納豆を食べ過ぎるとどうなる?太ったりもするの?正しい食べ方まとめ!

納豆を食べ過ぎた時の影響や注意点、太る原因についてまとめました。ヘルシーな納豆は食べ過ぎなければダイエットに良い影響を与えてくれる食材です。太る食べ方に注意しながら食べ過ぎを防ぎ、納豆をダイエットに活用して体に良い影響を与えましょう!

納豆を食べ過ぎるとどうなる?太ったりもするの?正しい食べ方まとめ!

目次

  1. 納豆の食べ過ぎは体に悪影響?
  2. 食べ過ぎなければOK!納豆に含まれる栄養素
  3. 食べ過ぎなければ納豆はダイエットに良い影響を与える?
  4. 納豆の食べ過ぎはどんな影響がある?
  5. 納豆を食べ過ぎないために注意!1日の摂取量は?
  6. 食べ応えがあって栄養も満点な納豆キムチご飯のレシピ
  7. さっぱりと食べられる納豆パスタのレシピ
  8. 食べ応えのある納豆チャーハンのレシピ
  9. ダイエットにも最適な納豆サラダのレシピ
  10. 納豆は食べ過ぎに注意して、健康的にいただこう!

納豆の食べ過ぎは体に悪影響?

ダイエットに良い納豆でも食べ過ぎには注意

納豆といえば、ダイエットに良い健康的な食品として知られていますよね。いろいろな栄養が豊富に含まれている納豆はダイエットに良い影響を与えてくれるのが嬉しいポイント。ただし、納豆の食べ過ぎは太る原因になったり、体に悪影響を与えることもあるので要注意です。納豆は食べ過ぎずに適量を守ることが大切。

納豆を食べ過ぎず効果的に取り入れよう

納豆の食べ過ぎを防ぎ、太る影響をおさえるためには摂取量をしっかりと把握しておくことが大切になります。思わぬ体調不良に繋げないように納豆の食べ過ぎにはしっかり注意をしていきましょう。それでは、どのくらいの量の納豆なら食べ過ぎにならないのか納豆の栄養もチェックしながら取り入れていってくださいね。

食べ過ぎなければOK!納豆に含まれる栄養素

大豆イソフラボン

大豆にはさまざまな栄養が含まれているのが魅力的なポイント。食べ過ぎにさえ注意しておけば、健康的に納豆をいただけるようになります。納豆の栄養としてまずあげられるのが大豆イソフラボン。大豆イソフラボンには高い抗酸化作用があり、アンチエイジング効果を期待できるのが魅力です。

老化の原因となる活性酸素を排出する働きを担ってくれるのが特徴。若々しい状態をキープしたい時に納豆の大豆イソフラボンを活用してみましょう。大豆イソフラボンは化粧品にも使用されるくらいその美容効果に高い注目が集まっています。

ビタミンB群やビタミンK、タンパク質

納豆には大豆イソフラボンだけでなく、タンパク質やビタミンB群、ビタミンKといった健康的な体作りに欠かせない栄養素が豊富に含まれています。健康的な生活を楽しみたい時に納豆を取り入れるのがおすすめ。豊富な栄養が健康な体をキープするのに役立ってくれます。

Thumb納豆の栄養と効果がすごい!タンパク質が豊富!他の成分は?おすすめの食べ方!

食べ過ぎなければ納豆はダイエットに良い影響を与える?

タンパク質やビタミンB群で痩せやすい体に

納豆は食べ過ぎに気をつけておけば太ることなくダイエットに役立てることができます。納豆に含まれるビタミンB群は代謝をアップする働きを期待できる栄養素。痩せやすい体に近づくためにおすすめです。また、良質なタンパク質は筋肉の成長をサポートしてくれるのも特徴。筋肉はエネルギー消費が最も大きい器官なので、しっかり鍛えることで痩せやすい体になれます。

便秘の解消で代謝をアップ

納豆には食物繊維が豊富に含まれており、腸内環境を整える働きを期待できます。腸内環境が整うことで老廃物が排出され、体の回りがよくなるのがポイント。体の回りがよくなると代謝アップにつなげることができるのでダイエットのサポートになります。

納豆の食べ過ぎはどんな影響がある?

大豆イソフラボンの食べ過ぎは女性ホルモンの乱れを引き起こす

納豆に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンと同じような働きをします。適量を食べていれば問題ありませんが、食べ過ぎることによって女性ホルモンの乱れが生じてしまう場合があるので注意。

プリン体の食べ過ぎにより痛風の可能性がアップ

大豆にはプリン体が多く含まれているので、食べ過ぎることで痛風のリスクを増やしてしまいます。近年は女性でも痛風になる人が増えてきているので、食べ過ぎないように適量を守りながら納豆を取り入れていきたいですね。

Thumbプリン体の多い食品・食べ物一覧!ビールはもちろん納豆も多かった?

納豆を食べ過ぎないために注意!1日の摂取量は?

1日あたり1〜2パックなら食べ過ぎにならない

それでは、納豆を1日あたりどのくらい食べれば食べ過ぎにならないのでしょうか?おすすめなのは、1日あたり1〜2パック食べる方法。納豆は1パックあたり80〜100kcalほどなのでこれくらいの分量であれば太る心配なくいただけます。

毎日続けることが大切

2〜3日食べたからといって納豆の効果がすぐに出るわけではありません。長期間にわたって適量の納豆を食べ続けることが重要になります。毎日1〜2パックの納豆を食べることで初めて栄養を体に定着することができるようになるので、いろいろなアレンジも加えながら納豆料理を楽しんでみてはいかがですか?

食べ応えがあって栄養も満点な納豆キムチご飯のレシピ

納豆キムチご飯に必要な材料

納豆は食べ過ぎに気をつけておけば太ることなくヘルシーにいただけるようになります。いろいろな納豆アレンジを楽しんで行きませんか?まずおすすめしたいのが納豆キムチご飯。キムチには脂肪燃焼を促進するカプサイシンが含まれているのでダイエットに効果的です。乳酸菌などの栄養も豊富なのが嬉しいポイント。

納豆キムチご飯に必要な材料は、納豆1/2パック、ごま油小さじ1、卵黄1個、キムチ、ネギ、ゴマ、粗塩になります。入れる具材は好みに合わせてアレンジしてOK。白菜キムチやキュウリのキムチなど、使うキムチの種類を変えるだけでも違った食感を楽しめるのでおすすめです。

簡単に作れるレシピ

キムチは食べやすい大きさにカットして、納豆と混ぜ合わせておきます。ご飯を器によそったら納豆キムチをのせ、くぼみを作りましょう。くぼみの中に卵黄を落としたら、ごま油をまわしかけます。刻んだネギ・ゴマ・粗塩をトッピングしたら完成。とても簡単にできるので、忙しい時の食事にも最適です。

さっぱりと食べられる納豆パスタのレシピ

納豆パスタに必要な材料

さっぱりとしたパスタを食べたい時におすすめなのが納豆パスタ。大根おろしを加えることによって爽やかな風味をプラスすることができます。納豆の粘り気とパスタは相性ばっちり。オリーブオイルをプラスすることで洋風の味わいも加えるのがレシピのポイントです。ランチタイムなどに作ってみてはいかがですか?

納豆パスタに必要な材料は、納豆1パック、パスタ1人分、だし醤油大さじ1、大根おろし、塩胡椒、オリーブオイル、刻み葱、刻み海苔になります。お好みで半熟卵をトッピングしても美味。シンプルなレシピなのでトッピングを工夫してアレンジを楽しんでみてくださいね。

気軽に作れるレシピ

パスタは表示時間よりも30秒短く茹でます。大根おろしは事前に作っておきましょう。納豆はからしと付属のタレを混ぜ合わせておきます。フライパンにオリーブオイルをしいたら、納豆と茹でたパスタ、だし醤油、大根おろしをプラス。全体を炒め合わせたらおたま一杯分の茹で汁を入れます。

全体に味をからませるようにさっと炒め合わせたら塩胡椒で味を整えてお皿に盛りましょう。刻み葱や刻み海苔、半熟卵などをトッピングしたら完成です。

食べ応えのある納豆チャーハンのレシピ

納豆チャーハンに必要な材料

納豆の粘り気が苦手、という方におすすめなのが納豆チャーハン。納豆は炒めることで特有の粘り気が減るので、美味しくいただくことができるようになります。梅干しと大葉を加えてさっぱりとした風味に仕上げるのがレシピのポイント。食欲がない時でも梅干しのさっぱりとした風味が効いて食べやすくなっています。

納豆チャーハンに必要な材料は、玉ねぎ1/4個、卵1個、納豆1パック、ご飯一人分、梅干し1個、大葉2枚、醤油大さじ1、鰹節になります。お好みでレタスや小松菜といった野菜をプラスするのもおすすめ。冷蔵庫に残った食材を活用してみてはいかがですか。

忙しくてもすぐに作れるレシピ

玉ねぎは細かいみじん切りにします。種をとった梅干しは、包丁でたたいてペースト状にしておきましょう。卵とご飯をボウルに入れたら混ぜ合わせます。油をしいたフライパンで玉ねぎを炒め、透き通ってきたら卵を混ぜたご飯をプラス。

全体がパラパラになるように炒め合わせたらタレを入れて混ぜておいた納豆を加え、炒めていきます。納豆がご飯になじんだら梅ペーストを入れて炒め合わせてください。鍋肌から醤油をまわしかけたら全体に味をからめて火を止め、刻んだ大葉をプラス。お皿に盛りつけて鰹節をトッピングしたら完成です。

ダイエットにも最適な納豆サラダのレシピ

納豆サラダに必要な材料

ヘルシーで野菜たっぷりな納豆サラダはダイエットにおすすめ。食べ応えがあるのに低カロリーに仕上げられるので、太る心配をすることなく美味しくいただくことができます。味付けがしっかりとしているので、大人から子供まで好きな美味しさに仕上げられるのが嬉しいポイント。いつもとは違う納豆の美味しさを楽しんでみてはいかがですか。

納豆サラダに必要な材料は、キャベツ120g、トマト1個、海苔1枚、納豆1パック、マヨネーズ大さじ1、めんつゆ大さじ1/2になります。お好みで半熟卵やからしなどを加えてアクセントをつけても美味しくいただけるのでおすすめ。アレンジをいろいろ楽しんでみてくださいね。

ダイエットにおすすめの簡単レシピ

キャベツは千切りにし、トマトはくし切りにします。キャベツをボウルに入れたら、タレを混ぜ合わせた納豆・ちぎった海苔・マヨネーズ・めんつゆを加えて混ぜ合わせましょう。全体に味がなじんだらお皿に盛り付け、トマトをトッピングします。お好みに合わせて半熟卵やからしを添えて完成。

Thumb納豆の食べ方ってどんなのがある?おすすめレシピをご紹介!

納豆は食べ過ぎに注意して、健康的にいただこう!

体に良い栄養がたっぷり含まれている納豆ですが、食べ過ぎには要注意。どんなに健康に良い食材だとしても食べ過ぎは体に不調をきたす場合があります。納豆の適量を守りながら取り入れてみてはいかがですか?アレンジ料理も豊富なので、いろいろな味の納豆を楽しんでくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-09-29 時点

新着一覧