ラベンダースティックの作り方は?リボンで編んで簡単に可愛く!

棒のような形になった、「ラベンダースティック」をご存知でしょうか?ラベンダーの香りは癒されますよね。お部屋のインテリアにもなりますし、ルームフレグランスにしてもベストですね!このラベンダースティックは意外と簡単に作れます。今回は、作り方をご紹介していきます。

ラベンダースティックの作り方は?リボンで編んで簡単に可愛く!

目次

  1. ラベンダースティックとは?
  2. ラベンダースティックを作る前に準備するもの
  3. ラベンダースティックの作り方
  4. ラベンダースティックに使うリボン
  5. ラベンダースティックの種類
  6. ラベンダースティックの耐久度・注意事項
  7. ラベンダーの効能
  8. ラベンダースティックの飾り方
  9. ラベンダースティック以外のラベンダーを使用した小物
  10. 【まとめ】ラベンダースティックの作り方や種類について

ラベンダースティックとは?

「ラベンダースティック」をご存知でしょうか?このリボンで編んだまん丸い部分に、ラベンダーの花が入っているのです。ドライフラワーでもラベンダーは良い香りがしますよね。サシェをスティック状にしたようなものと思っていただければ、大丈夫です。ラベンダースティックは可愛い形なのと、簡単にできることとで、ひそかにラベンダースティックが人気です。

一見、難しそうと思われるかもしれませんが、実は簡単にできるのです。天然のラベンダーを摘み取り、リボンで編むだけでできます。「ラベンダースティックは何に使うの?」という疑問がわいてきそうですが、これは主に部屋の飾り、クローゼットや部屋の匂い消しなどに使われています。天然のラベンダーの香りはとっても癒されますし、特別ですよね。

ラベンダースティックを作る前に準備するもの

ラベンダースティックについて、用意するものは、新聞紙、はさみ、ラベンダー(奇数本)、リボン150㎝くらい、糸です。リボンはお好みに合わせて、太いものと細いものとを両方揃えておくとよいでしょう。リボンの種類をいくつか用紙しておくと、単色で編むラベンダースティック以外に、何色かのリボンを織り交ぜながら編むという作り方も楽しめます。

ラベンダーはなるべく少し水分を残っているものを!

ラベンダーはなるべく水分が少し残っているものを使うとよいです。ドライフラワーのように、完全に乾燥させすぎてしまうと、束ねたりしたときに茎が折れやすくなってしまうので、要注意です。また、ラベンダーの種類もいろいろなものがありますが、イングリッシュラベンダーなどがおすすめです。

Thumbラベンダーの育て方は?苗の選び方や鉢植えなど初心者向けに解説!

ラベンダースティックの作り方

それでは、ラベンダースティックの作り方をご紹介していきます。本当にコツさえつかめば編むだけなので、簡単です。ぜひトライしてみてくださいね。

ラベンダースティックの作り方の動画

とても分かりやすい動画をご紹介します。まず、奇数本のラベンダーを取り出します。一般的には、9本か11本のどちらかがおすすめです。よく見て、収穫したてのフレッシュなラベンダーを取り出しましょう。そして、ラベンダーの葉を上から下へとしごくようにして、落としていきます。葉は捨ててしまわないで、ポプリやラベンダーティーに使えますので、効率よく使いましょう。

花穂の高さを調整しながら、そろえます。そのとき、中央が高くなるようにしてそろえると、スティックにしたときにきれいな形に出来上がります。そして、花穂の下の方にリボンをしっかりと巻きます。花穂の部分に向かって茎を折り曲げ、好みの長さでカットするとよいです。リボンを編むときには、茎の前、後ろ、前という順に編みこみ、網目がずれないように、気を付けましょう。

形を作るときのコツですが、編むときに、きつく編むとシャープな感じのラベンダースティックに、緩く編むところんとした可愛いラベンダースティックになります。リボンの種類によっても、ずいぶんイメージが変わりますね。

ラベンダーの花が入っているころんとしている部分をいろいろと変えることもできます。大きさもお好みで変えられるので、楽しいですね。

ラベンダースティックに使うリボン

ラベンダースティックに使用するリボンは、比較的細めがよいです。サテンリボンなど最適ですね。色は、お好みで自由に好きな色を選んでくださいね。一色でなくても、何色かのリボンを合わせて編むことも可能です。

だいたい1本のラベンダースティックで150㎝ほど使用します。頭のコロンとした部分を巻いたら、一度縛り、スティックの部分を下までクロスしながら巻いていきます。巻き方の間隔でもずいぶんとイメージが変わるので、いろいろと試して、好きな間隔を見つけてくださいね。

明るめな色のリボンですと、ポップな感じです。色味がはっきりとした色調なので、部屋に飾るとインテリア効果もあり、とても鮮やかです。このようにシックなお色もなかなか大人っぽくて、インテリアに合わせやすいです。濃紺や白、黒と並んでいますが、シックなラベンダースティックもなかなかおしゃれですね。また、リボンに模様が入っているのも可愛いです。

ラベンダースティックの種類

ラベンダースティックには実は、様々な形があります。オーソドックスなラベンダースティックが作れたら、応用編として、いろんな形のラベンダースティックにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

オーソドックスなラベンダースティック

このタイプが最も一般的なラベンダースティックです。基本ですが、頭の部分の大きさやリボンの色で「可愛い」タイプと「シャープ」なタイプと分かれます。

花かごのラベンダースティック

通常のスティック状のものに比べて、こちらは花かごタイプです。スティック状では、ぷっくりしたところに花が入っていて、包むように編んでいきますが、花かごタイプはその逆に編むことになります。花の部分が見えるようにします。難しそうに思えますが、こちらも簡単に可愛い花かごができますよ。

実際に、ぷっくりと華やかな花かごタイプのラベンダースティックについて、作り方のご案内です。よかったら、ご覧ください。

こちらはリボンにこだわったタイプで、ジーンズ素材を使用したラベンダースティックです。アメリカンな雰囲気が漂います。木目調の壁に飾ると、カントリー調で素敵です。

ハート形のラベンダースティック

ハート型の可愛いラベンダースティックです。これは2本のラベンダースティックを単純につなげて、編むだけでできます。ハート型のラベンダースティックは珍しいので、プレゼントに喜ばれますよ!

エッグ型のラベンダースティック

エッグタイプは頭の部分がよりまん丸になって、スティックの部分を切ったタイプです。おしゃれなプレートに飾ると、ルームフレグランス代わりになります。複数集めて飾ると、より可愛いですね。

Thumbラベンダーの花言葉にはどんな意味や由来がある?西洋と日本で違いも!

ラベンダースティックの耐久度・注意事項

ラベンダーは晴れた日に摘みましょう。雨あがりの晴れた日の少し水分を含んでいる状態がよいです。また、一度編むと、数日後よりラベンダーが乾燥しているので、編んだものが緩くなってくるときがあります。そのためにも、数日経過したら、リボンの結び目をもう一度、きつく締め直すとよいです。

ラベンダーの効能

ラベンダーはハーブの女王とも呼ばれていて、古代ローマ時代から薬草として使われてきました。精神安定、鎮痛、防虫、殺菌作用などに効果があると言われています。ちなみに、属名の「Lavandula 」は「洗う」という意味のラテン語からきているようです。

ラベンダーの花言葉は「清潔」「繊細」「沈黙」「優美」などと言われています。すべて薬効からの発想です。例えば、「沈黙」はラベンダーに鎮静効果があることから、花言葉としてつけられたそうです。

Thumbラベンダーの効能・効果で肌が生まれ変わる?その驚きの効果を徹底検証!

ラベンダースティックの飾り方

この画像のように、何本か束ねて、筒に入れて部屋や玄関に飾ったり、クローゼットに入れたり…と色々な用途があります。カラフルなラベンダースティックなら、瓶をシンプルにすると映えるかもしれませんね。

ガラスの容器に入れて、ルームフレグランス代わりに使えます。テーブルコーディネートなどにも使えそうです。様々な色のラベンダースティックを集めたのはポップな印象ですが、単色のラベンダースティックを何本か飾ると、統一感があって、スタイリッシュなイメージになります。

ラベンダースティック以外のラベンダーを使用した小物

ラベンダーを乾燥させてポプリにしてから、サシェにされる方が結構います。クローゼットに入れたり、ルームフレグランス代わりにしたり、用途はいろいろです。大き目なサシェを作って、アイマスクにするのもよいアイディアだと思われませんか?パソコンなどの疲れ目に効きそうですよね!

また、ラベンダー石鹸を作ってみるという手もあります。ラベンダーの香りに癒し効果があるので、バスタイムのリラックス効果がアップしそうですね。

これは王道かもしれませんが、ラベンダーのリースはいかがでしょうか?意外に簡単にできますよ。ドライフラワーにもしやすいのがラベンダー。ワイヤーで形作っていくだけで、おしゃれでシンプルなラベンダーリースの出来上がり。お部屋中にラベンダーの香りが充満して、リラックスできそうです。

【まとめ】ラベンダースティックの作り方や種類について

今回はラベンダースティックの作り方・使い方などをご紹介してきました。いかがでしたでしょうか?可愛いのに、編むのもとても簡単というから驚きですよね。上手にできたら、お友達へのプレゼントにされても喜ばれるのではないでしょうか。リボンの選び方次第で、雰囲気もガラリと変わりますので、いろいろなバージョンのラベンダースティックを楽しんでくださいね!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-05-11 時点

新着一覧