ハンバーグの材料は何を使ったらいい?失敗しない分量などのまとめ!

ハンバーグの材料や簡単レシピ、基本の分量・順番についてまとめました。ハンバーグは基本的な材料や分量をはじめとしたポイントをおさえておけば、簡単なレシピで作ることができます。ハンバーグを作るときの基本的な材料の分量や順番をチェックしていきましょう。

ハンバーグの材料は何を使ったらいい?失敗しない分量などのまとめ!

目次

  1. ハンバーグの基本材料や簡単レシピが知りたい!
  2. ハンバーグに必要な基本的な材料
  3. 2人分のハンバーグの材料の分量は?
  4. ハンバーグのタネを美味しく作るための基本的な順番
  5. ハンバーグを焼くときの火加減は?
  6. 美味しいハンバーグを作るための簡単なコツ
  7. さっぱり食べたいときにぴったり!和風ハンバーグのレシピ
  8. ふわふわ食感に仕上がる豆腐ハンバーグのレシピ
  9. 初心者でも簡単!煮込みハンバーグのレシピ
  10. 美味しいハンバーグの基本をおさえておこう!

ハンバーグの基本材料や簡単レシピが知りたい!

ハンバーグは基本的な材料や分量が大切

「ハンバーグを作ってみたけれどもイマイチ美味しく作ることができなかった……」というときは、ハンバーグの基本的な材料の分量や順番が間違っているのかもしれません。ハンバーグはしっかりと基本をおさえて作ることが大切です。自己流で作っていると基本のポイントが抜け落ちてあまり美味しくないハンバーグになってしまう可能性が高まるので気をつけましょう。

ハンバーグの簡単レシピや基本の順番・材料をチェックしよう

「美味しいハンバーグを自宅で作りたい!」「ハンバーグを作る順番や基本的な材料って何?」というときに役立つハンバーグ作りの情報をまとめました。ハンバーグは作り方のポイントさえおさえておけばとても簡単に作れるのが魅力。大人から子供まで大好きなハンバーグを気軽に作ることができます。自宅で本格的なハンバーグを堪能してはいかがですか?

Thumbハンバーグレシピのまとめ!!人気の作り方や食べ方はどんなの?

ハンバーグに必要な基本的な材料

ハンバーグの材料には合挽き肉を使おう

まずはハンバーグに使用する基本的な材料をチェックしておきましょう。ハンバーグの材料としてまずあげられるのが合挽き肉。牛肉と豚肉の合挽き肉を使うことで、肉汁を含んだ美味しいハンバーグに仕上がります。牛肉:豚肉が7:3くらいの合挽き肉をハンバーグに使うのがおすすめ。

パン粉や卵、玉ねぎなども基本的な材料

ほかにあげられるのが、パン粉・卵・玉ねぎといった基本のハンバーグの材料。パン粉や卵はつなぎの役割を果たし、ハンバーグが崩れるのを予防します。ハンバーグの肉汁を閉じ込める役割も果たすので活用しましょう。玉ねぎはハンバーグに甘みを加えるのに欠かせない材料です。

2人分のハンバーグの材料の分量は?

2人分のハンバーグに必要な材料の分量

それでは、ハンバーグに必要な材料の分量をチェックしていきましょう。合挽き肉200g、玉ねぎ1/2個、パン粉10g、卵1個、塩小さじ1/3、ナツメグ、黒胡椒になります。ハンバーグの風味を出したいときに最適なのがナツメグ。少量入れるだけで本格的な味わいのハンバーグに仕上げられます。

ハンバーグのソースに必要な材料の分量

ハンバーグのソースも大切。ハンバーグのソースに必要な材料は、ウスターソース大さじ1、ケチャップ大さじ2、オイスターソース小さじ1、赤ワイン小さじ1になります。赤ワインを入れることで本格的なハンバーグのソースになるので活用しましょう。

ハンバーグのタネを美味しく作るための基本的な順番

粘りが出るまでしっかりとこねる

ハンバーグを作るには順番も大切。玉ねぎはみじん切りにして電子レンジで加熱し、粗熱を冷まします。ボウルにハンバーグの材料を全て入れたら粘りが出るまでしっかりこねましょう。粘りが出るまでこねることでハンバーグの崩れを防ぎます。

成形をして空気を抜く

ハンバーグがこねあがったら、2等分してキャッチボールをするようにハンバーグのタネの空気を抜きます。空気を抜いたらハンバーグのタネの中央部分にへこみを入れて成形しましょう。ハンバーグのタネ作りにはこうした順番を守ることが大切です。

ハンバーグを焼くときの火加減は?

弱火から中火で両面に焼き色をつける

ハンバーグのタネは最初は弱火〜中火で焼いていきます。強火で焼き始めると外側は焦げているのに中は生焼け、ということになってしまうので気をつけてください。

蒸し焼きにして中まで熱を通す

ハンバーグの両面に焼き色がついたら、水を入れて蓋をし、蒸し焼きにします。蒸し焼きにすることでハンバーグの中までしっかりと熱を通すことが可能に。焼きあがったらお皿から取り出し、肉汁が残ったフライパンにソースの材料を全て入れましょう。煮立たせてとろみがついたらハンバーグにかけて完成です。

美味しいハンバーグを作るための簡単なコツ

肉汁が透明になったら焼き上がりのサイン

ハンバーグが中まで焼けているかどうかは肉汁をチェック。肉汁が透明になっていたら焼き上がりのサインです。

肉汁たっぷりにしたいときはゼラチンパウダーをプラス

肉汁溢れるハンバーグにしたいときは、タネにゼラチンパウダーを入れるのがおすすめ。ゼラチンがコーティングすることで、肉汁を保持したまま美味しいハンバーグを焼けます。

Thumbハンバーグの冷凍はどうしたらいいの?正しい保存方法はどれ?

さっぱり食べたいときにぴったり!和風ハンバーグのレシピ

和風ハンバーグに必要な材料

それでは、気軽に楽しむことができるアレンジハンバーグのレシピについてもチェックしていきましょう。和風ハンバーグはさっぱりと食べたいときにおすすめのレシピ。ポン酢と大根おろしを使ったさっぱりとしたソースをかけることによって、肉汁たっぷりなハンバーグも後味すっきりといただくことができます。大根おろしは消化に良いのも嬉しいポイント。

和風ハンバーグに必要な材料は、玉ねぎ1/2個、合挽き肉250g、牛乳大さじ2、パン粉1/2カップ、卵1個、塩コショウになります。ソースに必要なのが、みりん大さじ2、ポン酢大さじ3、砂糖大さじ1、醤油大さじ1、酒大さじ1、バター10g。トッピングとして、大根おろしと大葉を用意しておきましょう。七味唐辛子をふりかけて辛味をつけても美味しいです。

簡単に作れるレシピ

牛乳とパン粉を混ぜ合わせてふやかしましょう。玉ねぎはみじん切りにし、電子レンジで2〜3分ほど加熱したら粗熱をとっておきます。ボウルに冷ました玉ねぎ・合挽き肉・ふやかしたパン粉・卵・塩胡椒を入れたら粘りが出るまでこねましょう。しっかりと粘りが出たら2等分にして成形し、空気を抜きます。

油をしいたフライパンにハンバーグのタネをのせ、両面をこんがり焼いたら水を加えて蓋をします。蒸し焼きにし、肉汁が透明になるまで加熱してからお皿に盛り付けましょう。肉汁が残ったフライパンにソースの材料をいれて煮立たせ、とろみをつけます。ハンバーグの上に大葉と大根おろしをのせ、ソースをかけたら完成。

ふわふわ食感に仕上がる豆腐ハンバーグのレシピ

豆腐ハンバーグに必要な材料

ふわふわとした食感にハンバーグを楽しみたいときに活用できるのが豆腐。豆腐を入れることによってふわふわ感がアップして、美味しくいただくことができます。絹ごし豆腐を使うので豆腐の風味はほとんどなく、美味しいハンバーグに仕上げられるのが魅力。豆腐を使うことでヘルシーにハンバーグを食べられるので、ぜひ取り入れてみてはいかがですか。

豆腐ハンバーグに必要な材料は、合挽き肉300g、絹ごし豆腐300g、卵1個、玉ねぎ1/2個、パン粉1カップ、コンソメ顆粒小さじ1/2、塩胡椒になります。豆腐ハンバーグのソースとして、酒大さじ3、ケチャップ大さじ4、中濃ソース大さじ2、みりん小さじ2、バター大さじ2を準備。ソースは好みに合わせて変えても大丈夫です。アレンジを楽しんでくださいね。

簡単なレシピ

パン粉と絹ごし豆腐をボウルに入れたら、泡立て器などを使って混ぜ合わせていきます。全体がしっかり混ざり合ったらしばらく置いてパン粉をふやかしましょう。パン粉がふやけたら、合挽き肉・卵・みじん切りにした玉ねぎ・コンソメ顆粒・塩胡椒を入れて粘りが出るまでしっかりとこねます。こね終わったら成形し、空気を抜いてください。

油をしいたフライパンでハンバーグの両面を焼いたら水1/2カップを加えて蓋をし、蒸し焼きにしましょう。中までしっかり熱が入ったらお皿に盛り付けておきます。バター以外のソースの材料をハンバーグを焼いたフライパンに入れてひと煮たちさせてください。バターを加え、とろみが出てきたらハンバーグにソースをかけて完成です。

初心者でも簡単!煮込みハンバーグのレシピ

必要な材料

ハンバーグを作っているとき、中まで熱が通っていなくて生焼けになってしまった、ということもよくありますよね。そんなハンバーグ作り初心者の方におすすめなのが煮込みハンバーグ。ハンバーグをソースで煮込むので生焼けの心配がなく、美味しく仕上げることができます。しっかりとソースの味がしみこむのも魅力。ぜひ煮込みハンバーグも作ってみましょう!

煮込みハンバーグに必要な材料は、合挽き肉400g、パン粉1/2個、玉ねぎ1個、牛乳50ml、ケチャップ大さじ2、塩小さじ1、黒胡椒になります。煮込みハンバーグ用のソースの材料として、赤ワイン200ml、玉ねぎ1/2個、しめじ1袋、ケチャップ大さじ5、ウスターソース大さじ3、ローリエ1枚、バター30gを用意しておきましょう。

煮込みハンバーグのレシピ

ハンバーグ用の玉ねぎはみじん切り、ソース用の玉ねぎは薄くスライスします。しめじは石づきをとってほぐしておきましょう。ボウルに合挽き肉・パン粉・牛乳・ケチャップ・塩・黒胡椒を入れたら粘りが出るまでこねます。しっかりと粘りが出たらみじん切りにした玉ねぎも加えてさらにこねてください。フライパンでしめじと玉ねぎを炒め、しんなりとしたら取り出しておきます。

適当な大きさに成形して空気を抜いたハンバーグのタネをフライパンにのせ、両面にしっかりと焼き色をつけましょう。焼き色がついたら、ケチャップ・ウスターソース・バター・ローリエ・赤ワイン・炒めた玉ねぎとしめじを加えて煮込みます。ソースが半分くらいの量になるまで煮込んだらお皿に盛り付けて完成。

Thumbハンバーグの献立レシピまとめ!人気があるのはどんなメニュー?

美味しいハンバーグの基本をおさえておこう!

ハンバーグ作りは基本が大切。順番や材料を守りながらハンバーグ作りを楽しんでくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-09-16 時点

新着一覧