子供服のサイズの目安は?もう迷わないサイズ表の見方や選び方を紹介

子供服選びも楽しい育児中の思い出ですが合わないサイズを買って失敗したという人も多いのではないでしょうか。ここでは子供服サイズ表の見方と選び方のコツを4歳ごろまでご紹介していきます。子供服選びに成功したいという新米ママ必見です。

子供服のサイズの目安は?もう迷わないサイズ表の見方や選び方を紹介

目次

  1. 子供服のサイズでもう迷わない
  2. 簡単な子供服のサイズ表の見方
  3. 新生児から3か月の子供服のサイズや選び方
  4. 3か月から6カ月ごろの子供服のサイズって?
  5. 子供服のサイズって6カ月から1歳ごろはどうなの?
  6. 1歳から2歳ごろまでのおすすめの子供服のサイズと選び方は?
  7. 2歳から3歳までの子供服のサイズ!
  8. 3歳から4歳の子供服のサイズと選び方のコツ!
  9. 子供服のサイズ4歳以降は?
  10. 子供服のサイズまとめ

子供服のサイズでもう迷わない

子供服のサイズ表の見方が分からなくて悩んでいる新米ママ必見。ここでは育児中の大きな悩みである子供服のサイズの選び方について年齢別に詳しくご紹介していきます。海外の子供服のサイズ表の見方もご紹介しますよ。ぜひ子供服選びの目安にして下さい。

Thumb子供服を上手く収納したい!増えすぎた衣類を整理整頓する方法とは?

簡単な子供服のサイズ表の見方

日本のメーカーが作る子供服のサイズ表は身長が目安になっています。つまり身長が70cm前後の場合には70のサイズの子供服を選べばちょうどよいサイズ感ということです。ただし育児あるあるでありがちなのが子供はすぐに大きくなるのですぐにサイズアウトしてしますということです。

節約志向の賢いママの場合海外製のファストファッションブランドの子供服をチェックしているという人も多いでしょう。海外の子供服のサイズはアメリカやイギリスの場合年齢をサイズの目安にしています。つまりサイズ表の6Mサイズというのは6カ月の赤ちゃんにちょうど良いと考えられるサイズという意味です。

サイズ表は同じ表記であってもブランド毎や子供服のデザインによって細身の物や幅がゆったりしているものがあるのでサイズ表はあくまで目安と考えておきましょう。育児中のママは実際に自分の子供に合うサイズなのか試す選び方をおすすめします。

Thumb子供服のブランドが人気!女の子用のかわいい洋服やコーディネートも紹介

新生児から3か月の子供服のサイズや選び方

新生児から3か月ごろの子供服は一般的には50から60のサイズが目安です。海外の子供服のでいうと3Mのサイズの子供服を探すのが選び方のコツです。ただ生まれながらに大きいサイズの赤ちゃんだとすぐに着られなくなる可能性もあります。妊娠中にやや大きいサイズの赤ちゃんと言われている場合は本格的な育児が始まる前に大きめのサイズを選ぶようにしましょう。

まだまだサイズ表の見方になれないという育児になれていまい新米ママも多いと思いますが50から70という大まかなサイズの子供服が多く展開されているので買うことが賢い選び方のポイントです。すぐに子供は大きくなってしまうのでこのころのサイズの子供服は大量買いはおすすめしません。

サイズの見方が分かったらこの時期の子供服の選び方のポイントとなるデザインにつて考えましょう。いくら可愛いデザインの子供服でもオムツを替えずらい子供服はやめておいた方が育児が楽になりますよ。デザイン重視の服が好きというママも育児をきっかけに洋服選びの見方が大きく変わることでしょう。ロンパースや長肌着、短肌着でオーガニック素材のものがおすすめです。

3か月から6カ月ごろの子供服のサイズって?

そろそろ寝返りを始めるころで育児がより楽しくもあり大変でもある時期です。このころの子供服のサイズの目安は 70や6Mに相当します。首が完全に座る子どもも多いので今まで選べなかった上から被るタイプの子供服も活躍し始めるので長く使えそうなデザインのものを選ぶのが少しでも長く着せるための選び方のコツです。

逆に今まで来ていた長肌着などは服がめくれて顔にかかる危険性もあるのでサイズがあっていたとしても他の子供服を着せてあげた方が安心です。オムツ替えはまだまだ多い時期であるのでコンビ肌着やカバーオールなどを探してあげると自分も赤ちゃんも楽に過ごせます。オムツも寝返りを目安にテープからパンツタイプにするとおむつ替えも安心できますよ。

子供服の色々なデザインの物が登場するサイズであるのでこの時期にしかできないおしゃれを楽しみましょう。サイズ表の見方にも慣れてくる時期だと思うので子供服売り場へ行って掘り出し物を探しましょう。

子供服のサイズって6カ月から1歳ごろはどうなの?

6カ月から1歳ごろの子供服のサイズは一般的には70から80と言われています。海外の子供服サイズだと9Mや12Mのサイズを選ぶようにしましょう。この時期は今まで寝がえりしか運動していなかった赤ちゃんがお座りしたりはいはいしそして早い子は歩き始めるという劇的な変化を迎える時期なので子供服選ぶも慎重に行いましょう。

子供服のサイズも個人差が大きくなってくる時期でもあるので必ず試着してから購入するようにすると失敗しませんよ。動ぎまわるのでなかなか着替えさせてくれないこともあります。その場合はカバーオールよりも上下が分かれているデザインの子供服の方が着せやすくなってきます。

一歳ごろになると韓国製の子供服も可愛いデザインが多いのでおすすめです。韓国の子供服のサイズ表ですが独特なので要注意です。3や5など奇数の数字が書かれています。韓国の子供服の3とは日本でいうと80から90サイズ、5は95から100サイズに相当します。

1歳から2歳ごろまでのおすすめの子供服のサイズと選び方は?

この頃の子供服のサイズは90ぐらいが目安です。海外ブランドの物だと18Mから24M、大きい子どもだと2Tというサイズがぴったりという場合もあるのでチェックしてみて下さい。とにかく動き回る時期なので引き続き着替えやすい上下セパレートの子供服がおすすめです。

歩くだけでなく走る子も出て来たりその子の個性が出てくる時期です。また2歳近くになるといやいや期が始まりママの趣味で選んだ子供服を着るのが嫌だと泣き叫ぶ子も出ていきます。サイズがあっていても特定の服しか着ない場合もあるので子どもの好きなキャラクターがプリントされた子供服などを選ぶと良いですね。

さらによく子供服を汚すことで頭を抱える育児中のママも多いことでしょう。大きめのサイズを買って長く使おうと思っても食事をこぼされたり泥だらけになったりしてもう着れないということもしばしば起こります。

2歳から3歳までの子供服のサイズ!

2歳から3歳の頃の洋服の目安としては95サイズが標準的です。海外の物だと3Tや韓国の子供服だと5が基準のサイズになってきます。自分で服を着替えると言ったりする時期でもあるので前がボタンで脱ぎ着しやすいというタイプの子供服を選ぶと生活習慣も身につくのでおすすめです。

95サイズごろの間での子供服には方にボタンが付いているデザインの物もありますが自分で脱ぎ着させる練習をするなら避けておいた方が無難です。引き続き自分で服を着たいという欲求を満たすためにお気に入りのキャラクターが描かれたものがおすすめです。

そろそろ兄弟ができることが多い年齢とも考えられます。節約志向の育児ママには上の子の子供服を選ぶ際にはサイズだけでなく着回しできそうなものを選ぶことをおすすめします。特に兄弟で性別が違う場合には黄色や男女どちらでも着れそうな柄をチョイスしましょう。

3歳から4歳の子供服のサイズと選び方のコツ!

この時期には100サイズが一般的と言われ子供服ブランドだけでなく一般的なブランドでも洋服サイズが展開されいる場合もありますます選ぶ選択肢が増えてくる時期です。本人もどんな子供服を着ているのかという意識が強く出てくる時期なので服を選ぶときには一緒に選ぶようにしましょう。

どんどん大きくなる時期なので少し大きめのサイズを購入するというママも多いことでしょう。上の服はやや大きいサイズでもOKですが下のズボンは子どもにあったサイズを選ぶようにすると転倒などの心配はいりません。

子供服のサイズも周りの子と比べて個人差がますます激しくなってきます。周りと成長の差が出ていても気にせず育児を楽しむようにしましょう。

子供服のサイズ4歳以降は?

4歳以降の子供服のサイズは110や120など10単位で大きくなっていきます。その後は大人と同じようなサイズが着れるようになりSやMサイズの服を選ぶようになっていきます。100サイズ台になるとある程度成長も緩やかになるので服の買いだめをしてもOKです。

しっかりその子にあったサイズを選ぶようにするのが4歳以降の子供服の選び方のポイントです。大きくなるにつれなかなか一緒に買い物に行かせてくれない時期もありますがなるべく本人と一緒になって選ぶと良いですね。

子供服のサイズまとめ

子供服のサイズの目安をご紹介してきましたがあくまでも目安です。その月齢だから絶対にこのサイズと思わずに志っかりサイズ感を見極めてから購入するようにしましょう。可愛い子供服でファッションセンスを磨いてあげるのも親の責任ですよ。可愛い子供服が多いので迷ってしまうと思いますが機能性とデザイン性が両立するものを選びましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2022-10-02 時点

新着一覧