうすれば良い?
  10. 生姜焼きの肉を柔らかくてジューシーに仕上げよう!

生姜焼きの豚肉を柔らかくしたい!

ついついパサついてしまいがちな生姜焼きの肉

せっかく生姜焼きを作ったのに肉が柔らかくならずイマイチの仕上がりになってしまうことがありますよね。生姜焼きの肉が硬くなってしまうのは作り方が間違っているからかもしれません。基本的な生姜焼きの作り方をチェックすれば、肉が硬くならずに美味しく仕上げることができるようになります。生姜焼きにこだわって、柔らかく美味しい肉を楽しみませんか?

柔らかくて美味しい生姜焼きを作ろう

「生姜焼きを作るといつも肉が硬くなってしまう」「生姜焼きにぴったりな肉の部位が知りたい!」というときにぴったりな生姜焼き情報をまとめました。生姜焼きの肉を柔らかく仕上げる作り方さえチェックしておけば、いつでも美味しい生姜焼きをいただけるようになります。おすすめレシピも参考にしながら、美味しい生姜焼きの肉を堪能しましょう!

生姜焼きの肉が柔らかくならないのはなぜ?

火力が強すぎる

生姜焼きの肉が硬くなってしまう大きな原因としてあげられるのが火力です。肉に含まれるたんぱく質は強すぎる温度で加熱すると固まって硬くなってしまうので特徴。なので、たんぱく質が固まらない程度の火力で加熱することが大切になります。強火で調理することで肉を硬くしていませんか?どんなに上質な肉でも火加減を間違えると硬くなってしまうので気をつけましょう。

漬け込む時間が長すぎる

肉に下味をつけるために調味料に漬け込むとき、長時間漬け込みすぎるのは肉が硬くなる原因になります。調味料に含まれている塩分が肉の中の水分を抜いてしまうために硬くなってしまうのです。肉の水分をしっかり保持した状態で焼くことがとても重要なポイント。調味液の漬け込み時間は短めにして、肉を焼いていきましょう。

生姜焼きに最適な肉の部位は?

生姜焼きの豚肉にはロースの部位がおすすめ

それでは、豚肉の生姜焼きに最適な部位はどこになるのでしょうか?もっともオススメの部位はロース肉です。豚肉の中で脂身と赤身のバランスが良く、柔らかな質感を楽しめる部位なので生姜焼きに最適。キメが細かいので舌触りもよく、美味しい生姜焼きに仕上げることができます。

肩ロースではないので気をつけて

ロース肉というと、ついつい肩ロースを選んでしまうかもしれませんが生姜焼きにはふさわしくないので気をつけましょう。厚みのある肩ロース肉はトンカツやチャーシューなどに使われる部位なので要注意。薄切りのロース肉を使って生姜焼きを作ってくださいね。

生姜焼きの豚肉を柔らかく仕上げるコツ

筋に切り込みを入れる

生姜焼きの肉を柔らかくするためにはちょっとしたコツが必要です。まずは、ロース肉の赤身と脂身の間にある筋に4箇所くらい切り込みを入れましょう。この部分に切り込みを入れることで反り返りを防ぎ、ムラなく火を通すことができるようになります。

片栗粉をまぶし、豚肉をのせてから火にかける

豚肉には片栗粉をまぶすのがおすすめ。片栗粉をまぶすことによって表面をコーティングし、旨味を逃しにくくなります。また、火をつけるまえにフライパンにのせるのも重要なポイント。いきなり高温のフライパンにのせるとたんぱく質が固まりやすくなってしまいます。弱火でじっくりと火を通すことでたんぱく質が固まらず、柔らかな食感になるので取り入れてみましょう。

メディアでも話題!タモリ式豚肉の生姜焼きのレシピ

タモリ式豚肉の生姜焼きに必要な材料

それでは、ネットやメディアでも話題のタモリ式豚肉の生姜焼きの作り方をチェックしていきましょう。タモリさんが日常的に作っている豚肉の生姜焼きのレシピが「美味しそう!」と話題に。砂糖を入れないのでさっぱりとした味わいに仕上がるのがポイントです。

タモリ式豚肉の生姜焼きに必要な材料は、タマネギ1/2個、豚肉200g、生姜のすりおろし小さじ1、酒大さじ2、醤油大さじ2、はちみつ小さじ1/2、みりん大さじ1、天ぷら粉になります。お好みでキャベツの千切りを添えましょう。

簡単なレシピ

ブニール袋の中に豚肉と天ぷら粉をいれたら、全体にまぶすように揉み込みます。タマネギはスライスしておきましょう。酒・醤油・はちみつ・みりん・生姜のすりおろしは混ぜ合わせておきます。フライパンで豚肉を焼いたらタマネギをプラスし、熱が通るまで炒めてください。混ぜ合わせておいたよう魅了を加えて煮詰め、味がしっかり絡んだら完成です。

Thumbタモリの生姜焼きとカレーが話題!レシピも公開!ピーマン料理も最高!

グッチ裕三が提案する豚肉の生姜焼きレシピ

必要な材料

グッチ裕三さんが提案する豚肉の生姜焼きのレシピもチェックしていきましょう。グッチ裕三さんのレシピでは、脂身が多めの豚ばら肉を使うのがポイント。ロース肉よりもこってりとした味わいになります。部位の違いによっって味わいが変わるので、こってり系の生姜焼きにしたいときは豚ばら肉を使ってみてはいかがですか。

グッチ裕三流の豚肉の生姜焼きに必要な材料は、豚ばら肉200g、生姜50g、ごま油大さじ1、だし醤油カップ1/4、砂糖大さじ1、みりん大さじ1、酒カップ1/4、塩胡椒になります。付け合せとして、レタスやゆで卵、パセリなどを準備しておくと彩り豊かに仕上がるのでおすすめ。

グッチ裕三流のレシピ

豚肉を適当な大きさにカットし、塩胡椒で下味をつけておきます。すりおろした生姜・酒・だし醤油・みりん・砂糖・ごま油を混ぜ合わせておきましょう。油をしいたフライパンで豚肉を焼き、余計な油は拭き取ります。混ぜ合わせておいた調味料を加えて煮詰め、全体に味を絡めたら完成。レタスやゆで卵などをトッピングして盛り付けます。

栗原はるみさんの豚肉の生姜焼きのレシピ

豚肉の生姜焼きに必要な材料

人気料理研究家として知られる栗原はるみさんの生姜焼きレシピも要チェック。飽きずに食べ続けることができるスタンダードな味わいが魅力の生姜焼きです。調味料は醤油とみりんのみを使い、シンプルな味わいに仕上げるのがポイント。生姜のすりおろしを多めに入れることで、さっぱりとした味わいになります。

栗原はるみ流生姜焼きに必要な材料は、豚ロース肉300g、みりん大さじ3、醤油大さじ4、生姜のすりおろし大さじ1になります。お好みでキャベツの千切りなどを準備してください。タマネギのスライスを入れてボリュームアップしても美味しくいただくことができます。

気軽に作れるれレシピ

醤油とみりん、おろした生姜を混ぜ合わせます。混ぜ合わせた調味料に豚ロース肉を漬けましょう。数分おいて味をなじませてからフライパンで豚肉を焼きます。全体に火が通ったら漬け込んでいた調味料を加えて煮詰めてください。全体に味がからみ、ツヤが出たら完成です。

Thumb栗原はるみの厳選レシピ集!カレーやハンバーグ・生姜焼きなど代表的な料理まとめ!

鶏胸肉を使ったヘルシーな生姜焼きのレシピ

鶏胸肉の生姜焼きに必要な材料

生姜焼きをヘルシーにいただきたいときにおすすめなのが鶏胸肉を使ったレシピ。鶏胸肉を使えば、ぐっとカロリーをおさえることができるようになります。しっかりと食べ応えがあるのも嬉しいポイント。リーズナブルな鶏胸肉であれば家計にも響かないのでぜひ取り入れてみたいですね。鶏胸肉の生姜焼きの作り方をチェックしていきましょう。

鶏胸肉の生姜焼きに必要な材料は、タマネギ1/2個、鶏胸肉150g、生姜のすりおろし小さじ1/2、ニンニクのすりおろし小さじ1/2、片栗粉大さじ1、酒大さじ1/2、砂糖大さじ1/2、醤油大さじ1になります。お好みでゴマをふりかけるとこうばしい風味をプラスすることが可能。七味唐辛子をかけてピリッとした風味にするのもおすすめです。

すぐに作れるレシピ

鶏胸肉は5mm程度のそぎ切りにし、タマネギは薄くスライスします。酒・醤油・砂糖を混ぜ合わせておきましょう。そぎ切りにした鶏胸肉をビニール袋に入れ、ニンニクと生姜、片栗粉もプラスします。全体にしっかりと揉み込んだら油をしいたフライパンで焼いてください。

鶏胸肉の色が変わったらタマネギを上にのせ、蓋をしてから弱火で3分ほど加熱。合わせておいた調味料を加え、全体に味を絡めながら中火で煮詰めていきます。水分がとび、ツヤが出てきたら完成。

鶏胸肉を柔らかくするにはどうすれば良い?

酒と塩を揉み込む

鶏胸肉は脂身が少ない分、パサつきがち。鶏胸肉をパサつかずに美味しく仕上げるためには、塩と酒を事前にもみ込んでおくのがおすすめです。もみ込んでおくことで、しっとりとした食感に仕上げることが可能に。ぜひ試してみてくださいね。

重曹水につける

重曹水を使った方法もおすすめです。水400mlあたり小さじ1程度の重曹を溶かし、鶏胸肉を入れましょう。そのまま冷蔵庫で一晩寝かせます。これだけでしっとりとした食感の鶏胸肉に仕上げられるので、パサつきがちなときは活用してみましょう。

生姜焼きの肉を柔らかくてジューシーに仕上げよう!

生姜焼きの肉が硬くなってしまうのは、火加減や調理方法に原因があります。強火で加熱するとたんぱく質が凝固して硬くなってしまうので気をつけましょう。調味料に漬け込む時間も短めにすることが大切。今回ご紹介したレシピを参考にして、柔らかくて美味しい生姜焼きを作ってくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-05-08 時点

新着一覧