白色ワセリンにはどんな効果があるの?使い方や選び方まとめ

お風呂上がりなどの身体のカサカサは、年中気になる肌の変化です。そんな時には、白色ワセリンが大活躍してくれます。実は、白色ワセリンは、その万能さから色んなシーン、部分に活用出来ます。今回は、白色ワセリンの万能性や効果などをご紹介します。

白色ワセリンにはどんな効果があるの?使い方や選び方まとめ

目次

  1. 白色ワセリンの効果は無限大!?効果&使い方まとめ
  2. スキンケアにも使える白色ワセリンの豆知識
  3. 白色ワセリンの特徴
  4. 白色ワセリンとヴァセリンは違うの?
  5. 白色ワセリンの効果って?
  6. 白色ワセリンを含むワセリンの選び方
  7. 白色ワセリンはどこで買えるの?
  8. 白色ワセリンは使用期限がある?
  9. 白色ワセリンの使い方まとめ
  10. 白色ワセリンを活用したリップへの使い方
  11. 白色ワセリンを活用したスキンケアでの使い方
  12. 白色ワセリンを活用したボディケアでの使い方
  13. 白色ワセリンは手作りコスメも作れる?
  14. 白色ワセリンを使ったリップクリームの作り方
  15. 白色ワセリンを使ったハンドクリームの作り方
  16. 白色ワセリンを使った練り香水の作り方
  17. 手作り白色ワセリンコスメにおすすめの精油
  18. 白色ワセリンを使う時の注意点
  19. 白色ワセリンのおすすめアイテム
  20. 白色ワセリンをフル活用して乾燥に負けないお肌を作りましょう!

白色ワセリンの効果は無限大!?効果&使い方まとめ

白色ワセリンは、最近暮らしの中で活用している方も多くなって来てその万能さや効果が知られるようになってきました。しかし、白色ワセリンの使い方は、シンプルに使う方法やアレンジする方法などさまざまあります。そんな白色ワセリンの使い方や選び方、効果などをまとめました。是非、日々のスキンケアにも役立てていきましょう。

スキンケアにも使える白色ワセリンの豆知識

最初に見ていくのは、暮らしの中で活躍している白色ワセリンの基本からご紹介していく事にしましょう。白色ワセリンとは、一体どんなものなのでしょうか?

白色ワセリンとは?

そもそもワセリンとは、石油で得た混合物を脱色して精製したものです。中でも白色ワセリンは、安全性に優れていて、日本の医療でも皮膚トラブルに使う事の出来る軟膏として暮らしの中に馴染んでいます。

白色ワセリンの特徴

次にご紹介するのは、白色ワセリンの特徴です。特徴は、そのアイテム自体の利点のようなものです。白色ワセリンが暮らしの中で使われている理由が、この特徴を見ると明らかになります。

特徴①水を通さない性質を持っている

白色ワセリンは、先ほども触れたように油脂から作られたアイテムです。そのため、水をはじく性質を持っています。白色ワセリンを皮膚に塗ることで、肌表面に油脂のフタをしてくれるので、外からの水分の侵入を防いでくれる機能と共に、皮膚の中にある水分を閉じ込めてくれる力を持っています。

特徴②他の物と混ぜて使う事が出来る

白色ワセリンは、化学的にも安定したアイテムで他の化合物と反応する事が少ないため、医療で使う時は、ステロイドと白色ワセリンを混ぜる事で、ステロイドの副作用を軽減し、同時に白色ワセリンの保湿力を得る事が出来ます。そのため、白色ワセリンを使って手作りコスメを作る方も増えています。

白色ワセリンとヴァセリンは違うの?

続いては、白色ワセリンと暮らしの中でもう1つ人気となっているアイテムである「ヴァセリン」の違いをお届けします。一見、似ているように見えるこの2つの万能アイテムですが、何か違いはあるのでしょうか?そこもまとめてご紹介します。

ヴァセリンとは?

ヴァセリンは、ユニリーバの登録商標です。白色ワセリン同様に化粧ポーチやバックに1つは入っている人気アイテムです。少し黄みがかった色味が特徴です。

白色ワセリンとヴァセリンは何が違う?

白色ワセリンとヴァセリンの主成分は同じ「ペトロリウム」です。ペトロリウムは、石油を精製して不純物を取り除いた物質の事を指します。この2つには違いもあります。白色ワセリンは、医薬品扱いなのですが、ヴァセリンは化粧品扱いになっています。しかし、効果や主成分に違いはほとんどないので、白色ワセリンとヴァセリンは、仲間と言えます。

他にもあるワセリンの種類

今までご紹介したワセリンには、白色ワセリン、ヴァセリンである黄色ワセリンの他にサンホワイト、プロペトがあります。まず「サンホワイト」は、ワセリンの中でも品質の高いワセリンです。次が「プロペト」は、サンホワイトに比べると品質が落ちてしまいますが、白色ワセリンよりも上のワセリンです。

白色ワセリンの効果って?

次は、暮らしの中で役立つ白色ワセリンの効果をまとめてご紹介していきましょう。白色ワセリンには、大きく分けて3つの効果が期待出来ます。

効果①保湿効果

白色ワセリンは、油脂から作られるアイテムです。そのため、お肌に塗る事で、油のベールが皮膚を覆って、蒸発しやすい皮膚の中にある水分を守ってくれるので、潤いそのままで乾燥を防いでくれる効果があり、保湿の効果が期待出来ます。

効果②バリア機能が高い

白色ワセリンは、乾燥しやすい部分や傷の部分に塗る事で、バリアのベールを作ってくれるので、外的刺激などから皮膚を保護してくれる役割があります。傷口を治す効果があるというわけではありませんが、余分な成分が入っていないことから、お肌や傷口に害を与える危険性がほとんどなく安心して使える所も魅力です。

効果③かゆみの緩和をしてくれる

暮らしの中で、お風呂上がりやお肌が乾燥しやすい方は、少しの刺激でもかゆくなることがあります。そのお肌に白色ワセリンを塗る事で、乾燥を防いでくれてかゆみを緩和してくれます。さらに、乾燥したお肌は外的刺激を受けやすく、敏感なのでそんな皮膚に潤いを与えて柔らかくしてくれるのも白色ワセリンの効果です。

白色ワセリンを含むワセリンの選び方

次は、白色ワセリンを始め、ワセリンを選ぶ時のポイントです。ワセリンには、黄色ワセリン、白色ワセリン、プロペト、サンホワイトの4種類が主にあります。その中からどのワセリンを選べば良いかの選び方をまとめていきます。

選び方①精製の度合いで選ぶ

先ほど、ワセリンの種類をご紹介しました。不純物が一番入っていなくて品質の良い順番に並べると「サンホワイト」「プロペト」「白色ワセリン」「黄色ワセリン」になります。不純物が含まれていない物が皮膚につけた時にもスムーズに伸びて、お肌にも優しいアイテムです。

選び方②価格で選ぶ

暮らしの中で、ワセリンを購入する上で、気になるのが価格です。価格は、精製されていればいるほど高くなります。そのため、サンホワイトが一番高いということになります。しかし、その分品質が高いですし、少量でしっかり潤うので肌荒れの気になる方は、白ワセリンもいいですが、サンホワイトかプロペトがおすすめです。

白色ワセリンはどこで買えるの?

続いてご紹介するのは、白色ワセリンがどこで購入出来るのかをご紹介します。欲しいと思っても売っている所がわからないと購入出来ないですよね。果たして、白色ワセリンはどこで購入出来るのでしょうか?

その①ドラッグストアで購入出来る

白色ワセリンは、私たちの暮らしで身近となっているドラッグストアで購入する事が出来ます。サイズも色々あり、使う頻度によって選ぶ事が出来ます。ドラックストアで購入する事で、お店にいるスタッフの方々や専門家に相談しながら購入する事が出来るところも魅力です。

その②ネットで購入出来る

最近は、身近なものをネットで購入する事が暮らしの中で浸透しています。もちろん白色ワセリンもネットを通じて購入する事が出来ます。確実にこれと決めたものがあれば、ネットで簡単に注文して家まで届けてくれる事がネットショッピングの利点です。

白色ワセリンは使用期限がある?

続いては、白色ワセリンの使用期限や保存方法をチェックしていきましょう。白色ワセリンには、消費期限はあるのでしょうか?暮らしに効果的な白色ワセリンを使うためにも先ほどの選び方と一緒に使用期限なども把握しておくようにしましょう。

白色ワセリンの使用期限ってある?

白色ワセリンを始めとするワセリン自体は菌が繁殖する環境にない事もあり、開封したワセリンも衛生的に使用すれば裏に表記されている有効期限まで使い続ける事が出来るようです。

白色ワセリンの保存方法とは?

白色ワセリンは、購入してから1〜2年くらいは使用出来ます。保存方法のポイントは、直射日光が当たらず、暗くて涼しい場所に保管しておく事が大切です。腐敗すると色や匂いの変化があるので注意しましょう。

白色ワセリンの使い方まとめ

白色ワセリンについて知って、選び方やその効果が分かった後は、暮らしの中で役立てたい白色ワセリンの使い方をまとめてお届けしましょう。具体的な使い方をご紹介する前に、どんな時に使えるのかという部分からまとめてご紹介します。

使い方①スキンケア

まず白色ワセリンは、スキンケアの時に使用する事が出来ます。ワセリンを使ってクレンジングしたり、保湿のために使用したりするなどスキンケア時に活躍してくれます。今では、肌断食という自分の肌の治癒力を呼び起こすスキンケア方法があるほど、白色ワセリンが注目されています。

使い方②デイリーケア

白色ワセリンは、スキンケアだけでなく、デイリーケアにも大活躍してくれます。暮らしの中でのリップケア、化粧品と混ぜて使用する事も可能です。毎日のケアで活躍してくれる白色ワセリンは、万能アイテムです。

使い方③ボディケア

もう1つの使い方は、白色ワセリンをボディケアとして使用する方法です。保湿力をさらにあげてくれたり、高保湿の万能な保湿クリームになります。乾燥の気になる部分に塗れば、集中ケアにもなってGOODです。

白色ワセリンを活用したリップへの使い方

ここまでスキンケア、デイリーケア、ボディケアと3つのケアに白色ワセリンが活用出来る事をご紹介してきました。今度は、この1つ1つをさらに具体的にお届けします。それぞれの使い方にまとめて、詳しく見ていきましょう。

使い方まとめ①リップクリームとしての使い方

白色ワセリンは、唇が乾燥した時のリップクリームとして使用出来ます。不要な物は何も入っていないので、唇に塗っても大丈夫です。ボトルをそのまま持ち歩くと思いので、小さな容器などに移して持ち歩く事がおすすめです。手に少量を取り、唇の縦線に馴染ませるように乗せていきましょう。

使い方まとめ②リップパックとしての使い方

白色ワセリンを1つ持っていると普段のスキンケアだけでなく、集中ケアをする時にも活用出来ます。唇はとても皮膚が薄くて、暮らしの中でも乾燥や摩擦でダメージを受ける部分です。そんな唇の集中ケアはとても大切になります。パックで用意する物は、ラップと白色ワセリンです。お風呂上がりで皮膚が柔らかくなっている時を狙って、スキンケアをした後、白色ワセリンを唇にたっぷり乗せてラップをしてから3〜5分くらい置いて流すか、コットンで拭き取るようにしましょう。

使い方まとめ③リップグロスとしての使い方

自分の愛用しているカラーリップを使って手作りのグロスを作る事が出来ます。用意する物は、愛用のリップスティックと白色ワセリン、スプーン、つまようじ、キャンドル、小さな容器です。スプーンにリップスティックと白色ワセリンを入れてキャンドルの火にかざして溶かながらつまようじで混ぜます。しっかり混ざったら小さな容器に入れて冷ませば、完成です。

白色ワセリンを活用したスキンケアでの使い方

先ほどはリップケアでの使い方をご紹介してきました。続いては、白色ワセリンをスキンケアで使う時の使い方を詳しくご紹介します。

使い方まとめ①保湿クリームとしての使い方

スキンケアの始めに化粧水を塗った後は、保湿クリームを使って化粧水でたっぷり入れ込んだ水分を守るためにフタをします。白色ワセリンは、その保湿力の高さから皮膚の上にベールを作り、水分をしっかり守ってくれる働きがあります。スキンケアで、化粧水をたっぷり入れ込んだ後、手の平に白色ワセリンを出してから柔らかくなるまで温め、顔全体に伸ばしていきましょう。

使い方まとめ②クレンジングとしての使い方

私たちが毎日の暮らしで使っているメイク用品は、油分で出来ています。そのため、メイク用品を落とす時も油分の力が必要になります。そこで、クレンジングにもお肌に負担のほとんどない白色ワセリンを活用する事が出来ます。手の平にティースプーン1杯くらいの白色ワセリンを出し、柔らかくなるまで温めます。顔全体に馴染ませたら濡れタオルで軽く拭き取り、洗顔をしましょう。

白色ワセリンを活用したボディケアでの使い方

次は、白色ワセリンを活用したボディケアでの使い方です。スキンケア、ボディケアと白色ワセリンは、頭の先からつま先まで使えるアイテムであることがわかります。早速ご紹介していきましょう。

使い方まとめ①ボディクリームとしての使い方

お風呂上がりのお肌は、乾燥しやすく早めのケアが必要になります。それは、スキンケアだけでなく、ボディケアも同じです。ボディクリームとして使う時は、お風呂から上がって乾燥の気になる肘や膝、かかとなどから塗り、体全体に馴染ませた後、いつものボディクリームを塗っていきましょう。白色ワセリンを手の平に出したら柔らかくなるまで温めることがポイントです。

使い方まとめ②ハンドクリームとしての使い方

白色ワセリンは、保湿力が高い事からハンドクリームとしても活用出来ます。毎日使う手ですから、乾燥はもちろん、さまざまな負担を受けてしまいます。そんな時は、小分けにした白色ワセリンをバックに入れておくだけで、簡単に手を保湿してくれます。白色ワセリンを塗る時も、手の中で温めてから全体に伸ばすようにしましょう。

使い方まとめ③ネイルケアでの使い方

ハンドケアは、手のケアと同時にネイルのケアも大切になります。白色ワセリンは、爪の周りの乾燥を防ぐネイルオイルの代わりをしてくれます。白色ワセリンを少量手に取り、爪の周りにつけてマッサージしていきましょう。爪の側面にはツボもあるので、白色ワセリンをつけて保湿しつつ、軽く押しながらマッサージをすることで、血行が良くなり、美しい手にすることができます。

白色ワセリンは手作りコスメも作れる?

ここまでは、白色ワセリンをそのままスキンケアやボディケアに役立てる方法をご紹介してきましたが、実は、白色ワセリンは、手作りコスメの材料としても使われています。続いては、そんな手作りコスメについてやその作り方をご紹介します。

その①手作りリップクリーム

白色ワセリンでリップクリームを作る時は、他のアイテムと混ぜて作ります。保湿力が高くてお肌への負担がほとんどない白色ワセリンは、そのまま塗るのもおすすめですが、他のアイテムと合わせる事でさらに効果がアップします。

その②手作りハンドクリーム

ハンドクリームも白色ワセリンを原料にしながら作る事が出来ます。白色ワセリンと他の材料を混ぜて保湿力や香りの良いお気に入りのオリジナルハンドクリームを手作りする事が出来ます。白色ワセリン1つあれば、ハンドクリームとリップクリームなど色んなコスメが作れます。

その③手作り練り香水

練り香水とは、固形の香水で、液体の香水と同様に香りを纏うためのアイテムです。液体香水との使い方の違いは、噴射しないという違いを省いたら然程変わりはありません。練り香水を手に取り、手首や足の内側、腕の内側などに軟膏のように塗って行くタイプです。白色ワセリンを使って、自分のお気に入りの香りで練り香水を作る事が可能です。

白色ワセリンを使ったリップクリームの作り方

それでは、早速白色ワセリンを使ったリップクリームの作り方をご紹介します。白色ワセリンと身近なアイテムで出来るので、是非試してみて下さいね♡

はちみつで作るリップクリームの作り方

用意する物は、白色ワセリンとはちみつ、そして、つまようじ、作ったリップクリームを入れる容器を準備します。容器に白色ワセリンとはちみつを同量入れて、つまようじでしっかり混ぜて出来上がりです。このリップクリームを使う時は、白色ワセリンとはちみつが分離している事があるので、混ぜてから使ってあげましょう。

ココナッツオイルで作るリップクリームの作り方

先ほどははちみつで作るリップクリームをご紹介しましたが、次は、ココナッツオイルで作るリップクリームです。用意する物は、白色ワセリンとココナッツオイル、容器、つまようじです。容器に白色ワセリンと少量のココナッツオイルを入れてつまようじで混ぜたら完成です。ココナッツオイルを少量プラスする事で、保湿力がアップしてさらに潤うリップクリームが完成します。

白色ワセリンを使ったハンドクリームの作り方

次は、白色ワセリンで作るハンドクリームの作り方です。手作りハンドクリームは、白色ワセリンを使うので保湿力はもちろん、自分の好きな香りのハンドクリームを作れるところも嬉しい点ですね♡

ボディオイルを使ったハンドクリームの材料

最初に作るハンドクリームは、白色ワセリンとお気に入りのボディオイルを使ったアイテムです。用意する物は、白色ワセリンとお気に入りのボディオイル、携帯用のケース、スパチュラやつまようじを用意しましょう。

作り方

白色ワセリンを容器に入れて白色ワセリン10gに対して1滴強のボディオイルを入れます。それをマグカップに張ったお湯にドボンと入れて3分くらい経ったら液体状になるので、それを取り出して、スパチュラやつまようじを使ってしっかり混ぜましょう。完全に混ざったら固まるのを待って完成です。ボディオイルの入れ過ぎには注意しましょう。

精油を使ったハンドクリームの材料

2つめにご紹介する手作りハンドクリームは、精油を使ったハンドクリームです。用意する物は、白色ワセリン、ボウル、竹串やガラス棒、スパチュラ、小分け用の容器を用意しましょう。

作り方

白色ワセリンをビーカーや耐熱容器に移してからボウルにお湯を張って、そこに入れながら溶かしていきます。白色ワセリンが溶けたら精油を入れます。精油は、10gの白色ワセリンに対して1滴の量を入れましょう。しっかり混ぜ合わせたてから、小分けする時は、この状態でスパチュラを使って移すようにしましょう。冷え固まったら完成です。

白色ワセリンを使った練り香水の作り方

続いては、白色ワセリンを使った練り香水の作り方です。練り香水を白色ワセリンで手作りすると自分の気に入った香りのものを作れますし、その香りで心が癒される事もあります。

精油を使った練り香水の作り方

用意する物は、白色ワセリンとお気に入りの精油、つまようじ、携帯容器です。白色ワセリンは5g、精油は10滴ほどが必要になります。携帯容器に白色ワセリンを入れて、精油を入れたらつまようじを使ってしっかり混ぜ込みましょう。

香水を使った練り香水の作り方

用意する物は、白色ワセリン、愛用の香水、携帯ケース、つまようじです。作り方は、先ほどの精油で作った練り香水の作り方と変わりません。容器に白色ワセリンを入れて少し練ったら、香水を白色ワセリン10gに対して1滴の割合で入れましょう。さらに、つまようじを使ってしっかり混ぜ合わせたら完成です。

手作り白色ワセリンコスメにおすすめの精油

次にお送りするのは、白色ワセリンで作るハンドクリームや練り香水におすすめの精油の選び方やアイテムです。手作りコスメで使う精油の選び方にもポイントがあります。早速ご紹介していきましょう。

精油の選び方

精油の選び方のポイントは、自分の好きな香りや効果、効能で選ぶということです。精油は、香りによって得られる効果や効能が違います。自分がどんな効能を得たいかで選ぶようにしましょう。さらに、精油は天然100%の精油を選ぶ事も選び方のとても大事なポイントです。中には、合成香料を使っていたりすることがあります。注意しながら選択しましょう。

おすすめの精油

精神的な作用を重視したい時は、「ネロリ」「サンダルウッド」「ラベンダー」「ジャスミン」などがおすすめです。さらに、身体的な作用を重視したい時は、「ペパーミント」「ユーカリ」「ゆず」などを選ぶようにしましょう。そして、ハンドクリームに使う精油としておすすめなのは、「カモミール」や「ローズウッド」などがGOODです。

白色ワセリンを使う時の注意点

次は、白色ワセリンを使う時の注意点をまとめました。白色ワセリンは、効果を得るために使う時にも注意点が必要です。選び方以外の使い方の注意点も把握しておきましょう。

使い方の注意点①スパチュラなどを使って取ろう!

白色ワセリンを使う時は、手を洗ってから使うようにしましょう。清潔に使う事で、菌の繁殖や侵入を防ぐ事が出来ます。さらに、白色ワセリンを容器から取り出す時は、スパチュラなどを使って取るように心がけましょう。

使い方の注意点②取る時は一度に一回分をまとめて取ろう!

白色ワセリンを容器から出す時は、スパチュラを使う時ももちろん、一回分を小分けにして取るのではなく、一気に取って使うようにしましょう。こうすることで、外気に触れるのも防ぐ事が出来ますし、中身を衛生的に保つ事が可能です。さらに、暮らしの中で使う時白色ワセリンを取った後は、フタをしっかりしておくことがポイントです。

使い方の注意点③紫外線の強い日はしようを控えよう!

白色ワセリンの原料は、油脂です。要は油なので、紫外線に触れると油焼けを起こしてしまいます。そのため、紫外線の強い日や長期間外にいる時間が多い日は、白色ワセリンの使用を控えるようにしましょう。

白色ワセリンのおすすめアイテム

最後にお届けするのは、白色ワセリンの主なアイテムたちです。選び方や購入時に参考にしてみて下さいね。

【健栄製薬】白色ワセリン

白色ワセリンと言えば、このパッケージを思い出すほど人気のアイテムです。青のフタが目印で、大きさも50gと500gがあります。価格もお手頃で色んなスキンケアやハンドケアの時など、色んな場面でたっぷり使えるところもおすすめです。

【大洋製薬】白色ワセリンチューブタイプ

白色ワセリンには、使う時に便利なチューブタイプもあります。ボトルタイプは、お家で使ってチューブタイプは、持ち歩く時にも便利です。サイズ間も色々あるので、使う用途によって選べる所もうれしいですね。

白色ワセリンをフル活用して乾燥に負けないお肌を作りましょう!

いかがでしたか?白色ワセリンは、どんなアイテムにも化けるとても万能なアイテムであることがわかりました。ワセリン自体の選び方はあるものの、お肌にも優しく、特に乾燥肌の方や敏感肌の方におすすめしたいアイテムです。白色ワセリンをそのまま使うも良し、精油や他のアイテムを混ぜてオリジナルコスメを使うのも良し、スキンケアの楽しみがまた広がりそうですね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-04-07 時点

新着一覧