カレーの付け合わせでおすすすめは?サラダや簡単な副菜レシピ紹介

お家カレーは各家庭に決まった味があることでしょう。そんなカレーを引き立たせてくれる副菜・付け合わせをご紹介します。福神漬やピクルスなど付け合わせの他に、ボリュームアップのチキンや気分を変えるサラダなど、カレーをもっと楽しめます!

カレーの付け合わせでおすすすめは?サラダや簡単な副菜レシピ紹介

目次

  1. お家カレーが1番おいしい!
  2. カレーだけだと物足りない?
  3. カレーの定番付け合わせは?
  4. カレーの付け合わせはコレも有り!
  5. カレーの付け合わせでボリュームアップを狙う!
  6. カレーの副菜・付け合わせの簡単レシピ①手作り福神漬
  7. カレーの副菜・付け合わせの簡単レシピ②本格ピクルス
  8. カレーの副菜・付け合わせの簡単レシピ③トマトときゅうりのサラダ
  9. カレーの副菜・付け合わせの簡単レシピ④ツナマヨサラダ
  10. カレーの副菜・付け合わせの簡単レシピ定番⑤ポテトサラダ
  11. カレーの副菜・付け合わせの簡単レシピ⑥きのこマリネ
  12. カレーの副菜・付け合わせの簡単レシピ⑦レンコンチップス
  13. カレーの副菜・付け合わせの簡単レシピ⑧じゃがいもと挽肉のサモサ
  14. カレーの副菜・付け合わせの簡単レシピ⑨柔らかタンドリーチキン
  15. 付け合わせでカレーをもっとおいしく!

お家カレーが1番おいしい!

外で食べるカレーも美味しいですが、自宅で作るカレーが一番おいしいものですね。今や定番のメニューになり子供達も大好きなカレーは、本場インドとは違ったカレーの形になり日本人好みのとろっとした深みのあるカレールウになっています。

インドではワンプレートで出てきたり、インド国内でも南北によってカレールウが違っています。カレーはお米と一緒に食べたりチャパティやチップスと一緒に食べることがあります。日本で見かけられるナンは、インドではあまり見られません。

子供には甘いカレー、大人は激辛カレーなど味を変化することができ、具材や隠し味も家庭によって様々ですね。カレーの日が楽しくなるような副菜や付け合わせ、サラダの簡単レシピをご紹介します。副菜や付け合わせを覚えればカレーの日が更に楽しみになりますね!

カレーだけだと物足りない?

副菜や付け合わせは、メインのカレーを引き立たせてくれます。カレーだけでは足りない栄養素を、副菜や付け合わせによって補うことができるというメリットもあります。また、彩りの面でもカレーだけだとでない彩りを副菜や付け合わせによって添えることができます。

毎回同じになってしまうカレーを副菜や付け合わせによって季節感や旬ものと一緒に食べることができます。色の濃いカレーなのであれば副菜や付け合わせには明るい色のものを、色の薄いカレーであればパキっとした緑や黒の副菜や付け合わせにすれば彩りも良くなります。

常備菜を作っているのであれば時間をかけずに添えるだけで彩りになります。副菜や付け合わせは彩りや栄養素だけではなく、香り付けもおこなってくれます。スパイスの効いたカレーを緩和させてくれるような副菜・付け合わせを見つけましょう。

カレーの定番付け合わせは?

超定番の福神漬

カレーといえば真っ赤な福神漬、そんな印象がすでに染み付いています。昔からカレーとは相性が良く今でもカレー屋さんなどで使用されています。福神漬とは大根・なす・レンコン・かぶ・瓜・しそ・ナタ豆を細かく刻んで醤油や砂糖漬けにしたものです。

独特の風味が効くらっきょう

らっきょうの歴史は長く、平安時代に中国から伝わったとされています。日本でもらっきょうの生産が盛んな地域がたくさんあるので、ご当地らっきょうと一緒にカレーを食べることができます。らきょうは漬物以外にも生で食べることもできます。

さっぱりオニオンスライス

オニオンスライスは、野菜の持つ甘みと辛さを持ち合わせています。カレーの辛さ以外に新しい刺激を感じることができます。さっぱりすることができるので、カレーを食べながらそのつど口の中をリフレッシュすることができる一品です。

スナック感覚のフライドガーリック

フライドガーリックはそのまま食べてもおいしく、カレーの辛さともよく合います。もともとカレーに入っているにんにくともよく馴染むので口の中で食感を楽しむことができます。スパイシーになり体の中から温まることができます。

カレーの付け合わせはコレも有り!

ほどよい甘みのレーズン

好き嫌いが分かれやすいレーズンですが、相性は抜群です。甘い味が広がるので、カレーの辛さが苦手な子供用のカレーに入れるとおいしく食べてくれるでしょう。ドライフルーツはサラダとの相性も良いので副菜に作ったサラダに入れてもおいしくなります。

意外?ヨーグルトもイケる

インドカレーともよく合うヨーグルトは、インド以外の国でも料理の付け合わせとして出されることがあります。油を使った料理との相性が良いヨーグルトはカレーの辛さをマイルドでまろやかにしてくれる作用があります。辛いカレーは尚更おいしくなります。

デザートだけじゃないココナッツ

デザートでしか食べたことがない方も多いココナッツは、カレーとの相性が抜群です。ココナッツはカレーの辛さを和らげてくれて優しい味になります。ココナッツを足すことでさらに深みが増しますのでよりおいしいカレーにしてくれる一品です。

カレーの付け合わせでボリュームアップを狙う!

メイン越えのタンドリーチキン

カレーの副菜としてあったら嬉しいタンドリーチキンは子供にも大人にも人気の高い副菜です。簡単に作ることができるのでカレーの副菜としてだけではなく、普段のおかずとしても食卓に並べることができます。カレーのボリュームアップになりますね。

サモサで食感に変化

春巻きで巻いたサモサはパリッとした食感を楽しむことができます。煮込みカレーなど具材を溶かしている状態のカレーであれば、サモサを一緒に添えるだけでボリュームを感じることができます。手で持って食べることができるのでいつもと違った食卓になる一品です。

子供も喜ぶオムレツ

オムレツは、カレーの辛味を和らげてくれます。オムレツを載せておくだけで子供も食べやすいカレーライスになりますね。オムレツとカレーを一緒に食べることができるのでスペシャルな一品と言えるでしょう。オムレツは子供人気の高い副菜です。

白身魚も相性良し

お肉料理だけではなく、魚料理もカレーと相性がよくボリュームアップになります。白身魚のムニエルを一緒に入れるとカレールウとよく絡んで魚の旨みとよく絡みます。カレーパウダーを振りかけてムニエルを作るとさらに深みが増します。

カレーの副菜・付け合わせの簡単レシピ①手作り福神漬

材料は、なす1本・きゅうり1本・大根3センチ・レンコン1節・にんじん3センチ・生姜1/2片・スナップエンドウ1個・みりん40ミリリットル・醤油40ミリリットル・酒大さじ1・酢大さじ1・白炒りごま大さじ2です。常備菜として保存できる一品です。

手作り福神漬の作り方

沸騰したお湯に塩を加え、スナップえんどうをさっと湯がきます。なす・きゅうり・大根・レンコン・にんじん。生姜は薄切りにして食塩水に10分間さらして水気をしっかりと取り除きます。次に鍋を中火にかけて、みりんを煮切りましょう。

みりんが半量ほどになったら醤油・酒・酢を加え一煮立ちさせます。野菜を加え、煮汁がなくなるまで加熱をして煮詰めていきましょう。煮汁がなくなったら白炒りごまを加えて出来上がりです。スナップえんどうは、器にそっと添えるようにしましょう。

カレーの副菜・付け合わせの簡単レシピ②本格ピクルス

材料は、大根4センチ・にんじん1/4本・水煮タケノコ1/2本です。 酢100ミリリットル・砂糖大さじ4・白ワイン大さじ2・だし汁大さじ4ニンニク1片・赤唐辛子1本・塩小さじ1/4・粒こしょう小さじ1・クローブ2粒はあらかじめ混ぜ合わせて一煮立ちさせておきましょう。

本格ピクルスの作り方

まず、大根は皮を剥いて長さ4センチ・8ミリ角のスティック状にします。にんじんも皮をむいて大根より少し細く切り、水煮タケノコはひとくちサイズにしましょう。熱湯に大根とにんじんを加えて煮立たせ、水煮タケノコを加えます。

一煮立ちしたらザルに取り出し、そのまま漬け汁にいれましょう。粗熱が取れるまで時々混ぜながら味をなじませてあげましょう。粗熱が冷めたら冷蔵庫で保存して食べる直前に器に盛るようにしましょう。冷えることで味がしっかりしみこんでくれます。

カレーの副菜・付け合わせの簡単レシピ③トマトときゅうりのサラダ

材料は、完熟トマト大1個・きゅうり1本・大葉4枚・塩少々です。ドレッシングは醤油60cc・水100cc・鶏がらスープの素小さじ1弱・酢70cc・レモン汁少々・砂糖大さじ3・ごま油小さじ1をあらかじめ混ぜ合わせて冷蔵庫で冷やしておきましょう。さっぱりした一品です。

トマトときゅうりのサラダの作り方

きゅうりの皮をランダムに剥いて乱切りに、トマトも乱切りにして大葉を千切りにしてください。タッパーやボウルなどに入れて塩を振りしっかり混ぜ合わせます。ドレッシングを入れて再度混ぜて冷蔵庫で冷やせば簡単サラダの出来上がりです。

カレーの副菜・付け合わせの簡単レシピ④ツナマヨサラダ

材料は、ブロッコリー1株・ゆで卵2個・きゅうり1/2本・ミニトマト3個です。ツナ缶1缶・マヨネーズ大さじ・2醤油小さじ1・砂糖小さじ1・酢小さじ1・粉末和風だしの素小さじ1/2・白いりごま大さじ1はあらかじめ混ぜ合わせておきましょう。

ツナマヨサラダの作り方

ブロッコリーは食べやすいサイズに分けて水にくぐらせた後に耐熱皿に入れて軽くラップをかけて電子レンジで2分加熱します。ゆで卵を角切り、トマトを四つ切りに、きゅうりはランダムに皮を剥いて縞模様にして乱切りにします。

混ぜ合わせた調味料とブロッコリー・きゅうりを和えます。合わさったらゆで卵とトマトを入れて出来上がりです。繰り返し食べたくなるほど中毒性の高い一品なのでカレーの副菜にしておくのはもったいない一品です。カレーの日以外にも登場させたいですね。

カレーの副菜・付け合わせの簡単レシピ定番⑤ポテトサラダ

材料は、じゃがいも3個・卵2個・きゅうり1本・ベーコン、ハム、ウインナー適量・にんじん適量・玉ねぎ1/4・酢 小さじ1・砂糖小さじ1です。調味料はマヨネーズ大さじ2・からしチューブ適量・塩少々・こしょう少々です。定番のポテトサラダもカレーと相性抜群です。

ポテトサラダの作り方

まず、じゃがいも・卵・にんじん・ベーコンなどを全て一緒に茹でます。きゅうりに塩を振り、ハムなどを食べやすい大きさに切っておきましょう。玉ねぎはスライスして水につけておきましょう。茹であがったじゃがいもは粗めにつぶして酢・砂糖と和えましょう。

じゃがいもの粗熱をとり、きゅうり・玉ねぎ・ハム・にんじん・卵など材料を全て混ぜ合わせましょう。調味料を加えて全体が混ざるようにさっくり混ぜ合わせればポテトサラダの出来上がりです。柔らかいポテトサラダがお好みであれば牛乳を少し足してくださいね。

カレーの副菜・付け合わせの簡単レシピ⑥きのこマリネ

材料は、きのこ200グラム・にんにく1片・オリーブオイル大さじ2・白ワインビネガー大さじ2・はちみつ大さじ1/2・醤油少々・塩こしょう少々・バジル適量・プチトマト適量・フリルレタス適量です。にんにくはみじんぎりしておきましょう。

きのこマリネ作り方

まず、白ワインビネガー・はちみつ・醤油・塩こしょう・バジルはボウルに合わせておきましょう。フライパンにオリーブオイルとみじん切りにしたにんにくを入れて加熱し香りを出します。きのこを入れて塩を振り、しんなりするまで炒めましょう。

火が通ったら取り出して、白ワインビネガーなどを合わせたボウルに漬け込んで味をなじませましょう。時間をおいて冷ますことで味が染み込んでいきます。充分味が染み込んだらプチトマトやフリルレタスと一緒に器に盛り付けて出来上がりです。保存は一週間ほど可能です。

カレーの副菜・付け合わせの簡単レシピ⑦レンコンチップス

材料は、レンコン200グラムから250グラム・揚げ油適量・塩こしょう少々です。簡単な材料でできるお手軽な一品です。サラダとの相性も良いので、サラダに添えたりカレーに添えると華やかに彩ることができます。栄養素が高いのも嬉しいですね。

レンコンチップスの作り方

作り方は、レンコンを3ミリの輪切りにします。揚げ油を175度くらいにしてレンコンを入れてからっとするまで揚げて塩こしょうを振れば出来上がりです。レンコンは食感が楽しいので子供も喜んでくれる一品になるでしょう。カレーの副菜・付け合わせ以外にも後一品ほしいときに活用できます。

カレーの副菜・付け合わせの簡単レシピ⑧じゃがいもと挽肉のサモサ

材料は、じゃがいも2個・サラダ油大さじ1・にんにくみじん切り少々・合挽きミンチ150グラム・玉ねぎみじん切り1/2・コーン適量・カレー粉小さじ1・ケチャップ大さじ1・さとう小さじ1/2・顆粒コンソメ大さじ1・春巻きの皮10枚です。

じゃがいもと挽肉のサモサの作り方

まず、じゃがいもの皮を剥いてさいの目切りにして少し硬めに下茹でします。フライパンに油をひき弱火でにんにくを入れて香りが出るまで加熱し、ひき肉を加えそぼろになるまで炒めます。玉ねぎを入れて透き通るまで加熱したら調味料を加えて煮詰めます。

じゃがいも・コーンを加えて混ぜ合わせたら取り出して冷ましましょう。冷めてから春巻きの皮で巻いていきます。くるくると巻いた春巻きは、留め口を上にして置くようにしましょう。180度の油でからっと揚げればカレーに合う一品になります。

カレーの副菜・付け合わせの簡単レシピ⑨柔らかタンドリーチキン

材料は、鶏むね肉2枚・プレーンヨーグルト大さじ3・醤油大さじ1・ケチャップ大さじ1・カレー粉小さじ1・塩小さじ1/3・こしょう少々・おろしにんにく小さじ1・パプリカパウダー適量・サラダ油大さじ1です。一晩寝かせてできる簡単な一品です。

柔らかタンドリーチキンの作り方

鶏むね肉は50度のお湯で1分洗って冷水につけて水気をしっかり拭き取りましょう。50度のお湯で洗うことで鶏肉が柔らかくなるので、この一手間を忘れないようにしてくださいね!硬くなりやすいむね肉は、この方法をとることでパサつき知らずになります。

密封袋にプレーンヨーグルト・醤油・ケチャップ・カレー粉・塩・こしょう・おろしにんにく・パプリカパウダーを合わせて食べやすいサイズに切った鶏肉を入れましょう。しっかり揉んで冷蔵庫で1日寝かせておくことで味が染み込んでくれます。後は、フタをして中火で中までしっかりと焼けば出来上がりです。

付け合わせでカレーをもっとおいしく!

ご紹介したカレーの副菜・付け合わせはほんの一部です!まだまだおいしくてカレーの風味を引き立ててくれる付け合わせがたくさんあります。様々な副菜や付け合わせに挑戦してカレーの日が楽しみになるような一品を見つけましょう!

合わせて読みたいカレーの付け合わせについての記事はこちら

Thumbカレーに合う献立・付け合わせ!美味しくて簡単なおすすめレシピ

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-12-08 時点

新着一覧