ビジネスシューズが安い!おすすめのかっこいい本革靴が1万円以下で!

男の身だしなみといえば靴!男性の革靴、ビジネスシューズはその人の考え方や価値観を表すとまでいわれています。ビジネスシューズの常識やおすすめの履き方、おすすめのビジネスシューズをご紹介します。おすすめの安くても美しいビジネスシューズで仕事も充実させませんか?

ビジネスシューズが安い!おすすめのかっこいい本革靴が1万円以下で!

目次

  1. おすすめのビジネスシューズが知りたい!
  2. ビジネスシューズは何足かで履き回すのがおすすめ!
  3. おすすめ!ビジネスシューズの管理はどうする?
  4. おすすめビジネスシューズ!ストレートチップ
  5. おしゃれなおすすめビジネスジューズ!ウィングチップ
  6. おすすめのビジネスシューズ!サイドエラスティック
  7. おすすめビジネスシューズ内羽根と外羽根の違いは?
  8. おすすめのビジネスジューズ!ケンフォード
  9. おすすめビジネスシューズ!クインクラシコ
  10. ビジネスマンの常識!おすすめビジネスシューズまとめ!

おすすめのビジネスシューズが知りたい!

男性の靴はその人の仕事ぶりや価値観を表すとゆうのを耳にします。実際、革靴などのビジネスシューズは身だしなみのひとつとしてやはりみんなの目が行くところというのは否定できません。どんなに高級そうなスーツを着ていても革靴がしわしわ、泥だらけでは台無しですよね。

高い金額を出せばそれ相応のビジネスシューズを手に入れる事はできます。しかし、大切なの葉値段ではなくお手入れやちょっとしたポイントなのです。ビジネスシューズを快適に履きこなすことで快適な仕事が出来るとしたらどうしますか?ここではビジネスシューズのおすすめや、快適に仕事をこなすためのビジネスシューズにまつわるあれこれをまとめていきます!

ビジネスシューズは何足かで履き回すのがおすすめ!

あなたは何足ビジネスシューズを持っていますか?高級なビジネスシューズを何足か持っている。または、いろいろなタイプのビジネスシューズを持っている。革靴は1足しか持っていない。なんて人もいるかもしれませんね。ビジネスシューズとしておすすめは、高級な靴を持つ事ではありません。もちろん高級な革靴を1足持っておくことは社会人として大切な事ではあります。しかしここでは値段とらわれず1万円前後のおすすめのビジネスシューズについてお伝えしていきたいと思います。

高級な革靴をビジネスシューズとして1足だけ持つ事はあまりおすすめできません。それはなぜかというと、革靴はそもそも生き物の革を加工して作ったものです。本革のビジネスシューズはお手入れを怠らなければ長期に渡って重宝するでしょう。しかし、おすすめしない理由はどんなに高級な本革のビジネスシューズでも毎日履き続けることによって回復できない傷や汚れが付いてしまうリスクを伴ってしまうのです。

高級な本革の革靴を持つ事は男のステータスであるかもしれませんが、もし外回りなどで毎日靴を酷使するような職種なのであればやはりビジネスシューズとしておすすめしたいのはローテーションして履きまわせるビジネスシューズです。ビジネスシューズを何足か所持して履き回すことで靴を長持ちさせる事につながります。また履き続けることで生じる悪臭も何足か履き回すことで汚れを軽減させる事が出来るのです。ですから高級でなくてもきちんとした革を使用した本革のビジネスシューズを何足か所持して履き回すことをおすすめします。

おすすめ!ビジネスシューズの管理はどうする?

何足か履きまわす場合も休ませる靴はきちんと管理して清潔を保つ事が望ましい休ませ方です。間違っても玄関に脱ぎ放しなんてことの無い様に気をつけましょう。1万円以下の靴でも管理をきちんとすればそれなりの期間愛用する事が出来るんです。そのためにもきちんと日頃から意識した靴の管理をおすすめします。おすすめの靴の管理方法として、1日履いた革靴は2日続けて履かない事です!

人が1日はいた靴の中にはコップ1杯程の水をこぼしたのと同じ状態になるのだそうです。それだけ蒸れているということです!!1日履いた革靴はしっかり中を乾燥させることで異臭などを防ぐ事ができます!きちんと乾かさないと革靴の型崩れにも繋がります。新聞紙などを詰めて風通しの良い日陰で乾燥させると良いでしょう。また革靴のほこりを払い、クリームなどを塗りこむとよりよい状態で革を休ませる事ができます。長く愛用するためには、安い靴だからではなく、だからこそ丁寧に管理したいですね!

おすすめビジネスシューズ!ストレートチップ

靴の管理方法を理解下露頃で、続いてはどんな靴をビジネスシューズに選ぶべきなのか?をまとめます。ビジネスの現場ではやはり正装であるべきです。ちゃらちゃらした印象を与えるような靴を選ばないようにしましょう。ビジネスシューズの基本は、ストレートチップやプレーントウの紐靴になります。仮に紐なしの革靴を選ぶ場合でも、モンクストラップは正装として受け入れられるデザインになります。

靴の先端のほうに横一文字の切り替えが入っている革靴がストレートチップです。またはストレートトゥキャップと呼ばれる事もあります。ストレートップのビジネスシューズが好まれる理由は正装である事も僧ですが、どうしてもついてしまう革靴の履きシワがストレートチップの革靴は付きにくいというのも選ばれる理由のひとつです。やはり美しい形状を保ちやすいというのはビジネスシューズには重要な選択肢になりますね!

おしゃれなおすすめビジネスジューズ!ウィングチップ

おしゃれなビジネスシューズとして1足は持っておきたいのがつま先の部分に切り替えや縫製のある本革のウィングチップのビジネスシューズです。ウィングチップとは、鳥の翼のような見た目の縫製が施されているのが由来です。パンチングされた装飾もおしゃれなビジネスマンに好まれる人気のビジネスシューズの種類です。

おしゃれなウィングチップのビジネスシューズはアッパー部分の装飾や縫製がほつれてきたりする場合があります。施されていることが多いウィングチップは、革を縫い合わせている糸がほつれることがよくあります。これは安い高いに関係なく、もしほつれを発見したら早めに修理に出すようにしましょう。小さいと思ったほつれでも気が付くと大きなほつれになってしまいます。大きなほつれになる前に早めに修理しましょう。

おすすめのビジネスシューズ!サイドエラスティック

ビジネスマンの中には革靴の脱ぎ履きの機会が多いビジネスマンも多いでしょう。靴べらを使わずにすっと革靴をスマートに履けたら。と思った事はありませんか?正装としてビジネスシューズは紐靴であることが多いのですが、えらスティックをあしらった革靴なら本革でも脱ぎ履きが簡単なのでおすすめです。

エラスティックとは、ビジねシューズのサイドにゴムをあしらったデザインのビジネスシューズの事です。最近一般的なスリッポンのような形状で、ただビジネスシューズなのでゴムの部分に本革を並べてゴムが目立たないようにデザインされているものが多いです。面倒な紐靴の脱ぎ履きのストレスをこの隠れたエラスティックが解消してくれます。エラスィティックがいかに自然に隠されているかのデザインを重視して選びましょう。

おすすめビジネスシューズ内羽根と外羽根の違いは?

ビジネスシューズ革の使い方によって内羽根式と外羽根式というのがあります。結婚式などの正装の場合理想としては内羽根式といわれています。それに対して外羽根式は羽根が外側に可動するので活動的な場面で履く事がおすすめです。どちらの形状でもビジネスシューズには適正なものなのですが正装としては内羽根式であることを覚えておきましょう。

よりきちんとしたイメージにしたい場合はやはり普段使いのビジネスシューズといっても内羽根式のビジネスシューズにする事をおすすめします。知っている人はしっている常識なので、きちっとした場面ではポイントです。しかし内羽根式は羽根が外に出ないデザインなのでがんがん動き回るようなビジネスシーンには外羽根式のビジネスシューズの方が動きやすいでしょう。

おすすめのビジネスジューズ!ケンフォード

ではここで1万円前後で購入できる安い本革のビジネスシューズブランドをご紹介していきます。誰もが知ってるリーガルの弟的な存在として生まれた「ケンフォード」。こちらのブランドでは安いけれど美しい本革の靴を手に入れる事が出来るとあってビジネスマンに人気です。さすがリーガルの弟分といだけあって丈夫で何といっても価格が安いそしてリーガルとまた一味違うトレンドさも見ものです。

リーガルの弟分ケンフォードは価格帯も1万円以下ということリーガル1足分の3分の1ほどの値段で本革のビジネスシューズを手に入れる事ができます。1万円以下という安い価格とは思えない見た目と頑丈さ、本革でこの価格は嬉しいですね!1万円以下といってもきちんと管理すれば十分長持ちしてくれる人気の1万円以下の本皮ビジネスシューズです!ぜひお店で見つけたら履いてみましょう!!

おすすめビジネスシューズ!クインクラシコ

クインクラシコとは東京駅のそば、丸ビルにある靴やさんです。靴の種類も豊富で若いビジネスマン向けのややロングノーズのデザインが特徴的です。値段はぴんからきりまでといったところで上級クラスになるとそれなりの価格帯になってきますが1万円以下の安いもでるもおしゃれなデザインが揃っています。そばの丸ビルに店舗を構える靴店です。

本革の質もよく、価格帯とデザインが豊富なので好みのビジネスシューズに出会う事が出来るかもしれませんで!ロングノーズといっても過度なデザインではないので若い世代の細身のシルエットのスーツによく似合いそうです。1万円以下の安い価格帯のものでも見劣りしないおしゃれなデザインと革の質の良さはお墨付きです。ぜひ一度足を運んでみたいですね!

ビジネスマンの常識!おすすめビジネスシューズまとめ!

ビジネスジューズの基本の作りやお手入れ方法などをご紹介してきました。毎日つかう靴だからこそ、1足高価なビジネスシューズを履きつぶすのではなく、何足かそろえて毎日ローテーションで履き回すのがおすすめです。そうする事で安い靴でもお手入れをして休ませる事ができ、長く愛用する事ができます。人が1日履いた靴の中にはコップ1杯分の水分がたまるといわれています。1日履いたビジネスシューズはできれば2日休ませるようなサイクルで履きたいですね。悪臭や汚れを付けさせないためにもおすすめの方法です。

1日履いたビジネスシューズはまず乾燥させて靴の中の湿気をとりましょう。外側もほこりを払い、クリームなどで、メンテナンスする事でより長持ちさせる事ができます。おすすめの1万円以下の本皮ビジネスシューズはリーガルの弟分「ケンフォード」や東京の「クインクラシコ」です。1万円以下でも見劣りしない本革のおしゃれなビジネスシューズを手に入れることができます。出来るビジネスマンの1歩は美しいビジネスシューズから!まずは安くてクオリティの高い1万円以下のビジネスシューズを手に入れましょう!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-12-03 時点

新着一覧