ゆで卵の殻のきれいなむき方!簡単にできる裏技を比較検証!

簡単&きれいなゆで卵の殻のむき方についてまとめました。ゆで卵の殻は簡単なむき方の裏技を活用することによってきれいに仕上げることができます。殻に白身がつくことなくきれいにゆで卵の殻を取り除くことができるむき方の簡単裏技をチェックしましょう!

ゆで卵の殻のきれいなむき方!簡単にできる裏技を比較検証!

目次

  1. ゆで卵の殻のきれいなむき方を知りたい!
  2. なぜ普通のむき方だとゆで卵の殻がきれいにむけない?
  3. すぐにできる!きれいなゆで卵のむき方の裏技
  4. ネットでも人気!ゆで卵の殻のきれいなむき方
  5. メディアでも話題になった簡単なゆで卵のむき方
  6. きれいなゆで卵ができたら作りたい!スコッチエッグのレシピ
  7. 鶏肉とゆで卵の煮物もおすすめのレシピ
  8. ゆで卵たっぷり!ポテトサラダのレシピ
  9. 朝食やランチに最適!ハムとゆで卵のパンレシピ
  10. ゆで卵のむき方の裏技を取り入れて、きれいに仕上げよう!

ゆで卵の殻のきれいなむき方を知りたい!

意外ときれいにできないゆで卵のむき方

ゆで卵をむくのは簡単そうに見えて意外と難しいですよね。きれいにむこうとしたのに殻と白身がくっついてしまって、ボロボロの状態になってしまうなどゆで卵のむき方はストレスがたまるもの。一発できれいにゆで卵をむける裏技さえ活用すれば、どんなゆで卵でもきれいに仕上げることができるのでぜひ活用してみてはいかがですか。

殻のきれいなむき方の裏技をチェックしよう!

「簡単にきれいにゆで卵をむける裏技を知りたい!」「いつもゆで卵がきれいにむけないから、むき方を知りたい」というときにぴったりなゆで卵のむき方についてまとめました。ちょっとしたコツをおさえるだけで簡単にゆで卵をむけるようになるので、ぜひ日常的に取り入れてみてはいかがですか。ストレスを感じることなくゆで卵をむきましょう!

Thumbゆで卵は冷凍できる!美味しさそのままの保存方法と解凍の仕方!

なぜ普通のむき方だとゆで卵の殻がきれいにむけない?

二酸化炭素により白身が殻についている

ゆで卵の殻と白身がくっついてしまうのは、ゆでることによって白身の中にある二酸化炭素が膨張するのが原因。このため、白身と殻がくっついてきれいにむけなくなってしまいます。

きれいにゆで卵の殻をむくにはむき方の裏技が必要!

つるんときれいなゆで卵にしあげるにはむき方の裏技が必要不可欠。それでは、どんな裏技があるのでしょうか?

すぐにできる!きれいなゆで卵のむき方の裏技

冷水につけるゆで卵の殻のむき方

まずおすすめしたいのが冷水に浸してからゆで卵をむく方法。冷水に浸して冷やすことで二酸化炭素の膨張がおさえられ、白身と殻をくっつけずにきれいにむくことができます。

時間が経過した卵の方が殻がむきやすい

また、フレッシュな生卵よりも時間が経過した生卵で作ったゆで卵の方が殻がむきやすいのもポイント。時間が経つことによって二酸化炭素が抜け、殻と白身がくっつきにくくなります。

ネットでも人気!ゆで卵の殻のきれいなむき方

好みの硬さにゆで卵を作る

それでは、ネットでも人気を集めているゆで卵のむき方もチェックしていきましょう。まずは好みの硬さにゆで卵を作ります。

ゆで卵の殻の側面にヒビを入れ、転がす

ゆで卵ができあがったら、側面を打ち付けてヒビを入れます。ヒビを入れたところから手のひらを使って奥に向かってコロコロと転がしましょう。続いて、反対の方向へまたコロコロと転がします。これできれいに殻がむけるので試してみてくださいね。

メディアでも話題になった簡単なゆで卵のむき方

ゆで卵に息を吹き込んで殻をむく

メディアでも紹介された話題を集めたむき方もチェックしましょう。ゆで卵の底面と尖った部分の殻をむき、尖った方に強めに息をふきかけます。こうすることで、殻からゆで卵が出てくるのでやってみましょう!

ゆでる前に底面にヒビを入れる

ゆでる前にゆで卵の底面にヒビを入れるのもおすすめの方法。ゆで卵の底面には空間があるので茹でても中身が飛び出さず、きれいに殻をむきやすくなります。

Thumbゆで卵の賞味期限と保存方法を調査!冷蔵庫や常温では何日?

きれいなゆで卵ができたら作りたい!スコッチエッグのレシピ

スコッチエッグに必要な材料

きれいにゆで卵がむけたら、そのまま食べるだけでなくいろいろな料理に活用したいですよね。そんなときにおすすめなのがスコッチエッグのレシピ。スコッチエッグはレストランなどで食べるイメージがあるかもしれませんが、実は自宅でも作ることができます。誕生日などの特別な日の食事としてスコッチエッグを作ってみてはいかがですか。

スコッチエッグに必要な材料は、玉ねぎ1/2個、合挽き肉300g、ゆで卵4個、パン粉大さじ4、塩胡椒小さじ1、生卵1個。衣に必要なのは卵1個、薄力粉、パン粉、油になります。揚げた後もとろっとした半熟卵のスコッチエッグに仕上げられるために、ゆで卵は半熟状態にするのがおすすめ。デミグラスソースやケチャップなど、好みのソースを用意しておきましょう。

簡単なレシピ

ゆで卵を事前に作り、裏技を活用して殻をむいておきます。玉ねぎはみじん切りにしましょう。ボウルの中に合挽き肉・玉ねぎ・生卵、塩胡椒・パン粉を入れたら粘りがでるまでしっかりとこねます。ゆで卵には薄力粉を薄くまぶしておいてください。しっかりとこねた肉タネでゆで卵を包みます。

タネをしっかりとゆで卵につけたら薄力粉・溶き卵・パン粉の順番で衣をつけましょう。170℃に熱した油に入れ、全体がこんがりするまで揚げます。揚がったら油を切り、器に盛り付けてください。好みのソースをかけたら完成です。

鶏肉とゆで卵の煮物もおすすめのレシピ

鶏肉とゆで卵の煮物に必要な材料

他におすすめしたいゆで卵レシピとしてあげられるのが、鳥手羽元とゆで卵を組み合わせた煮物。鳥手羽元の旨味とゆで卵が絶妙にマッチして美味しくいただくことができます。調味料に酢を入れるのがレシピのポイント。酢を入れることによってさっぱりとした風味になる他、鶏肉が柔らかく煮上がるので美味しくいただくことができます。

鳥手羽元とゆで卵に必要な材料は、ゆで卵4個、鳥手羽元6本、みりん大さじ2、醤油大さじ2、酢大さじ3、砂糖小さじ2、ニンニク4粒、水。ニンジンや大根などの根菜類を入れるとボリュームアップするのに加えて栄養バランスも整います。いろいろな具材を組み合わせながらお好みの煮物を作ってくださいね。

気軽に作れるレシピ

鳥手羽元・みりん・醤油・酢・砂糖・ニンニクを鍋に入れたら、鳥手羽元が浸るくらいの水を加えて火にかけます。ひと煮たちしたら蓋をして弱火に落とし、煮込んでいきましょう。しばらく煮込んだらゆで卵も加え、さらに煮込みます。鳥手羽元に熱が通ったら蓋を開き、火を強めて水分を軽く飛ばしてください。煮汁にとろみが出たら全体に味をからめて完成です。

ゆで卵たっぷり!ポテトサラダのレシピ

ポテトサラダに必要な材料

もしゆで卵のむき方に失敗してしまったとしても、刻めば形はわからなくなるのでいろいろな料理に活用していきましょう。まずおすすめしたいのがポテトサラダ。ゆで卵がたっぷり入ったポテトサラダはコクがあり、大人から子供まで大好きな味わいに仕上げることができます。贅沢にゆで卵を使って作ってみてはいかがですか。

ポテトサラダに必要な材料は、卵2個、ジャガイモ2個、玉ねぎ1/6個、きゅうり1本、ハム2枚、牛乳大さじ1、砂糖小さじ1、酢小さじ1、マヨネーズ大さじ2、からし小さじ1、塩胡椒。ニンジンなどの野菜類を足しても美味しくいただけます。濃厚な風味をアップしたいときは、アボカドを加えるのもおすすめの方法。いろいろなポテトサラダを楽しんでくださいね。

すぐに作れるレシピ

きゅうりを薄切りにしたら塩をもみこみしばらくおきます。水分が出てきたらぎゅっと絞りましょう。玉ねぎは薄くスライスして水にさらし、水気を切っておきます。ジャガイモは皮をむいて4等分にしてください。ゆで卵は白身と黄身に分け、白身は粗く刻んで黄身は潰します。ジャガイモと砂糖、水を鍋に入れたら火にかけて熱が通るまで茹でましょう。

ジャガイモに熱が通ったらお湯を捨てて再び火にかけて粉ふきいもをつくる要領で水分を飛ばします。ジャガイモが熱い状態で軽く潰し、酢を混ぜ合わせましょう。酢がなじんだら、マヨネーズ・牛乳・からしを混ぜ合わせたものを加えて混ぜ合わせます。薄切りにしたハム・きゅうり・玉ねぎを加えたら混ぜ、塩胡椒で味を整えたら完成。

朝食やランチに最適!ハムとゆで卵のパンレシピ

必要な材料

ちょっとこだわってゆで卵を料理に活用したいときにおすすめなのが、ハムと卵を使ったパン。ハムの塩気とゆで卵の旨味がよく合って、美味しくいただくことができます。朝食や昼食に食べるのにもぴったり。ピクニックなどに持っていくと豪華な雰囲気になって良いですね。ぜひ気軽にパン作りを楽しんでみてはいかがですか。

ハムとゆで卵のパンに必要な材料は、ドライイースト8g、強力粉400g、スキムミルク8g、砂糖20g、塩6g、水220ml、卵40g、バター25g、ゆで卵4個、マヨネーズ、ハム12枚になります。彩りを添えたいときは、ドライパセリをトッピングしましょう。刻んだ玉ねぎやコーンをフィリングに加えると歯ごたえがプラスされて美味しいです。

ハムとゆで卵のパンの作り方

強力粉・スキムミルク・砂糖・塩・ドライイースト・溶き卵をボウルに入れたら軽く混ぜ合わせ、水を加えていきましょう。全体がまとまってきたらバターも加えてこねていきます。表面がなめらかになるまでしっかりとこねたら、一次発酵させてください。2倍の大きさまで膨らんだらガス抜きをし、12等分にしたら丸めてベンチタイムにします。

生地を楕円状にのばしたらハムを上に乗せ、巻いていきます。棒状にしたら両端をくっつけ、1/4をカットして広げてください。鉄板に乗せて二次発酵させましょう。刻んだゆで卵とマヨネーズを混ぜ合わせたものを生地の上にのせ、190℃に予熱したオーブンで15分焼きます。こんがりと焼きあがったら完成。

Thumbゆで卵のアレンジレシピまとめ!お弁当にも使える人気の作り方!

ゆで卵のむき方の裏技を取り入れて、きれいに仕上げよう!

ゆで卵はむき方のポイントさえチェックすれば簡単にできます。今回ご紹介した方法を試してみてくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-04-08 時点

新着一覧