酢しょうがのレシピ!アレンジした食べ方や保存方法、賞味期限を紹介

テレビでも取り上げられることの多い酢しょうがの魅力をご存知ですか?酢しょうがは高い栄養値からダイエットにも効果的と言われています。酢しょうがの作り方やおすすめのレシピをご紹介します。簡単なレシピなのですぐ食卓に取り入れられますよ!

酢しょうがのレシピ!アレンジした食べ方や保存方法、賞味期限を紹介

目次

  1. 夏は酢しょうががオススメ!
  2. 酢しょうがにはどんな栄養があるの?
  3. 酢しょうがの作り方!基本レシピ
  4. 血糖値を下げる酢しょうがアレンジレシピ
  5. ガリを使った酢しょうがアレンジレシピ
  6. 酢しょうがレシピのコツはアレだった!
  7. 酢しょうがの食べ方と賞味期限は?
  8. 酢しょうがアレンジレシピ①きゅうりの酢しょうがサラダ
  9. 酢しょうがアレンジレシピ②きゅうりとにんじんの甘酢漬け
  10. 酢しょうがアレンジレシピ③酢しょうがチャーハン
  11. 酢しょうがアレンジレシピ④あと一品!春雨サラダ
  12. 酢しょうがアレンジレシピ⑤夏にぴったり酢しょうが素麺
  13. 酢しょうがアレンジレシピ⑥酢しょうが焼肉
  14. 酢しょうがアレンジレシピ⑦酢しょうがクッキー
  15. 酢しょうがレシピで美味しく健康に!

夏は酢しょうががオススメ!

ジメジメした季節を抜けると、暑い夏が待っています。毎年、夏バテになったり体力が衰えてしまって家事や仕事が億劫になることはありませんか?体調の見直しには食生活の改善を行うことで体の中から改善することができて強い体作りを行うことができます。

ダイエットにも効果的と言われている酢しょうがは、いま流行の兆しを見せています。テレビ番組などでも取り上げることの多くなった酢しょうがは、その栄養値の高さと手軽さから目を向けられ始め、レシピや作り方、食べ方が注目されています。

酢しょうがは、酢としょうがそれぞれに高い栄養を含んでいるため栄養満点です。暑い夏は体調を崩しやすく体力が落ちやすい季節、そんなときに酢しょうがを食べることで体力の回復を期待できます。今回は酢しょうがについて作り方やアレンジレシピ、保存方法や賞味期限ををご紹介します。

酢しょうがにはどんな栄養があるの?

酢しょうがで体ポカポカ

酢しょうがには、血行を良くして体を温める効果があります。その栄養はお酢、しょうがともに持ってるためにダブルで効果が期待できます。冷え性にも効果的な酢しょうがは、一時的に体を温めるだけではなく継続して長時間体をポカポカにしてくれます。

酢しょうがで強い体作り

またお酢としょうがには殺菌作用があります。免疫力を高めてくれる効果があるので風邪を引きにくく、病気を寄せ付けない強い体作りができます。病気がちで体力を落としてしまう方は、酢しょうがを取り入れることで体調改善を図ることができます。

酢しょうがで血管が若返る

さらに、血圧や血糖値を下げる働きも行ってくれます。酢しょうがの栄養を取り入れることで血管の年齢が若返り健康的な体内を取り戻すことができます。酢としょうがの組み合わせは、健康面ではとても相性のいい組み合わせと言えるでしょう。

酢しょうがの作り方!基本レシピ

酢しょうがの基本材料はシンプル

シンプルに作れる酢しょうがの材料は新鮮なしょうがとお酢です。お酢の種類は米酢・黒酢・リンゴ酢など、普段お使いのお酢で構いません。使い慣れたお酢にしておくと、味に慣れているので毎日飲み続けることができるでしょう。

酢しょうがのシンプルな作り方

まず、しょうがは丁寧に洗って泥を落として水気を切ります。皮がついたまま1ミリ幅程度に薄くスライスをして清潔な保存容瓶に入れましょう。しょうがが全て浸かるほどのお酢を入れてフタをして冷蔵庫で一晩冷やせば出来上がりです。

一晩お酢を漬け込み冷蔵庫で冷やしておくことでしょうがが薄いピンク色に変化します。ピンク色に変わったら食べ頃の証です。一晩寝かせた酢しょうがは、しょうがの辛みとお酢の強みがマイルドになり食べやすい状態になっています。

血糖値を下げる酢しょうがアレンジレシピ

血液が変わる酢しょうがの材料

材料は、しょうが100グラム・黒酢100cc・はちみつ20グラムです。黒酢を加えることで代謝を上げることができます。もちろん、他の米酢やリンゴ酢も代謝を上げることはできますがその中でも黒酢は最も代謝を高める働きを行ってくれます。

血糖値を下げる酢しょうがレシピ

しょうがを丁寧に洗って泥を落として水気をしっかり切ります。皮をつけたままみじん切りにして清潔な保存瓶に入れましょう。皮が気になる場合には、皮を剥いてしまっても構いません。黒酢を加え、最後にはちみつを入れてよく混ぜましょう。フタをして冷蔵庫で一晩冷やして出来上がりです。

朝昼晩の食事に大さじ1杯強くらいの量を食べることで血管に働きかけ血液をさらさらにしてくれます。また、この黒酢入りの酢しょうがを毎日継続することで血管が若返り、代謝も良好にしてくれます。黒酢に含まれているミネラルやビタミンの多さが影響しているでしょう。

ガリを使った酢しょうがアレンジレシピ

大容量サイズの酢しょうがの材料

材料は、米酢2リットル・砂糖200グラム・はちみつ60ミリリットル・しょうが1キロ・塩50グラムです。大容量サイズの分量になっているので、保存瓶のサイズを確認しながら分量を調節するようにしましょう。長期保存は可能なのでたっぷり作っても大丈夫ですよ。

甘酢しょうがでたっぷりレシピ

まず、清潔な保存瓶に米酢を入れておきそこに砂糖とはちみつを加えます。しょうがは皮を剥かずに好みの薄さに切ってザルに入れて塩を振って熱湯で1分ほど加熱しましょう。しょうがを取り出して水気をしっかりと切ったら保存瓶の中で3日ほど漬け込みましょう。

漬け込んだしょうがが全体的にピンク色になったら食べ頃です。こちらの大容量サイズであれば食べきるまでに時間がかかってしまいます。しかし、賞味期限は1年間ありますので長い間酢しょうがを楽しむことができます。保存ができ賞味期限がない酢しょうがは嬉しいですね。

酢しょうがレシピのコツはアレだった!

健康効果の高い酢しょうがの栄養をもっと引き出す作り方があります。それは、天日干し・加熱・蒸したしょうがを使用することです。しょうがは生の状態だと殺菌作用や保温効果のあるジンゲロールという成分を持っています。加熱をすることでショウガオールという成分を引き出し体を芯から温めてくれる作用があります。

体全体が冷えてしまう体質であれば、生のしょうがを使用するよりも天日干し・加熱・蒸したしょうがを使用した作り方やレシピを取り入れた方がより効果的に酢しょうがの栄養を摂取することができます。

しょうがの成分引き出しレシピ

天日干しをする場合は、薄くスライスしたしょうがを網などに乗せて3日ほど天日干ししておきましょう。加熱する場合は、薄くスライスしたしょうがをクッキングシートを敷いた天板に乗せ80度から100度のオーブンで1時間加熱しましょう。

蒸ししょうがを作る場合は、しょうがの皮を剥かずに2ミリ幅にスライスをして蒸し器に並べて80度で30分蒸しましょう。更に2日間天日干しをして粉状にすり潰すとより効果的です。ミキサーにかけて粉々にすることで料理にも使いやすくなりますね。

蒸ししょうがは常温で3ヶ月ほど保存が可能です。冷やしてしまうと成分が戻ってしまいますので必ず常温保存をするようにしましょう。飲み物に加えてアレンジをしたり、ホットミルクに粉状の蒸ししょうがを入れるとむくみ改善にもなります。

酢しょうがの食べ方と賞味期限は?

酢しょうがの賞味期限は、保存瓶に入れ冷蔵庫で冷やして約2週間の賞味期限です。酢しょうがは賞味期限をあまり気にせず食べることができそうですが暑い夏など常温保存をしてしまうと賞味期限が短くなりお腹を壊す原因にもなります。

手作りで作っている酢しょうがなので、見えない菌も入っていることでしょう。体を壊さないためにも賞味期限の2週間前後で食べきるようにしましょう。簡単に作ることができるので賞味期限を確認しながら新しい酢しょうがを作ることができますね。

酢しょうがの食べ方は、1日大さじ1強ほどです。毎日続けて食べるのであれば賞味期限を気にしなくても食べきることができますね。そのまま食べることもでき、ご飯に乗せて食べても美味しくいただけます。加熱した料理に加えることで賞味期限も気にせずに食べることができます。

酢しょうがアレンジレシピ①きゅうりの酢しょうがサラダ

簡単サラダの材料

材料は、きゅうり2本・塩ひとつまみ・ごま大さじ1・酢しょうが大さじ1・白だしまたはしょうゆ小さじ半分です。酢しょうがを作る前であれば、しょうがの千切り小さじ1・お酢小さじ1を用意しましょう。低糖質サラダなのでダイエットにもオススメのレシピです。

簡単サラダのレシピ

作り方はまず、きゅうりはスライサーなどを使って細かい千切りにしましょう。千切りしたきゅうりに塩を振って10分放置して水気を手でぎゅっと絞ります。ごま・酢しょうが・白だしを加えれば出来上がりです。お酢は好みの食べ方に合わせて調節してくださいね。

酢しょうがアレンジレシピ②きゅうりとにんじんの甘酢漬け

甘酢漬けの材料

材料は、酢しょうが10グラム・酢しょうがの酢大さじ1・リンゴ酢大さじ1・きび砂糖大さじ1・塩少々・きゅうり1本
・小さめのにんじん1本です。リンゴ酢以外にもお好みのお酢を使用できます。きび砂糖がない場合は他の砂糖でも構いません。

甘酢漬けのレシピ

作り方はまず、ボウルに全ての調味料を入れて砂糖を溶かしましょう。きゅうりとにんじんはよく洗ってスライサーなどでリボン状にしておきます。ボウルにきゅうりとにんじんを加えて合わせ、お酢に浸します。冷蔵庫でしばらく漬け込んで出来上がりです。

きゅうり以外の食べ方は、大根を使用しても相性が良く合います。色も赤と白になりますので紅白になり縁起のいい一品が出来上がりますね。さらにきゅうりを加えることで緑が入り色の良い食事になります。残った汁はしょうゆを加えるなどしてお肉を煮ることもできます。

酢しょうがアレンジレシピ③酢しょうがチャーハン

酢しょうがチャーハンの材料

材料は、ご飯1/2合・酢しょうが10グラム・豚肉30グラム・もやし20グラム・ニラ20グラム・塩こしょう少々・ごま油大さじ1/2です。酢のさっぱり感としょうがの少し残る風味がチャーハンに良く合いますので箸がすすむおすすめの一品です。

酢しょうがチャーハンのレシピ

作り方は酢しょうがはみじん切りにして、キッチンペーパーなど水気を拭き取りましょう。豚肉を小さく切り、ご飯を温めておきます。ニラともやしを食べやすい大きさに切ってフライパンにごま油を入れて加熱し、酢しょうがと豚肉を炒めましょう。

豚肉が焼けたらニラともやしを入れて加熱しましょう。塩こしょうを入れた後に温かいご飯を入れて炒めます。全体が炒まったらもう一度塩こしょうで味を整えましょう。しょうがの味がないようであれば、追加しながら入れると美味しくなります。

酢しょうがアレンジレシピ④あと一品!春雨サラダ

春雨サラダの材料

材料は、乾燥はるさめ10グラム・きゅうり1/2本・ニラ6本・酢しょうが大さじ1/2・酢しょうがの酢大さじ1・ごま油小さじ1・醤油小さじ1・ラー油少々・いりごま小さじ1です。食べ方いろいろで応用もでき作り方も簡単な春雨サラダです。

春雨サラダのレシピ

作り方は、乾燥春雨を元に戻しておき、きゅうりは薄いスライスに、ニラは食べやすい大きさに切っておきます。器に春雨ときゅうり、ニラを盛り付けた後にお酢・しょうゆ・ごま油を回しかけて酢しょうがを上に乗せます。仕上げにラー油をかければ出来上がりです。

酢しょうがを作る前であれば、お酢の量を減らしてはちみつや砂糖に変えることで酸味が強すぎない酢しょうがが出来上がります。その場合、お酢・砂糖の量はごま油などと同じ分量にしましょう。さっぱりとした食べ方にすることで酢しょうがの旨みを引き出せますね。

酢しょうがアレンジレシピ⑤夏にぴったり酢しょうが素麺

酢しょうが素麺の材料

材料は、そうめん100グラム・3倍濃縮)麺つゆ50cc・水適量・酢しょうがはお好みの量を用意しましょう。これから暑くなる季節は素麺を食べる機会も多くなります。毎回同じレシピだと飽きてしまいますので、たまには酢しょうがでさっぱりした素麺を食べましょう。

酢しょうが素麺のレシピ

作り方はとっても簡単です。素麺を茹でて、その上に酢しょうがを乗せるだけです。乗せるだけですがあるとないとでは味も風味も異なります。なにより酢しょうがをプラスするだけで高い栄養素を摂取することができます!エアコンなどで体が冷えやすい方にはオススメの食べ方です。

熱い体を冷やしてくれる素麺ですが、酢しょうがを使った食べ方にするだけで熱は冷やしながらも体の芯から温めてくれるようになります。疲労回復にもなりますので体調を崩しがちな夏には、こちらのレシピを取り入れてみてくださいね。

酢しょうがアレンジレシピ⑥酢しょうが焼肉

酢しょうが焼肉の材料

材料は、豚小間切れ肉1パック・青ネギ2本・オリーブ油大さじ1・すりおろしにんにく大さじ1・塩こしょう少々です。小さめの玉ねぎ1/2個・酢しょうが10グラム・酢しょうがの酢大さじ1・醤油大さじ1と1/2・みりん大さじ1・砂糖大さじ2/3はあらかじめ混ぜ合わせてドレッシング状にしておきましょう。

酢しょうが焼肉のレシピ

作り方は青ネギを1センチに切ります。フライパンにオリーブ油とにんにくを入れて加熱し香りが出たら豚肉を入れて色が変わるまで炒めます。塩こしょうをして青ネギを加え火が通ったら混ぜ合わせたドレッシングを加えて炒めましょう。

汁気をよく飛ばすことでたれがよく絡むようになります。器に盛り付けて出来上がりです。ミキサーなどがない場合は、玉ねぎをすりおろしてドレッシングを作ってくださいね。

酢しょうがアレンジレシピ⑦酢しょうがクッキー

酢しょうがクッキーの材料

材料は、酢しょうが10グラム・薄力粉40グラム・きび砂糖または砂糖10グラム・サラダ油10グラム・ベーキングソーダ小さじ1/4です。酢しょうがを使ってクッキーを作ることで甘すぎない大人味のクッキーを作ることができます。

酢しょうがクッキーのレシピ

作り方は、酢しょうがはみじん切りにして、水気を取っておきましょう。材料をすべてひとまとめにしてビニール袋に入れて揉みながら混ぜ合わせましょう。生地がまとまったら棒状にして、厚みを取りながら包丁で切って形を作っていきます。トースターで5分焼けば出来上がりです。

酢しょうがレシピで美味しく健康に!

酢しょうがは食べ方やレシピも様々、保存も長くできるので使い勝手の良い食材です。これから暑くなる季節には大活躍してくれること間違いありません。毎日食べることで血液も生まれ変わりますので、まずは一度作っていろんな食べ方やレシピを試してみてくださいね!

合わせて読みたい酢しょうがについての記事はこちら

Thumb酢しょうがのダイエットの効果すごい?作り方と効果的な方法は?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-08-25 時点

新着一覧