【PS4】おすすめ周辺機器&アクセサリーを調査!価格はどれくらい?

PS4はVRや7.1chや4Kモニター解像度を備えた、世界中で人気のゲーム機です。PS4の周辺機器やアクセサリーには様々なPS4の機能を発揮するおすすめの製品が低価格で提供されています。ここでは、おすすめのPS4の周辺機器やアクセサリーとその価格を紹介します。

【PS4】おすすめ周辺機器&アクセサリーを調査!価格はどれくらい?

目次

  1. PS4のおすすめの周辺機器とアクセサリーを一挙紹介!
  2. PS4とは
  3. 周辺機器やアクセサリーがすごい!
  4. PS4のおすすめ周辺機器とアクセサリ、その価格
  5. おすすめの周辺機器、モニターとその価格
  6. おすすめの周辺機器、ヘッドフォン、ヘッドセットとその価格
  7. おすすめの周辺機器、コントローラー、ハンドルとその価格
  8. おすすめの周辺機器メディアストレージとその価格
  9. おすすめの周辺機器、充電スタンド、縦置きスタンドとその価格
  10. おすすめのアクセサリー、冷却パッドとその価格
  11. おすすめのアクセサリー、ホコリキャッチャーとその価格
  12. アクセサリーはコントローラーが多い!
  13. おすすめのアクセサリー、コントローラー用保護フィルムとその価格
  14. おすすめのアクセサリー、コントローラー用アシストキャップ
  15. PS4の周辺機器やアクセサリーの将来

PS4のおすすめの周辺機器とアクセサリーを一挙紹介!

プレイステーション4(PS4)は、世界中のゲームマニアを虜にしているソニー・インタラクティブエンタテインメントから販売されているゲームです、その周辺機器も、純性の周辺機器を凌駕するほどの驚異的な能力を持っています。確かにPS4だけでもゲームは出来ますが、周辺機器を追加することによってより大きなゲームの醍醐味を味わうことが出来ます。

PS4とは

PlayStation4(プレイステーションフォー、略称:PS4)は、ソニー・インタラクティブエンタテインメントから、2013年11月に発売され、ブレークした家庭用ゲーム機です。進化を重ねて、2016年には4K解像度 (2160p) などに対応したハイエンドモデルとしてPlayStation 4 Proが発売されました。

PS4の高い描写力と処理性能によって、臨場感あふれる映像表現、没入感の深いゲーム体験が味わえます。さらに、ボタンひとつで自分のゲームプレイを世界に発信したり、世界中のプレイヤーとコミュニケーションを取ったりと、ネットワークを介した楽しみ方もできます。

PS4Proは、さらにハイクオリティなPS4®体験を望むユーザーに向け、新たな付加価値をお届けするハイエンドモデルです。最近は4Kテレビに対応するゲームが多く、4K対応テレビに接続すれば、4Kクオリティ画質で楽しめるます。4Kストリーミングビデオサービス、NetflixやYouTubeなどのも視聴できます。また、ハイダイナミックレンジ(HDR)映像技術にも対応しており、高画質・高フレームレートで、精緻で快適な映像表現が楽しめます。

PS4の高い描写力と処理性能によって、臨場感あふれる映像表現、没入感の深いゲーム体験が味わえます。さらに、ボタンひとつで自分のゲームプレイを世界に発信したり、世界中のプレイヤーとコミュニケーションを取ったりと、ネットワークを介した楽しみ方もできます。

PS4の周辺機器とアクセサリーを購入する場合、自分がどんな型番のPS4を持っているかを把握しておかねばなりません。

CUH1000型/1100型:39,980円、容量:500GB(税別)、CUH1200型:34,980円、容量 500GB(税別)、CUH2000型(最新型PS4):29,980円、容量500GB(税別)、CUH7000型(PS4-Pro):44,980円、容量1TB(税別)となっています。

周辺機器やアクセサリーがすごい!

つまり、PS4は画期的な機能を備えており、世界的に有名で、各周縁機器やアクセサリーメーカーも純正品に負けない、いや超える機能を有した製品を作っていると言うことです。

PS4のおすすめ周辺機器とアクセサリ、その価格

PS4のおすすめ周辺機器とアクセサリーをカテゴリーごとに説明していきます。モニター、ヘッドセット、コントローラー、メディアストレージ、充電スタンド、縦置きスタンド、冷却パッド、ホコリキャッチャーと紹介していきます。

おすすめの周辺機器、モニターとその価格

BenQ モニター ディスプレイGL2460HM 24インチ/フルHD/TN/HDMI端子搭載

ベンキューの24インチディスプレイで、PC向けモニターとしても超人気のモニターディスプレイです。勢価格は1.3万円(2017年6月時点)くらいとかなりお手頃ですので、おすすめです。

BenQ モニター ディスプレイGW2760HS 27インチ/フルHD/AMVA+/HDMI端子搭載

もっと大画面で迫力あるゲームを楽しみたいなら、同じシリーズの27インチモデルも人気です。こちら実勢価格は2万円前後(2017年6月時点)という事で、かなり手が届く価格帯まで落ちてきました。大画面で楽しみたい人にはおすすめです。

ASUSゲーミングモニターシリーズ

ASUSのゲーミングモニターは、元祖低価格ゲーミングモニターとして、いまだに人気を維持し続けています。ASUS ゲーミングモニターシリーズは機能と実績に裏付けられているうえ、仕様が、応答速度1ms、HDMIポート2つを装備、スピーカー内蔵という3大特徴があり、低価格なのでおすすめです。

ASUSゲーミングモニター23型フHDディスプレイVX238H-Pは、3大特徴を備えています。価格は、¥15,980からです。ASUSゲーミングモニター27型フHDディスプレイVX278Hは、3大特徴に加えて、27インチの方は目の疲れを軽減するフリッカー機能付きです。価格は、¥26,980~です。

その他のおすすめモニター

その他には、省スペースで持ち運びに便利な【PS4対応】フルHD液晶モニターforPlayStation4(¥42,000)、画質に圧倒的な信頼を持つEIZO製の人気モニターEIZO_FORIS23.8インチTFTモニター( 1920×1080/IPSパネル/4.9ms/ノングレア ) FS2434-R(¥41,644)が有名です。

28インチでありながら4万円台で購入できる4Kモニターディスプレイモニターのiiyamaゲーミング4Kディスプレイモニター GB2888UHSU-B128型(1ms/3840×160/DisplayPortx1/HDMIx2/HDMI(MHL)x1/D-subx1)などもあります。

おすすめの周辺機器、ヘッドフォン、ヘッドセットとその価格

PlayStation_VRとPlayStation_Camera

プレイヤーの360度すべてを取り囲む迫力ある3D空間が楽しめるVR体験型の周辺機器で、世界中で品薄状態が続いている人気です。

『PlayStation _VR』を使うためには『PlayStatio_ Camera』という周辺機器も必要となりますので、併用して購入する必要があります。PlayStation_VR_PlayStation_Camera同梱版2016で、6万5千円位です。

ワイヤレスサラウンドヘッドセット(マイク内臓)

ソニー純正のワイヤレスヘッドセットで、無線、有線接続の両対応していますが、無線接続の場合はBluetooth接続が出来ません。マイク部分の出っ張りがないスタイリッシュなデザインです。マイクロフォンも内蔵されておりチャットも可能、バーチャル7.1ch機能が実装されており、ゲームの臨場感も十分です。マイクロフォン内臓なのに、価格は1万円位と手頃です。

プレミアムワイヤレスサラウンドヘッドセット(マイク内臓)

ワイヤレスサラウンドヘッドセットの「プレミアム版」として登場した最新モデルで、7.1チャンネルバーチャルサラウンド技術搭載により、3Dオーディオに対応するPS4タイトルであれば、パワーアップした迫力があります。マイク部分の出っ張りがないスタイリッシュなデザインです。このヘッドセットはノイズキャンセリングマイクを搭載しているのでオンラインゲームでボイスチャットもできます。マイクロフォン内臓なのに、価格帯は1万6千円位と手頃です。

7.1chヘッドセットとは

7.1chとは、前方左右とフロントセンターに加え、後方にも左右2本、合計で5chを視聴者を取り囲むともに、重低音を受け持つLFE(LowFrequencyEffect)2ch追加され、合計7.1chでの収録が可能になり、追加の2chは主に真後ろを受け持つので、まるで飛行機が通り過ぎていくような、音の移動感がよりリアルに感じられげます。

おすすめの周辺機器、コントローラー、ハンドルとその価格

リアルアーケードPro.V HAYABUSAコントローラー

老舗周辺機器メーカーの「HORI」が販売する、アーケードコントローラー『リアルアーケードPro』は、PS4対応商品の中でも、ゲームセンターでのプレイ感覚に限りなく近く、ゲームセンターに慣れた初心者から2台目以降の導入を考えている人におすすめです。価格は1万5千円との中でアーケードコントローラーは中級層の価格帯です。

ホリパッドFPSプラスfor_PS4コントローラー

ホリパッドFPSプラスfor_PS4コントローラーは、特にFPSでその威力を発揮し、「スティック感度」と「ターゲットボタン」を備える、「HORI」が発売する連射機能付きコントローラーです。価格は、¥3,818~購入できます。

おすすめの周辺機器メディアストレージとその価格

nasne(ナスネ)

PS4に接続することでテレビ番組の録画や視聴が可能になる、ハードディスク搭載型のメディアストレージで、録画した番組をテレビで観られるのはもちろんのこと、インターネットを介してパソコンやスマートフォン、タブレットやPSVitaなどさまざまな端末で場所を選ばず視聴することができます。また、放送中の番組も観ることができます。テレビをつけるのが面倒と言う人や外出が多く外出先でテレビを見たいと言う人におすすめです。価格は¥20,521~購入できます。

おすすめの周辺機器、充電スタンド、縦置きスタンドとその価格

新型PS4スリム用縦置きスタンドコントローラー2台充電USBハブ3ポート(OrangeLine 新型PS4(CUH-2000)専用多機能縦置きスタンド)

冷却ファンを除いたより静かな、コントローラー充電用スタンドと拡張用USBハブなどを搭載している、新型PS4(CUH-2000)専用の縦置き型スタンドです。本体はがっちりと固定されるので、揺れや傾斜でも倒れることがありません。価格は¥ 2,000~で、キーボードやアケコン、HDDなど周辺機器をたくさんつける人にもおすすめです。

PS4多機能縦置きスタンドコントローラー2台充電USBハブ3ポート

旧型のPS4に対応した、USBハブ3つ、DualShock4用の充電ソケットを2台分備えた多機能縦置きスタンドです。価格は¥2,000~で、PS4本体の設定でスタンバイモード中のUSB給電をONにすれば、ゲームをプレイしていない時も充電できます。

新型PS4プロ用縦置きスタンドコントローラー2台充電USBハブ3ポート

本体サイズの大きいPS4Proに対応した縦置きスタンドです。セール価格で ¥ 1,580~となっています。

PlayStation4専用縦置きスタンドとDUALSHOCK 4充電スタンド

ソニー純正のPS4本体縦置きスタンドと、コントローラ充電スタンドです。純正品なので、充電スタンドの動作保証もされています。PlayStation 4 専用 縦置きスタンドは、¥ 2,900~で、DUALSHOCK 4 充電スタンドは、¥ 2,173~です。

おすすめのアクセサリー、冷却パッドとその価格

【N.M.JAPAN】超静音ファン6基搭載横置き用冷却パッドPS3P/S4_SlimPro対応滑り止めジェル付

PS4を長時間使っていると、本体の温度が上がってファンが唸りを上げることがあり、熱で誤作動するかと思うくらいにファンの回転がうるさく、大丈夫かなと心配になってしまいます。そこで気温もあがる夏の季節におすすめなのがノートPCなどでは当たり前に使われているPCの温度を下げる冷却パッドのPS4向けの価格は手頃な、¥ 2,500~の周辺機器です。特に暑い夏にはおすすめです。

おすすめのアクセサリー、ホコリキャッチャーとその価格

PS4 (CUH-2000) 用ホコリキャッチャー

PS4の熱暴走対策には、”こまめに掃除する”か、そもそもの”ホコリの侵入経路にフィルターを付けるか”です。S4 (CUH-2000) 用ホコリキャッチャーはホコリを防ぐフィルターです。排気口に取り付けるものは本体内部の熱放出を妨げないように若干網目が大きくなっていたり、非常に作りが細かく、おすすめです。価格は、¥ 1,171~です。

アクセサリーはコントローラーが多い!

コントローラーは、消耗品です。特に格闘ゲームをPS4のコントローラーでプレイする場合、まず間違いなく壊れます。ハードな扱いを日常的に受けていてるからです。

おすすめのアクセサリー、コントローラー用保護フィルムとその価格

PlayStation4用コントローラー保護フィルム

この保護フィルムは表面が”防指紋ハードコート層”で覆われているので、指紋汚れが付きにくいし、付属のクロスでサッと拭き取れます。ワンコインとちょっとなので、お財布にやさしく、指に触れる部分を綺麗に保ちたい人は是非おすすめします。

おすすめのアクセサリー、コントローラー用アシストキャップ

PS4/PS3コントローラー用FPSアシストキャップAIM_SNIPER

PS4/PS3コントローラー用のFPSアシストキャップになります。PS4かPS3のコントローラーで使用できます。エイム(照準合わせ)が格段に速くなります。アナログスティックにかぶせるだけの簡単装着です。FPS以外にもレースゲームなど、繊細な操作が必要なゲームで効果を発揮します。

PS4の周辺機器やアクセサリーの将来

PS4にはPS4の効果を最大限に上げるための様々な周辺機器やアクササリーがあります。新しいPS4を買えば色々と揃えたくなるものです。しかも、低価格とは思えないほどの高性能さです。また、PS4の機能が有するバージャルリアリティ対応のソフトが増えてくるにつれ、また、色々とVR対応の周辺機器やアクセサリーが欲しくなってきます。

しかし、PS4のラインナップが増えてくるにつけ、PS4本体の大きさが変わってきますので、購入の際には、型番が適合するかどうか必ず確かめてから選びましょう。

もっとPS4を楽しみたい方に

ThumbPS4コントローラーが反応しないときの対処法は?【オレンジ・消灯】
ThumbPS4コントローラーが白く点滅しているときの対処法を調査してみた
ThumbPS4コントローラーをPCに接続して使える?有線?無線?
ThumbPS4コントーローラーの分解・修理・掃除は自分でできるか調査してみた

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-04-01 時点

新着一覧