顔のザラザラ・ゴワゴワの原因まとめ!簡単ケアで予防と改善ができる?

洗顔の時、自分の顔に触れてザラザラしているとショックですよね。しっかりとお手入れしているはずなのに、どうしてザラザラ・ゴワゴワになってしまうのでしょうか。顔がザラザラになる原因と、改善する方法をまとめました。正しいケアで今日からツルツル肌になりましょう!

顔のザラザラ・ゴワゴワの原因まとめ!簡単ケアで予防と改善ができる?

目次

  1. ショック!顔がゴワゴワ肌がザラザラ
  2. 顔のザラザラ・ゴワゴワの原因とは?
  3. 顔のザラザラはターンオーバーの乱れ
  4. 顔の乾燥は百害あって一利なし
  5. 気になる毛穴の黒ずみはザラザラ予備軍
  6. 顔ダニって知ってる?
  7. 顔のザラザラが赤くなってる時は
  8. 顔がかゆい!ザラザラしている
  9. 顔がザラザラ、ヒリヒリするのはどうして?
  10. 角栓&毛穴をケアして顔のザラザラを改善しよう!
  11. 顔のザラザラにはきちんと洗顔
  12. 顔のザラザラにはきちんと保湿
  13. 肌の刺激はNG!
  14. 正しい生活習慣を身につけよう
  15. 顔のザラザラを改善して、つるつるお肌を手に入れよう!

ショック!顔がゴワゴワ肌がザラザラ

毎日、肌のお手入れをする時、その感触は日によって違うと思いませんか?ある日を境に、なぜか肌がゴワゴワ、ザラザラになってびっくりしたりしますよね。頑張ってスキンケアをしてもザラザラは気になって、メイクをしてもノリが悪いし、なんだかくすんで見えたりします。そんな憂鬱なザラザラお肌の原因を探ってみました。しっかりとケアをしてツルツル肌を手に入れましょう!

顔のザラザラ・ゴワゴワの原因とは?

結論から言ってしまうと、顔のザラザラ・ゴワゴワの正体は、古い角質です。新陳代謝がスムーズに行われていないことが原因で、角質が肌に残ってしまっているのです。また肌の乾燥や毛穴の詰まりなどが原因でザラザラになってしまう場合も考えられます。このような状態になると、化粧水や美容液の浸透も妨げられるため、なかなか簡単には改善できないのが悩みのタネです。

肌の黒ずみや、角質を除去するためは正しいスキンケアが大切です。ところが顔のザラザラを取るために、一生懸命ゴシゴシと洗顔したり、刺激の強い化粧品を使用したりすると、ますます悪化してしまいます。顔のザラザラは、年齢やお手入れ不足だけではなく、間違ったスキンケアの仕方に原因があるといってもいいでしょう。

顔のザラザラはターンオーバーの乱れ

ターンオーバーとは?

ターンオーバーという言葉を聞いたことがあると思います。ターンオーバーとは「肌が生まれ変わる」(新陳代謝)ことを意味します。およそ28日周期で、肌内部に新しい保湿成分を作り出し、バリア機能を強くして、古い角質などを押し出して自然とはがしていくサイクルのことです。このターンオーバーによって私達の肌は新しく生まれ変わっているのです。

サイクルの乱れが顔のザラザラ・ゴワゴワを引き起こす

ターンオーバーのサイクルは一般的に28日くらいと言われていますが、実は年齢によって大きく変わってきます。例えば20代で28日周期が30代では40日、40代では55日とだんだんとゆっくりになってくるのです。なので、28日に戻さなきゃとあせる必要はありません。年齢に応じた速度でスキンケアをすればよいのです。それを無理矢理、早めようとするのは、かえって肌によくありません。

ターンオーバーの乱れは、加齢のほか肌の乾燥、紫外線や酸化、間違ったスキンケアなど実に様々な理由で起こってしまいます。なかでも日常の生活習慣は特に大切で、食事や睡眠、ストレスなどが大きく関わってきます。顔のザラザラやゴワゴワはそんな乱れた代謝を知らせる危険信号です。まずは体の中からキレイになるよう心がけることが一番簡単な予防方法なのです。

顔の乾燥は百害あって一利なし

肌の一番表面にある角質層は、その隙間をうるおい成分で満たされていなければなりません。ところが、間違ったスキンケア方法や紫外線などにより乾燥してしまう事がよくあります。潤い成分がなくなってしまった角質層は、めくれあがってゴワゴワのザラザラした感触になってしまうのです。

ターンオーバーが乱れると古い角質層が重なり合って、肌がゴワゴワになり化粧水や美容液なども浸透出来ないような状態になってしまいます。するとますます乾燥し、インナードライを引き起こすことになるのです。冬の乾燥する季節や、夏のエアコンなどもお肌の乾燥を招きますので、注意が必要です。肌にもこまめな水分補給と保湿をして乾燥を予防しましょう。

洗いすぎや、こすりすぎを繰り返すことで肌を刺激してしまったり、強い洗浄力のある洗顔料を使うことで本来あるべき皮脂まで落としすぎてしまうなど、間違ったスキンケアは危険です。乾燥は肌の正常な機能を妨げ、様々なトラブルを起こす引き金になります。しっかりとした正しいケアで乾燥を予防しましょう。

気になる毛穴の黒ずみはザラザラ予備軍

鏡を見てショックなことのひとつに、毛穴が黒くなってしまっている場合があります。これらは毛穴に詰まった角栓で、最初は白いのですが酸化して黒くなってしまっていることで起こり目立つようになります。角栓は皮脂と古くなった角質でできているのですが、100パーセント取り除くことは不可能です。また有害な細菌やウィルスから肌を守っている働きもあります。

なぜ角栓が増えてしまうのか

過剰な皮脂の分泌で毛穴が詰まりやすくなると角栓ができてしまいます。過剰な皮脂分泌は主に乾燥が原因で起こるのですが、それとは別に、ストレスや睡眠不足などからも起こります。ホルモンのバランスが乱れることによって皮脂の量が多くなってしまうのです。また、きちんとメイクを落としきれていないなどの、毛穴に汚れが詰まってしまうことで角栓ができてしまうことも考えられます。

顔ダニって知ってる?

ダニなんて聞くと、驚きとショックを隠せなくなってしまうのですが、顔ダニはほとんどの人に寄生しているらしいです。顔ダニは余計な皮脂を食べてくれて、表皮を正常な状態に保ってくれる働きがあります。ただ、異常に数が増えてしまうと、吹き出物やニキビなどのトラブルを起こしたり、必要な皮脂まで食べられてしまい乾燥を引き起こしたりします。ザラザラ肌の原因にもなってしまいます。

活性酸素を発生させ、ごわついたザラザラの肌にしてしまいます。最近、ニキビがやたらとできる、またかゆみがあったり湿疹ができるなどのトラブルがあるときは、顔ダニを疑ってみましょう。顔ダニを増やさないようにするには、しっかりとした洗顔で肌を清潔に保つこと。また、規則正しい生活で、免疫力をアップするように心がけることが大切です。

Thumb顔ダニの症状をチェック!その特徴から正しい治療法まで調査!

顔のザラザラが赤くなってる時は

基本的に顔の肌が赤くなっているという事は、炎症を起こしていることが考えられます。または肌が薄くなってしまい毛細血管が透けてしまっている場合です。化粧品などで肌に強い刺激を与えることによって、角質層が剥がれてしまい皮膚が薄くなってしまっているのです。とくに顔の鼻や頬は紫外線や摩擦の刺激を受けやすく、簡単に炎症を引き起こしやすいのです。

角質層を育ててザラザラを改善しよう

皮膚が赤くなってしまっているような場合は、まずは角質層を健康な状態にすることが必要です。なるべく刺激の少ない肌に優しいスキンケアアイテムを使うこと、極力肌に刺激を与えないように、洗顔は優しく行うなどが大事です。さらに紫外線対策や体温調節、そして食事や睡眠などにも気を使いましょう。日々の積み重ねが、正常な肌を育て、ザラザラを予防してくれるのです。

顔がかゆい!ザラザラしている

顔がかゆいのはとてもツライものです。じんましんやアトピー、かぶれなどの皮膚炎も考えられますが、多くは肌の乾燥によるものがほとんどです。乾燥すると肌が外からの刺激に敏感になってしまい、かゆみを感じる神経線維が反応してしまうのです。できるだけ肌の保湿を心がけて、少しでも乾燥を予防できるようにしましょう。

顔はかゆくてもぼりぼり掻くわけにはいきません。それに掻くことによって刺激を与えたり、傷をつくってしまっては、美肌どころじゃありません。まずは応急処置として冷やすことが簡単なかゆみを鎮める方法です。また、乾燥を予防するために、セラミド配合の化粧水を使用するなど保湿効果の高い成分の入った化粧品を選ぶ工夫をしましょう。

顔がザラザラ、ヒリヒリするのはどうして?

洗顔の時や化粧水をつけた時に、顔がヒリヒリして驚いたことはないですか?何かトラブルがおきているの?と不安になってしまいますね。顔がヒリヒリする時は、肌が荒れていたり炎症を起こしてしまっている可能性が高いです。刺激に弱くなってしまっているためにヒリヒリと痛みを感じるのです。肌のバリア機能が低下している状態で、早めに対処することが大切です。

肌のバリア機能の低下の主な原因は乾燥です。角質層の水分が著しく低下することによって、細胞と細胞の間に隙間ができてしまい紫外線や細菌の侵入を簡単に許してしまうのです。ちょっとした刺激にも敏感に反応してしまうため、生活の中でも不快に感じることが多く憂鬱になってしまいます。まずは、角質を正常な状態に戻してあげることが必要になります。

角栓&毛穴をケアして顔のザラザラを改善しよう!

角栓にはピーリングが効果的

毛穴につまった角栓ってとても気になりますよね。鏡を見るとぽつぽつと黒くなっていたりして、何とかしたいと悩んでいる人はたくさんいるのではないでしょうか。毛穴パックをやってみたり、スクラブ洗顔をしてみたりと、色々な方法がありますが、一番角質を傷つけないのがピーリングです。ピーリング石鹸などで古い角質を優しく洗い流すことによって、ターンオーバーを正常に導きます。

毛穴が目立つのは顔の乾燥のせい!?

ザラザラと肌が嫌な感触の時は、毛穴もぶつぶつと開いてしまっていることが多いです。皮脂の過剰な分泌と乾燥が原因で毛穴に詰まってしまった皮脂を、無理矢理取り除こうとすると、余計に乾燥がひどくなってしまいます。毛穴を何とかしたい場合は、徹底した保湿が大切です。また、生活習慣を見直して、皮脂の過剰分泌を改善してあげることも必要です。基本のスキンケアを見直して毛穴の詰まりを予防しましょう。

Thumb顔の角栓の原因は何?毛穴の詰まりを除去する洗顔やケアの方法は?

顔のザラザラにはきちんと洗顔

顔のザラザラを改善するためには、簡単に言ってしまえば、正しいスキンケアが重要です。洗顔のポイントは清潔な状態で顔を洗う、肌に負担をかけないようにするという事です。しっかりと洗った清潔な手で洗顔を始めましょう。まずは、顔についているほこりを洗い流すようにします。水かぬるま湯を使いましょう。熱すぎるお湯は乾燥の原因になってしまいます。

洗顔料は肌に優しいものを選ぶようにしましょう。しっかりと泡立てて肌に直接触れないでも洗えるくらいにしましょう。優しく泡を転がすように洗顔してください。顔全体を洗ったら、しっかりとすすぎましょう。シャワーを使うと簡単ですが、肌への刺激を少なくするなら、手ですくった水かぬるま湯ですすいでください。最後にタオルをポンポンと軽くあてて水気を吸い取りましょう。

Thumb洗顔しても毛穴の汚れが気になる?黒ずみや詰まりの原因・解決方法まとめ

顔のザラザラにはきちんと保湿

角質はラップと同じくらいの薄さと言われています、ちょっとした刺激でも簡単に剥がれ落ちて乾燥の素になってしまいます。水分をキープできなくなった肌は、ゴワゴワザラザラになってしまうのです。しっかりとスキンケアをして、乾燥を予防しましょう。まずは保湿効果の高い美容成分が入っている化粧品を選ぶようにするとよいでしょう。

化粧水は一度にたっぷりと使わず、少しずつ手に取って、パッティングするように何度もなじませましょう。たっぷりと肌に染み込ませるようなイメージで保水します。そのあとはしっかりと潤いを閉じ込めましょう。乳液やクリーム、オイルなどを使うとよいでしょう。美容液を使用するのも簡単にスキンケアできる方法です。まずは自分の肌に合う化粧品でしっかりと保湿することで、顔のザラザラを予防することができるのです。

肌の刺激はNG!

普通に生活を送っていても、顔の肌は様々な刺激にさらされています。乾燥が原因で起こる肌のザラザラは、これ以上水分を逃さないための肌の反応といえます。角質が硬くごわつくのは、薄くなってしまった角質を少しでも刺激から守るためです。このようにザラザラやゴワゴワは、肌が自分を守るためのものなのです。水分をきちんとキープして乾燥を防げば、簡単に改善できる症状なのです。

肌を美しくキープするためには、とにかく刺激を与えないことです。ザラザラを何とかしようと、一生懸命顔を触るのは絶対にやめましょう。皮膚は刺激を多く受けるほど硬くなってしまいます。また熱による刺激にも要注意です。肌が身を守ろうとして硬くなってしまいます。日焼けした時の症状がそうです。美肌の基本は汚れを落とし、清潔にし、しっかりと保湿をする事です。そして、余計な刺激は与えないことが大事なのです。

正しい生活習慣を身につけよう

顔のザラザラはスキンケアで一時的に改善されても、しばらくするとまた繰り返す場合が多いです。まずは規則正しい生活習慣を身につけて予防することが大切になります。一日に1リットルの水を飲み、アルコールやカフェインの摂りすぎに注意しましょう。また、睡眠不足やストレスは、ホルモンバランスの乱れを引き起こします。男性ホルモンが多くなると過剰な皮脂分泌がおこり毛穴のつまりの原因になってしまいます。

生活習慣が改善されると、肌のターンオーバーが正常に働きはじめます。すると、古い角質が自然に剥がれ落ち、新しい肌になるのです。肌が入れ替わるのに少なくとも28日程の期間が必要ですので、しっかりと洗顔と保湿にこだわり、規則正しい生活習慣を身につけましょう。体の中から予防することが肌を健康に保つコツなのです。

顔のザラザラを改善して、つるつるお肌を手に入れよう!

気になる顔のザラザラは、新陳代謝が乱れているという体からの信号なのです。原因は様々ですが、基本のスキンケアを見直し、きちんとした生活を送ることで簡単に改善することができます。お肌が教えてくれる日々の変化を、しっかりと受け止めて、つるつるの美肌を目指しましょう!

顔・関連記事

Thumb顔の保湿クリームおすすめランキング!乾燥肌をしっとりさせる方法とは?
Thumb顔カビの症状とは?正しい洗顔・保湿で対策は可能?【写真あり】
Thumb顔のくすみの原因と対策まとめ!透明感を取り戻す改善法でくすまない肌に

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-08-21 時点

新着一覧