インナーカラーの髪形や入れ方は?ボブ・ロングや黒髪などヘアアレンジ集

インナーカラーはさりげなく髪の内側にカラー入れる大人気のヘアスタイルです。髪をおろしているときとアレンジをしたときとのちがいやカラーの入れ方次第で印象が変わるのを楽しめます。トレンドの黒髪にもぴったりなインナーカラーのボブやロングのヘアアレンジをまとめました。

インナーカラーの髪形や入れ方は?ボブ・ロングや黒髪などヘアアレンジ集

目次

  1. ボブもロングもかわいい!おしゃれ女子必見のインナーカラー
  2. トレンドのインナーカラーはSNSでも話題に
  3. インナーカラーはメリットだらけの優秀ヘアスタイル
  4. 自分でもできる!インナーカラーの入れ方
  5. 黒髪×インナーカラーは大人女子でも楽しめる
  6. 定番のかわいさ!グレージュ×インナーカラー
  7. ピンク×インナーカラーでかわいい大人女子に
  8. パープル×インナーカラーは甘すぎない大人女子スタイル
  9. ブルー×インナーカラーはアッシュとの相性抜群
  10. インナーカラーでグラデーションも楽しめる
  11. 多色もインナーカラーで派手感をおさえて
  12. ダークカラーでさりげなく!ハイライトと合わせるインナーカラー
  13. 前髪インナーカラーはチラ見せでさりげなくおしゃれ
  14. インナーカラーのヘアアレンジ【トレンドの黒髪】
  15. インナーカラーのヘアアレンジ【人気のボブ】
  16. インナーカラーのヘアアレンジ【カラーが映えるロングヘアー】
  17. インナーカラーでさりげないおしゃれを楽しもう

ボブもロングもかわいい!おしゃれ女子必見のインナーカラー

インナーカラーは髪の表面のおしゃれではなく、内側にをさりげなくカラーを入れて楽しむカラーリング方法です。普段髪をおろしているときには目立たず、ヘアアレンジをしたり髪をかきあげたときなどに別カラーが見えるのでさまざまな演出ができます。遊び心のあるトレンドのインナーカラーについてまとめました。

トレンドのインナーカラーはSNSでも話題に

インナーカラーにはまる人が続出です。ほんのり部分的に入れたり、広範囲にハデなカラーを入れたり…と入れ方でもだいぶ印象が変わります。

ハデ目のカラーリングは興味があっても全面に出すのはやりづらい場合も。インナーカラーで取り入れればハデさをおさえながらかわいいカラーをためすことができます。ヘアアレンジで目立たせることもできるので生活のオンとオフでつかいわけられるのも便利です。

インナーカラーはさりげないおしゃれなので、ひかえめなカラーリングでは言わないと気づかれない場合も。SNSではインナーカラーを入れた報告をする人が多いですね。

インナーカラーは髪の長さは関係なく楽しめます。ロングはもちろん、ショートスタイルは立体感が出て色の変化がわかりやすいですね。ちょっとかがむとちらっと見えるインナーカラーが人気です。

インナーカラーはメリットだらけの優秀ヘアスタイル

まったくちがうアレンジを楽しめる

インナーカラーのよさが出せるのはヘアアレンジの仕方で髪の外側と内側をうまく合わせるとはなやかな印象に変わるところです。単色のカラーリングにはない色の変化でかわいらしさやおしゃれ度がアップします。インナーカラーの入れ方次第で雰囲気が変わるので少しづつカラーを足したりグラデーションにしたり…とヘアスタイルを選ぶ楽しみが増えますね。

自分でもできる!インナーカラーの入れ方

インナーカラーは自宅でも入れることができます。明るいカラーにしたい場合はブリーチで色をぬいてから染めるとあざやかできれいなカラーに仕上がります。インナーカラーは髪の内側なので見えない部分を染める場合には合わせ鏡をするといいですね。

ブリーチ剤とカラー剤を用意する

まずはブリーチ剤とカラー剤を用意します。肌に合わないと痛みが出てしまう可能性もあるのでパッチテストがおすすめです。そめる予定日の2日前にカラー剤を綿棒でとって腕の内側のやわらかい部分に10円硬貨大にうすく塗って自然乾燥させます。そのまま48時間放置します。かゆみや湿疹が出る場合は洗い流してください。異常がないのを確認してから髪をそめると安心ですね。

髪をブロッキングする

染めたい場所のまわりをしっかりブロッキングしましょう。ブロッキングとは髪を小分けにしてとめることです。ピンやゴムなどでしっかり分けて余計な場所にカラー剤がつかないようにしましょう。

ブリーチをしたあとでカラー剤をつかう

ブロッキングした場所から2センチほど下からブリーチ剤をぬりましょう。ぬった部分はラップで包んで温度を均一に保ちます。ぬりムラをふせいでくれる一手間です。規定時間がすぎたらぬった部分をシャンプーで洗い流します。しっかり乾かした後で好きなカラー剤をつかって染めましょう。

ブリーチ剤は長時間つけていると髪が傷んでしまうので短時間でぬって規定通りの時間をおくのがポイントです。

黒髪×インナーカラーは大人女子でも楽しめる

ここ数年は黒髪ブームでダークトーンにする人が増えています。黒髪にさりげなくインナーカラーを取り入れるとグラデーションカラーとはちがったおしゃれを演出できます。黒髪×ダークトーンのインナーカラーだと上品に仕上げられるので働く女性にもおすすめです。

金髪やハイトーンが全面に出ているとシーンを選んでしまいますが、黒髪の中にインナーカラーでハイトーンをさりげなく入れるのはハデになりすぎず品よくまとめられます。ちょっとした動きでインナーカラーが見えると印象が変わるのでひかえめだけど好きなカラーを楽しみたい人にはいいですね。休日や自宅ではハーフアップにするとハイトーンが主張できるのでつかいわけられます。

インナーカラーは表面が暗くて髪の中側を明るくする人が多いですが、逆インナーカラーもおしゃれです。表面を明るく、中を暗くするヘアスタイルは髪がのびてきても自然なおしゃれが続きます。ロングヘアはもちろん、ショートでも取り入れやすい方法ですね。

定番のかわいさ!グレージュ×インナーカラー

爆発的な人気のグレージュをインナーカラーにする入れ方は、安定したかわいらしさを手に入れられるので大人女子に支持されています。グレージュとはグレー(灰色)+ベージュ(明るい茶色)をまぜたカラーです。おちついた色味で軽さと透明感を出してくれるので髪のベースカラーにする人が多いですね。

インナーカラーとしてグレージュを入れる入れ方は髪の内側から軽さを出し、髪が風でなびいたときや耳にかけるときにさりげなく見えることでかわいらしさを演出してくれます。全体がダークトーンでも重くなりすぎないのが特長です。基本がベージュなのでどんな髪色にも合わせやすいということもあり、初めてインナーカラーをためしたい人におすすめのカラーです。

ピンク×インナーカラーでかわいい大人女子に

ピンクをインナーカラーに入れることで女性らしいかわいらしさが出ます。しっかり色を入れたい人はブリーチでぬいたあとにピンクでそめると高彩度の鮮やかなピンクになっておしゃれです。インナーカラーは内側に入れることで全面に出ないのでハデになりすぎないのがいいですね。

全体をピンク系でそめるのもかわいらしいのですが、インナーカラーで部分的に入れることで甘くなりすぎず、服もかたよることなく合わせやすくなります。ほんのりピンクにそまったヘアスタイルで女子度をあげてみませんか。

全面に高彩度のピンクが出てしまうと目立ちすぎてしまったり仕事や場所を選んでしまいますが、ダークカラーの中にインナーカラーでピンクを入れる入れ方だと鮮やかでもハデになりすぎずおしゃれですね。はやりの黒髪の中に入れても相性抜群です。ヘアアレンジをしたときにピンクが入れ込めてかわいらしさが上がりますね。

ショートボブにインナーカラーを入れれば、とくにヘアアレンジをしなくても少しかがめば中に入れたカラーが見えるので気軽におしゃれを楽しめます。インナーカラーとともに人気のグラデーションカラーのような効果が出るのでトレンドをおさえたヘアスタイルになりますね。ショートヘアでインナーカラーを取り入れると立体感も出るので、よりかわいらしくなります。

パープル×インナーカラーは甘すぎない大人女子スタイル

パープルにそめるのはひと昔前は高齢女性がハデに入れるカラーのようなイメージがありましたが、いまは若い女性や大人女子の間でも大人気です。透明感も出てラベンダーカラーなんてかわいらしいネーミングもあります。ピンクよりも少し落ち着いた印象になり、それでいて女性らしさも出せますね。

光のあたり具合によって雰囲気が変わるのを楽しめます。髪が色落ちしてくると黄色味が出てしまいパサついた印象になってしまいますが、パープルはイエローとは対比する色味なので色が抜けたように見えるのを防ぐことができます。かわいらしさと品の良さを両方手に入れられる優秀カラーリングです。

ブルー×インナーカラーはアッシュとの相性抜群

トレンドのブルー系は甘さをおさえたクールな印象に。透明感やツヤ感も出やすいので大人女子に大人気です。中でもはやりのアッシュ系との相性が抜群で、入れ方によって外国人風の大人っぽい印象のヘアスタイルを実現できます。

ダークカラーや黒髪ブームなので、暗めにしつつきれいなカラーもさりげなく取り入れたい人におすすめです。重くなりすぎず、落ち着いた印象でハデさもおさえられます。日本人は赤みがかった髪が多いので外国人風の青みがかったヘアスタイルになれておしゃれですね。

インナーカラーでグラデーションも楽しめる

インナーカラーに多色を取り入れてグラデーションのように見せる入れ方もあります。ハデで鮮やかなカラーを入れてもインナーなのでほんのり見える程度に。髪のゆれ方やヘアアレンジの仕方でまったく見え方が変わるのが楽しいですね。

ブルー系でもピンクよりやグリーンよりなどさまざまなカラーがあるので、グラデーション風にインナーカラーを入れると好きな色を一度にためすことができます。部分によって雰囲気のちがいを楽しめるのでピンでとめるなどして気分によって見せ方を変えるのもいいですね。人気のボブだとヘアアレンジをしなくても顔まわりが明るくなっておしゃれです。

多色もインナーカラーで派手感をおさえて

細くインナーカラーを入れるのもおしゃれです。茶色ベースのあたたかみのあるカラーリングだと地毛とも合わせやすく、多色なのでファッションも決めやすいですね。

インナーカラーはふつうのカラーリングよりも範囲はせまいもののカラーの数によっては若干お値段が高くなる場合もありますが、トレンドのインナーカラーをファッションとして取り入れるのは注目ですね。毎回カラーリングで悩んでいた人はインナーカラーで好きな色を一気にためすチャンスです。

ダークカラーでさりげなく!ハイライトと合わせるインナーカラー

ブリーチをせずに暗めの色味でインナーカラーをためす入れ方で、表面をハイライトにするのもおしゃれです。ヘアスタイルに深みや奥行きが出てきまりますね。

深みのあるブルー系のインナーカラーは表面が明るめでも落ち着いた印象を与えてくれます。クールでさわやかな雰囲気を出すのにいいですね。ボブにもロングにも合わせやすくてヘアアレンジもしやすくなります。

前髪インナーカラーはチラ見せでさりげなくおしゃれ

インナーカラーは髪をおろしているとわかりづらいのがいい面でも悪い面でもあります。前髪にインナーカラーを入れる入れ方だと顔周りも明るくなってカラーがチラ見せできますね。ショートやボブの後ろ髪と合わせて入れるとかわいいおしゃれが楽しめます。

前髪をヘアピンでとめたりおでこを出すヘアアレンジをくわえればインナーカラーを主張できます。ポイントカラーとしてちょっと差が出るおしゃれをためしてみてはいかがですか。

インナーカラーのヘアアレンジ【トレンドの黒髪】

最近は空前の黒髪ブームです。季節をとわずダークカラーのおちついたヘアスタイルを楽しむ人がふえています。黒髪にインナーカラーを入れる入れ方は、暗くなりすぎず軽さを出すのにおすすめです。明るめカラーもベースが黒髪だとハデな印象がおさえられますね。

一見ハデなレッドのインナーカラーも、黒髪と合わせると古風な印象に。浴衣や着物と合わせるのもいいですね。黒髪がベースだとふだんは髪をおろしていればわかりづらいので、学校や職場でも取り入れやすいですね。さりげないおしゃれを楽しむことができます。

インナーカラーのヘアアレンジ【人気のボブ】

人気のボブにインナーカラーを合わせるヘアスタイルは大人気です。ちょっとむすぶだけでもインナーカラーのかわいらしさが出ておしゃれに見えます。ダークカラーでさりげなく色味を入れればちょっとしたポイントになりますね。

ボブスタイルにインナーカラーをねじこんで作るヘアアレンジは、表面の髪とインナーカラーの入った髪がまざってかざりをつけなくても華やかな印象になります。多色を入れればさらに楽しめますね。

髪をかきあげたときにふわっと見えるインナーカラーがおしゃれです。おろしているとわかりづらい面がありますが、こうしたちょっとしたしぐさで出るおしゃれはさりげなくて品がいいですね。

ボブスタイルに幅広のインナーカラーを入れたヘアスタイルは、結び方次第でまったく違うカラーリングをしたような印象に。ファッションやシーンに合わせて使い分けられて雰囲気のちがいを楽しめます。あみこみや三つ編みなどで表面の髪とインナーカラーの入った髪を取り込んでヘアアレンジをすればさらにおしゃれですね。

インナーカラーのヘアアレンジ【カラーが映えるロングヘアー】

ロングヘアにインナーカラーを入れたヘアスタイルはアレンジも無限大です。ポイントで入れればヘアアクセサリーのように髪を華やかにしてくれます。長さがあると広範囲で見せることも可能ですね。

ボブやロングである程度まとめられる長さになるとヘアアレンジの幅が広がりますね。最近はちょっとラフなヘアスタイルもはやっているので軽くねじってラフにまとめればインナーカラーをいかしたふんわりまとめ髪の完成です。

ロングヘアにインナーカラーを入れる場合ははおろしているとわかりづらい面があります。ヘアアレンジでインナーカラーをいかして、カラーリングをちらっと取り込めるとおしゃれですね。ポイントでいれたカラーもロングヘアで流れるようなまとめ髪にすると、ヘアアクセサリーのように華やかに取り込むことができます。

インナーカラーでさりげないおしゃれを楽しもう

ボブやロングだけでなくショートもチラ見せがかわいいインナーカラーは年代をとわずにさりげないおしゃれを楽しむことができます。髪が暗くなりすぎるのをふせぎ、立体感やエアリー感を出せるインナーカラーはこれからもますます支持される注目のカラーリング方法です。

気になっていてなかなか入れられなかったお気に入りカラーも気軽にためせるのでインナーカラーでおしゃれなヘアアレンジをしてみてください。

もっとインナーカラーに関する情報を知りたいアナタヘ!

Thumb【インナーカラー】セルフのやり方・ブロッキング方法【黒髪・ボブ・ヘアカラー】
Thumbインナーカラーまとめ【ボブ・ロング・ピンク・黒髪・ショート・ミディアム】

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-03-25 時点

新着一覧